【カラー魚拓作家】山本龍香先生に突撃インタビューをして魚拓について教えていただきました!

この記事に関連するタグ

Q:魚拓をはじめたいと思っている方へ何かメッセージがあればお願いします。

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓15

山本先生:魚拓は意外と「忍耐」が必要なんです。すぐできるんじゃないの?と思っている人も多いかと思いますが、しっかりやろうとすると意外と時間がかかります。なので飽きっぽい人は難しいかなぁ。そして魚好きというのは外せませんね!新しいことへのチャレンジをしたい人、日本の文化を知りたいという人にはとても向いていると思います!
そして外国の人へ「魚拓」を英語(fish printing)にせず、「GYOTAKU(ギョタク)」として使っていってほしいと思っています。

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓16

まとめ

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓17

今回の取材で山本先生から魚拓の歴史などもお伺いすることができました。
魚拓は山形県が発祥でもともとは「魚刷り(うおずり)」と呼ばれていたそうです。またカラー魚拓を作った人は「たいやき」からアイディアをもらいカラー魚拓を生み出したという話など、なかなか知ることのできない魚拓のお話をたくさん話していただきました。

山本龍香先生のお話のなかでは、海外の方への内容が多くありましたが、実は東松山ではお寿司屋さんや病院、市役所などにも魚拓を寄贈しています。もしかするとよく目にしていた絵の中に山本先生のカラー魚拓があるかもしれません。
山本先生のカラー魚拓は目に力があり、とてもキレイな魚拓で本当の魚がいて泳いでいるような躍動感があります。
なんとあのロバート・デニーロさんも山本先生の魚拓のファンだというから驚きです!大変気前のいい山本先生はもちろんロバー・デニーロさんに魚拓の原画をプレゼントしたそうです。(アイキャッチ画像の写真がロバー・デニーロさんへ贈られたカラー魚拓)

これからもたくさんの方へカラー魚拓を広めていただき、いつしか「GYOTAKU」という言葉を海外で見る日が来ることを楽しみにしたいと思います!

【取材概要】
インターナショナル魚拓香房
インタビュイー:山本龍香(やまもとりゅうか)本名:山本峰夫
取材先:355-0028 埼玉県東松山市箭弓町 3-6-14
URL : http://www.fishprintermineo.jp

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓18
インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓19
(取材日:2019年3月22日@埼玉県東松山市)

山本龍香先生の追加イベント情報

NHKラジオ深夜便9月号に掲載されます!

2019年6月6日に放送された「NHKラジオ深夜便~明日へのことば」に出演した山本先生ですが、魚拓について語られた対談内容が大変好評だったようで、毎月発売の雑誌「NHKラジオ深夜便9月号」に写真入りで9ページも紹介されます!!

2019年8月17日(土)に全国書店で発売されますので是非魚拓に興味を持たれた方はご覧ください!(1冊370円)

いなほてらす(東松山農産物直売所)で魚拓作品を展示&魚拓体験教室も開催!

山本龍香魚拓

山本先生の渾身の作品である6.7mのダイオウイカや大型の魚拓作品を展示しています。また8月18日(日)には会場内で「魚拓体験教室」も開催します!

展示期間:2019年8月1日(木)から9月1日(日)まで
入場料:無料
場所:いなほてらす(東松山農産物直売所)
魚拓体験教室:2019年8月18日(日)13:00~16:00
魚拓体験参加費:500円/名(材料代)定員20名まで(先着順)
住所:〒355-0075 東松山市下青鳥714-1

1 2 3 4 5

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 こばやん

山本先生ありがとうございました!カラー魚拓は本当にキレイで生きているような躍動感がありました!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »