関東地方で「釣りができる」おすすめのキャンプ場12選!!

こんにちはーーーー。しゅん坊です。
キャンプも好きだが釣りも好きなそこのア・ナ・タ!キャンプと釣りをいっぺんに楽しむことができるキャンプ場があったとしたら…良くないですか???

TAKIBIも加盟している日本オートキャンプ協会の「オートキャンプ白書2019」によると、キャンプ以外に行っているアウトドアレジャーの1位がスキー&スノーボードで2位が「釣り」らしいです。キャンパーの中でも盛り上がっている釣り。今回は関東近郊で「キャンプ」を楽しみながら「釣り」も楽しめちゃうキャンプ場をご紹介します。
自分の釣った魚を酒の肴にして焚き火を楽しむ!そんな贅沢なひと時を楽しんでみてはいかが?

釣りのできるキャンプ場の魅力とは?

出典:PIXTA

釣りができるキャンプ場となるとおのずと水辺になります。川のせせらぎ、寄せては返す波の音。水の音にはヒーリング効果があると言われおり、疲れた現代人を自然のヒーリングミュージックが癒してくれます。
釣りができて、キャンプが出来て、水の音で癒されて。まさに一石三鳥なわけですよ。
釣れなかったら逆にストレスが溜まる??いいんです。釣り人ってのは、釣れなくても糸を垂らしているだけでストレスが消えていく人種なのでw


Instagram:@kunibar

実は私、「一人で釣りにばかり行って、最近キャンプに連れて行ってくれない!」と、家族からブーイングを受けています。
「青物が俺を呼んでいる!旨い魚を食わせてやるから!」と、家族を言い聞かせ坊主で帰宅…。立場ないっす。

限りある休日。家族の満足度も上げなきゃいけない。でも、釣りにも行きたい!両成敗が出来るキャンプ場に行けば、最高の休日になりますよ!目の前が釣り場なら、マズメ寸前まで寝てられますしw
何より釣った魚をその場で食す。まさに食育!
「釣りが出来るからキャンプに来たんでしょ?」と奥さんにチクりと言われたら、「食育!」と胸を張って言い切りましょう!

小さいお子さんがいるご家庭などは、海や河川などは危険が付きまといますので、釣り堀があるキャンプ場をお勧めします。
子連れキャンパー必見の釣り堀のあるキャンプ場をご紹介していますので、是非見てみてください^^↓
場所・時間・予約フリーで気軽に行けるキャンプ場!【中浦ヒメサユリ森林公園】

関東地方限定!釣りのできるおすすめキャンプ場12選

Instagram:@hikw_

ここでは、関東地方にある釣りができるおすすめのキャンプ場を厳選。釣りやキャンプ初心者でも気軽に利用できるキャンプ場も多く紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

鬼怒川温泉オートキャンプ場(栃木県)


Instagram:@mtys.camp

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝1053
http://www.kinugawa-camp.jp/

こちらのオートキャンプ場は、日光・鬼怒川の山々に囲まれた渓流沿いのキャンプ場です。キャンプ場のすぐ裏手には川があるので、釣りをするのにもってこいの環境!

キャンプ場の敷地内にはファミリー向けの釣り堀も用意されているので、安全性を重視されたい人にはこちらもおすすめです。

釣り堀で釣った魚を塩焼きにしてもらえるのはもちろんですが、その他にもBBQの食材セットを購入できる売店や食堂なども充実!
また、釣り竿やタープ・コンロなどのキャンプ用品はレンタルも可能です。手ぶらOKで本格的な釣りキャンプが楽しめるので、キャンプ用品をまだ揃えていない初心者キャンパーさんには特に嬉しいですよね。

場内には源泉温泉の「上滝乃湯」があり、鬼怒川のダイナミックな景色を望みながら入浴できるのも注目ポイントです!

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場(栃木県)

出典:ナラ入沢渓流釣りキャンプ場

住所:栃木県日光市 上三依109-1
https://www.narairisawa.jp/

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場は栃木県日光市にあり、渓流釣りの秘境としても知られている自然豊かなキャンプ場です。テントサイトやバンガローなど様々なスタイルでキャンプを楽しむことができるキャンプ場ですが、釣りキャンプを楽しみたいのであれば断然「オートサイト」がおすすめ。

オートサイトはロープで区分けされたサイトが100以上あり、川沿いの場所を選べば釣りを思いっきり楽しむことができますよ。
清流に生息しているイワナやマスを釣った後は、150円で塩焼きにしてもらえます。炭火でじっくりと焼き上げた魚は抜群に美味しく、この味を求めてキャンプに来るリピーターも多いのだそう。

釣りはもちろん、川遊びやハンモック・探索・BBQ・キャンプファイヤーなど楽しみ方は無限大!

Instagram:@moto.sato

オートキャンプ那珂川ステーション(栃木県)

出典:オートキャンプ那珂川ステーション

住所:栃木県芳賀郡茂木町飯野1662−1
http://www.naka-station.jp/

栃木県と茨城県の県境に位置しているオートキャンプ那珂川ステーションは、目の前に清流「那珂川」が流れていて、逆川が流れ込んでくるという絶好のロケーション!

カヤックやカヌーのツアーなどが盛んに行われていますが、釣り竿などを持参すれば釣りをゆっくりと楽しむこともできます。
「お父さんは釣りがしたいけどお母さんや子どもはカヌーに乗りたい!」など、家族の中でやりたいことが分かれてしまう場合でも、こちらのキャンプ場ではフレキシブルに対応することができそう。

区画も広くて開放感がありますが、川辺に降りられるのは一番手前のサイトの脇側のみ。釣りをする場合は、ぜひ川縁のサイトを確保するようにしましょう!

また、車両乗入れはもちろん、ペットもOK・シャワールームやドラム缶風呂など、嬉し楽しい設備も充実しています。

Instagram:@yukichi_eita

桐の木平キャンプ場(群馬県)

出典:桐の木平キャンプ場

住所:群馬県利根郡川場村大字川場湯原2681
https://www.kirinokidaira-camp.com/

こちらのキャンプ場は、なんと標高約1000mの高原に位置している大自然に囲まれた環境が魅力的!全区画90㎡以上の広さで、ゆっくりのんびりキャンプを楽しむことができます。

薄根川の源がキャンプ場を流れているので、川遊びや釣り・滝を見てマイナスイオンを浴びるものいいでしょう。
携帯電話が圏外ということもあり、日常の様々なしがらみや都会の葛藤を忘れ、非日常空間を思う存分満喫することができるのでは?
2019年は基本的に「金・土・日」のみの営業となっているので、予約は早めに行う方が無難です。

釣りができる他にも、ペットもOK・天体観測・虫捕り・リバーアクティビティなど楽しめる環境やイベントが満載。
ただ、川の流れが速いので、小さな子どものいるファミリーは注意しましょう!
(追加情報:2020年は公共工事が​入るため利用できないそうです。再開は2021年を予定。公式サイトより)

画像提供:PIXTA

菅沼キャンプ村(群馬県)

出典:菅沼キャンプ村

住所:群馬県利根郡片品村東小川4655−17
https://www.sugenuma.com/

白根山の登山口にあるのは、清水・弁天・北岐の3つの沼が集まってできている「菅沼湖畔」にあるキャンプ場です。
全国屈指の透明度を誇る菅沼湖畔では、周りの壮大な景色を眺めながら釣りを楽しむことができます。

川を利用したドッグプールなども充実しているので、愛犬家のキャンパーから大変人気がありますよ。
湖は波が立たず水面が落ち着いているので、SUPの上で釣りを楽しむなんてことも可能!「穏やかな湖で静かに釣りがしたい」という人にはうってつけのキャンプ場ですよ。

画像提供:PIXTA

次のぺージ:これだけじゃない!釣りキャンプ!

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事を書いた人 しゅん坊(代表)

日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター

キャンプと釣りが好きです。
でも、ゾウさんの方がも~っと好きです。
やる気!元気!イワキ!

資格 全国商業簿記検定 3級(高校のとき。。。) パソコン利用技術検定 初級(高校のとき。。。) そろばん 6級(高校のとき。。。)計算できません。。てかアウトドア全然関係なくてすみません

おすすめコンテンツ

あわせて読みたい記事

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

キャンプに役立つ便利グッズ20選!シーン別おすすめアイテムをご紹介

キャンプに役立つ便利グッズ20選!シーン別おすすめアイテムをご紹介

キャンプではテントやタープ、シュラフ、焚き火台など様々な道具を使います。必要なものが揃っていればキャンプは十分に楽しめますが、より快適に楽し…

キャンプをする際の必需品!準備すべきアイテムとは?

キャンプをする際の必需品!準備すべきアイテムとは?

楽しみにしていたキャンプ当日に、現地で忘れ物が発覚してしまうと途端にテンションも下がってしまいます。また、その道具を忘れてしまったせいで不便…

【山梨県】原始村キャンプ場で原始時代の日本へタイムスリップ!?

【山梨県】原始村キャンプ場で原始時代の日本へタイムスリップ!?

こんにちは。TAKIBI公式ライターのkatsukiです。 今回は、山梨県にある原始村キャンプ場に行ってきました。原始時代にタイムスリ…

水辺のキャンプにおすすめ!ウォーターシューズ(マリンシューズ)の人気商品6選

水辺のキャンプにおすすめ!ウォーターシューズ(マリンシューズ)の人気商品6選

水辺のキャンプでは、普通の靴ではなくウォーターシューズ(マリンシューズ)があると便利です。普通の靴や裸足だと水辺で滑ってしまいがちですが、ウ…

キャンプにおすすめのインフレーターマット15選!選び方も解説

キャンプにおすすめのインフレーターマット15選!選び方も解説

キャンプで問題となりやすいのが、寝心地の悪さです。今回は「背中が痛い」「寒い」など、キャンプ時の睡眠環境にお悩みの方におすすめのインフレータ…

【BUNDOK】安定性&コスパ抜群!ムーン型のポータブルチェア

【BUNDOK】安定性&コスパ抜群!ムーン型のポータブルチェア

チェアは、アウトドアで快適に過ごすための必需品の1つ。高さや材質、大きさ、機能など様々なものがあります。アウトドアで使うならば、できる限りか…

新着記事一覧へ

  • 公式オンラインストア