Coleman(コールマン)のツーリングテントおすすめ3選!選び方もご紹介

本記事は一部にプロモーションを含みます

1901年にアメリカのカンザス州にて創業されたColeman(コールマン)。自家製ランプの製造を開始し、キャンプ用ストーブからテント、シュラフ、チェアなど様々なアウトドア用品を展開しています。

数あるアウトドア用品の中でもテントの種類が豊富で、ツーリングに適したテントも複数販売。今回は、そんなコールマンのツーリングテントの選び方とおすすめの製品を紹介します。

ツーリングテントはどう選ぶ?

出典:Coleman

ツーリングやサイクリング、ソロキャンプに欠かせないツーリングテント。様々なモデルが販売されていますが、設営の手軽さや前室の有無など違いがあります。

ここでは、ツーリングテントのポイントを絞った選び方を紹介していきます。

軽量でコンパクトになるタイプを選ぶ

出典:Coleman

ツーリングで携行するテントですので、軽量かつコンパクトなサイズのものがおすすめです。

ツーリングテントと銘打ったものは軽いものが多いですが重量の目安となるのは5kg前後。そして、バイクの積み荷に関しての道路交通法を把握しておくことも大切です。

積載装置から30cm以内と決められている為に、バイクの積載装置のサイズを確認しそのサイズに収まるコンパクトさが必要となってきます。

使う人数に合わせて選ぶ

出典:Coleman

ツーリングテントを選ぶときには対応人数の確認も忘れずにしましょう。

コンパクトさを重要視する場合は1人~2人用のソロタイプがおすすめです。テントの中でゆったり過ごしたい場合や、積載してきた荷物をテントの中に収納する場合などは大きめのサイズが良いでしょう。

また、ツーリングはヘルメットやウェアなどテント内のスペースを取る荷物もあります。テントを使用する人数より1人分多いサイズのテントを選ぶと快適に過ごせます。

前室の広さで選ぶ

出典:Coleman

前室が広く大きいツーリングテントは雨を避けることもでき、そこに荷物を置くこともできるのでタープの代わりになります。直射日光や夜露を防ぐこともできますので、ツーリングキャンプが快適になります。

ツーリングテントの中には前室を大きく取り、そこにバイクを入れてしまうことができるものもあり防犯対策としても有効。前室の広いテントを選ぶことは様々な問題を解決することもできますよ。

機能性を考えて選ぶ

出典:Coleman

テント内で快適に過ごすためには機能性を考えることも大切です。通気性や保温機能など快適に過ごすための機能が備わっているのかをしっかりチェックしましょう。

テントにはシングルウォールとダブルウォールがありますが、換気ができるベンチレーションが備わっているものが通気性が高くなっています。

また、テントにスカートが付いているものは地面との隙間を防ぎ外気の侵入を抑えられるで保温性も高まります。

設営の手軽さで選ぶ

出典:Coleman

ツーリングテントは設営の手軽さも大切です。ツーリングを楽しんで日が暮れてから設営する場合や、天候不順な場合などにはすぐに設営できるテントが便利です。

テントには自立式と非自立式がありますが、ペグやガイロープがなくても設営でき設営場所も選ばない自立式がおすすめ。またワンタッチ式やポップアップ式は初心者でもすぐに設営できます。

設営場所を選ばずすぐに設営できるテントを選びましょう。

コールマンでおすすめのツーリングテント①:ツーリングドームエアー/ST+

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム/ST+ 1~2人用 ポールポケット式 キャンプ

コールマンの「ツーリングドームエアー/ST+」はリバーシブルファンベンチレーション(別売)が装着できるメッシュハンガーが付属しているのが最大の特徴。テント内の空気を外へ排出することで気流を作り快適な空間を作ります。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥15,800 (2024/05/19 07:13:51時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約265×210×110(h)cm
インナー:約210×120×100(h)cm
収納時 :約Φ19×49cm
重量約4.5kg
耐水圧フライ:約3,000mm
フロア:約1,500mm
定員1人~2人用
公式HPツーリングドームエアー/ST+

ツーリングドームエアー/ST+の特徴

出典:Coleman

ワイドエアメッシュ採用で換気性能がアップ。外気を取り入れることでこもった熱や湿気を排出し、今までより涼しく快適に過ごすことができます。

また、別売りのリバーシブルファンベンチレーションを付けることにより外気を取り込み、テント内に気流を作り風の力でより涼しい空間を作り出すこともできます。

別売りの「電動ファン」を使うとより快適な空間に

出典:Coleman

テント内を素早く冷却し快適な空間を作ってくれる電動ファン。テントのメッシュハンガーにリバーシブルファンベンチレーション(別売り)を取り付けることにより、温まったテント内の空気を外へ排出してくれますよ。

コールマンでおすすめのツーリングテント②:ツーリングドーム/ST

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用

コールマンのツーリングドームはコンパクトながら、横幅は210cmあり背の高い前室が備わっています。簡単設営の1人用コンパクトテントですので小さく収納もでき、移動にも便利なドームテントとなっています。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥13,420 (2024/05/19 07:13:52時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約265×210×100(h)cm
インナー:約210×120×100(h)cm
収納時 :約Φ19×49cm
重量約4kg
耐水圧フライ:約1,500mm
フロア:約1,500mm
定員1人~2人用
公式HPツーリングドーム/ST

ツーリングドーム/STの特徴

出典:Coleman

ソロキャンプやツーリング時などアウトドアで大人気の背が高い前室が備わった簡単設営のコンパクトテントです。

ツーリングドームはコンパクトながら、横幅が210cmとゆったりと過すことができ、背が高い前室が備わっています。

また、設営が簡単なのも特徴で、別売りのキャノピーポールがあれば前室に大きな日よけ雨よけスペースを作ることもできます。

別売りの「キャノピーポール」を使うとより快適な空間に!

出典:Coleman

前室の入り口をキャノピーポール(別売り)で立ち上げることにより前室に大きな日よけ雨よけスペースを作ることが可能。強い日差しや突然の雨が前室に入り込むことを防いでくれる為に荷物の保護にもなり、快適に過ごすこともできます。

また、タープを持ち運ぶ必要もなくなるため荷物もコンパクトになります。

コールマンでおすすめのツーリングテント③:ツーリングドーム/LX(JIブラック)

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム/LX(JIブラック) 2~3人用 ポールポケット式 簡単設営

コールマンのツーリングドーム/LXにスペシャルグラフィックが施された特別なコラボデザイン。難病と闘う子ども達へ夢のキャンプを提供する「そらぷちキッズキャンプ」へ売り上げの1%が寄付されています。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥26,900 (2024/05/19 07:13:53時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約345×210×115(h)cm
インナー:約210×180×110(h)cm
収納時 :約Φ21×49cm
重量約4.4kg
耐水圧フライ:約1,500mm
フロア:約1,500mm
定員2人~3人用
公式HPツーリングドーム/LX(JIブラック)

COLEMAN ART PROJECTとは?

出典:Coleman

COLEMAN ART PROJECTとは新世代のコラボレーションプロジェクトで、アウトドアとアートの人間の本能が求める二つの好奇心を融合したものです。

カルチャーを代表するアーティストが、一年に一度厳選したプロダクトに新たな命を吹き込みます。この時にしか手に入らない限定アイテムで、大自然のキャンバスに個性溢れる彩りを添えます。

ツーリングドーム/LX(JIブラック)の特徴

出典:Coleman

JUN INOUE氏によるColemanの為のグラフィックが施されたスペシャルなコラボデザイン。テントの出入り口はダブルファスナードアで出入りしやすくなっています。

さらに、アルミフレームで軽量コンパクトなうえに、1人でも設営しやすいポールポケット式を採用したツーリングテントです。

コールマンのツーリングテントでアウトドアを快適に!

出典:Coleman

Coleman(コールマン)のツーリングテントは、バイクや自転車でのツーリングキャンプやソロキャンプに最適。コストパフォーマンスにも優れ、その通気性と保温性の高さから多くのキャンパーに支持されているテントです。

ぜひ、快適性に優れたツーリングテントでアウトドアシーズンを快適に過ごしてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 すわきゃん

コテコテではない緩く楽しむ無骨系。コスパ重視の軍幕キャンパー。穴場的なキャンプ場に出没します!

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!
キャンプギア・キャンプ用品

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!

各メーカーから多種多様なテントが展開される中、ファミリーやグループキャンプに特化したタイプのテントも数多く見かける機会があります。 今…

新着記事一覧へ