ZANE ARTS(ゼインアーツ)ゼクーMであったか冬キャンプ|一歩先のワンポールテント

この記事に関連するタグ

冬キャンプで大活躍するシェルター。
フルクローズにすれば風も防げて暖が取りやすく、リビングとしてもテントとしてもカンガルースタイルとしても使用することができます。
色々なキャンプスタイルを楽しむなら持っていて損はないアイテムと言えるでしょう。
今回は我が家で愛用しているゼインアーツ ゼクーMをご紹介いたします。

ZANE ARTS(ゼインアーツ)とは

2018年の誕生したブランドで、長野県松本市を本拠地としています。
ブランドコンセプトは「機能と藝術の融合」。スタイリッシュなギアが数多く販売されています。
2020年までにゼクーM、ギギ1、ギギ2と販売されてきましたが、2021年6月には新商品である「ゼクーL」が発売予定です。

公式サイト:https://zanearts.com/

購入先について

全国のA&Fや、静岡にあるアウトドアショップCASASWENなどで販売されています。
ただし、販売は年に数回しかなく、瞬く間に売り切れとなってしまいますので、ゼインアーツのホームページやSNSで発売日をチェックしておきましょう。
我が家の場合も、セカンドロットの発売日をホームページで知り、販売店に電話予約をして購入することができました。

ZANE ARTS(ゼインアーツ) ゼクーM 製品概要

出典:ZANE ARTS

PS-003/ゼクーM

総重量:11.5kg(内リビングシートが1.5kg)
キャリーバッグサイズ:79×27×27(h)cm
設営時の高さ:250cm

出典:ZANE ARTS

素材
本体:75Dシリコーンポリエステルリップストップ・遮光PU加工(耐水圧1,500mm)
リビングシート:150Dポリエステルオックス・PU加工(耐水圧1,500mm)
センターポール:A6061・φ30mm・全長250cm
エクステンションフレーム:A6061・φ16mm
トライアングルハンガー:ポリプロピレン
Yペグ:ジュラルミン・25cm
Vペグ:ジュラルミン・17cm
3mロープ:ポリプロピレン・φ4mm
1.5mロープ:ポリプロピレン・φ4mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース:150Dポリエステルオックス

参考価格:76,800円(税込84,480円)
公式ページhttps://zanearts.com/products/zeku/

ワンポールなので設営しやすい

ゼクーMはシェルターでは珍しいワンポールタイプです。
そして、軽量かつコンパクトです。

まず、セット内容に含まれているものは以下のようになっています。

・本体幕
・リビングシート
・センターポール
・エクステンションフレーム(3つ)
・トライアングルハンガー
・YペグとVペグ(合計21本)
・3mロープと1.5mロープ(合計18本)
・キャリーバッグ・ポールケース・ペグ&ロープケース

リビングシートはキャンプスタイルにあわせて使用したり、使用しなかったりします。
我が家の場合は、冬にACサイトを利用した際リビングシートにホットカーペットを敷き、お座敷スタイルのリビングにしたいときに使用します。

トライアングルハンガーには3か所のハンギングポイントがあり、シェルター内のランタンの使用にとても便利なアイテムです。
また、我が家は持っていませんが、別売りでインナーテントもあります。

設営方法

本体幕にあるベースとなるボトム4か所をペグ打ちし、センターポールを差し込みます。
その後、3か所ある三角形のエクステンションフレームを取り付け、周りをガイロープでとめていけば、基本的な設営は完了です。
リビングシートを付ける場合は、このタイミングで取り付けましょう。

最後に、トライアングルハンガーをセンターポールのフックに掛け、ボトム用のフックを3か所あるコーナーリングに引っ掛け、アジャスターを調整すれば完成です。

ちなみに撤収時、ガイロープは外さずに1本ずつ軽く束ねて、シートを畳み保管すると次回の設営がとても楽で早くなりますよ。

3か所あるエクステンションフレームのおかげで、ワンポールのデメリットである空間の狭さが改善されています。
我が家はオガワのワンポールテントのピルツ9を寝室用として使用していましたが、ゼクーMは空間の広さがより実感できました。
寝室としてもリビングとしても十分な広さがあります。

ゼクーMの一押しポイント

ここからはゼクーMの一押しポイントを紹介します。

広さも換気性能もグッド!冬はストーブを囲んであったかキャンプ

中は広々としているので、家族4人で入って中心にストーブを置いても十分すぎるくらいゆったり過ごせます。

上部と下部にもベンチレーターがついているので、フルクローズにしてもしっかりと換気することができます。

デザインがグッド!楽しみ方の幅が広い

なんといっても設営後のゼクーMのフォルムがたまりません。
今まで見たことのないデザインですし、色・形ともに素敵で自然と調和します。
2020年にはグッドデザイン賞も受賞されたみたいですよ。
また、1カ所だけオープンにしたり、フルオープンにしたり、開け方を変えると色々な表情を見せてくれるので、楽しみ方の幅も広いです。

出典:ZANE ARTS

まとめ

カッコいい×設営しやすい×使いやすい、この三拍子が揃っているゼクーM。
これだけクオリティが高いのにも関わらず、手を出しやすいお値段も魅力的。
取り扱い店舗が少ないので「人と被りたくない!オリジナルデザインのテントが欲しい!」という方はゼインアーツのゼクーがオススメです!

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 ayumicamp

アウトドアの楽しみをより味わい、より深め、家族や仲間とかけがえのない時間を過ごしています。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify
Translate »