淡路島のおすすめグランピング施設3選!料金や施設の特徴をご紹介!

投稿日:2023年4月17日 | 最終更新日:2023年4月27日

本記事は一部にプロモーションを含みます

兵庫から明石海峡大橋を渡って向かうことができる淡路島は、爽やかな海風を感じながら、ゆったりとした時間を過ごせる関西有数の別荘地・リゾート地として有名です。
また、近年人気が高まっているグランピングに後押しされ、豊かな自然を満喫できる新しい施設が増えてきています。今回は淡路島のおすすめグランピング施設を3箇所ご紹介します。

今回は、そんな淡路島のおすすめグランピング施設を3箇所ご紹介します。
料金や施設の特徴にも注目して紹介するので、ぜひ自分の過ごし方に合うグランピング施設を見つけてください。

①Glamping Terrace Awaji(グランピングテラス淡路)

1箇所目は、「Glamping Terrace Awaji(グランピングテラス淡路)」についてご紹介します。

グランピングテラス淡路の基本情報

出典:グランピングテラス淡路

グランピングテラス淡路は、2022年にオープンした5棟限定のグランピング施設です。遠浅のビーチがあり、小さな子ども連れのファミリーにも人気の「多賀の浜海水浴場」からほど近い位置にあり、海風を感じながら、リラックスした時間を過ごすことができます。

丸くて可愛いドームテントと、日本初のダイヤモンド型のテント「ステラドーム」の2種類のテントがあり、全棟のお部屋には客室温泉が完備されています。冷暖房も設置されており、テント横に専用の食事スペース棟もあるので、オールシーズン非日常の時間を楽しむことができます。

プランごとの料金は?

出典:グランピングテラス淡路

グランピングテラス淡路の宿泊プランは、1泊2食付きの贅沢グランピングBBQプランと、素泊まり・持ち込みプランの2種類があります。

贅沢グランピングBBQプランは、24,750円(税込)(1名/6名利用時)から、素泊まり・持ち込みプランは14,300円(税込)(1名/6名利用時)から利用できます。宿泊人数が少なくなるほど、1名あたりの人数は高くなるので、公式HPから確認してください。

ドームテントは最大6名、ステラドームは最大4名収容可能です。また、ドームテントは2ベッド、4ベッドタイプがあり、足りない分はマットレス利用になるので、適したタイプのテントを選びましょう。

日本初!オリジナルテント「ステラドーム」もある

出典:グランピングテラス淡路

日本初のオリジナルデザインのダイヤモンド型のテント「ステラドーム」に宿泊できるのもグランピングテラス淡路の魅力のひとつです。丸いテントと外見が違うだけでなく、中の空間もまた違った印象を楽しむことができます。一般的な丸いドームテントに宿泊したことがある方は、ステラドームに宿泊することで、新鮮な気持ちでグランピングを楽しめるでしょう。

ステラドームは2ベッドタイプなので、カップルでの利用もおすすめです。足りない分はマットレス利用になりますが、最大4名まで収容可能なので、家族でも宿泊できます。

淡路島の食材を使った絶品料理

出典:グランピングテラス淡路

贅沢グランピングBBQプランを選んだ場合は、淡路牛やたまねぎなど、厳選された淡路島のブランド食材を中心とした豪華なBBQを楽しむことができます。また、ダッチオーブンで炊き上げる淡路米やスキレット料理の数々は、アウトドア気分を盛り上げてくれるでしょう。

朝食には2種のベーグルサンドやフレッシュサラダ、淡路牧場のヨーグルトなどが提供されます。爽やかな朝の空気を感じながら楽しむ朝食も、グランピングテラス淡路で過ごす贅沢な一時です。

施設詳細

詳細
施設名グランピングテラス淡路
営業時間チェックイン
15:00~18:00

チェックアウト
~10:00
電話番号 050-3174-7254
アクセス神戸淡路鳴門自動車道
北淡ICから車で約15分
駐車場あり
公式HPグランピングテラス淡路
住所兵庫県淡路市多賀2237

淡路島のアウトドア施設を探そう

②ヴィラ釜口 -Villa Kamaguchi-

2箇所目は、「ヴィラ 釜口 -Villa Kamaguchi-」についてご紹介します。

ヴィラ釜口 -Villa Kamaguchi-の基本情報

出典:ヴィラ釜口-Villa Kamaguchi-

ヴィラ釜口 -Villa Kamaguchi-は2022年7月にオープンした淡路島の北東部に位置するプライベートヴィラです。1棟貸切型・定員5名のヴィラが2棟あり、2棟貸しも可能なので、最大10名のグループでゆったりと過ごすことができます。

海の目の前に建てられているため、2棟どちらもオーシャンビューを楽しめ、開放的な気持ちになれます。

プランは1泊2食と素泊まり!それぞれの料金は?

出典:ヴィラ釜口-Villa Kamaguchi-

ヴィラ釜口 -Villa Kamaguchi-の宿泊プランは1泊2食付きのグランピングBBQプランと、素泊まり・持ち込みプランの2種類があります。

素泊まり・持ち込みプランは、1棟あたり60,500円(税込)から利用でき、1名あたりプラス10,450円(税込)でグランピングBBQプランを楽しむことができます。1棟あたり料金なので、人数が多いほどお得に宿泊可能です。最大5名まで収容できるので、安く宿泊したい場合はグループで利用されるのがおすすめです。

1棟貸切のプライベートヴィラでゆったりと!

出典:ヴィラ釜口-Villa Kamaguchi-

ヴィラ釜口 -Villa Kamaguchi-は1棟貸切のプライベートヴィラです。カップルやグループでゆったりリラックスして過ごすこともできますし、ペット同伴可能なので、愛犬を連れて宿泊することも可能です。

IHキッチンや冷蔵庫、その他食器や調理器具などが揃っていることはもちろん、洗濯機なども用意されたコンドミニアム仕様になっています。非日常の時間を味わえるだけでなく、暮らすように自然体で過ごせるのもヴィラ 釜口 -Villa Kamaguchi-の魅力のひとつです。

地元の食材を使ったBBQや出張シェフの料理を楽しめる

出典:ヴィラ釜口-Villa Kamaguchi-

淡路牛のステーキや淡路ポークのウインナー、タコのアヒージョ、島野菜のキーマカレーなど淡路産の厳選食材を中心とした豪華なBBQを楽しむことができます。追加食材の持ち込み料はかからないので、道の駅などで新鮮な魚介を入手したり、目の前の海で釣った魚を持ち込んだりするのもおすすめです。

また、別料金にはなりますが、腕利きのシェフの出張料理サービスも利用可能です。和食やイタリアン、フレンチなどさまざまなジャンルの料理をプライベートな空間で楽しめるので、より贅沢な時間を過ごしたい場合は利用してみるとよいでしょう。

施設詳細

詳細
施設名ヴィラ釜口
-Villa Kamaguchi-
営業時間チェックイン
15:00~18:00

チェックアウト
~10:00
電話番号 050-3135-2324
アクセス神戸淡路鳴門自動車道
東浦ICから
車で約15分
駐車場あり
公式HPヴィラ釜口
-Villa Kamaguchi-
住所兵庫県淡路市釜口字津田2013

淡路島のアウトドア施設を探そう

③Glamping Resort Awaji(グランピングリゾートAwaji)

3箇所目は、「Glamping Resort Awaji(グランピングリゾートAwaji)」についてご紹介します。

グランピングリゾートAwajiの基本情報

出典:グランピングリゾートAwaji

グランピングリゾートAwajiは2021年にオープンしたグランピング施設です。淡路島の北部に位置し、神戸や大阪などからのアクセスもよく、手軽に非日常の時間を味わうことができます。2,900平方メートルの広大な敷地に、8タイプのカラフルなドーム型テントが配置されており、SNS映えもばっちりなので女性にもおすすめです。

8棟のうち3棟はペット同伴OKで、淡路島でペット同伴OKのドーム型グランピング施設はグランピングリゾートAwajiだけなので、愛犬とゆっくりと過ごしたい場合におすすめです。

2タイプあるプランの料金について

出典:グランピングリゾートAwaji

グランピングリゾートAwajiのプランは、1泊2食付きのグランピングBBQプランと、素泊まり・持ち込みプランの2種類です。ドームテントの種類によっても料金が変わりますが、グランピングBBQプランは21,670円(税込)(1名/4名利用時)から、素泊まり・持ち込みプランは11,220円(税込)(1名/4名利用時)から宿泊できます。

また、2023年の7月に「ドッグテラス・プレミアム」という愛犬と過ごせる5棟のプレミアムルームがオープンされる予定で、こちらはグランピングBBQプランが29,040円(税込)(1名/4名利用時)から、素泊まり・持ち込みプランが18,590円(税込)(1名/4名利用時)から利用できます。

グランピングテントは8タイプ!

出典:グランピングリゾートAwaji

グランピングリゾートAwajiのテントは、全部で8タイプあります。それぞれカラーが違うだけでなく、サイズやインテリアにも違いがあるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。ペット同伴OKなのはグランブルー・フォレストグリーン・パールグレーの3棟になっているので、愛犬連れの場合は注意しましょう。

サンイエローはほかのテントと比べて大型で、最大10名収容可能です。専用のジャグジーも付いているので、グループで贅沢な時間を楽しむことができます。

淡路島の魅力を感じられるBBQも

出典:グランピングリゾートAwaji

グランピングリゾートAwajiでは、淡路ビーフ・淡路ポークのステーキをはじめとする淡路産の食材を使った豪華なBBQを堪能できます。また、ハンバーグやフランクフルト、じゃがバターなど、子どもが喜ぶメニューで構成されたお子様BBQコースも用意されており、子連れにもぴったりです。

その他にも、管理棟で淡路島牛乳を使ったソフトクリームやポップコーン、たまねぎを使ったウェルカムスープなどを味わうことができ、グランピング気分を盛り上げてくれます。「島野菜マルシェ」という野菜を自由に使えるサービスがあるのもうれしいポイントです。

施設詳細

詳細
施設名グランピング
リゾート
Awaji
営業時間チェックイン
15:00~18:00

チェックアウト
~10:00
電話番号 0120-85-8835
アクセス神戸淡路鳴門自動車道
淡路ICから
車で約5分
駐車場あり
公式HPグランピング
リゾート
Awaji
住所兵庫県淡路市
岩屋2604

淡路島のアウトドア施設を探そう

別荘地・淡路島でグランピングを満喫しよう

出典:グランピングテラス淡路

関西屈指の別荘地・リゾート地である淡路島には、魅力的なグランピング施設がたくさんあります。
カップルや子連れでも楽しめますし、ペット同伴OKの施設もあります。神戸・大阪からもアクセスしやすく、非日常の時間・空間にリフレッシュできるでしょう。
本記事を参考に、自分好みの過ごし方にマッチする施設にぜひ訪れてみてください。

予約サイト

TAKIBI編集部おすすめ記事

手ぶらで贅沢!近畿エリアのおすすめグランピングスポット26選!

関西でカップルにおすすめのグランピング施設22選|2人の時間を大切にしたい!

子連れにもおすすめ!関西にあるグランピング施設17選

高級感あふれる空間でグランピングを満喫!関西のおすすめ施設13選

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 たなそう

焚き火、酒、飯、風呂を愛するソロキャンパー。キャンプインストラクター資格保有。心疲れた人にソロキャンプの魅力を伝えたい。

資格 キャンプインストラクター・サウナスパ健康アドバイザー

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!
キャンプギア・キャンプ用品

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!

各メーカーから多種多様なテントが展開される中、ファミリーやグループキャンプに特化したタイプのテントも数多く見かける機会があります。 今…

新着記事一覧へ