PICA秩父でコテージキャンプ!施設の魅力や予約方法をご紹介

本記事は一部にプロモーションを含みます

秩父ミューズパーク内にある「PICA秩父」は、埼玉県秩父市の市街地からアクセスが良好で、気軽にコテージキャンプやBBQを楽しめるキャンプ場として人気があります。

今回の記事では、そんなPICA秩父には一体どのような魅力があるのか、宿泊やBBQをしたい時にはどのように予約をすればよいのか、徹底解説していきます。

PICA秩父の基本情報

出典:PICA秩父

PICA秩父は、埼玉県秩父市にある秩父ミューズパーク内のキャンプ場です。園内にはコテージとセットアップされたテントがあり、BBQや天体観測といったアウトドア体験を楽しむことができます。

基本情報は以下の通りです。

詳細
施設名PICA秩父
営業時間チェックイン
15:00~19:00

チェックアウト
7:00~10:00
電話番号0494-22-8111
アクセス
関越自動車道
花園ICより約40分

公共交通機関
西武池袋線
「西武秩父」駅

ミューズパーク循環バス
ぐるりん号
「スポーツの森」バス停

徒歩約3分
駐車場無料
公式HPPICA秩父
住所埼玉県秩父市久那637-2

埼玉県のアウトドア施設を探そう

魅力①様々なタイプのリゾートコテージに泊まれる

出典:PICA秩父

PICA秩父では、利用者のスタイルに合った多種多様なリゾートコテージが用意されています。ここからは、それぞれのコテージの基本情報や魅力についてご紹介します。

グラン・オーベルジュコテージ

出典:PICA秩父
詳細
棟数3棟
定員4名(定員以上宿泊不可)
広さ約20畳
ペット不可
代表設備morso製アウトドアオーブン

グラン・オーベルジュコテージの一番の特徴は、なんといっても独創的なデザイン性が魅力的なmorso製のアウトドアオーブンです。夕食では、このアウトドアオーブンを使った窯焼きピザや和牛BBQを楽しむことができます。窯の中で轟々と燃える炎は、見ているだけでも圧巻です。

また、ベランダにはロッキングチェアも2台あり、大自然に囲まれながらゆったりとした時間を過ごすことが可能です。

アウトドア・オーベルジュコテージ

出典:PICA秩父
詳細
棟数5棟
定員4名(定員以上宿泊不可)
広さ約20畳
ペット不可
代表設備ハンモック

アウトドア・オーベルジュコテージには、チェアハンモック2台とブラジリアンハンモック2台が備え付けられており、宿泊者全員でハンモックに揺られる時間を楽しむことができます。自前でハンモックを4台も準備することはなかなか難しいため、とても嬉しいサービスです。

他にも屋外にはファイヤーピットがあり、薪1束もあらかじめ準備されています。ぜひ夜はグループ全員で焚き火を囲んで語り合って、忘れられない思い出を作ってくださいね。

TAKIBIキャンプスタイル

出典:PICA秩父
詳細
棟数15棟
定員4名(定員以上宿泊不可)
広さ約20畳
ペット不可
代表設備焚き火台、丸太チェア

TAKIBIキャンプスタイルは、アウトドアの醍醐味である焚き火を楽しむことができるリゾートコテージです。屋外に焚き火台と丸太チェアが設置されており、開放感たっぷりの空間でリラックスした時間を過ごすことができます。火熾し道具や薪も基本設備に含まれているため、焚き火のためにあらかじめ準備が必要なんてこともありません。

ただ、焚き火スペースには屋根のような雨よけがないため、雨天時は利用ができません。ご注意ください。

コテージ・星ぞらキャンプスタイル

出典:PICA秩父
詳細
棟数10棟
定員6名(定員以上宿泊不可)
広さ約20畳
ペット不可
代表設備望遠鏡、星座早見盤

コテージ・星ぞらキャンプスタイルは、望遠鏡や双眼鏡、星座早見盤といった天体観測のアイテムが完備されているコテージです。コットも用意されているため、寝転んで夜空を眺めることもできます。

また、夕食はコテージのデッキで楽しむBBQとなっています。食事でもアクティビティでもアウトドアを満喫できるプランですね。1つ注意点としては、焚き火ができないコテージのためご留意ください。

ドギーコテージ

出典:PICA秩父
詳細
棟数5棟
定員4名(定員以上宿泊不可)
広さ約20畳
ペット
代表設備プライベートドッグラン

ドギーコテージでは、最大3頭のワンちゃんと一緒に宿泊することが可能です。室内にはドッグゲージやペットシート、屋外には約70平米のプライベートドッグランなど、安心してワンちゃんを連れてくることができる設備が整っています。

室内までワンちゃんの同伴が可能なコテージとなっているため、動物アレルギーをお持ちの方は宿泊を控えることをおすすめします。

魅力②秩父名物やキャンプ飯を堪能できるBBQコテージがある

出典:PICA秩父

ここまでコンセプトや設備が個性的なリゾートコテージをご紹介してきましたが、PICA秩父には本格的な炭火BBQやキャンプ飯を堪能できる、BBQコテージという宿泊施設もあります。

BBQコテージはCAMP4、CAMP6の2種類

出典:PICA秩父
詳細(CAMP4)
棟数35棟
定員4名(定員以上宿泊不可)
広さ約20畳
ペット不可
代表設備テラス、BBQグリル

詳細(CAMP6)
棟数25棟
定員6名(定員以上宿泊不可)
広さ約20畳
ペット
代表設備テラス、BBQグリル

BBQコテージには、定員4名のCAMP4と、定員6名のCAMP6の2種類があります。CAMP6については、ケージ・かご等を利用すればペット同伴で宿泊することも可能です。

食事付きプランで豪華なBBQを楽しめる

出典:photoAC

BBQコテージでは、「キャンプBBQ」と「秩父BBQ」という2種類のプランから選択する形で、夕食にBBQを楽しむことができます。

「キャンプBBQ」は、秩父名物の味噌豚ステーキやPICA秩父のオリジナルチキンカレーを堪能できるプランです。ご飯については自分たちでメスティンを使って炊き上げる形となっています。

「秩父BBQ」では、秩父ワインでマリネしたビーフや香草オイル焼きチキンを味わうことができます。定番のキャンプ飯ではなく、ちょっと変わったBBQを楽しみたい場合はこちらのプランがおすすめです。

また、BBQコテージには食材を持ち込む形でBBQができる素泊まりプランもあります。自由にアウトドアを楽しみたい場合は、素泊まりプランも選択肢に入れてみてください。

もっとキャンプ感が欲しい方は「セットアップテントエリア」へ!

出典:PICA秩父

PICA秩父には、備え付けのテントに宿泊することができるセットアップテントエリアもあります。グランピングやコテージでの宿泊は経験済みで、さらにキャンプ感を楽しみたい方は、こちらの宿泊スタイルもおすすめです。

埼玉県のアウトドア施設を探そう

魅力③キャンプ以外の楽しみ方も色々あり!

出典:PICA秩父

PICA秩父には、これまで解説してきた宿泊施設以外にも、様々な施設やサービスが存在しています。ここからは、PICA秩父でのキャンプ以外の楽しみ方についてご紹介します。

隣接するスポーツ施設で体を動かせる

出典:PICA秩父

PICA秩父と隣接しているスポーツ施設では、テニスコートや多目的広場、夏季限定のプールなど、多彩な施設を利用することができます。

特にテニスコートはクレーコートが46面もあり、さらにPICA秩父に宿泊している場合は特別価格で利用することができます。1日利用しても1面3,000円と非常にお得ですので、ぜひグループで利用して盛り上がってくださいね。詳細は下記の通りです。

詳細(テニスコート)
営業時間9:00~17:00
最終受付16:00
定休日水曜日、木曜日
一般料金1時間 2,000円
1日 10,000円
宿泊料金1時間 1,000円
1日 3,000円
レンタルラケット 760円/本
ボール 200円/個

名物や軽食を食べられるカフェ&ダイニング

出典:PICA秩父

センターコテージ内には「森のカフェ&ダイニング」という施設があり、オリジナルカレーや秩父名物、サンドイッチ等の軽食をテイクアウトすることができます。また、フリースペースも用意されているため、テイクアウトした食事はその場で食べることもできます。

詳細(カフェ&ダイニング)
営業時間10:00~16:00
定休日月~金曜日(祝日は除く)

森を感じながら温泉やサウナでゆっくりリラックス

出典:photoAC

PICA秩父の場内には、日帰り入浴施設「樹音の湯」があります。男女それぞれに大浴場とサウナが用意されており、ログハウスのような雰囲気の中でゆったりと入浴時間を楽しむことができます。

詳細(樹音の湯)
営業時間15:00~22:00
最終入場21:30
定休日水曜日、木曜日
入浴料金宿泊者は無料
レンタル宿泊者はタオル貸し出し無料

PICA秩父でキャンプをするには?予約方法をチェック

出典:PICA秩父

ここまでご紹介してきた通り魅力たっぷりのPICA秩父ですが、最後に予約方法について解説します。

事前予約は基本的にオンラインから

出典:PICA秩父

PICA秩父は完全予約制のキャンプ場ではありませんが、もちろん予約優先となるため事前予約をしておくのがおすすめです。

事前予約をするためには、オンライン上で会員登録を済ませた後に宿泊予約の手続きを進める必要があります。オンライン予約であれば最新の空室状況を確認できるため、簡単に予約を済ませることが可能です。
ただ、宿泊日の3日前まででないとオンライン予約はできないため注意が必要です。

急な予約や当日予約は直接電話で

出典:PICA秩父

急な予約や当日予約でオンライン予約に間に合わなかった場合は、現地フロント(0494-22-8111)に電話で問い合わせることで、空きがあれば宿泊することが可能です。

ただし、コテージやテントの用意ができる場合でも、食材付きプランの食事は用意が間に合わないことがあるためご注意ください。

また、急なキャンセルもオンライン上では手続きができないため、現地フロントまで電話するか、お問い合わせフォームから連絡するようにしましょう。

埼玉県のアウトドア施設を探そう

初心者にもおすすめ!埼玉でコテージキャンプならPICA秩父へ

出典:PICA秩父

PICA秩父は、多彩な選択肢から自分に合ったコテージを選択することができる、とても利用しやすいキャンプ場です。食材付きプランや入浴施設も揃っているため、気軽に手ぶらで遊びに行くことが可能です。

また、東京都心から車で2時間程度とアクセスも良好なため、友人や家族と休日のアウトドアを楽しむのには最高の場所です。次の週末は、ぜひ秩父エリアまでお出かけしてみてください。

予約サイト

TAKIBI編集部のおすすめ記事

コテージとは?似ている施設との違いや楽しみ方を解説!

アウトドアを満喫するなら「小田急山中湖フォレストコテージ」へ!特徴・魅力を徹底解説

奥多摩でアウトドア!コテージを完備したキャンプ初心者にもおすすめの施設3選

茨城県でおすすめのコテージがある施設とは?3つピックアップしてご紹介!

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 よう

マイカーを走らせてキャンプに行き、焚き火を眺めながらウイスキーを飲むために日々を生きている。東海地方によく出没します。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!
キャンプギア・キャンプ用品

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!

各メーカーから多種多様なテントが展開される中、ファミリーやグループキャンプに特化したタイプのテントも数多く見かける機会があります。 今…

新着記事一覧へ