関西でテントサウナを楽しむなら?足を運んでみたいおすすめの施設4選

投稿日:2023年8月25日 | 最終更新日:2024年4月26日

本記事は一部にプロモーションを含みます

テントサウナは、近年注目を集めているアウトドアアクティビティのひとつ。テントの中にサウナ設備が設置されているため、大自然の中で開放感あふれるサウナを楽しめるのが魅力です。

設置場所の自由度も高いため、キャンプ場や海水浴場など様々な場所で利用できます。

しかし、テントサウナを体験できる施設は限られているため、「どこに行けばテントサウナを満喫できるのだろう?」と思う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、関西でテントサウナを楽しめる施設をご紹介します。

部屋のデッキでテントサウナを楽しめる「るり渓温泉」

出典:るり渓温泉

るり渓温泉は、京都府南丹市園部町にある高原リゾート。

北摂エリアのなかでも規模の大きい温泉施設で、日帰り入浴のほか、宿泊施設や飲食店、アクティビティなど様々な体験ができるところです。

また、るり渓温泉には、本館のほかに「こぶし荘 花あかり」や「GRAX PREMIUM CAMP RESORT」、「GRAX HANARE」があります。

旅館だけでなく、コテージやグランピングでの宿泊体験もできるため、ニーズに合ったアウトドアライフを送れるのが魅力です。

るり渓温泉の基本情報

まずは、るり渓温泉の基本情報を見てみましょう。

詳細
営業時間チェックイン
14:00~
チェックアウト
~11:00
電話番号0771-65-5001
アクセス京都縦貫自動車道
千代川ICから車で約25分
駐車場あり
公式HPるり渓温泉
住所京都府南丹市園部町大河内広谷1-14

楽天で予約する

テントサウナは予約制

出典:るり渓温泉

るり渓温泉のテントサウナは「GRAX PREMIUM CAMP RESORT」にあります。

このテントサウナは、最大4名まで利用可能で、薪ストーブを使った本格サウナを楽しむことができます。

また、ストーブの上の温まったサウナストーンに水をかければロウリュウも楽しむことも可能。心地良い香りに癒されながら「ととのう」を体感してみてはいかがでしょうか?

テントサウナは予約制なので、利用したい人はフロントで予約しておきましょう。

グランピングも存分に満喫しよう!

出典:るり渓温泉

るり渓温泉の「GRAX PREMIUM CAMP RESORT」では、豪華なキャンプ体験を意味する「グランピング」を楽しめます。

グランピング施設は9タイプあり、どのタイプでもベッドでゆっくり体を休められるのも特徴。

自然光が透過するコットンテントがある「コンフォート」や、木の温もりを感じられる「ルミエールキャビン」など好みに合わせた施設を選べるので、きっと満足いく休日を過ごせます。

さらに、るり渓温泉には「GRAX HANARE」という一棟貸しのログハウスもあります。

ベッドルームが2つあるので、家族連れでもゆったりとくつろげますし、全棟プライベートデッキつきなので、周りの目を気にせずバーベキューを楽しめます。

楽天で予約する

お寺×サウナ!?「Temple Camp 大泰寺」

出典:Temple Camp 大泰寺

Temple Camp 大泰寺は、和歌山県東牟婁郡にある、寺院にサウナが併設された珍しいキャンプ場です。

お寺は、平安時代から現在に至るまで人々を魅了してきた大泰寺。日本の由緒正しい歴史を感じられ、自然と歴史が調和した場所でサウナを利用できるので、新感覚のアウトドア体験ができます。

また、Temple Camp 大泰寺では、お寺でワーケーションできる「お寺ワーク」もできます。

普段と場所を変えて仕事できるので、雰囲気の良いところで心地よく働けます。

TEMPLE CAMP 大泰寺の基本情報

それでは、TEMPLE CAMP 大泰寺の基本情報を見ていきましょう。

詳細
営業時間チェックイン
14:00~
チェックアウト
~11:00
電話番号080-2781-3483
アクセス紀勢自動車道
熊野大泊ICから車で約60分
駐車場あり
公式HPTemple Camp 大泰寺
住所和歌山県東牟婁郡
那智勝浦町下和田775

じゃらんで和歌山県のアウトドア施設を探す

サウナと禅で他では味わえない体験を!

出典:Temple Camp 大泰寺

Temple Camp 大泰寺のサウナは、禅とうまく組み合わせて創られた新しいスタイル。大自然の中に設置されたテントサウナでは、開放感に浸りながらゆったりと体を温めることができます。

水風呂の代わりとして自然の清流を利用して体を冷ませる「リバーサイドサウナ」形式なので、より自然との一体感を味わいやすくなっています。

また、境内にある坐禅堂では坐禅体験もできます。

座禅をすることで心身をリセットさせるとともに、集中力を高めることで新たな気づきを得られるかもしれません。

車中泊ができるRVパークとオートサイトを完備!

出典:Temple Camp 大泰寺

キャンピングカーや車での車中泊ができる「RVパーク」や、車のすぐ横にテントが張れる「オートサイト」も用意されています。

RVパークは2区画あり、どちらも電源が備えられているため快適な車中泊を楽しむことが可能。オートサイトも同様に2区画あり、自家用車を乗り入れられるので荷物の持ち運びの負担を抑えながらキャンプできます。

日中は熊野古道の清らかな空気を感じながらアウトドアを楽しむことで、心と体を解放し、自然と一体になる感覚を得られますよ!

じゃらんで和歌山県のアウトドア施設を探す

琵琶湖の畔でテントサウナを体験できる「OUMI WAVE」

出典:OUMI WAVE

OUMI WAVEは、滋賀県米原市にある琵琶湖沿いのアウトドア施設。

湖の波・風・景色を全身で感じられるため、自然を贅沢に満喫できるのが特徴です。

また、この施設では宿泊のほか湖上アクティビティや美味しいグルメも堪能できます。

レイクサイドでじっくりとサウナに入ることもできるので、この上なく上質な休日を過ごせます。

OUMI WAVEの基本情報

まずは、OUMI WAVEの基本情報をご紹介します。

詳細
営業時間チェックイン
14:00~
チェックアウト
~10:00
電話番号0749-53-1288
アクセス北陸自動車道
長浜ICから車で約15分
駐車場あり
公式HPOUMI WAVE
住所滋賀県米原市宇賀野神明キャンプ場

じゃらんで滋賀県のアウトドア施設を探す

伝統的なサウナスタイルでととのう!

出典:OUMI WAVE

OUMI WAVEでは、本場フィンランドの伝統のサウナスタイルで”ととのう”体験が可能。湖沿いの開放感あふれる空間にあるテント内でゆっくりと体を温められるので、自然を満喫しながらリラックスできます。

また、このテントサウナではウッドストーブが使用されているため、木の香りを感じながら心地よい時間を過ごすことも可能。アロマ水を使用したロウリュも利用できるので、大自然の中で高級感のあるサウナ体験ができます。

サウナ後には自然の冷水浴でクールダウンすることもできます。自然の中で水風呂に浸かり、心地よい冷たさを感じられるため、心も体をしっかりリフレッシュさせられますよ!

サウナ以外にも様々なアクティビティが揃う

出典:OUMI WAVE

OUMI WAVEでは、サウナだけでなく様々なアクティビティも楽しめます。

SUPボードを借りて遠浅の神明浜に漕ぎ出せば、水面を進む感覚を楽しむことが可能。場所によってはボードの上から湖底を覗けるので、新たな景色を満喫できます。

また、OUMI WAVEでは「ミラージュエクリプス」という、ハンドルを握って操作するスタンディングボードも利用できます。

このボードは風や波に強く安定感があるため、より安心して湖上アクティビティを楽むことが可能。ペダルを足で上下に踏み込むだけでスムーズに進むので、まるで自転車を操作しているかのような感覚で簡単に進めます。

じゃらんで滋賀県のアウトドア施設を探す

琵琶湖を一望できるテントサウナなら「ASOBIWA」

出典:ASOBIWA

ASOBIWAは、琵琶湖をパノラマに一望できる最高のロケーションが魅力の宿泊施設。湘南や沖縄とは一味違い、気軽に行ける贅沢な遊び場になっているのが特徴です。

また、この施設では、琵琶湖の絶景を楽しみながらテントサウナを楽しめます。

サウナ以外にも様々なアクティビティが用意されているため、琵琶湖で極上の「ASOBI」を堪能できますよ!

ASOBIWAの基本情報

まずは、ASOBIWAの基本情報を見てみましょう。

詳細
営業時間チェックイン
12:00~
チェックアウト
~11:00
電話番号077-535-9165
アクセス琵琶湖西縦貫道路
志賀ICから車で約10分
駐車場あり
公式HPASOBIWA
住所滋賀県大津市北比良934-2

じゃらんで滋賀県のアウトドア施設を探す

琵琶湖の湖畔でととのう体験を満喫しよう!

出典:ASOBIWA Instagram

上述したように、ASOBIWAでは琵琶湖の湖畔でテントサウナを利用できます。

また、このサウナは琵琶湖の目の前に位置しているため、最高のロケーションを楽しみながら体を温められるのも良いところ。

サウナで体を温めた後は、目の前に広がる「天然の水風呂」で体を冷ますことが可能。湖に浸かることでの爽快さとリフレッシュ感は、他施設ではなかなか味わえないため、多くの利用客から人気を集めています。

テントサウナを利用する際は、利用料金にテントサウナのレンタル費が含まれていますが、水着や濡れても良い衣類、着替えやタオルなどの持ち物は自身で用意する必要があります。

利用人数は最大6名なので、家族や友人とのんびり過ごすことが可能。利用時間は午前10時から午後5時までなので、タイムスケジュールを考えながら利用するのがおすすめです!

ASOBIWAの楽しみ方は十人十色

出典:ASOBIWA

ASOBIWAでは、テントサウナのほかにも十人十色の楽しみ方ができるのが良いところ。

たとえば、MEGA SUPでは最大定員10名の巨大SUPに乗って湖上を漕ぎ進むことができます。子どもから大人まで、さらにはワンちゃんも一緒に乗れるため、みんなで最高の思い出づくりができますよ!

SUP YOGAでは、SUPボードの上で琵琶湖の穏やかで美しいロケーションを眺めながらリラックスヨガを楽しめます。心地よい浮遊感を味わいながら体を癒せるので、特別な体験を存分に味わいたい人にピッタリです。

また、1人で乗れるSUP体験もおすすめ。インストラクターと一緒に琵琶湖の中をゆっくりとクルーズしながら、美しい景色と浮遊感を楽しめます!

じゃらんで滋賀県のアウトドア施設を探す

関西にはテントサウナを楽しめる施設が多数ある!

出典:OUMI WAVE

今回は、関西でテントサウナを楽しめる施設を紹介しました。

どこもアクセスしやすい立地にある施設なので、日帰りで行くのも良し、宿泊してのんびりと休日を過ごすのも良し、自由なアウトドア体験を実現できます!

「普段と違ったサウナで体を癒したい」「特別な自然体験がしたい」という人は、これらの施設に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

TAKIBI編集部のおすすめ記事

家庭用テントサウナ『おうちDEサウナ』を徹底解説!自宅でととのう体験!

関東でテントサウナを利用したい!おすすめの施設4選

自然の中でととのいたい!サウナに入れるキャンプ場25選

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 pekotaro80

日常から離れてのびのびと外で過ごせることに魅力を感じ、時間を見つけては積極的に外で遊んでます!

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!
キャンプギア・キャンプ用品

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!

各メーカーから多種多様なテントが展開される中、ファミリーやグループキャンプに特化したタイプのテントも数多く見かける機会があります。 今…

新着記事一覧へ