Snow Peak(スノーピーク)のおすすめテント5選|キャンパーに愛されるブランド

様々なアウトドアブランドがある中でも、Snow Peak(スノーピーク)は国内メーカーとして世界中のキャンパーからも愛されるブランドです。
そんなスノーピークから販売されているテントは、キャンプ場などで見かけることも増えています。

今回は、多くのキャンパーから愛されているスノーピークのテントについて、その魅力や特徴、おすすめテントなどをご紹介します。
スノーピークのテントを購入しようと検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Snow Peak(スノーピーク)のテントはなぜ愛されるのか?

出典:PIXTA

スノーピークでは現在、高品質で豊富な種類のキャンプギアが登場しています。
その中でもテントは、多くのキャンパーから注目されているアイテムです。
まずはスノーピークのテントがなぜ愛されているのか、その理由について解説していきましょう。

長く使い続けたくなるような高品質

出典:PIXTA

スノーピークで販売されている製品は、テントのみならずどれも高品質なのが魅力となっています。
企画・開発から仮説と検証を繰り返していき、実際のフィールドに持ち込んでテストを何度も行っていきます。
さらに製品の量産段階に入っても、高品質が維持できているか厳しいチェック体制を取り入れているのです。

シンプルなデザインで誰でも使いやすい

出典:PIXTA

最近ではオシャレなキャンパーのSNSなどでも取り上げられることが多いスノーピークのテントですが、デザインは比較的シンプルで誰でも使いやすいよう考えて作られています。
シルエットからカラーまで派手になりすぎることなく、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

種類が豊富で自分に合ったテントが見つかる

出典:PIXTA

スノーピークのテントは種類も豊富で、自分に合ったテントを見つけられます。
キャンプ初心者からベテランまで、それぞれのレベルに合わせてテントを選べるのです。
エントリーラインからスタンダードライン、プロラインが選べるほか、プロエアーラインやアイボリーラインなど用途によっても選びやすくなっています。

アフターサービスにも対応

出典:PIXTA

スノーピークではアフターサービスにも対応しています。
全ての製品には「永久保証」が付いており、わざわざ保証書は付けていません。
製造上の欠陥によるものは、無料での修理または新品との交換をしてくれます。

さらに適正価格での修理も可能です。
稀に修理が難しい場合もありますが、例えばテントのフレームが風の影響で折れてしまったり、穴が開いたりした場合にも丁寧に修理してもらえます。

5つのラインに見られる特徴

出典:PIXTA

スノーピークのテントは、様々なユーザーに対応するために5つのラインを展開しています。
初心者からベテラン、用途などに分けて展開されているので、自分に合ったテントを見つけられます。
続いてはそれぞれのラインの特徴をご紹介していきましょう。

エントリーライン

スノーピーク(snow peak) ヴォールト SDE-080RH

エントリーラインはその名の通り、入門者・初心者に向けて展開されているラインです。
価格を抑えた展開となっているほか、テントとタープ、テントとシェルターのようにセットでの販売もされているので、これからキャンプを始める初心者にも選びやすくなっています。

ラインナップには、
・スノーピークのテントとして代名詞にも上がるほど知名度と人気を誇る「アメニティドーム」
・4人家族(子供2人&大人2人)でもゆったり過ごせる大型サイズで、なおかつコスパに優れた「ヴォールト」
・寝室とリビングが一体化した「エントリー2ルーム エルフィールド」
・大きなメッシュパネルが特徴的な開放感ある「メッシュシェルター」
などがあります。

いずれも価格が抑えられているので、初心者だけでなく幅広く親しまれているラインです。

スタンダードライン

スノーピーク(snow peak) テント ランドロック [6人用] TP-671R

スタンダードラインは、年中キャンプを楽しみたい中級者ユーザーへ向けて展開されているラインです。
テントにはタープと通気性を保てるようなメッシュパネル、開口部をデザインしたシェルターが多くなっています。
生地には遮光性を向上できる特殊なシールド加工が施されているので、夏の強い日差しもしっかりと遮断して涼しい環境を保持できます。

ラインナップには、
・コンパクトな収納に加え機能性も高い「ランドブリーズ」
・大型テントの代名詞でもある「ランドロック」
・ドックドームやランドブリーズなどと連結できる「リビングシェル」
などがあります。

また、大きなタープが特徴的な「ヘキサイーズ」も展開されています。

プロライン

スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル ロング Pro TP-660 [6人用]

プロラインは、ベテランキャンパーにおすすめの上級者向けラインです。
スノーピークから販売されているテントの中でも、トップクラスのフラッグシップモデルが取り揃えられています。
エントリーラインやスタンダードラインに比べて、生地の耐久性や耐水圧に優れています。

ラインナップとしては、
・スタンダードラインのリビングシェルをグレードアップさせた「リビングシェルロングPro.」
・スノーピークでも歴史あるランドブリーズのハイスペック版である「ランドブリーズPro.」
・6人対応の大きなシェルターの「ソルPro.」
などがあります。

いずれも高い耐久性・耐水圧などにこだわって作られている本格仕様です。

プロエアーライン

スノーピーク(snow peak) テント ミニッツドーム Pro.air 1 SSD-712 2人用

プロエアーラインは、強度を維持しながらも軽さにもこだわったラインです。
フィールドのみならず、山岳での使用にも耐えうるアイテムもあります。

ラインナップとしては、
・プロエアーラインの代名詞的存在「ファルPro.air」
・とにかくコンパクトな「ミニッツドームPro.air」
などがあります。

アイボリーライン

スノーピーク(snow peak) スピアヘッド Pro.L TP-450 アイボリー

アイボリーラインは、スタンダードラインとプロラインから登場している一部商品をアイボリーカラーで展開しています。
アイボリーカラーは高級感を演出してくれるだけでなく、光を取り込むことでテント内でも明るい空間にしてくれます。
普段とは違うワンランク上のキャンプを楽しみたい時にピッタリです。

ラインナップには、
・スノーピーク初めてのワンポールシェルターとしても知られている「スピアヘッド」
・キャンプ場でも目立つ「ドックドーム」
・カラーチェンジで印象が変わった「リビングシェルロングPro. 」
などがあります。

次のページ:Snow Peakのおすすめテントをご紹介!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ