【UNIFLAME】 fanマルチロースターが本当にマルチで優秀!

この記事に関連するタグ

UNIFLAMEから発売されているfanマルチロースター。商品のパッケージには「2wayのセッティングでトーストもモチも手軽においしく焼ける!!」と表記されています。キャンプでの朝食や、登山での山飯でこんがりパンを焼くことができたら幸せですよね。これが1台あれば料理の幅も広がりそう!と思い購入しましたので、使い心地などをレポートしたいと思います。

まずは基本情報から

ユニフレーム fanマルチロースター 660072

サイズ/収納時:約200×130×19mm

材質/特殊耐熱鋼FCHW2

上網:鉄・クロームメッキ

重量/約300g
引用:UNIFLAME

なんといっても、厚さ19mm、重さ300g!非常にコンパクトで軽く、持ち運びが便利です。キャンプ以外にも、ちょっとしたハイキングや登山、ツーリング等にも手軽に持って行くことができるのが魅力的ですね。下部のメッシュ面で「炎」を「熱」に変換し、トーストやモチをこんがり焼くことができるようです。

便利な2way仕様

焼網の置き方を替えることができる2way仕様になっています。トーストを焼くのに最適な「山型」

モチなどの焼き物に最適な「フラット型」の2通りのセットができます。

フラット型にすると、幅も20cmあるので、モチ以外にも、干物等の魚、貝、肉…結構何でも焼けてしまいそうです。可能性は無限大!何を焼こうか考えるのも楽しいですね。

実際に焼いてみる

山型

今回は、SOTO レギュラーストーブST-310の上に置いて使用しました。「最大火力で使用しないでください」との記載がありますので、中火で焼くことにします。

着火すると、炎が熱に変換されてメッシュ面が赤くなり、熱が広がっていくのが分かります。まずは、トーストを焼いてみます。

今回は、小さめ食パンにしたので焼網にまだ余裕がありますが、普通サイズの食パンでも十分焼ける大きさに設計されています。このロースターの良いところは、焼き加減が随時確認できるところ。焼き始めて約3分。下から覗き込むと…

こんがり焼けているのが分かります!トーストを裏返し、反対の面も同様に焼きましょう。あっという間にトーストをこんがり焼くことができました。

焼き目もついて、とても美味しそうです。ただ、焼き目が上部に偏ってしまった感じもします。バランスよく焼き目をつけるためには、食パンをくるくると動かすか、ゴトク部の大きいバーナーを使用するのが良さそうです。

さて、試食をしてみます。

サクッと焼けているのが伝わるでしょうか。トースターを使わなくてもこんな簡単に短時間で焼けるなんて感動です。

ちょっとアレンジ。きのことベーコンをオリーブオイルで炒め、焼いたトーストの上に乗せてみました。他にもフランスパンを焼いてオープンサンドや、ガーリックトースト等…パンだけでもいろいろとアレンジができそうですね。

次のページ:おもちも焼いてみよう!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 チャウスドア

夫婦で登山やキャンプを楽しんでいます。そとごはんやDIYなど役立つ情報を発信していきたいです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify
Translate »