【熊本県】阿蘇レインボーバレー 虹の谷キャンプ場|本当は秘密にしておきたい雰囲気最高のキャンプ場

熊本県阿蘇郡小国町にある「阿蘇レインボーバレー 虹の谷キャンプ場」に行ってきました。

こちらのキャンプ場は2020年に新たにオープンしたばかり。
カルデラの土地に独特の自然を楽しめるキャンプサイトはもちろん、春は花や木が青々しく、夏には川遊び、秋は紅葉と、四季を満喫するには最高の場所です。

駐車場併設の喫茶店も営業されており、おしゃれな雰囲気と、自然の景色、美味しいごはんを楽しみながら贅沢な時間を味わえます。
運営されている方々はとてもあたたかく、「この自然を感じて欲しい」という想いに溢れていらっしゃいました。

全ての施設は建物以外手作りとのこと!
恵まれた地形を活かしつつ、ごはんを食べる場所の提供や、充実した売店の設置など、キャンパーが困ることのないようにという配慮も感じられます。

今回はそんな「阿蘇レインボーバレー 虹の谷キャンプ場」をご紹介します!

【おすすめポイント】
・ソロキャンプを応援
・四季折々の自然を満喫できる
・川遊びや滝までのルートで子供たちも楽しめる
・スーパーや温泉は車で15分圏内
・お手洗いや炊事場もキレイ
・喫茶店併設で便利

【注意が必要なポイント】
・お手洗いや炊事場が遠くなるサイトもある
・入口を新設しているので注意
・炊事場でお湯はでない
・自然だけにケガや事故、動物に注意
・平地との気温差に注意
・スマホの電波が届きにくい

キャンプ場概要

詳細
営業期間年中無休
利用時間チェックイン
14:00~
チェックアウト
~12:00
入場料中学生以上 300円
3歳以下 200円
料金テント1張り
1,000円
タープ1張り
1,000円
デイキャンプ/川遊び
500円(駐車料金のみ)
ソロキャンプ(全て込み)
2,000円
バイクキャンプ(全て込み)
1,000円
駐車料金車1台1,000円
※デイキャンプ・川遊び利用は500円
車横付け可能
(全区画オートフリーサイト)
電話番号090-2717-2216
公式サイト阿蘇レインボーバレー
虹の谷キャンプ場
アクセス天ヶ瀬ICより40分
住所熊本県阿蘇郡小国町下城4839

管理棟で受付

予約は電話にて受付されています。
夏は宿泊のお客さんも多いようですが、平日やその他の季節は比較的予約も取りやすいそうです。

看板を目印に入場すると、少し坂を降ったところに駐車場と管理棟に到着します。
駐車場に隣接する喫茶店ではなく、道を挟んだところにある管理棟で受付をおこないます。

駐車場は10台ほど駐車可能

駐車場は喫茶店にあり、10台ほど駐車可能です。
全サイトオートサイトのため、駐車には困りません。
川遊びや紅葉、滝の見学、カフェのみの利用であれば駐車場を使用可能で、川遊び、デイキャンプでの利用は500円の駐車料金となります。

隣接した売店

キャンプに必要な道具がレンタル、購入できます。

また、軽い食べ物も販売されているので、忘れ物をしても困ることのないようになっています。
念の為近くを検索したところ、車で10分ほどの場所にスーパーもあるので万が一の際も安心です。

ソロキャンプに嬉しいキャンプ場

サイトは区画のないフリーサイトで、車の横付けも可能です。
駐車場、管理棟を挟んで上下にサイトは分かれており、上に行くと星空キャンプサイト、下に行くと森のキャンプサイトです。

ソロキャンプであれば車利用の場合、全ての料金込みで2,000円(バイクなら1,000円)と破格の料金設定です。
「一人でキャンプされる方にゆっくりとした時間を過ごして欲しい」という想いからこの価格設定にされているとのこと。嬉しいサービスですね。

星空の見えるサイト

斜面を登ったところにある星空キャンプサイトは、周りに遮るものはないため、視界もよく、星空を存分に楽しめます。
森のキャンプサイトからも星空は見えますが、木々に遮られるのと、管理棟に近いため、管理棟の明かりで星は見えづらくなってしまうので星を見たい方はこちらがおすすめです。
お手洗いや炊事場からは少し離れているため、家族連れの方などは考慮しましょう。

森のキャンプサイト

森のキャンプサイトは管理棟の少し下(といっても管理棟、駐車場のほぼ隣)にあり、お手洗いや炊事場も近いため、家族連れの方には特におすすめのサイトです。

木々に囲まれていて川も近いので、水の流れる音と鳥のさえずりを聴きながらゆっくりと落ち着けるキャンプを楽しめます。

本当は教えたくない!?秘密の場所に設営

今回設営したのは「森のキャンプサイト」エリア。
駐車場のすぐ下にあって山道のように見えるスペースをおすすめして頂きました。
道に見えますが実はこちらもテントを設営できる場所で、最初に見ただけではほぼ気づくことはありません。

<今回の使用テント>
WAQ Alpha TC
全長240cm×横幅240cm×高さ110cm

created by Rinker
ワック(WAQ)
¥22,350 (2022/09/25 10:42:41時点 Amazon調べ-詳細)

土質はさらさらしており、設営の際は長めのペグがあると安心です。
テントはソロテントであれば余裕で設営が可能。サイズ的に240cm×240cmでぎりぎりという感じでした。
車は横付けできませんが、駐車場のすぐ下なので荷下ろしも苦労せずにできます。

お手洗いや炊事場も川もすぐ近くにあり、便利でありながら川をすぐ近くに感じて木々に囲まれる体験をできるので、快適にキャンプを楽しめました。

設備紹介

売店、喫茶店も便利ですし、炊事場にはかまどもありますし、お手洗いも3か所あるから混雑の恐れがありません。
不便に感じる場所はありませんでした。

綺麗な炊事場

炊事場は2台のシンクを備え、焚き火台を洗うことのできる所も1か所あります。
お湯は出ないので冬場にはゴム手袋を用意していくと良いですね。
こちらにはかまども備えており、料理もできます。

清潔感のあるお手洗い

お手洗いは綺麗な洋式でウォシュレットもついています。
炊事場の近くに2個のお手洗いが設置されているのと、喫茶店のお手洗いも使用できるので便利です。

シンプルなシャワー室

シャワー室は3箇所連結されており、100円で利用できます。格安!

場内にお風呂の施設はないものの、さすがは温泉地だけあって、車で10分ほど走ると杖立温泉にアクセスできますし、30分で黒川温泉にも行けるので、余裕があれば温泉も楽しめます。

次のページ:滝も川も森も美しい

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 yotu_yuki

キャンプをブームからカルチャーに!キャンプ人口1,000万人を目指して情報発信しているシングルパパです^^

資格 キャンプインストラクター

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ