【千葉県】野宮農園オレンジ村オートキャンプ場は設備充実&広々!

この記事に関連するタグ

どうもこんにちは、TAKIBIライターのtakugoです。
今回は千葉県にある野宮農園オレンジ村オートキャンプ場に自転車で行ってきました。
農園に併設されていて、とても柑橘系の香りが漂うキャンプ場でしたよ。

※記事の最後には動画もございます。是非ご覧ください。

キャンプ場概要

営業期間:通年
利用時間:チェックイン 9:00〜(繁忙期は12:00~)
     チェックアウト 〜14:00(繁忙期は~11:00)

料  金:
普通車1台+テント1張 3,300円(繁忙期は3,800円)
バイク1台+テント1張 1,800円(繁忙期は2,000円)
デイキャンプ 1名500円 1張1,000円
宿泊管理料 大人1人200円、小人1人100円

車横付け:可能。区画内に駐車
電話番号:0470-44-0780
公式サイト:https://orangemura.com/

アクセス:
[標準ルート]高速館山道〜富津館山自動車道「富浦IC」(ICから車で約25分)。混雑がなければこのルートが最短です(木更津JCTから約1時間)。
[山道ルート]高速館山道「君津IC」〜国道410号経由
標準ルートの混雑時には、このルートも利用可能。つづら折れの峠道が多数(木更津JCTから約1時間10分)
[濃溝の滝 観光ルート]高速館山道「君津IC」〜房総スカイライン(有料道路)〜鴨川市街経由
観光名所「濃溝の滝」へ寄り道できるルート(木更津JCTから約1時間20分)

住所:〒295-0001 千葉県南房総市千倉町久保1494

受付・管理棟

受付・管理棟はキャンプ場入り口の坂を200mくらい登ったところにあります。

このキャンプ場には農園が併設されていて、一年を通して収穫体験ができるキャンプ場なのです。

売店には農園で採れた旬の柑橘系の果物が量り売りされています。
もちろんキャンプの他にみかん狩りもできるので、希望する方は受付で申し込みましょう。

テントサイト紹介

こちらのキャンプ場は大きく分けて、第1キャンプ場と第2キャンプ場に分かれています。
第1と第2の間にも区画数の少ない小サイトがありました。

第1キャンプ場

第1キャンプは高台の上に位置して、景色が抜群に良いです。管理棟のすぐ上なので、何かあった時には安心できますね。区画数は40区画あります。

第2キャンプ場

管理棟の少し奥に入った森の中にあるのが第2キャンプ場です。
こちらのサイトは景色よりも、山の雰囲気を味わいたい人に最適です。
木が結構あるので、ハンモックを使うことができるでしょう。
こちらも約40サイトあります。

ここのキャンプ場は一部を除いて直火ができるのも嬉しいポイントです。

小サイトキャンプ場

第1キャンプ場と第2キャンプ場の間にある小サイトキャンプ場。
こちらのサイトはエリアが小さくて区画がほぼ無く、ソロキャンプなどで静かに過ごしたい人向けな感じです。

地面の状態

第1、第2、小サイトの全てが地面の傾斜もほぼ無く、テントは快適に設営できます。
地面の硬さもちょうど良いくらいで、アルミのペグでも問題ないです。
ただ所々に木の根っこがあるため、木の下でテントを設営する場合は気をつけましょう。

ロッジ

ロッジは全部で8棟あります。
全てのロッジにエアコンが備え付けられているので、オールシーズン安心してキャンプができます。

設備紹介

次は設備の紹介です。

トイレ

トイレは全部で6箇所あります。
1部仮設のトイレがあり、全て水栓のトイレです。

炊事場

炊事場は全部で3箇所あります。

小サイトには簡易的な流し台がありました。

管理棟側にある炊事場には、来場者が使える冷蔵庫が置いてあるので、食材の保存に便利ですね。

洗剤は受付で貸し出ししています。

ゴミ捨て場

こちらは管理棟の裏側にあるゴミ捨て場。
ちゃんと分別すればゴミを捨てて帰れるので、とても楽ですね。

第2キャンプ場のゴミ捨て場。

温水シャワー

温水のシャワーが設備されているのですが、なんとこのシャワーは無料で使えるのです。

これで子供が汗だくで遊んだ後も安心です。

お風呂

また、管理棟の裏側にある階段を降りた所にお風呂場もあります。
湯船に浸かりたい方にはとても嬉しいポイントですね。

お風呂を利用する場合は、当日予約制で料金は大人400円、小人300円です。

キャンプ場の特徴

なんといっても農園が併設されているので、一年中何かしらの収穫ができるのです。
今回はみかん狩りをしました。
その場でなら食べ放題になり、持ち帰りの際は量り売りになります。
みかん狩りの料金は大人500円、小人300円です。

第1キャンプ場の高台にはブランコがあり、抜群の景色を眺めながら遊べます。
当日も子供たちがたくさん遊んでました。

薪も無料で使えます!

キャンプ場内には上記写真のように木の端材が置かれており、無料で薪として使用することができます。
薪として使う場合はノコギリを持参して、使いやすく切る必要があります。

まとめ

今となっては貴重な直火OKなキャンプ場。
薪も無料で使え、シャワーも無料で使用できます。
初めてきた人は迷子になりそうなくらい敷地が広いです。
設備の充実度は申し分なく、キャンプ初心者でも安心してキャンプができますよ!

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 takugo

子供と一緒に楽しめるようなアウトドアを発信します!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア