【長崎県】西海橋オートキャンプ場|進化を続ける「永遠に未完成のキャンプ場」

今回は、長崎県佐世保市にあるオーナー手作りの永遠に未完成のキャンプ場「西海橋オートキャンプ場」についてご紹介したいと思います。
このキャンプ場は、テーマパーク「ハウステンボス」にも近く、大村湾に面しており、全面車乗り入れOK、直火OK。
ソロキャンパーやファミリーキャンパーなど幅広く人気のキャンプ場です。

概要

詳細
営業期間通年(定休日なし)
利用時間チェックイン
12:00〜
チェックアウト
〜11:00

以下、別途+500円
アーリーチェックイン
10:00〜
レイトチェックアウト
〜13:00
入場料中学生以上 300円
小学生以下 100円
サイト使用料第1エリア
四輪車両+テント1張 1,500円
二輪車両+テント1張 1,000円
キャンピングカー 2,500円

第2、第3エリア
四輪車両+テント1張 2,000円
二輪車両+テント1張 1,500円
キャンピングカー 3,000円

※第4、第5エリアはまだ調整中
大型テント利用は追加料金あり
3m×3m超えのテント 500円
2ルームテント 1,000円
その他料金追加テント(定員5名以下)
1張 1,000円

追加テント(定員6名以上)
1張 1,500円

追加タープ1張 500円
追加車両1台 500円

電源 500円
*予約時に相談
(電源に限りがあり、まだ
開発中のため)

薪 1箱500円
スウェーデントーチ
大2,500円 中1,800円
車横付け
ゴミ全て持ち帰り
電話番号070-8306-3677
090-3251-4000
公式サイト西海橋オートキャンプ場
アクセス針尾ICから車で5分、
ハウステンボスから(有料道路)
車で10分
住所長崎県佐世保市針尾東町2374-2

まずは管理棟で受付

予約は電話のみです。
全てがオーナー手作りのため、まだまだ発展・整備段階中でもあるので、料金やサイトなどに変更がある可能性があります。
希望の区画や電源をご利用の際は予約時に伝えてください。
また気になる部分は詳細も含めてしっかりと電話で確認をしましょう。

小屋にて受付を行います。
管理人さんがサイトの案内等で不在の場合、受付の窓ガラスに貼られている電話番号へ連絡しましょう。
受付後は、エリアのカードを受け取ってチェックインとなります。
(電源付きの場合は、電源ボックスの鍵も受け取ります。)

僕の時は電話時に希望を伝え、現地でサイトを判断することとなりました。
到着後に現地のスタッフさんに再度希望を伝え、オーナーさんが4つほどサイトを案内してくださり、各サイトのメリット・デメリット(例:景色は良いが、地面が泥の状態の部分がある)を教えていただきながら場所を決めました。

サイトの紹介

キャンプのサイトエリアは、全てオートキャンプサイトで車の乗り入れ・横付けが可能です。
地面は土・砂利のため、ペグが刺さりにくいことがあります。

大きく分けると、
・第1エリア(フリーサイト)
・段々になっている第2、第3エリア(区画サイト)
が有ります。

また、最近は新たに第4、第5エリアを開発中とのこと。

第2サイトからは、第2から第5の順で徐々に高台になっていきます。

今回は、「電源を使えて景色が良い場所」というのも有り、第3サイトの5番を利用させて頂きました。
電源は、徐々に使える場所を増やしているようです。
電源を使いたい場合は、電話で必ず相談してください。

第1エリア(フリーサイト)

広場のようになっており、好きな場所にテントを設営できます。
海の眺望は望めませんが、星空を感じやすく、また第3のテントのライトアップが素敵に見えます。
エリア内に1箇所サニタリー棟があり、トイレ、シャワー、流し台も併設されています。

第2、第3エリア(区画サイト)

第2エリアは海沿い、第3エリアは高台のサイトになります。

第2エリアと第3エリアの間にもサニタリー棟があり、こちらもトイレ、シャワー、流し台が併設されています。

第4、第5エリア(開拓、整備中)

第4エリアは第3エリアよりも更に高台になり、第5エリアは受付と同じ一番上の高台になります。
こちらは店舗(今は営業していない)建物内のトイレ、流し台を使用します。
唯一お湯が出る流し台が設置されています。

次のページ:可愛い猫とふれあい

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 TAKAOKI

九州をメインにファミリーキャンプをしています。5歳(娘)1歳(息子)のパパです。今後お役に立てる情報を提供していきます。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ