【KODIAK CANVAS(コディアックキャンバス)】Flex-Bow(フレックスボウ)VX8人用|全米で大人気の魅力を徹底解剖!

アメリカで売れているテントブランド「KODIAK CANVAS(コディアックキャンバス)」をご存じですか?
私がこのテントを購入したのは2017年。
同じアメリカのテントブランドであるカーカムスの可愛らしさよりも、コディアックキャンバスのヒグママークのクールさと、配色の男前さに一目ぼれしてしまい、コディアックを選びました!

「ヒグマちゃんテント」「こんにゃくテント」とも呼びたくなるコディアックキャンバスのテント…その別名の由来も含めて、いろんな魅力をお伝えします!

スペック

Kodiak Canvas Flex-Bow テント ファミリー コットン カンバス (VX 8人用)

テント名:Flex-Bow VX Canvas Tent Tarp 10×14 ft
定員:8人
テントサイズ:(約)D305×W427×H201(cm)
重量:(約)41kg
収納サイズ
(テントバッグ):約40×96(cm)
(ポールバッグ):約14×122(cm)
本体素材:Hydra-shieldコットン100%
グランドシート付属

圧倒的な広さと高さはコディアックキャンバスの魅力の一つです。本当に快適ですよ!

上記の写真のように、子供が三人寝転がっても問題なし!
それもそのはず、テント内の広さはだいたい7畳程度と広々!
定員は8名ですが、荷物やギアの配置を考えると6人がベストでしょう。

ロゴにもなっているヒグマの手形がトレードマークになっているので、ヒグマちゃんテントとも呼べます。
ノルディスクは「シロクマテント」と呼ばれていて、キャンプ好きの人たちには割と通じますが、コディアックのテントの事を「ヒグマちゃんテント」と呼んで通じる方はマニアックな方かもしれませんね!

このテントならではの特徴

フレックスボウの特徴をご紹介しましょう!

最大の利点「ガイロープなしで自立」

前方の写真

ガイロープが無いのがわかりますか?
このテントは、左右と上部のポールだけで自立してくれるんです。
「この構造で大丈夫なの?」と思いますよね?大丈夫なんです!

後方の写真

何年か前に標高1650mの場所でキャンプをしたとき、天候は今まで経験した中で最悪でした。
しかし、テントのフロア部分は強化ビニール素材とだけあって全く浸水せず。
風が吹いても倒壊せず。
主人と「すごいね」という言葉しか出ませんでした。

これは「こんにゃくテント」と呼びたくなりますよね。
風が吹くとこんにゃくみたいな揺れ方をしますが、強度があるのでかなりの風速でもへっちゃらなんです。

ポールもペグも長く使えそうな感じで安心感があります。
ガイロープがないことで設営時間は大幅に短縮されます!

大きな窓が四面すべてにあります!

四面すべてにこんな開放的な窓がついていて、フルメッシュにできてしまいます!
コットン100%で通気性も抜群。

大きな窓があるおかげで日当たりも最高です!
見てください、この日の入り方。
春は最高に心地いいですよ!眠くなります・・・。

緑に囲まれたキャンプ場で窓を全開にすると、こんな景色になります。癒されますよ。

冬はフルクローズにして、豆炭こたつでおこもりキャンプもしましたが、言うまでもなく最高です。
コットン100%だから結露もなし。そして通気性がいいのに暖かい。
いいとこだらけです。

強いて欠点を言うならば、この8人用テントは重いです。
雨の中での撤収になったら女性一人ではなかなか厳しいでしょう。

ささやかな便利ポイントもたくさん

ガイロープ不要、大きな窓だけでは終わりません。
便利なポイントをさらに紹介していきます。

紐をかけやすい

天井部にランタンフックがついているわけではありませんが、紐をかけられるようなところが複数あります。
クリスマスキャンプの時はイルミネーションを飾ったり、飾りをつけたり、デコレーションもしやすかったですよ!
子供たちが大喜びしてくれました。

収納ポケットが複数ある

天井にはメッシュタイプの荷物置き場がついていて、取り外しも可能です!
私たちが家族でキャンプに行ったときは子供の帽子などをここに置いていました。

他にも、付属品で取り外し可能なウォールポケット、テント下部の小物入れなど、痒い所に手が届く絶妙な収納スペースがあります。

タープとして代用できる

付属の伸縮ポールを使ってキャノピーを跳ね上げればタープとしても活用できるため、急な雨でも安心です。
ここに椅子を並べて、朝日を浴びながらコーヒータイムも素敵じゃないですか?

驚異の速乾性

キャンプでこのテントを使用した日はなかなかひどい雨が降りました。
テントはずぶ濡れです。
しかし…

雨が上がったあと、コットン部分はすぐに乾きました!
同じ日だとは信じられません。これ毎回感動するんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フレックスボウVXの魅力が伝わりましたか?
様々な天候、様々なシーンで使ってきましたが、本当に使いやすいテントです。
ガイロープもなくポールで自立してるだけなので、強風の中の撤収でもポールを抜いてしまえばすぐ終わります。
よくキャンプ場で見かける強風時の撤収の難しさ、ストレス、ぜ~ろ~です!
また、撤収時はテントを綺麗に巻いて専用の風呂敷に包むだけ!
重たいテントを袋に入れるのは大変な作業ですが、これなら簡単に収納できますね。

どこをとっても自信を持ってお勧めできますので、気になった方はぜひお試しを!!

この記事を書いた人 kycrm443

3人子育て真っ只中☆例え雨でもマイナスをプラスに変えてくれるものはアウトドアだけなんじゃないか?と信じてやまない私です。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア
Translate »