【カラー魚拓作家】山本龍香先生に突撃インタビューをして魚拓について教えていただきました!

この記事に関連するタグ

Q:一番お気に入りの魚拓はどれですか?

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓11

山本先生:鮭児(けいじ)のカラー魚拓です。鮭の1万匹に1匹くらいしかいないといわれる大変貴重な魚です!
知り合いがたまたまロバート・デニーロさんとお仕事をされていて、紹介してもらう機会があり、その際に同い年(1943年生まれ)という事もあり意気投合し、この鮭児の魚拓をプレゼントしました。この魚拓はロバート・デニーロさんが大変気に入ってくれてとても印象に残っている一枚です。鮭児はとても貴重は魚なので、私も一番お気に入りの魚拓です。

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓12

Q:今までで一番難しかった魚拓はどれですか?

山本先生:6.7mのダイオウイカです。こちらは島根県の沖に浮いていたのを漁師さんが見つけて国立科学博物館に寄贈されていました。このホルマリン漬けになっていたダイオウイカを特別に魚拓にさせていただいたのですが、ダイオウイカのホルマリンのニオイがすごくて目がショボショボして、鼻は痛いし、長時間作業をすると頭がいたくなるので本当に大変でした。完成までに2カ月かかりました

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓13

ダイオウイカの上下を正しく表すと下記の写真となります。

インターナショナル魚拓香房,山本龍香,カラー魚拓14

上から
腕が8本、触腕が2本(足ではないですよー)


胴体
尻尾
となります。

次のページ:魚拓をはじめたいと思っている方へ

1 2 3 4 5

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 こばやん

山本先生ありがとうございました!カラー魚拓は本当にキレイで生きているような躍動感がありました!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »