Coleman(コールマン)のテントってどうなの?ツーリングドームテント/STなどの特徴をご紹介!

投稿日:2024年3月13日 | 最終更新日:2024年3月19日

本記事は一部にプロモーションを含みます

Coleman(コールマン)は、世界中のキャンパーからも注目を集めているアウトドアメーカー。ドームテントはもちろん、アウトドアで活躍するさまざまなキャンプギアを取り扱っています。

今回の記事では、そんなコールマンの「テント」をご紹介。人気のツーリングドームテント/STはもちろん、その他のドームテントや2ルームテントも紹介するので、ぜひ参考にしてください!

ツーリングドームテント/STとは?特徴や魅力を解説!

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用

簡単に設営することができる1人~2人用のコンパクトテント「ツーリングドームテント/ST」。コンパクトながら背が高い前室が備わっているため、大人でもゆったり過ごすことができます。

前室空間のおかげで、雨天時でも室内に直接雨が入り込まないのも嬉しいポイント。別売りのキャノピーポールを使えば、前室に大きな日よけ・雨よけスペースを造ることもできちゃいます!

さらに、ポールポケット式が採用されているので、1人でも設営がとても簡単。ソロキャンプやツーリング時のキャンプにおすすめですよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥13,430 (2024/07/15 10:54:41時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約210×120×100(h)cm
収納時:約Φ19×49cm
重量4Kg
材質フライシート
┗ポリエステル(約1,500mm)
インナーテント
┗ポリエステル
フロア
┗ポリエステル(約1,500mm)
フレーム
┗FRP(繊維強化プラスチック)
公式HPツーリングドームテント/ST

コールマンが手掛けるその他のドームテントも魅力的!

出典:Coleman

コールマンではツーリングドームテント/ST以外にも、さまざまなモデルの魅力的なドームテントを展開。設営しやすいタイプはもちろん、日光をブロックしてくれるタイプなど、その種類は多種多様です。

ここからは、ソロキャンプやツーリングのお供に最適な、コールマンでおすすめのドームテントを6つ紹介していきます。初めてキャンプを始める方にぴったりな「スタートパッケージ」も用意されているので、ぜひチェックしてください!

ツーリングドーム/LX

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX 2~3人用

1つ目に紹介するコールマンでおすすめのドームテントは「ツーリングドーム/LX」。ソロキャンプやツーリング時に大人気の2人~3人用のコンパクトテントです。

コンパクトでありながらテントの横幅は210cmあるだけでなく、大人でもゆったり過ごせる背の高い前室も完備。雨天時でも室内に直接雨が入り込まず、荷物やシューズ置き場としても活用できます。

また、別売りのキャノピーを使用すれば、前室に大きな日よけ・雨よけスペースを造ることもできちゃいますよ!

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥17,816 (2024/07/15 10:54:42時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約210×180×110(h)cm
収納時:約Φ21×49cm
重量約5.2Kg
材質フライシート
┗ポリエステル(約1,500mm)
インナーテント
┗ポリエステル
フロア
┗ポリエステル(約1,500mm)
フレーム
┗FRP(繊維強化プラスチック)
公式HPツーリングドーム/LX

BCクロスドーム/270

コールマン(Coleman) テント BCクロスドーム 270 グリーン 4〜5人用 2000038429

2つ目に紹介するコールマンでおすすめのドームテントは「BCクロスドーム/270」。設営がしやすいベーシックドームテントです。

シンプルなフレームワークにより4人~5人で利用可能。ファミリーキャンプでの利用にもおすすめです。

また、別売りの「タフタスクリーンタープ/400」や「スクリーンキャノピージョイントタープⅢ」を連結すれば、広々としたリビング空間を作り出すことができますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥18,517 (2024/07/15 10:54:43時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約270×270×175(h)cm
収納時:約Φ25×75cm
重量約10kg
材質フライ
┗75Dポリエステルタフタ
インナー
┗68Dポリエステルタフタ
フロア
┗210Dポリエステルオックス
ポール・フロント
┗FRP(繊維強化プラスチック)
キャノピー
┗スチール
付属品・キャノピーポール
・ペグ
・ロープ
・ハンマー
・キャリーバッグ
公式HPBCクロスドーム/270

ソロキャンプスタートパッケージ

コールマン(Coleman) ソロキャンプスタートパッケージ

3つ目に紹介するコールマンでおすすめのドームテントは「ソロキャンプスタートパッケージ」。ソロキャンプに必須のアイテムがぎゅぎゅっとセットになった、とてもお得なスタートパッケージです。

購入後すぐにキャンプを始められるよう、テントや寝袋(シュラフ)、ファンチェアなどの厳選された10点のアイテムがオールインワンホイール(収納バッグ)に入っています。

セットアイテムはオールインワンホイールにまとめて収納できるので、準備や片づけもとても簡単。そのまま。自宅で保管することができるので、いざという時の防災用としても重宝しますよ。

セット内容

〈総重量〉
約16kg

〈収納時サイズ〉
約40×30×70cm

・オールインワンホイール
・インスタントアップドーム/S
・コンパクトコルネット/L0
・コンパクトインフレーターマット
・ファンチェア
・コンパクトアルミテーブル
・ファイアーディスク(TM)ソロ
・ファイアープレイスシート
・アウトランダーマイクロストーブ
・バックウェイ(TM)ソロクッカーセット
・ラギッドパッカウェイランタン

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥44,900 (2024/07/15 10:54:43時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ
(テント)
本体  :約210×210×115(h)cm
インナー:約210×90×100(h)cm
収納時 :約Φ17×65cm
重量テント:約4.3kg
総重量:約16kg
材質
(テント)
フライ・フロア
┗75Dポリエステルタフタ
インナー
┗68Dポリエステルタフタ
ポール
┗FRP(繊維強化プラスチック)
公式HPソロキャンプスタートパッケージ

タフワイドドームV/300 スタートパッケージ

出典:Coleman

4つ目に紹介するコールマンでおすすめのドームテントは「タフワイドドームV/300 スタートパッケージ」。コールマンのロングセラーモデルであるタフワイドドームに、インナーシートとグランドシートがセットになったお得なスタートパッケージです。

ベントフレームを採用したことで室内が広くなり、タフワイドドームの居住性がさらに向上。5人~6人で使用可能なワイド空間になっているため、家族一緒に快適に使用することができちゃいます。

また、サークルベンチレーションシステムにより風を取り入れ、排出を繰り返すことで涼しい空間を生み出してくれるので、暑い夏でも快適にキャンプを楽しめます。

セット内容

・タフワイドドームV/300
・インナーシート
・グランドシート

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥45,017 (2024/07/15 10:54:44時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約495×300×195(h)cm
インナー:約300×300×185(h)cm
収納時 :約23×25×72cm
【インナーシート】
使用時:約290×290cm
【グランドシート】
使用時:約280×280cm
重量テント:約11kg
インナーシート:約2.3kg
グランドシート:約1.6kg
材質【テント】
フライ
┗75Dポリエステルタフタ
インナー
┗68Dポリエステルタフタ
フロア
┗210Dポリエステルオックス
ポール
┗アルミ合金
 FRP(繊維強化プラスチック)
【インナーシート】
ポリエステル
PEスポンジ
【グランドシート】
ポリエチレン
公式HPタフワイドドームV/300
スタートパッケージ

ツーリングドームエアー/ST+

出典:Coleman

5つ目に紹介するコールマンでおすすめのドームテントは「ツーリングドームエアー/ST+」。1人~2人用のコンパクトドームテントです。

遮光性に優れたダークルームテクノロジーのフライシートと、通常メッシュの1.5倍の通気性を持つワイドエアメッシュが採用された機能的なテント。日光をブロックしてくれるので、朝まで快適に睡眠がとれる環境を実現してくれます。

また、荷物の保管や日よけ・雨よけに便利な広い前室空間も確保。出入りがしやすいのも嬉しいポイントです。

さらに、別売りのキャノピーポールを使用すれば、前室を拡張することも可能。散らかりやすいキャンプサイトを綺麗に整頓することもできちゃいますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥16,047 (2024/07/15 10:54:45時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約265×210×110(h)cm
インナー:約210×120×100(h)cm
収納時 :約Φ19×49cm
重量約4.5kg
材質フライ
┗75Dポリエステルタフタ
インナー
┗68Dポリエステルタフタ
フロア
┗75Dポリエステルタフタ
ポール
┗FRP(繊維強化プラスチック)
付属品・ペグ
・ロープ
・メッシュハンガー
・収納ケース
※ハンマーは付属なし
公式HPツーリングドームエアー/ST+

ツーリングドームエアー/LX+

出典:Coleman

6つ目に紹介するコールマンでおすすめのドームテントは「ツーリングドームエアー/LX+」。5つ目に紹介したツーリングドームエアー/ST+を大きくしたテントです。

ST+と同様に遮光性に優れたダークルームテクノロジーのフライシートと、通常メッシュの1.5倍の通気性を持つワイドエアメッシュが採用されているので機能面も充実しています。

別売りのキャノピーポールを使用すれば、ファミリーキャンプでの荷物もしっかりと収納できちゃいますよ!

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥20,665 (2024/07/15 10:54:46時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約345×210×120(h)cm
インナー:約210×180×110(h)cm
収納時 :約Φ21×49cm
重量約5.9kg
材質フライ
┗75Dポリエステルタフタ
インナー
┗68Dポリエステルタフタ
フロア
┗75Dポリエステルタフタ
ポール
┗FRP(繊維強化プラスチック)
付属品・ペグ
・ロープ
・メッシュハンガー
・収納ケース
※ハンマーは付属なし
公式HPツーリングドームエアー/LX+

広々とした2ルームテントもおすすめ!

出典:Coleman

コールマンでは、ファミリーキャンプやグループキャンプに最適な2ルームテントも豊富に取り扱っています。

言わずとも知れたマスターシリーズはもちろん、速乾性や遮光性に優れたタイプなど、その多種多様性から自分にぴったりのテントを見つけることができますよ。

ここからは、そんなコールマンでおすすめの2ルームテントを6つ紹介していきます。

4Sワイド2ルームコクーンⅢ

出典:Coleman

1つ目に紹介するコールマンでおすすめの2ルームテントは「4Sワイド2ルームコクーンⅢ」。1年中快適にキャンプを楽しめるコールマンの最高峰モデルのテントです。

マスターシリーズなら、強風が吹く春や雨が続く梅雨や秋雨、厳冬の氷点下から30℃を超える真夏まで対応可能。日本の変化の激しい四季を快適に過ごせるような、こだわり機能が備えられています。

もちろん、4Sワイド2ルームコクーンⅢにも、そんなマスターシリーズのこだわり機能が存分に詰め込まれています。通気性はもちろん、安心感も備わっているので家族や友人と過ごすのに最適ですよ。

created by Rinker
Coleman(コールマン)
¥158,000 (2024/07/15 10:54:47時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約670×400×200(h)cm
インナー:約360×240×195(h)cm
収納時 :約Φ40×85cm
重量約34kg
定員5人~6人
耐水圧フライ:約3,000mm
フロア:約10,000mm
ルーフ:約3,000mm
公式HP4Sワイド2ルームコクーンⅢ

4Sワイド2ルームカーブ

出典:Coleman

2つ目に紹介するコールマンでおすすめの2ルームテントは「4Sワイド2ルームカーブ」。コクーンⅢと同等のテクノロジーを継承した最高峰モデルのテントです。

抜群の強度と空間を最大化させるフォルム設計によって、広々とした空間を確保。独自フレーム構造によって、身長の高い人でもスムーズに移動できる天井の高さ、リビングの広さ、台風強度を両立しています。

また、メインポールには極太のアルミ合金素材が採用されているので、強風からもテントをしっかり保護。開放感あふれるリビング天窓が設置されているので、テント内にやさしい自然光が差し込み、1年中快適にキャンプを楽しめちゃいます。

created by Rinker
Coleman(コールマン)
¥112,800 (2024/07/15 10:54:47時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約580×350×200(h)cm
インナー:約300×225×185(h)cm
収納時 :約Φ34×83cm
重量約24kg
定員4人~5人
耐水圧フライ:3,000mm
フロア:10,000mm
ルーフ:3,000mm
公式HP4Sワイド2ルームカーブ

タフスクリーン2ルーム TX/MDX

出典:Coleman

3つ目に紹介するコールマンでおすすめの2ルームテントは「タフスクリーン2ルームTM/MDX」。速乾性を持った、季節を問わずファミリーキャンプが楽しめる2ルームテントです。

コットンのような風合いの”TexFiberポリエステル”を採用しており、耐久撥水性に優れた”Teflonコーティング”によって雨天時も安心です。

また、リビングスペースはオープン・クローズ・メッシュなど、天候や気温に合わせてセッティングすることが可能。リビングと寝室スペース上部には大型の”ベンチレーション”が設置されているので、テント内の換気も抜群です。

もちろん、寒い時には閉じることもOK。全周フルスカートになっているので、冷気や蒸しの侵入を抑えるのはもちろん、暑い時期には巻き上げて外気を取り入れることもできますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥89,800 (2024/07/15 10:54:48時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約560×340×210(h)cm
インナー:約300×250×173(h)cm
収納時 :約Φ35×74cm
重量約20.5kg
定員4人~5人
耐水圧約2,000mm
(フライ・ルーフ・フロア)
材質フライ
┗75Dポリエステルタフタ
インナー
┗68Dポリエステルタフタ
フロア
┗210Dポリエステルオックス
ポール
┗アルミ合金
 スチール
付属品・ルーフフライ
・キャノピーポール×2
・ペグ
・ハンマー
・収納ケース
公式HPタフスクリーン2ルームTX/MDX

タフスクリーン2ルームエアー/LDX+

出典:Coleman

4つ目に紹介するコールマンでおすすめの2ルームテントは「タフスクリーン2ルームエアー/LDX+」。遮光性に優れた素材を生地に施し、光を90%以上ブロックするダークルームシリーズの2ルームテントです。

日光の透過を防ぐことで、リビング内で涼しく快適に過ごすことが可能。ワイドエアメッシュが採用されているので通気性も抜群です。

さらに、別売りのリバーシブルファンベンチレーションを使用すれば、テント何に外気を取り込むことが可能。気流を造ることによって、風の力で涼しい空間を確保してくれます。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥86,713 (2024/07/15 10:54:49時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約610×365×220(h)cm
インナー:約300×250×185(h)cm
収納時 :約Φ36×75cm
重量21kg
定員4人~5人
耐水圧寝室  :約3,000mm
リビング:約2,000mm
フロア :約2,000mm
ルーフ :約3,000mm
付属品・ルーフフライ
・キャノピーポール×2
・ハンマー
・ペグ
・ロープ
・メッシュハンガー
・収納ケース
公式HPタフスクリーン2ルームエアー/LDX+

タフスクリーン2ルームエアー/MDX+

出典:Coleman

5つ目に紹介するコールマンでおすすめの2ルームテントは「タフスクリーン2ルームエアー/MDX+」。タフスクリーン2ルームエアー/LDXプラスのサイズ違いのテントです。

こちらのテントも、ダークルームテクノロジーによって日光を90%以上ブロック。朝の急激な温度上昇を防いでくれるので、暑い夏の朝でも快適に過ごすことができちゃいます。

また、通常のメッシュよりも通気性が1.5倍もあるワイドエアメッシュを採用。必要に応じて光をとれるサイドウィンドウだけでなく、1人でも設営しやすいアシストクリップが付いていたり、随所に嬉しい工夫が施されています。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥83,800 (2024/04/19 21:58:39時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約560×340×215(h)cm
インナー:約300×250×175(h)cm
収納時 :約Φ34×74cm
重量20kg
定員4人~5人
耐水圧寝室  :約3,000mm
リビング:約2,000mm
フロア :約2,000mm
ルーフ :約3,000mm
付属品・ルーフフライ
・キャノピーポール×2
・ハンマー
・ペグ
・ロープ
・メッシュハンガー
・収納ケース
公式HPタフスクリーン2ルームエアー/MDX+

タフスクリーン2ルームハウス/MDX

出典:Coleman

6つ目に紹介するコールマンでおすすめの2ルームテントは「タフスクリーン2ルームハウス/MDX」。ワイドスペースのリビングを備えた2ルームテントです。

クロスフレームが採用されているので、設営しやすく室内も広々。メッシュ・オープン・クローズが選べる、ワイドなリビングスペースが備わっているので、天候や気分に合わせて使い分けることができちゃいます。

また、サークルベンチレーションシステムにより風を取り入れ、排出を繰り返すことで涼しい空間を実現。機能的でありながら価格もリーズナブルなため、初めて購入するテントとしてもおすすめですよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥54,600 (2024/07/15 10:54:49時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ本体  :約560×340×215(h)cm
インナー:約300×250×175(h)cm
収納時 :約Φ32×74cm
重量約17kg
定員4人~5人
耐水圧約2,000mm
材質フライ
┗75Dポリエステルタフタ
インナー
┗68Dポリエステルタフタ
フロア
┗210Dポリエステルオックス
ポール
┗アルミ合金
 スチール
公式HPタフスクリーン2ルームハウス/MDX

ツーリングドームテント/STをはじめとしたコールマンのテントはどれもおすすめ!

出典:Coleman

今回の記事では、Coleman(コールマン)のドーム型テントと2ルーム型テントを紹介しました。

アウトドアで活躍するアイテムを豊富に取り扱っているコールマンだからこそ、テントの種類も多種多様。キャンプデビューする方にもおすすめのスタートパッケージも用意されているので、ぜひ活用してみてくださいね。

自分の利用シーンに合わせてお気に入りのテントを見つけて、アウトドア時間をもっと楽しんじゃいましょう!

予約サイト

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 みしゅみママ

ブームに乗ってキャンプデビューしたら、すっかり虜にされてしまった5人家族3児の母です。主婦目線で役立つ情報を発信します。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選
キャンプギア・キャンプ用品

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選

年に1度のAmazonプライムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…
キャンプ場紹介【関東】

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…

「丸沼高原キャンピングバレイってどんなところ?」「群馬県でおすすめのキャンプ場はどこだろう?」「家族で楽しめるキャンプ場が知りたい!」 …

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選
キャンプギア・キャンプ用品

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選
キャンプギア・キャンプ用品

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

新着記事一覧へ