【京都】アクセス抜群のフリーサイト!くつわ池自然公園キャンプ場の4つの魅力

アクセスが良くフリーサイトで、自由に設営のカスタマイズも可能なキャンプ場を探している…そんな方におすすめのくつわ池自然公園キャンプ場をご紹介します!
京都市内から車で1時間弱の好アクセスで、電車やバスなどの公共交通機関でも行くことができます。
またサイトは全てフリーサイトで構成されており、3つあるキャンプ場から自分好みのサイトを選ぶこともできるので、自由度も非常に高いキャンプ場となっています。

キャンプ場概要

営業期間:通年営業(11月第2木曜~2月25日の木曜日と年末年始は休園)
利用時間
・チャックイン 14:00、チェックアウト 10:00(デイキャンプは8:30~17:00)
料金
入園料 大人/\400、小人/\200(30名以上の団体2割引) 
キャンプ場 \1,000(一張)
バンガロー \7,000(みどりの広場) \5,500円(くつわ池奥/8人用) \3,500円(第一キャンプ場/5人用)

駐車料金:普通車 \400、オートバイ・原付 \130、自転車\100
車横付け:可(第一キャンプ場のみ不可、駐車場有)
お問合せ:0774-88-3895(くつわ池自然公園管理事務所)
住所:〒610-0255 京都府宇治田原町大字郷之口小字末山3番地

くつわ池自然公園キャンプ場の4つの魅力

くつわ池自然公園キャンプ場は様々なフリーサイトを楽しめるだけでなく、全国森林浴の森100選にも選ばれており、豊かな自然も楽しむことができます。
そんなくつわ池自然公園キャンプ場の4つの魅力をご紹介します。

広々としたフリーサイトがある!

くつわ池自然公園キャンプ場は3つのサイトがあり、自分のキャンプスタイルや好みによって選ぶことができます!
各サイトの詳しい情報は後に書きますが、こちらのオートキャンプ場はグランド丸一面分程の広さがあり、広々としたフリーサイトです。
団体やファミリーなど人数多めの方も広々と使える仕様になっており、中央部分ではサッカーやバドミントンなどスポーツも楽しめるのではないかと思います!

京都市内から車で1時間弱の好アクセス

京都市内から車で1時間弱という好アクセスで、日帰り利用もしやすいです。
また電車やバスの公共交通機関で行くことも可能です。
JR京都駅からJR宇治駅まで一本で行くことができ、JR宇治駅から15分ほどバスに乗るとくつわ池というバス停まで行けますので、かなり交通の便もいいですね。
車のない場合でも訪れることができます。

そして料金的にもキャンプであれば一泊1,000円というリーズナブルさで、入園料や駐車台合わせても2,000円もいきません。
コスパでみてもかなりお得なキャンプ場だと思いました。

森林浴や釣りを楽しめる!

くつわ池自然公園は全国森林浴の森100選に選ばれているだけあって、自然がとても豊かです。料金所を入ってすぐのところに「森林浴コース」な看板がありました。
公園を色々散策してみましたが、手つかずの自然がそのまま残っているところがほとんどで、森林浴を思いっきり楽しめます。

個人的には新コテージへ向かう道がお気に入りです。
脇に川があるのですが、草が生い茂りほぼ見えないぐらいです。
自然の壮大さと力強さを感じさせてくれます。

また園内に入ってすぐのところにくつわ池があるのですが、こちらは釣り池となっています。自然に囲まれた桟橋が3か所あり、この日も早朝6時くらいから釣りにきている方がいらっしゃいました。
ヘラブナの釣り池のようで、キャンプをしながら釣りも楽しむことができます!

カップルにおススメ!?ハートの展望台がある!

実はくつわ池自然公園にはハート型の展望台があり、町を一望できる景色が見られるみたいです。
そしてベンチの背もたれには隠れハートがあるとかないとか。

旧バンガローのあるところから、山を登っていくとあるみたいですが、傾斜がかなりきつく、足元も悪いので履きなれたシューズを持っていきましょう。

受付はこちら

くつわ池自然公園キャンプ場の受付がこちらです。

園内に入る入口に受付があり、こちらで料金を支払い入園します。
管理人のおっちゃんはとても親切な方ですが、作業中などは留守にしているときもあるので、その際は電話してみてください。

受付を済ませるとこのような受領証を貰うので、テントやタープの見えやすい部分に吊り下げておきましょう。
つけ忘れていると、見回りで来た時に声を掛けられるので忘れないように!

帰りに料金所のところに回収箱があるので、そちらに忘れずに返却します。

3つあるサイトをそれぞれ紹介!

くつわ池自然公園キャンプ場には3つのサイトがあります。
上写真のように受付に近い順でオートキャンプ場、みどりの広場、第一キャンプ場の3つです。
一番遠い第一キャンプ場で受付から車で3分ほどです。
それぞれサイトの特徴が異なるので、自分のキャンプスタイルやサイトの雰囲気で選んでみてください!
各サイトについて詳しくご紹介していきます。

オートキャンプ場

オートキャンプ場は受付の料金所から最も近いところにあり、3つのサイトの中で一番広いサイトです。
今回私もこちらのサイトに宿泊することにしました。
このオートキャンプ場は広々とした雰囲気は素敵なのですが、サイトのすぐ脇に道路が走っており、交通量も割と多いので騒音がかなり気になりました。
なので本当はみどりの広場が良かったのですが、14時過ぎに着いた時にはもう埋まっていました…。

車横づけ可能なフリーサイトでテニスコートが隣接されていました。
設備やサイトの状態などをみていきます。

トイレ

サイトの入口付近にありました。
外見はきれいな作りです、反対側には水道があり朝に顔を洗ったりして使われていました。
街灯がついており、夜も目印代わりになります。

中は思ったよりキレイでした。
8月に訪れたので虫が多いかなと思ったのですが、便器部分も虫一匹いませんでした。
トイレ入り口に虫よけのアロマのようなものが吊り下げられていたのでその効果でしょうか。

炊事場

オートキャンプ場には炊事場はありません。
このような簡易な水道が2つあるだけでした。
なのでしっかり料理などをする場合は、テーブルやまな板などは必須です。

BBQ場

オートキャンプ場にはBBQハウスがあったのですが、現在は閉めているようでした。
ちなみに自動販売機はこちらにあります。

地面の状態

地面の状態としてはほとんどが砂利っぽい感じでした。
特に整備されているという感覚はなく、端の方には芝生の部分もありましたがほとんどが剥げており、固めの土質です。

傾斜はある?

傾斜はなく、サイト全体が平坦になっています。
サイトの縁沿いに木々が生い茂っており、基本的にはそれを日除けにして皆さん設営されていたので、サイトの縁に等間隔にテントが並んでいく形になると思います。
あまり中央部分に設営することはないと思うので、サイトの縁だけに設営するとすると、20テントぐらいがマックスといったところでしょうか。
サイト自体は広いですが人気の木陰スポットは早めに埋まりますので、できるだけ早めの出発が理想です。
朝は9時~10時くらいに当日の日帰り利用のお客さんが来るので、宿泊の方でいい場所を取りたいという人は日帰りと宿泊セットにして9時前に来るか、日帰り客のチェックアウト時を狙うといいかもしれません。

ペグの刺さり具合

非常に固いです。
ソリステを持ってしても打ち込むのに一苦労でした。
たまに大きめの岩が埋まっていたり、そうでなくてもかなり固いのでプラペグやアルミ製のものはまず刺さらないと思ってください。

第一キャンプ場

続いて第一キャンプ場です。
こちらはくつわ池自然公園の一番奥にあるサイトで、正直キャンプ場というより公園に近いです。
その分遊具は最も充実していますが、設営できるポイントも少なく、キャンプ利用される方も一番少ないサイトだと思います。
強いて言うなら、キャンプ場唯一のシャワールームが第一キャンプ場にあるので、シャワー利用で来る方がほとんどです。
子ども連れの方には良いかもしれません。

ただ、最もプライベートサイトな穴場ポイントがある!

第一キャンプ場は設営ポイントが少ないと話しましたが、このくつわ池自然公園内で最もプライべートな穴場サイトがあるんです!
個人的にはナンバーワンだと思っています。

こちら、上写真は駐車場なのですが、左奥の黒のワゴン車がとまっているところ、ここが筆者一番のおすすめ設営スポットです。
後ろが4m×4m程の広さと木々が立ち並んでおり、車を停めるとちょうど林に隠れるようなかたちになります。
目の前が駐車場で他の設営ポイントと距離があるので完全にプライベート空間を楽しむことができそうです。

おすすめのプライベートサイトは他の方が使用中だった為、写真は撮れませんでしたが、木にハンモックを吊り下げてソロキャンプされてたみたいです。
知る人ぞ知る穴場スポットなので、訪れた際は是非覗いてみてください。

トイレ

トイレは2か所ありました。
このサイト自体あまり大きくないのでどこに設営しても徒歩一分でトイレまで行けます。

扉の作りが簡素的なものだったのでそのためかと思いますが、虫はちらほらいました。
清掃されているようで、キレイでした。

炊事場

こちらが炊事場です。
真ん中にかまどスペースがありましたが、使われている様子はなく崩壊している箇所もありました。
スペースはあるので団体利用には向いていると思います。

シャワー

炊事場の奥には園内唯一のシャワーがあります。
扉がかなり頑丈な為か、虫一匹いませんでした。

コインボックス式で200円で5分間お湯が出ます。
使用してみましたがしっかりお湯は出ました。
手前に脱衣所や洗面台などがあります。

シャワールームの前にクワガタがいました。
これは大人もテンションが上がりますね、子連れの方は虫取りで遊んだりもできそうです!

地面の状態

第一キャンプ場も砂利っぽい地面でしたが、砂利の下は少し柔らかめの土でオートキャンプ場よりはペグは刺さりやすい印象です。

傾斜はある?

第一キャンプ場のサイトは先ほどの穴場サイトとこちらの段々になっているところがメインになります。
2段になっていますが、各段1テント分のスペースしかありません。
こちらも比較的人気のポイントかと思います。

このように広めのスペースもあるのですが、こちらはあまり人気がないようでキャンプ場と言うより公園感が強かったです。
団体利用にはいいかもしれません。

遊具

滑り台やジャングルジム、健康遊具などがありました。

次のページ:一番人気のサイト「みどりの広場」をご紹介!

1 2

この記事を書いた人 りゅーぞー

キャンプを通して"癒し"と"元気"を感じてもらえるような発信をしていきますYouTubeもやってます^_^

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »