【オニオングラタンスープ】の作り方 寒い季節にぴったり!-そとごはん-

この記事に関連するタグ

みなさんこんにちは。
すっかり寒くなり、冬キャンプが楽しめる時期になりましたね。
雪中キャンプで静かなキャンプを楽しんだり、寒い中外で焚火をしてあたたまったり・・・
冬キャンプの楽しみ方はいろいろあると思いますが、おこもりキャンプであったかスープ作りなどはいかがでしょうか。

今回ご紹介するオニオングラタンスープは、材料も少なく、用意する道具はシェラカップ、ガス、バーナーのみ!
シェラカップ一つで炒める→煮込む→器として使用することができるので、用意する道具も洗い物も減り一石二鳥!

この寒い季節にはぴったりのレシピになっています。

用意する材料・ギア

材料(2杯分)

玉ねぎ 1個分
バゲット 2つ
バター 20g
コンソメ 1個
チーズ 適量
塩コショウ 適量
パセリ あれば
水 300cc

調理時間:40分

使用したキャンプギア:シェラカップ、SOTOフィールドチャッカーST-450

美味しく作るためのコツ

オニオングラタンスープを美味しく作るためには、玉ねぎがあめ色になるまでしっかり炒めることが絶対的ポイントです!
じっくりと炒めたあめ色の玉ねぎはとても甘く、とろけるような舌触りです。
でも、キャンプ場で、あめ色になるまで一から玉ねぎを炒めるのはとても大変ですよね。

そこで、予め自宅で玉ねぎをレンジで加熱していくと、調理時間の短縮になり、より早くとろとろ玉ねぎのオニオングラタンスープを作ることができます。
500Wの電子レンジで5分程加熱し、ジップロックなどに入れ、クーラーボックスに入れてキャンプ場に出発します。

作り方

では、順を追って作り方を説明していきましょう!

1.玉ねぎを炒める

シェラカップにバターを入れ、予め自宅で加熱しておいた玉ねぎを入れて炒めます。シェラカップは焦げやすいため、弱火でじっくりと玉ねぎがあめ色になるまで炒めます。

15分くらい炒めると玉ねぎの色が変わってくるので、ここは大変でも根気強く炒めましょう。

2.水とコンソメを入れて煮込む
じっくり炒め、玉ねぎがあめ色になってきたら、水150ccとコンソメ1/2個を加えてスープを沸騰させます。
コンソメの量は、水300ccに対してコンソメ1個使うとよいですよ。
また、ここで味が決まるので、塩コショウを振って味を調えます。

3.バゲットを入れて煮込む
スープが沸騰したところで、バゲットを入れて煮込みます。

しばらくすると、バゲットがスープを吸収してひたひたになり、柔らかくなっていきます。

4.チーズを加えて炙る
バゲットが柔らかくなったところで、チーズをたっぷり加えて更に煮込みます。

しばらく煮込むとチーズが溶けてくるので、最後にバーナーで炙れば完成です!
パセリを振ると、彩りもよくなるので、もしあればぜひパセリを準備してくださいね。

まとめ

玉ねぎの甘さが際立つ、あったかオニオングラタンスープに仕上がりました。
バーナーで炙ったこんがり&とろ~りチーズも最高でした。

オニオングラタンスープは、「食べるスープ」とも言われているぐらい、食べ応えがあるスープです。
ですので、この一杯だけでなかなかお腹いっぱいになりますよ。
キャンプでの朝食にもおすすめです。

今回は別々のシェラカップで2杯分作ったので、20分×2杯分で40分程度時間がかかりました。
ご家族でキャンプされる方など、たくさんの量を作りたいときは、バゲットを煮込むところまでを大きな鍋で調理し、その後器に移し変えることで調理時間を短縮することができます。
ソロキャンプの方などは、シェラカップ1つで1人分20分程度でできるのでよりおすすめです。

もしこのレシピを見て気になった方は、ぜひ作ってみてくださいね。
みなさんのキャンプが楽しいものとなりますように…!

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 チャウスドア

夫婦で登山やキャンプを楽しんでいます。そとごはんやDIYなど役立つ情報を発信していきたいです。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify