ogawa(オガワ)のテントがキャンプで人気!100年以上愛される魅力に迫る

日本を代表するテントブランドと言えば、ogawa(オガワ)です。約100年の歴史を持つブランドであり、高機能でデザイン性にも優れたテントは多くのキャンパーの心を掴んでいます。

今回はogawa(オガワ)のテントがキャンプで人気の理由をご紹介します。また、どのようなテントを販売しているのか、商品ごとの特徴もご紹介します。ogawa(オガワ)について知りたい方や、テントの購入を検討している方は、参考にしてみてください。

ogawa(オガワ)はどんなアウトドアブランド?

出典:PIXTA

まずはogawa(オガワ)がどのようなブランドなのか、これまでの歴史と共にご紹介します。

ogawa(オガワ)について

ogawa(オガワ)は、テントを主軸にキャンプ・アウトドア用品を展開している日本国内ブランドです。キャンパルジャパン株式会社によって運営されています。ブランド自体は1914年創業で、100年以上の歴史があります。

キャンプ・レジャー用だけではなく、イベントや防災用のテントまで開発・販売をしています。そのため、キャンプ場以外の場所でもogawa(オガワ)のテントは大活躍しています。

これまでの歴史

1914年に小川治兵衛商店として事業はスタートしました。その後小川テント株式会社となり、テントだけではなくリュックサックやシュラフなど様々なアウトドア用品の製造・販売を展開していきます。

日本キャンプ協会や一般社団法人日本オートキャンプ協会、日本オートキャンピングクラブなど数々の団体の発足に関わっています。また、キャンプ関連のイベント・大会も開催し、アウトドア業界を盛り上げてきました。

2000年に、小川テントから分社化して小川キャンパル株式会社が設立されます。1961年に登場したオーナーロッジの40周年を記念して作られたアトレウスやPROJECTfシリーズ、ピルツシリーズなどの販売を始めます。その後、2015年に設立されたキャンパルジャパンに事業は譲渡され、今に至ります。

ogawa(オガワ)のテントがキャンプで人気の理由

出典:PIXTA

約100年もの歴史を持つogawa(オガワ)は、製品のクオリティに対する信頼度が高く、テントは多くのキャンパーに愛用されています。ここからは、ogawa(オガワ)のテントがキャンプで人気の理由をご紹介します。

品質が高い

ogawa(オガワ)のテントは、長い歴史の中で生み出された高い技術を用いて製造されているので、とても高品質です。ハードなアウトドアシーンでも安心して使えるように生地の耐久性や防水性をはじめ、縫製、防水性能を高めるためのシーム処理など細かい部分にこだわっています。また、ポールも耐久性が高く、簡単に壊れることはないので安心です。

豊富な種類から選べる

テントのバリエーションが豊富なところも人気の理由です。ogawa(オガワ)の中でも特に人気があるのはロッジ型です。

また、おしゃれで女性キャンパーに人気のワンポールテント、初心者も使いやすいドーム型もあります。家族やグループで利用できる大型テントから、ソロ・デュオ向けのテントまで揃っているので、キャンプスタイルに合わせてテントを選べます。

出典:ogawa

日本のキャンプに適した設計

ogawa(オガワ)は、日本でのキャンプに適した設計をしているのも特徴です。地域によって気候に多少差はありますが、日本の夏は高温多湿になりやすく、ジメジメした蒸し暑さがあります。

テントの中も熱がこもって蒸し暑くなるため、通気性を確保するためにメッシュパネルを導入する工夫をしています。出入り口を閉じた状態でも風が入ってくるため、虫の侵入を心配せずに通気性を確保できます。

また、テントの頭頂部にベンチレーターを設置しているので、湿気や熱がこもったら換気ができます。
換気ができることは、夏だけではなく冬にキャンプをする時にも役立ちます。冬は外と室内の温度差によりテントに結露が生じやすくなりますが、換気によって結露の発生リスクを軽減することが可能です。

リペアにも対応している

ogawa(オガワ)はリペアサービス(有料)に対応しているところもキャンパーにとって嬉しいポイントです。リペアサービスはテントを購入したお店、またはogawa(オガワ)製品を取り扱うお店で受け付けています。

主に対応している修理内容は、シームを含む生地破れ、メッシュ破れ、ファスナーの破損、テープ縫い付け、ハトメ取り付け、ポールやショックコードの交換です。リペアサービスでは、廃番になった旧モデルの修理にも対応してくれます。そのため、お気に入りのテントを長く使い続けることが可能です。

ogawa(オガワ)テントの特徴

出典:PIXTA

ogawa(オガワ)では、これまでに数々のモデルを開発・販売してきました。ここからは最新モデルも含み、キャンパーに人気の高いテントの特徴や性能をご紹介します。ogawa(オガワ)のテントを買いたいけれどモデルに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

タッソUL

ogawa(オガワ) キャンプ アウトドア ポールテント タッソUL [2人用] 2728 カーキ

2022年春新作のソロ・デュオ用ワンポールテントです。フライシートとアルミポールを合わせた総重量はわずか1.2kgと非常に軽量です。

タッソはフライシートを六角形や七角形、八角形に変形して設営できる特徴があり、ULにも変形機能が受け継がれています。ULの場合は、五角形と六角形で設営可能です。

ホズST

ogawa(オガワ) キャンプ アウトドア ドームテント ホズST [2人用] 2605 ダークグリーン×ブラック×レッド

2022年春新作のソロ・デュオ用ドーム型テントです。組立時のサイズが245×226×120cmととてもコンパクトです。フレームは魚座型を採用しているので、全体的にコンパクトでありながらテントの中は広々としていて威圧感もありません。さらに、強度と耐風性にも優れています。

フライシートの底面は六角形型ですが、付属のインナーシートは六角形の一部が欠けた変形タイプとなっています。欠けている部分は靴置き場の利用に便利です。さらに両サイドに出入り口があるので、2人での利用でも出入りがしやすい仕様となっています。

ヴィガスⅡ

出典:キャンパルジャパン

2022年春新作の2~3人向けドーム型テントです。正面出入り口にサイドウォールを装備しており、雨や風の影響を軽減できるだけではなく、テントの中が外から見えにくい仕様となっています。キャノピーを跳ね上げることも可能なので、簡易的な前室を設けることも可能です。

前とサイドはフルオープンでき、メッシュにして虫の侵入を遮りながら通気性を確保できます。後面にも大型メッシュが装備されています。

アポロンS

2022年春新作のトンネル型テントです。5人用のアポロンの造形と耐久性をそのまま受け継いでサイズダウンしたモデルで、大人2人、または大人2人と子ども1人の利用に適しています。付属のインナーテントは、テントの前後どちらにも取り付けが可能なので、工夫次第で多様な使い方ができます。

シンプルな構造となっているので設営しやすく、初心者も安心です。全面フルオープンやメッシュパネルの取り付けが可能なので通気性にも優れています。

ステイシーST-Ⅱ

ソロキャンパーから人気があり、ロングセラーとなっているドーム型テントです。ナチュラルなサンドベージュ×ダークブラウンとミリタリー感のあるカーキ×レッドの2色で展開しています。

コンパクトなテントでありながら、奥行き110×高さ130cmのゆったりした前室を設けていて、居住性の高さが特徴的です。ベンチレーターを前後に2ヶ所設けているので、通気性もしっかり確保できます。また、サイドファスナーにはゴムが装着されているので、パネルの開閉時に裾が汚れない工夫がされています。

エアーフレームテントMOOSE(ムース)

Ogawa(オガワ) キャンプ ドームテント エアーフレームテント 2021年モデル 7705 オレンジ

エアーポンプを使って簡単に設営できる2人用のエアーフレームテントです。付属のインナーテントは取り外しができ、シェルターとして活用することも可能です。

メッシュ仕様のインナーテントは結露を軽減でき、虫の侵入も防げるので快適に過ごせます。外幕とグランドシートの耐水圧は最高レベルの3,000mmとなっており、強い雨や雪の中でも安心して使用できます。

グロッケ8T-C

ogawa(オガワ) キャンプ アウトドア ベル型テント グロッケ8TC [4人用] 2787 サンドベージュ

2022年春新作の4人用ベルテントです。グロッケ8のサンドベージュをT/C素材にしたモデルとなります。テトロンとコットンを混紡しているT/C素材は、通気性と速乾性、遮光性、難燃性に優れ、さらに綿特有の風合いを持ち合わせています。夏は涼しく、冬は暖かい特徴があり、1年を通して使えるテントです。

中心部は225cm、両サイドは72cmもの高さがあるので、圧迫感がなく居住性にも優れています。上部だけではなく、下部にもメッシュ仕様にできる大型ベンチレーションが付いているので、虫の侵入を防ぎながら通気性を確保することが可能です。

ティエラリンド

ogawa(オガワ) テント ロッジドーム型 ティエラ リンド [3人用] 2761

2~3人の利用に適したツールームテントです。大型ツールームテントのティエラシリーズの中でも最小かつ最軽量のモデルとなります。ツールームなのでタープを用意しなくても、広々としたリビングスペースを設けることが可能です。前面のフラップを張れば、より広々としたリビングスペースになります。

前方と後方はメッシュパネルとなっているので、フルメッシュで使用できます。ベンチレーションも備わっているので、フルクローズ状態でも内部から換気が可能です。

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥101,200 (2022/12/06 02:47:31時点 Amazon調べ-詳細)

ファシル

ogawa(オガワ) アウトドア キャンプ テント ロッジドーム型 ファシル 【4人用】 2737

3~4人の利用に適したツールームテントです。シンメトリーなシルエットが美しいデザインとなっています。全方向フルメッシュ仕様にできるので、通気性もよくシェルターとしての利用にも最適です。

メインポールは4本しかなく、同一となっているのでどのスリーブに挿すのか迷わずに設営できるシンプルな構造となっています。取り外し可能なインナーテントは左右どちらにも設置できます。

ピスタ34

ogawa(オガワ) テント ドーム ピスタ34 [3~4人用] 2657

3~4人の利用に最適なドーム型テントです。2本のポールが交差するクロスフレーム構造となっており、初心者も簡単かつ素早い設営・撤去が可能です。

フライシートはスカートがついているので、外気や雨が中に入りづらい仕様となっています。ベンチレーション付きなので、フルクローズ状態でも換気ができます。前面のパネルはポールで張り出せるので、ちょっとした前室を設けることも可能です。

クーポラ

ogawa(オガワ) キャンプ アウトドア ドームテント クーポラ [8人用] 2679 サンドベージュ×ダークブラウン×...

2022年春新作のドーム型テントです。8人用の大型ドームなので、家族やグループキャンプでの利用に適しています。トンネル型のような見た目が特徴的で、出入り口にはひさしが付いているため雨が入りにくい構造なのもポイントです。

付属のグランドシートは、片面に取り付ければ幕内にリビングスペースが作れます。中央を開けて両サイドを寝室として利用することも可能です。取り付け方次第で様々なレイアウトで使用できます。

フライシートとグランドシートは耐水圧1,800mmのポリエステルですが、インナーテントは通気性に優れたT/C素材を採用しているので、大人数の利用でも快適な空間が保てます。

オーナーロッジ タイプ52R

ogawa(オガワ) アウトドア キャンプ テント ロッジ型 オーナーロッジ タイプ52R 【5人用】 2252

4~5人の利用に適したロッジ型テントです。フルクローズ・メッシュで使用できる正面両サイドが格子デザインとなっており、一軒家のようなデザインが特徴的です。

全方向にメッシュを装備しているので、換気がしやすく室内は涼しく過ごせます。スカート付きなので風や雨が入りにくく、秋・冬も快適です。背面パネルは別売りのポールで張り出すことができ、簡易的な前室として使用可能です。

スクートDX6

ogawa(オガワ) テント ドーム型 スクートDX6 [6人用] 2732

5~6人の利用に最適なドーム型テントです。前後にドアがあるので、グループの利用でも出入りがしやすくなっています。出入り口のパネルはポールを使って張り出せるので、靴や荷物置き場として活用できます。

フライシートの前面には大型メッシュが装備されているので、通気性は抜群です。フライシートには耐水圧1,800mmのポリエステル75d、グランドシートは耐水圧10,000mm以上のPVCを採用しており、雨に強いです。

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥68,576 (2022/12/06 02:47:36時点 Amazon調べ-詳細)

ogawa(オガワ)のテントで快適なキャンプを実現しよう

出典:ogawa

今回はogawa(オガワ)のテントの特徴やキャンプで人気の理由をご紹介しました。製品の品質、機能、性能、デザインの至るところで優れているため、長年人気ブランドとして君臨し続けています。キャンプ上級者はもちろん、初心者にも扱いやすいテントが豊富なので、キャンプ入門にもおすすめです。

また、元々テントは丈夫につくられていますが、リペアサービスを利用できるので壊れてしまった時も安心です。長く愛用できるところもogawa(オガワ)のテントの魅力です。快適なキャンプにするために高品質・高性能なテントが欲しい方は、ogawa(オガワ)のテントからお好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

新着記事

AmazonでBAREBONES(ベアボーンズ)製品がお買い得!ライト以外のギアも豊富
キャンプギア・キャンプ用品

AmazonでBAREBONES(ベアボーンズ)製品がお買い得!ライト以外のギアも豊富

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazon(アマゾン)で「これいいかも!」「おト…

マイカー利用率が7割を超える結果に!【アウトドア時の交通手段アンケート】
アンケート

マイカー利用率が7割を超える結果に!【アウトドア時の交通手段アンケート】

こんにちは。TAKIBI編集部です。今回は「アウトドア時の交通手段」についてアンケートを取ってみました。 なんとなく車で行くようなイメ…

Amazonタイムセール対象のキャンプギアで「銀色」の物を収集!サイトレイアウトを邪魔しない色
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonタイムセール対象のキャンプギアで「銀色」の物を収集!サイトレイアウトを邪魔しない色

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazon(アマゾン)で「これいいかも!」「おト…

11月29日はいい肉の日!Amazonタイムセールでお肉を焼くための焚き火台・BBQコンロを探そう
キャンプギア・キャンプ用品

11月29日はいい肉の日!Amazonタイムセールでお肉を焼くための焚き火台・BBQコンロを探そう

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazon(アマゾン)で「これいいかも!」「おト…

どういうこと!?最大80%オフ!まだまだ続くAmazonブラックフライデーセールでキャンプギアをゲッ…
キャンプギア・キャンプ用品

どういうこと!?最大80%オフ!まだまだ続くAmazonブラックフライデーセールでキャンプギアをゲッ…

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。現在は年に一度のブラックフライデーセールの期間中です。TAKIBI編集…

【広島県】瀬戸内隠れ家リゾート【アウトドア施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】瀬戸内隠れ家リゾート【アウトドア施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県尾道市の「瀬戸内隠れ家リゾート」にご協力いただきました。 瀬戸内海に…

新着記事一覧へ