コテージとは?似ている施設との違いや楽しみ方を解説!

本記事は一部にプロモーションを含みます

自然に囲まれた環境で、家族や友人とゆったり過ごすことができる「コテージ」が最近人気になってきました。
しかし、似たような宿泊施設が多いため、他の施設との違いが分かりにくいという方も多いと思います。

そこで本記事は、コテージで過ごす際の楽しみ方や選ぶ際のポイントはもちろん、類似施設との違いなども詳しくご説明します!
この記事を参考に、ぜひ快適なコテージ泊をお楽しみください。

コテージとは

出典:photoAC

「コテージ」とは別荘風の一戸建ての住宅で、一棟丸ごと貸し出し可能な施設です。語源としては中世の農奴を意味する「cotter」から来ているといわれます。

コテージは、主に田舎や郊外の自然豊かな場所や、海沿いなど景色の良い場所に建てられる傾向にあります。電気・ガス・水道のインフラが完備されており、家具やテレビ、冷蔵庫などの家電も設置されています。また、キッチンや調理器具、バス、トイレもあることから、短期間の滞在にも向いている施設です。

コテージと一口にいってもさまざまな種類があり、街中の一般住宅のような作りの物や、丸太組工法で建築されたログハウスなどがあります。特にログハウスでの生活は、普段の生活から離れ、非日常を楽しむことができます。

似ている施設との違いとは?それぞれの特徴について

出典:photoAC

コテージと似たような施設として、「ロッジ」「バンガロー」「ヴィラ」「ペンション」があります。それぞれの施設の特徴と違いを説明します。

ロッジ

出典:photoAC

ロッジとは、山小屋風の施設で丸太で作られた建物となっております。
コテージと比べると設備は簡素化されていますが、最低限の電気や水道は通っている施設が多い傾向です。
トイレも設置されていますが、お風呂などに関しては共用の風呂を使う場合が多くなります。

設備が簡素な分、コテージより価格が若干抑えられているのが特徴なので、アウトドアに不慣れな方で費用は抑えたい方におすすめの施設となっています。

バンガロー

出典:photoAC

コテージやロッジなどに比べ、さらに設備が簡易化されている施設にバンガローがあります。
バンガローには、トイレやお風呂が備え付けられておらず共用のものを利用します。
電気は通っている場合が多く、エアコンを使える施設もありますが、場所によっては冷暖房がない場合もありますので利用する前に確認する必要があります。
寝具に関しても、布団を借りるか自分で寝袋を用意する必要があったりとキャンプに近い状態ですが、キャンプ泊に比べて床があるため、雨天や冬の寒さなど天候に左右されづらく快適に過ごせます。

値段もコテージやロッジに比べて安価であるため、テント泊では不安だけどアウトドア気分を味わいたい方におすすめです。

ヴィラ

出典:photoAC

ヴィラとは、大邸宅・郊外住宅などの意味で、コテージと同じように一棟貸し出しの施設ですが、ヴィラはコテージより豪華に、まるで別荘のように贅沢に過ごせる施設となっています。
コテージは主に自然の中に建てられていますが、ヴィラは主にリゾート地に建てられることが多い傾向です。
設備も充実していて、プライベートプールやジャグジーバスなどの贅沢な設備が揃っていたり、荷物運びや朝食などを運んでくれるサービスがある場合もあります。

コテージよりは高額となっていますが、豪華なプライベート感を味わいたい方にはおすすめです。

ペンション

出典:photoAC

ペンションは小規模な洋風の宿泊施設で、旅館業法上ではホテル営業の許可を受けております。
イメージ的には西洋の民宿といった感じで、料金体系は1泊2食付きの料金体系を採用しています。
主に観光やレジャー目的の方が使う事が多く、コテージと違いペンションオーナーや従業員などが家族的な接客サービスを行ってくれます。

部屋も洋風となっており、ベットとフローリングを備えているのが主になっています。トイレやお風呂は部屋に設置されている場合や、共用の場合などさまざまです。

コテージでの楽しみ方

出典:photoAC

充実した設備の元、アウトドアを満喫するのにおすすめのコテージですが、楽しみ方を知るとさらに充実したアウトドアライフを過ごすことができます。

コテージはキャンプ初心者におすすめ!

コテージは、「キャンプは楽しそうだけど準備が大変そう」「キャンプは敷居が高いな」と考えている方にお勧めの施設です。

コテージでは、宿泊に必要な設備がほとんど揃っているので、持っていく荷物を最小限にすることができます。
さらに、天候や気温の変化といった自然に自然環境に対する備えもしっかりとしているので、キャンプ初心者にとってぴったりです。

必要な持ち物

出典:photoAC

コテージには、宿泊する際に必要な設備がほとんど揃っているといっても、ある程度持って行ったほうがいいアイテムがあります。
ここでご紹介するアイテムを参考にして、ご予約の際に実際に持って行った方がいいアイテムを選んでみてください!

着替え一式・防寒具

コテージには大抵の場合冷暖房が備え付けられていますが、施設によっては冷暖房設備が古い場合などもあります。そのような場合に備えて、冬場であれば長袖の防寒用衣服を、夏場であれば過ごしやすく涼しい着替えを用意しておくと安心です。

洗面用具一式

コテージにはお風呂や洗面台などが揃えられていますが、タオルや歯ブラシなどはない場合も多々あります。その他、アウトドアで動いて汗をかいたりする場面もありますので、タオルなどは多めに、その他歯ブラシなども持って行くことをお勧めします。

常備薬や救急セット

テント泊より安全とはいえ、アウトドアでは何がおきるかわかりません。不意のケガや体調不良になる可能性があることは十分念頭に置いておく必要があります。そのような場合に備えて、持病がある方は常備薬を持っていきましょう。また、ばんそうこうや消毒薬、とげ抜きなどを常備しておけば何かアクシデントがあった時にも対処可能となります。

懐中電灯・ランタンなどの灯り

コテージ内には照明が備え付けられていますが、野外活動する場合などには灯りが必須です。また、夜中何かする場合ちょっとした灯りがあると便利ですので、小さなものでいいので灯りは用意しておくとよいでしょう。

楽しみ方:本格的なアウトドア料理を作ってみよう

出典:photoAC

アウトドアでの料理は醍醐味の一つです。
コテージにはキッチンや調理器具が揃っている場合がほとんどで、アウトドア料理が難しいと感じている方でも気軽にチャレンジすることができます。

施設によっては食事プランなども用意されているので、手ぶらで本格的なアウトドア料理を楽しむことができます。
ぜひ、BBQなどのアウトドア料理を家族や友人たちとワイワイ楽しんでみてください

楽しみ方:自然やアクティビティも満喫しよう

出典:photoAC

コテージは自然に囲まれている場にあることが多い施設です。
室内で楽しむのはもちろん、ゆっくり自然の中を散策して新鮮な空気を取り入れるだけで、普段感じることができない癒しを体感できます。

また、施設の周りには自然を体験できるアクティビティがあります。
アクティビティで遊んだ後は、夜のコテージで焚き火などをしながら、日ごろの忙しさから離れた穏やかな時間を過ごしリフレッシュすることができます。

楽しみ方:雨が降っても大丈夫!屋内で遊ぼう

出典:photoAC

コテージであれば、急な天候の変化などを気にする必要がありません。
雨天でも快適に過ごすことができるので、室内で楽しめるアイテムを持ち込めば家族や友人たちと楽しく過ごせます。

また、施設によってはプロジェクターなどを用意している場合があります。
いつもと違う環境で観る大画面での映画は、普段に家で見る映画とは一味違うものとなります。

コテージを選ぶ時のポイント

出典:photoAC

コテージには、施設によって様々な違いがあります。
利用する際の用途に合わせたコテージ選びのポイントを詳しく解説いたします。

定員数に余裕がある

コテージには定員数というものが決められています。
定員ギリギリで利用しても問題はないのですが、スペース的に窮屈に感じることもあるでしょう。
特に大人数で利用する方は定員数に余裕のあるコテージを選ぶと快適に過ごせます。

設備・道具の有無

施設によって、どの程度設備が整っているか変わってきます。
キッチンはあっても食器類が人数分なかったり、浴室はあってもシャンプーやボディーソープ、タオルなどが用意されていない場合があります。
公式サイトに記載していない場合がありますので、予約をする際に問い合わせてみることを推奨します。

周辺にはどんな施設があるかもチェックする

コテージ周辺の観光地を周ったり、アクティビティを体験することはアウトドアの醍醐味の一つです。
その為、周辺施設でどのようなアクティビティや観光地があるのかを事前にチェックして、実際に体験することをお勧めします。
ぜひ、普段とは一味違った体験を楽しんでみてください!

ペットを連れて行きたいなら事前の確認は必須

コテージによってはペットと一緒に楽しむことができる施設もあります。
施設によっては、小型犬のみ可能といった場合や大型犬は1頭までといった制限があったり、犬は可能だが猫は不可などのペットの種類による制限などがあったりします。

そのため、予約をする際には事前に制限などがあるのかをチェックしておくのを推奨します。
大切な家族であるペットと楽しいひと時を過ごすために、ペットにあった施設を探しことも大切です!

キャンプ初心者でも楽しめる「コテージ」を利用しよう!

出典:photoAC

「自然豊かな場所で、荷物や天候を気にせずに楽しみたい」「非日常的な施設でゆったりとした時間を過ごしたい」
そのように考えているアウトドア初心者の方の願いをコテージ泊は叶えてくれます。

ぜひ、気軽に宿泊することができるコテージ泊を楽しみながら、周辺観光地やアクティビティなどを体験して、家族や友人たちと忘れられない思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

予約サイト

TAKIBI編集部のおすすめ記事

千葉のキャンプ場おすすめ21選!オートキャンプ場やコテージ、おしゃれなグランピングから無料サービスまで人気キャンプ場を紹介ー前編ー

千葉のキャンプ場おすすめ21選!オートキャンプ場やコテージ、おしゃれなグランピングから無料サービスまで人気キャンプ場を紹介ー後編ー

グランピングも楽しめる!千葉県でおすすめのコテージ11選

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 ジュン

元々写真が好きで、自然と人物を撮影しながらアウトドアを楽しんでいます。心に残る写真と情報を発信できればと思っています。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

Coleman(コールマン)のおすすめショルダーバッグ6選!その他おすすめバッグもあわせてご紹介
ファッション

Coleman(コールマン)のおすすめショルダーバッグ6選!その他おすすめバッグもあわせてご紹介

Coleman(コールマン)は、数々のアウトドアギアを取り扱っているブランドです。数々のアウトドアギアを展開しているなかでも、ショルダーバッ…

Coleman(コールマン)のツーバーナーで快適キャンプ飯!おすすめアイテムはこれ!
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)のツーバーナーで快適キャンプ飯!おすすめアイテムはこれ!

Coleman(コールマン)は、日本国内はもちろん海外のキャンパーからも大きな注目を集めているアウトドアメーカーです。 ツーバーナーコ…

ogawa(オガワ)のチェアで快適キャンプ!アウトドアチェアの選び方とおすすめアイテム7選
キャンプギア・キャンプ用品

ogawa(オガワ)のチェアで快適キャンプ!アウトドアチェアの選び方とおすすめアイテム7選

確かな品質とデザイン性で絶大な人気を獲得しているアウトドアブランドogawa(オガワ)。特にテントが有名ですが、ファニチャーも数多く展開して…

5050WORKSHOP「ミニマライト」はスタイリッシュで機能性抜群!その他のおすすめアイテムもご紹…
キャンプギア・キャンプ用品

5050WORKSHOP「ミニマライト」はスタイリッシュで機能性抜群!その他のおすすめアイテムもご紹…

小規模ながら高品質かつオリジナリティー溢れるガレージブランド。有名メーカーにはない、こだわり抜いた素材とデザイン性が魅力で、こだわってキャン…

【Amazonタイムセール】最大52%オフになっているDOD(ディーオーディー)のキャンプギアを特集…
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazonタイムセール】最大52%オフになっているDOD(ディーオーディー)のキャンプギアを特集…

Amazonで毎日開催されているタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報をお届けします。 本日は、ワ…

最大55%オフも!Amazonタイムセール対象のキャプテンスタッグギア13選
キャンプギア・キャンプ用品

最大55%オフも!Amazonタイムセール対象のキャプテンスタッグギア13選

Amazonで毎日開催されているタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報をお届けします。 本日は、キ…

新着記事一覧へ