【mont-bell】パワーバンクランタンウォームは可愛くて頼れるギア

みなさんこんにちは!TAKIBIライターひがじです。
お寒い日が続きますが皆さまはいかがお過ごしでしょうか?キャンプしていますか?

我が家は相変わらずのコロナ禍に加え、この寒さですっかり引きこもり中。
ぬくぬくとした部屋で、キャンパーさんのYouTubeやインスタを見ながらネットショップでキャンプギアを眺め、暖かな春を待ち続けています。

最近は自宅でキャンプギアを使うことも多く(便利なキャンプギアをおうち時間で使う!おすすめです)、今もヘリノックスに座りながら執筆しています。
最近、サンセットチェアに付けるカップホルダーも購入し、ますます快適になりました!
広いお庭がないので室内限定ではありますが、いつかは庭でのべランピングを夢見て。

さて今回は、私の一押しランタンを紹介していきたいと思います。

mont-bell(モンベル)パワーバンク ランタン ウォームの仕様

「テント内やテーブル上などで気軽に使えるランタンがあればいいな」と探していたところ、アウトドア用品のお店で出会ったのがこれ。

コロンとしたフォルム、重くもなく軽くもないちょうど良い重量感、明るさを邪魔しないようにさり気なく配置されたロゴに一目惚れ!
手に取り機能を確かめ、運命を確信し即決!
お気に入りギアに仲間入りしました。

シェードを伸ばしたアイボリー
シェードを畳んだブラックオリーブ
出典:mont-bell
詳細
重量243g
カラーアイボリー
ブラックオリーブ
サイズ収納時
∅5.8×9.7cm

使用時
∅5.8×14.3cm
防水規格IPX4
本体の
充電時間
約5~6時間
仕様出力
5V 最大2.0A

入力
5V 最大1.5A
内蔵電池リチウムイオン電池
6,400mAh
付属品micro USBケーブル1本
商品ページmont-bell
パワーバンクランタンウォーム

個人的にはUSBケーブルが付属されているところもありがたいと思いました。
我が家はアイボリーを購入しましたが、ブラックオリーブの色味も素敵でした。

税込6,600円で購入。正直少し迷う金額でした。
それでも運命を信じて購入し、実際使ってみると大満足できたので結果オーライでした。

パワーバンク ランタン ウォームのおすすめポイント

特におすすめのポイントを5つ紹介します。

温かみがある電球色LEDを使用

出典:mont-bell

電球の色は好みと用途で分かれるところだと思いますが、我が家では「テント内で使いたい」「明るく照らすというより雰囲気重視で」という思いがあったので、オレンジ色っぽい電球色というところも高ポイントでした。

感覚的に言うと「温かく照らす」といった感じですが、調光によっては十分な明るさが得られるようになっています。

多彩なライトモード

調光は3段階+点滅の4モードを備えているため、状況に応じた使い分けが出来ます。

モード
Low20ルメーン
120時間持続
Mid270ルメーン
12時間持続
High500ルメーン
6時間持続

私の主観ですが、上から「ぼんやり照らす」「ふつうに明るい」「かなり明るい」といった感じです。

画像は我が家の軽キャン車内で撮影しました。
大体2〜3人用テントの広さくらいをイメージして頂ければちょうどいいかなと思います。

画像ではMidとHighの違いが若干分かりにくいですね。
私はあまり変わらない様に思うので、Midで使った方が電力消費が少なくてコスパが良いかなと感じています。

ムダのないコンパクトなデザイン

シェードを伸ばした姿

パワーバンクランタンウォームは、形態が2パターンあります。
半円形の艶消し部分は可動式シェードになっていますので、伸ばした状態では懐中電灯の様にも使えたりもします。
縮めるとコンパクトになるので収納にも場所を取りません。
ライト部分のカバーの形もクラゲみたいで可愛いくないですか?

懐中電灯のように使えます

シェードに入ったさりげないグレーのモンベルのロゴも素敵で、お気に入りポイントの一つです。

流行りの男前無骨キャンプ、白を基調にしたシンプルインテリア、カラフルなサイト、どれにでも馴染む万能デザインかつカラーリングだと思います。

便利なフック

折りたたみ式になっている底部のフックは、普段は収納しておくことができます。使わない時に邪魔になる事はありません。

使用する際はフックを引き出し、紐や太めなカラビナを付けて様々な使い方ができます。
テント内、車内、リュックにぶら下げたりする事も可能です。
登山などされる方は、リュックに下げることで目印として活用出来るかもしれませんね。

またフックはDカンではなく、少し隙間があるので引っ掛けるようにして使うことも出来ます。

6,400mAhのリチウムイオン電池を内蔵

ライトで照らすだけでなく、付属のUSBケーブルと繋ぐことでモバイルバッテリーとしても使用できます。
キャンプやアウトドアで、いつの間にかスマホの充電が減っていて困ることってありますよね。
そして、そういう時に限って充電器を忘れてきてしまっていたり…。
パワーバンクランタンウォームがあれば安心です。

ちなみに6,400mAhの目安としては、iPhoneを例にすると約2回フル充電することができるそうです。
また、ランタン自体の電池残量0から満充電までの時間は約5~6時間です。
一泊二日のキャンプですと、(ランタン自体をフル充電しておけば、)Lowモードで一晩使って、さらにスマホ充電も可能ですね。

自宅で使ってみた感想

S字フックで吊るす

こちらのランタン、最近は自宅で使うことが多く、リビングでのリラックスタイムはこのランタンだけという日もあるくらいヘビロテしています。

Dカンで吊るす

家ではMidモードで点けています。
Highだとかなり明るくなる印象です。
個人的にはシェードを下げたコンパクトサイズのクラゲフォルムが好きなので、シェードを縮めて使うことの方が多いです。

多様な使い方!馴染むデザイン!様々な人におすすめの一品

・色々な場所でオールマイティに使えるランタンを探している方
・信頼できるブランドを使いたい方
・可愛いものが好きな方
上記のような方々には是非お勧めしたいランタンです!

ちなみに我が家は、非常用にもう一つ購入を検討しています。
非常時や停電時に灯りって重要ですよね。
また、とにかく可愛くてインテリアの邪魔もしないので、リビングに一つ、寝室に一つ置きたいと思っています。

備えあれば憂いなし。
皆さまもモンベルのランタンで快適生活を!

TAKIBI内のmont-bell関連の記事はこちら

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 ひがじ

マイペースな夫とせっかちな私、天真爛漫な娘、ときどき愉快な仲間たち。と楽しいこと始めます!

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ