札幌の魅力を感じられるコテージに泊まろう!おすすめの施設3選

本記事は一部にプロモーションを含みます

北海道の県庁所在地である札幌市は、ビールやスキー場、時計台などが有名ですが、実はちょっと郊外に出ればアウトドアを楽しむこともできます。

そして、北海道ならではの雄大な自然を肌で感じたいのであれば、アウトドア初心者でも楽しめるコテージ泊がおすすめです。

そこで今回は、札幌市でおすすめのコテージ施設を3つご紹介します。

札幌市のおすすめコテージ①定山渓自然の村

最初にご紹介する札幌市のおすすめコテージ施設は、「定山渓自然の村」です。

公益財団法人さっぽろ青少年女性活動教会が運営しており、市民開放型・自然体験型の野外教育施設として使用されています。ただ宿泊するだけではなく、自然と触れ合う様々なプログラムが提供されている点が特徴です。

定山渓自然の村の基本情報

「定山渓自然の村」の基本情報は以下の通りとなっています。

詳細
施設名定山渓自然の村
営業時間チェックイン
13:00~

チェックアウト
~11:30
電話番号011-598-3100
アクセス
札幌駅より約60分

公共交通機関
札幌駅前バスターミナル

じょうてつバス
「豊平峡温泉」下車

徒歩約30分
駐車場無料
公式HP定山渓自然の村
住所北海道札幌市南区定山渓
豊平峡ダム下流国有林野

快適に過ごせるコテージでゆったりと

「定山渓自然の村」の宿泊施設は、5名1室の部屋2つでデッキスペースを共有する「野鳥の家サイト」、モンゴルのゲルのような建物に宿泊する「星の家サイト」、ログキャビンが併設された「特別テントサイト」の3種類があります。

「野鳥の家サイト」のコテージは、暖房設備やキッチン、トイレが全てコテージに完備されています。デッキスペースには屋根があるため、悪天候の場合でも外で食事やBBQを楽しむことが可能。また、部屋2つを貸し切れば、最大10名の大人数で宿泊することもできます。

「星の家サイト」の建物内には、冬季も快適に過ごせるようにストーブが設置されています。また、建物が珍しい形状で写真映えするため、非日常の思い出を綺麗に残すことができますよ。

「特別テントサイト」は、通常のテントサイトとログキャビンどちらも用意されている使い勝手のいいサイトです。テント泊したい人と室内泊したい人が一緒に訪れることができます。また、万が一の悪天候時にはキャビンに駆け込めるため安心ですね。

ガイド付きプログラムで思い出作り

「定山渓自然の村」では、「森の工作会」と「森の観察会」という2つのガイド付きプログラムを用意しています。

「森の工作会」は、木の実や小枝といった自然の素材を使用して遊べる工作会です。虫や動物をモチーフにした、置物やペンダント、リースを制作することができます。子どもならではのクリエイティブな発想が引き出されるプログラムですね。

「森の観察会」は、施設周辺を散策して自然観察をすることができるプログラムとなっています。肉眼だけではなく、双眼鏡も使って動物の暮らしを覗き見ることができます。気になったことはいつでもガイドさんに質問できるため、大人も子供も一緒になって学びを深めることができますね。

キャンプの醍醐味!焚き火を楽しもう

「定山渓自然の村」では、焚き火に必要な薪の販売や、焚き火台のレンタルを実施しています。

他にもダッチオーブンや飯ごう、羽釜にホットサンドメーカーなど、焚き火と一緒に楽しめる様々な道具をレンタルすることが可能です。

ぜひ焚き火を囲んで料理をしながら、グループの仲間と語り合う時間を楽しんでくださいね。

北海道のアウトドア施設を探す

札幌市のおすすめコテージ②オートリゾート滝野

続いてご紹介する札幌市のおすすめコテージ施設は、「オートリゾート滝野」です。

国営滝野すずらん丘陵公園の敷地内にあるキャンプ場で、全国の国営公園で初のオートキャンプ場として平成6年にオープンしました。

現在はキャンプ場を中心としたアウトドアレクリエーション拠点として運営されているほか、日本オートキャンプ協会から最高ランクの五つ星認定も受けています。

オートリゾート滝野の基本情報

「オートリゾート滝野」の基本情報は以下の通りとなっています。

詳細
施設名オートリゾート滝野
営業時間チェックイン
■通常
13:00~17:00
■6月から8月
13:00~18:00まで

チェックアウト
8:00~11:00
電話番号011-594-2121
アクセス
札幌駅より約45分

公共交通機関
地下鉄真駒内駅

中央バス滝野線
「すずらん公園東口」下車

徒歩すぐ

地下鉄福住駅

中央バス有明線
「すずらん公園東口」下車

徒歩すぐ
駐車場無料
公式HPオートリゾート滝野
住所北海道札幌市南区滝野247

アウトドア初心者でも楽しめるコテージ

「オートリゾート滝野」のコテージは、「キャビンS」「キャビンA」「キャビンB」の3種類があります。

「キャビンS」は、ロフトと屋根付きテラスが付いた6人用のログキャビンです。3種類のコテージで最も広く、バリアフリーにも対応した建物となっています。ただし、テントやタープの設営はできないため注意が必要。サイト料金は閑散期が税込7,900円、土日祝が税込15,750円、繁忙期が税込17,250円です。

「キャビンA」は、ロフトが付いている6人用のログキャビンです。サイトからはみ出さない範囲であれば、タープを設営することが可能です。サイト料金は閑散期が税込4,700円、土日祝が税込9,400円、繁忙期が税込10,900円となっています。

「キャビンB」は5人用のコンパクトなログキャビンです。キャビンAと同様に、大きいサイズでなければタープを使用することができます。サイト料金は閑散期が税込4,200円、土日祝が税込8,400円、繁忙期が税込9,900円です。

充実した設備で快適ステイをサポート

「オートリゾート滝野」は設備がとても充実しており、快適にアウトドアを楽しむことができます。

キャンプ場の中央にはセンターハウスがあり、中には売店やコインランドリー、シャワー室が設置されています。売店ではキャンプ関連の消耗品のほか、お菓子や飲み物、酒類を販売。また、シャワー室は無料で利用することが可能です。アメニティ類は無いため、持参するようにしましょう。

フリーテントサイトの近くには木材を使用したアスレチック遊具があり、子連れの場合でも遊び場に困ることはありません。遊具の下はゴムマットを敷いているため、安全面も安心ですね。

北海道のアウトドア施設を探す

札幌市のおすすめコテージ③ガーデンズリゾートときわ

最後にご紹介する札幌市のおすすめコテージ施設は、「ガーデンズリゾートときわ」です。

敷地内にはハンモックやブランコ、フィンランド式サウナがあり、童心に帰ったような気持ちで楽しむことができます。また、夜には施設全体がライトアップされ、おとぎの国のような綺麗さに惚れ惚れしてしまいます。

春は美しい木々の芽生え、夏はBBQとプール、秋は紅葉、冬はスキーに薪ストーブと、四季折々の楽しみ方ができる点も魅力の1つです。

ガーデンズリゾートときわの基本情報

「ガーデンズリゾートときわ」の基本情報は以下の通りとなっています。

詳細
施設名ガーデンズリゾートときわ
営業時間チェックイン
15:00~

チェックアウト
~12:00
電話番号090-8374-2572
アクセス
札幌駅より約40分

公共交通機関
地下鉄真駒内駅

中央バス
「常盤神社前」下車

徒歩約5分
駐車場無料
公式HPガーデンズリゾートときわ
住所北海道札幌市南区常盤162

コテージは2タイプ

「ガーデンズリゾートときわ」のコテージは、「シャレー棟」と「ボヘミアンコテージ」の2タイプがあります。

「シャレー棟」は、大人18名まで宿泊することができる、古民家を改装した大型のコテージです。システムキッチンやユニットバス、薪ストーブなどが完備されており、設備も充実しています。

他にも200本の映画DVDやプレイステーションのゲーム、レゴブロックに囲碁将棋まで置かれているため、大人数で訪れても時間を忘れてわいわい楽しむことができます。

「ボヘミアンコテージ」は、「シャレー棟」から100mほど離れた場所にある、素朴で落ち着いた雰囲気のコテージです。大人12名まで宿泊することができます。キッチンやシャワー室といった設備が整っているため、滞在時間で不自由を感じることはありません。

約100坪の専用庭があり、プライベートな空間で焚き火やBBQをして過ごすことが可能ですよ。

流しそうめんやシェフ付きビュッフェが選べる食事プラン

「ガーデンズリゾートときわ」では、5名以上で宿泊すると食事のオプションプランをお願いすることができます。

「シェフ付きビュッフェ」が1人あたり税込3,850円、「シェフ付きビュッフェ&BBQ」が1人あたり税込4,950円、「シェフ付きビュッフェ&ジビエBBQ」が1人あたり税込5,500円となっています。

また、税込1,320円で流しそうめんの食べ放題をオーダーすることも可能です。どの食事プランでも飲み物は付かないため、事前に準備して持ち込むのを忘れないようにしましょう。

4名以下で宿泊する場合、もしくは食事プランを付けない場合は、BBQグリルや流しそうめんキットをレンタルすることができます。

充実したオプション・アクティビティで思う存分楽しもう!

「ガーデンズリゾートときわ」はオプションが非常に充実しています。ここでは代表的なアクティビティをいくつかご紹介します。

水回りでは、サウナと水風呂のセットを税込5,500円、ジャグジーを税込3,300円、プールを税込5,500円で利用可能です。これら全てをセットで予約すると、税込13,200円でお得に楽しむことができます。

ガイド付きのアクティビティでは、税込6,050円でラフティング、同じく税込6,050円でスノーシューツアー、10分あたり税込1,100円でスノーモービル体験が用意されています。

また、お子様限定のプランとして、パワーショベル体験を10分あたり税込1,100円で、バギー体験を10分あたり税込1,100円でお願いできますよ。

北海道のアウトドア施設を探す

コテージ泊で札幌の魅力を再発見!

今回の記事では、札幌市にあるおすすめコテージ施設を3つご紹介しました。

子どもが自然と触れ合う機会を大切にしたい場合は「定山渓自然の村」、リーズナブルにシンプルなコテージ泊を楽しみたい場合は「オートリゾート滝野」、大人数で贅沢な宿泊体験がしたい場合は「ガーデンズリゾートときわ」がおすすめです。

どの施設も札幌市街地から1時間圏内とアクセス良好です。ぜひ北海道旅行の宿泊候補にコテージ泊も検討してみてくださいね。

TAKIBIのおすすめ記事

北海道の大自然でグランピングを満喫!おすすめ施設5選

北海道で自然を満喫できるグランピング!ファミリーにおすすめの施設17選

【北海道】ミナノンノ・プレイヴィレッジ【アウトドア施設インタビュー】

【北海道】BEYOND VILLAGE【キャンプ場インタビュー】

予約サイト

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 よう

マイカーを走らせてキャンプに行き、焚き火を眺めながらウイスキーを飲むために日々を生きている。東海地方によく出没します。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

梅雨入り時期に!Amazonタイムセール対象の雨具で雨の日でも楽しくアウトドア!
ファッション

梅雨入り時期に!Amazonタイムセール対象の雨具で雨の日でも楽しくアウトドア!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Coleman(コールマン)のおすすめショルダーバッグ6選!その他おすすめバッグもあわせてご紹介
ファッション

Coleman(コールマン)のおすすめショルダーバッグ6選!その他おすすめバッグもあわせてご紹介

Coleman(コールマン)は、数々のアウトドアギアを取り扱っているブランドです。数々のアウトドアギアを展開しているなかでも、ショルダーバッ…

Coleman(コールマン)のツーバーナーで快適キャンプ飯!おすすめアイテムはこれ!
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)のツーバーナーで快適キャンプ飯!おすすめアイテムはこれ!

Coleman(コールマン)は、日本国内はもちろん海外のキャンパーからも大きな注目を集めているアウトドアメーカーです。 ツーバーナーコ…

ogawa(オガワ)のチェアで快適キャンプ!アウトドアチェアの選び方とおすすめアイテム7選
キャンプギア・キャンプ用品

ogawa(オガワ)のチェアで快適キャンプ!アウトドアチェアの選び方とおすすめアイテム7選

確かな品質とデザイン性で絶大な人気を獲得しているアウトドアブランドogawa(オガワ)。特にテントが有名ですが、ファニチャーも数多く展開して…

5050WORKSHOP「ミニマライト」はスタイリッシュで機能性抜群!その他のおすすめアイテムもご紹…
キャンプギア・キャンプ用品

5050WORKSHOP「ミニマライト」はスタイリッシュで機能性抜群!その他のおすすめアイテムもご紹…

小規模ながら高品質かつオリジナリティー溢れるガレージブランド。有名メーカーにはない、こだわり抜いた素材とデザイン性が魅力で、こだわってキャン…

【Amazonタイムセール】最大52%オフになっているDOD(ディーオーディー)のキャンプギアを特集…
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazonタイムセール】最大52%オフになっているDOD(ディーオーディー)のキャンプギアを特集…

Amazonで毎日開催されているタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報をお届けします。 本日は、ワ…

新着記事一覧へ