【TOYOTA】FJクルーザー愛車紹介キャンプ編

初めまして。みなさん。
初の執筆となるGirrafe_Outdoorのシゲです。

”地球と遊ぶ”をモットーにアウトドアを楽しんでいます!!!

私なりの、アウトドアと向き合っているスタイルをみなさまにご紹介できればと思っていますので、今後とも是非よろしくお願いいたします!!!

さて、記念すべき初回の記事は…どんなアウトドアやキャンプを行うときに絶対的として必要となるモノ。

それは移動のお友である愛車の紹介です!!

皆様それぞれの愛車をお持ちでしょうし、これから愛車を持ちたいという人もいるかと思いますが、わたし仕様の愛車をご紹介できればと思います!

アメリカ生まれのFJクルーザーとは

TOYOTA FJクルーザー
納車時の写真:正面
TOYOTA FJクルーザー
納車時の写真:側面

2007年アメリカで誕生したオフロード型ステーションワゴンタイプの車種。日本には2010年に逆輸入し、人気が爆発。しかし、2016年製を最後に日本での生産を終了しています。

型式:CBA-GSJ15W
乗車定員:5人
総排気量:3.95
燃料:ガソリン
駆動方式:パートタイム4WD
長さ×幅×高さ:4,630mm×1,900mm×2,060mm(リフトアップ仕様)
燃費性能:わたしの経験上ですが、高速走行時(80km/h)で約10~12km/、街乗り走行時で約6~8km/ぐらいです。

なぜFJクルーザー選んだのか?

先代の愛車SUZUKI Jimny

SUZUKI Jimny

一年を通じてアウトドアを楽しんでいるシゲです。

オールシーズンのキャンプは勿論のこと、登山にサーフィン、冬は雪山でスノーボードやバックカントリーなども楽しむ1児の父でございます。

先代の愛車は悪路に強く、荷物を多く積めるSUV型の軽自動車であるSUZUKI Jimny。
十分な積載が可能でかつキュートな見た目であり、小さいころからまず買うならと決めていた車の一つです。

SUZUKI Jimny

特に優れところは二輪駆動と四輪駆動で切り替えが可能なパートタイム4WDシステムであったこと。
通常時は2WDで燃費を抑え、必要に応じて4WDで悪路走行へ切り替える。この理にかなったシステムは私が車を選ぶ重要な要因としています。

・買い替えのきっかけは走行距離が20万キロ以上を超えたこと
・エンジンオイルが漏れ始め、エンジンに異常が生じたこと
・家族が1人誕生し、増えたこと

これら3点が要因です。

そこで悩みに悩んで選んだのが、FJクルーザーでした。

家族とOutdoor

TOYOTA FJクルーザー
CAMP装備一式を積んでも家族の乗車が可能

アウトドアを嗜むわたしが車を選定するポイントとしては

・家族みんなが乗り込めて、十分な積載が可能

・2WDと4WDの切り替え可能なパートタイム4WDシステム

・なによりお洒落な見た目!

以上3点です。

家族みんなが乗り込めて、十分な積載が可能

重視したのは積載量です。

わたしのキャンプスタイルはファミリーキャンプ。多かれ少なかれ荷物はある方だと思います。
それでも家族や友人を含め最低4人の乗車が可能であるようにクルマを選びました。

また、「最低4人が乗車可能」という条件を決め、必要最小限のキャンプ装備品の選定・積載を考えています。(この内容については今後の記事として取り上げていきたいと考えていますのでお楽しみにしてください。)

この条件をかなえるべく、ルーフキャリアとトランクルームを駆使して必要最低限を積載しています。

ご参考までに、FJクルーザーに積載している装備品をご紹介します。

TOYOTA FJクルーザー

■ルーフキャリア

  • ツールボックスw800*d380*h333が2つ※キャンプ時積載
  • ツールボックス(アイリスオーヤマ) w1150*d350*h155※通年積載
TOYOTA FJクルーザー
トランクルーム:仕切りを設けて上段と下段の収納スペースを確保しています

■下段

  • テントポール(OGAWA apollon用)
  • 折畳みテーブル×2台
  • ワゴンカート(Nico and)
  • アウトドアチェア2台(Snow peakローチェア30)

■上段

  • ドームテント(OGAWA apollon)
  • インナーマット(OGAWA apollon用)
  • クーラーボックス
  • アラジンストーブおよび灯油タンク5l ※冬キャンプ時のみ
  • 焚き火台セット(Snow Peak 焚火台Mサイズ)
  • アウトドアチェア1台(Snow Peak ローチェアショート)
  • グランドカーペット(ニトリ)およびファミリーシェラフ(Coleman)※冬キャンプ時のみ
  • オリジナルキッチンカウンターセット
  • 炭ケース
TOYOTA FJクルーザー
TOYOTA FJクルーザー
最大5人乗車可能

 次のページ:地形、気候にも対応できるパートタイム4WDシステム!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 Giraffe_Outdoor

"家族みんなで地球と、遊ぶ!!"をモットーにこの世の全フィールドを遊び倒す姿や手段、知恵を皆様へお届けします!

資格 第4級アマチュア無線技士

おすすめコンテンツ

新着記事

【茨城県】大洗キャンプ場【キャンプ場インタビュー】
キャンプ場紹介【関東】

【茨城県】大洗キャンプ場【キャンプ場インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は茨城県大洗町の「大洗キャンプ場」にご協力いただきました。 「日本の名松百選…

【神奈川県】CAMPiece南足柄【キャンプ場インタビュー】
キャンプ場紹介【関東】

【神奈川県】CAMPiece南足柄【キャンプ場インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は神奈川県南足柄市の「CAMPiece南足柄」にご協力いただきました。 画像…

AmazonでBUNDOK(バンドック)の掘り出し物アイテム探し!
キャンプギア・キャンプ用品

AmazonでBUNDOK(バンドック)の掘り出し物アイテム探し!

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazon(アマゾン)で「これいいかも!」「おト…

アウトドアウェアの重視するポイントは3位「デザイン性」2位「動きやすさ」1位は?【服装にまつわるアン…
アンケート

アウトドアウェアの重視するポイントは3位「デザイン性」2位「動きやすさ」1位は?【服装にまつわるアン…

こんにちは。TAKIBI編集部です。今回は「アウトドアウェア選び」についてアンケートを取りました。 服を買うときは、デザイン、機能性、…

Amazonタイムセールで冬キャンプ対策!防寒の準備を進めよう
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonタイムセールで冬キャンプ対策!防寒の準備を進めよう

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazon(アマゾン)で「これいいかも!」「おト…

AmazonでBAREBONES(ベアボーンズ)製品がお買い得!ライト以外のギアも豊富
キャンプギア・キャンプ用品

AmazonでBAREBONES(ベアボーンズ)製品がお買い得!ライト以外のギアも豊富

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazon(アマゾン)で「これいいかも!」「おト…

新着記事一覧へ