Coleman(コールマン)のレジャーシートを使ってピクニックやキャンプを楽しもう!

本記事は一部にプロモーションを含みます

ランタンのロゴでお馴染みのColeman(コールマン)は、老舗アウトドアギアのメーカーとして、世界的に人気のブランド。本格的なアウトドアから、気軽に楽しめるレジャーまで幅広いアイテムを取り扱っています。

今回はその中でも、キャンプやピクニックにおすすめのアイテム「レジャーシート」を紹介します。

レジャーシート選びのポイント

出典:コールマン公式facebook

何かと出番が多いレジャーシートですが、皆さんは購入時にどうやって選んでいますか?
せっかく購入しても「思っていたのと違う!」とならないために、ここからはレジャーシートの選び方をじっくり解説していきます。

洗濯ができるか

出典:コールマン公式サイト

レジャーシートはピクニックにはもちろん、親子遠足や花火大会などのアウトドア時に欠かせないアイテム。撥水加工が施された製品なら、簡単に汚れを落とせるのでとても便利です。

また、洗濯機を使える製品なら「おしゃれ着コース」などで洗濯が可能。水洗いができない製品は、薄めた中性洗剤をタオルなどに含ませ、よく絞ってから拭き取れば手軽にお手入れすることができますよ。

レジャーシートによってはタグが付いていない商品もあるので、購入時にはパッケージに記載されていないかを忘れずにチェックしておきましょう!

ペグ穴があるか

出典:コールマン公式facebook

せっかくレジャーシートを設置したのに、風で飛ばされたり、めくれてしまったりした経験はありませんか?

ペグ穴が開いているレジャーシートなら、しっかりと地面と固定できるのでその心配もありません。なにより、シートをシワなくピンと張ることができるので、見栄えの良いキャンプサイト作りにも最適です。

また、ペグ以外にもロープを通して固定したり、テントポールで片側を持ち上げてタープとして活用したり、アイデア次第では様々な活用ができるのも魅力ですよ。

砂除けがあるか

出典:コールマン公式サイト

設置した場所から離れて、休憩に戻ったらシートが砂だらけになっていた経験はありませんか?運動会や遠足などでは、誰かが横を通り過ぎるたびに砂が入ってくるなんてこともあります…

そんな時におすすめなのが「砂よけ」の付いたレジャーシート。垂直に折り曲げ四隅をピタッと固定すれば、そり立ったシートの端が壁の役割をしてくれるので、砂の侵入を防いでくれます。

サイズはどのくらいか

出典:コールマン公式facebook

利用人数によってレジャーシートの最適なサイズはさまざま。ソロキャンプなのかファミリーキャンプなのか、自分の用途に合わせて適切なサイズの製品を選ぶのがおすすめです。

また、持ち運びなどを考慮して、使用サイズだけでなく収納サイズも要チェック。折りたたむことで小さくまとめることができる製品なら、ストレスなく持ち運ぶことができますよ。

サイズ目安

【1人の場合】
60~90cm×90~120cm
【2人の場合】
90×120cm以上
【3人の場合】
90~130cm×120~180cm
【4人~5人の場合】
100~180cm×180~200cm以上

座り心地は良いか

出典:コールマン公式サイト

せっかく購入するレジャーシートなら、快適な座り心地の製品を選びたいところ。「材質が硬くて手触りが良くない」「長く座っているとお尻が痛くなる」「地面が冷えていてお尻が冷たい」なんてことがあると困りますよね。

事前に材質やクッション性、裏地を確認することはもちろん、実際に触って確かめてみるのもおすすめ。用途や好みを考慮して、ちょうどいいバランスの製品を選びましょう。

重さはどのくらいか

出典:コールマン公式facebook

アウトドアやアクティビティの荷物は、できるだけ少なく軽くしたいもの。レジャーシートも購入する前には、本体の重量を必ず確認するようにしましょう。

ファミリーキャンプは楽しいですが、子どもから目が離せないのでママもパパも大変。子どもの手を引きながら片手で持ち運べるかどうかが、製品選びでは重要なポイントになってきます。

また、持ち手つきで重量が軽いレジャーシートなら、子どもでも安全に持ち運ぶことが可能。「手伝って~」と一声かければ、子どもたちもきっと笑顔で手助けしてくれますよ。

長く使うことができそうか

出典:コールマン公式facebook

レジャーシートの用途は、ファミリーからソロまで十人十色。自分にあった製品を選ぶことで、長く快適に使い続けることができます。

手軽かつ便利に使えるレジャーシートは、何かと出番の多いアイテム。丈夫で機能性に富んだ製品を選んで大切に使えば、資源の無駄遣いも減らすことができますよ。

レジャーシートとグランドシートの違いとは?

出典:コールマン公式facebook

「あれ?キャンプで使うシートには”レジャーシート”と”グランドシート”の2種類あるよね。何が違うの?」と思っているあなた。

どちらもシートなので同じ製品なのではと考えてしまいますよね。ここからは、そんなレジャーシートとグランドシートの違いを解説していきます。

グランドシートとは?

出典:コールマン公式サイト

グランドシートとは、テントの設営時に「地面とテントの間に敷くシート」のこと。地面の冷気や凹凸から守ってくれるほか、長時間の雨でテントが漏水することを防ぐ目的があります。

また、シートの上に水がたまらないようにするために、テントの底面より小さいサイズを使うので大きさも限定的。一時的に荷物置きに使用する場合もありますが、基本的にはテントの下に敷いて使用します。陰で役割を果たす姿は、まさに「縁の下の力持ち」ですね。

レジャーシートの違いは何?

出典:コールマン公式facebook

「グランドシート」と「レジャーシート」は使用するシチュエーションが全然違います。

グランドシートに求められるのは、防水性と強度を備えつつ安価であること。つまりホームセンターなどで購入できるブルーシートでも、代用品として十分なのです。

そもそも隠れてしまうので、デザイン性もあまり重要視されていません。もちろん、グランドシートを休日の公園でレジャーシートとして使用することはできます。

ただ、レジャーシートの選び方で解説した通り、手触りが良く、クッション性があって軽量で、砂よけがあるグランドシートを探すのは困難なのです。素直にレジャーシートを購入した方が、長く快適に使えると言うワケですね。

コールマンのレジャーシートはとてもオシャレ!

出典:コールマン公式facebook

ここからは、コールマンのおすすめレジャーシートを紹介します。
満足すること間違いなしの、快適でおしゃれな製品が目白押し。早く外へ持ち出して使ってみたくなる、魅力あふれる機能性とデザインに注目です。

レジャーシートデラックス

コールマン(Coleman) レジャーシートデラックス グレージュストライプ

レジャーシートデラックスは、中素材にポリウレタンフォームを採用したことにより、優れたクッション性で快適な座り心地を実現したレジャーシートです。

裏地には防水効果の高いPEVA素材を採用しているので、湿った地面での使用も可能。装備されたスナップボタンを使えば、四隅を立ち上げることができるので砂の侵入も防いでくれます。

また、持ち運びに便利な”ハンドル&ストラップ”で携行性も抜群。快適な座り心地のレジャーシートデラックスで、アウトドアでの家族時間を思いっきり楽しみましょう。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥4,789 (2024/07/14 22:51:08時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
使用サイズ約210×170cm
収納サイズ約20×45cm
重量約1.1kg 
材質表地:ポリエステル
中 :PUフォーム
裏地:PEVA
公式サイトレジャーシートデラックス

レジャーシートデラックスミニ

コールマン(Coleman) レジャーシートデラックスミニ グレージュストライプ

レジャーシートデラックスミニは、大人2人での使用に最適なサイズ感のレジャーシート。こちらも、装備されたスナップボタンで砂の侵入を防いでくれます。

また、裏地には高い防水効果の”PEVA素材”を採用しているので水を通しません。収納時にはコンパクトに丸めて、付属のハンドル&ストラップで楽に持ち運ぶこともできますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,870 (2024/07/14 12:51:03時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
使用サイズ約150×100cm
収納サイズ約14×36cm
重量約440g 
材質表地:ポリエステル
中 :PUフォーム
裏地:PEVA
公式サイトレジャーシートデラックスミニ

ピクニックマット

コールマン(Coleman) ピクニックマット 200×145(ティピー) 2000038941

鮮やかなテキスタイル特徴的なピクニックマットは、別売りのクイックアップIGシェードにぴったりサイズのレジャーシートです。

連結スナップで2つのピクニックマットを繋げれば、より大型サイズにすることも可能。裏表面に撥水加工が施されているので、水や汚れもへっちゃらです。

さらに、洗濯機で丸洗いもできるのでお手入れも簡単。丸めてコンパクトに収納できるので、付属のハンドルと使えば片手でも軽々と持ち運べますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,304 (2024/07/14 12:51:04時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
使用サイズ約200×145cm
収納サイズΦ12×37cm 
重量約720g
材質ポリエステル
公式サイトピクニックマット

家族でアウトドアを楽しむならコールマンのレジャーシート!

出典:コールマン公式facebook

キャンプやピクニックではもちろん、遠足や運動会といった行事でも大活躍してくれるレジャーシート。しっかりと吟味して、快適でゆったりくつろげる製品を選びたいですね。

Coleman(コールマン)のレジャーシートは、高い品質で”機能性”と人目を惹く”デザイン性”を兼ね備えた製品が目白押し。皆さんも、この記事を参考にしていただければ、きっと満足できる製品に出会えるはずですよ。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 澤田 篤志

家族4人分のキャンプ道具を軽自動車に積載したうえ、不満のない程度に乗車スペースも創出。世界的「ぎゅう詰めアーティスト」。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選
キャンプギア・キャンプ用品

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選

年に1度のAmazonプライムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…
キャンプ場紹介【関東】

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…

「丸沼高原キャンピングバレイってどんなところ?」「群馬県でおすすめのキャンプ場はどこだろう?」「家族で楽しめるキャンプ場が知りたい!」 …

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選
キャンプギア・キャンプ用品

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選
キャンプギア・キャンプ用品

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

新着記事一覧へ