【大分県】熊谷牧場・雛戸 ブルーベリー・キャンプガーデンは1日1組限定!由布岳の絶景を独り占め

大分県由布市にある「熊谷牧場・雛戸 ブルーベリー・キャンプガーデン」に行ってきました。
2020年にオープンしたばかりのキャンプ場で、施設も景色もとても綺麗です。
一日一組限定で、塚原高原の先に由布岳がある絶景を独り占めできます。
ブルーベリー園として7月から8月にかけてブルーベリー摘みも体験できますし、併設されたカフェでBBQやスイーツも楽しめるので、至れり尽くせりのキャンプを楽しめます。
何より、オーナーご夫婦の優しさに引き寄せられ、何度でも訪れたくなる場所です。
今回は「熊谷牧場・雛戸 ブルーベリー・キャンプガーデン」のご紹介です!

【おすすめポイント】
・一日一組限定
・カフェ併設
・ブルーベリー摘みを体験できる
・広場を自由に使用できる
・薪は良質で価格も良心的
・衛生面に配慮されている

【注意が必要なポイント】
・標高差で平地との気温差あり
・キャンプ用品のレンタルや販売はない
・プランのBBQ以外の食事は持参
・車は横付けできない
・ペット不可

キャンプ場概要

詳細
営業期間通年営業
休業日12月31日
1月1・2・3日
8月14日
利用時間チェックイン
13:30~
チェックアウト
~11:00
料金車1台&テント1張り
5,000円
入場料(中学生以上)
1,000円
入場料(小学生以下)
500円
デイキャンプ
半額
ソロキャンプ
4,000円
駐車料金無料
車横付け不可
電話番号0977-28-2320
公式サイト熊谷牧場・雛戸
ブルーベリー・
キャンプガーデン
Instagram@kumagaibokujo
アクセス湯布院から15分
サファリから15分
城島高原から15分
別府から35分
由布岳スマートインターから5分
住所大分県由布市
湯布院町塚原609-67

予約~受付

キャンプ場の予約は電話で受付しています。
ブルーベリー摘みやBBQの予約も同時に行えます。
(予約開始は、希望月3か月前の月初め 1日の9時から)

その後のLINEでの問い合わせにも対応されており、キャンプの予約受付後の打ち合わせもLINEにて行えます。
詳細はHP・インスタグラム・グーグルマップにて確認しましょう。

管理棟で読める開墾日記

到着したら雛戸山を望む、管理棟も兼ねているカフェの店内にて受付を行います。

入口のたぬきはこの場所がキャンプ場になる前からある物だそうです。
施設のいたるところで、牧場だった頃に使用されていた道具を発見できるので、是非見つけてみて欲しいです。

林の駐車場

管理棟から奥に進むとサイトにつながる道を通って、サイトの近くに駐車可能です。
サイト内に横付けはできないので注意しましょう。

サイト紹介

広いサイトは貸し切りで、良識の範囲内であればどこに設営しても自由です。林の中に設営も可能です。
土質は柔らかく、ペグの入りで苦労することはありません。
林に設営する場合は木の根を傷つけないように気をつけたいですね。

遊べる広場もあり、林の中には木で作られた机や椅子もあります。
何をやるにも自由で、くつろげる場所です。

使用テント
Snow Peak アメニティードームM
全長505㎝×横幅280㎝×高さ150㎝

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥40,400 (2022/09/25 16:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

屋号の由来にもなっている「雛戸山」の麓に位置するキャンプ場は、目の前を由布岳、雛戸山を後ろに見ながら、自然豊かなキャンプを楽しめます。
鳥のさえずりや動物の鳴き声を聞きながら、癒しの空間をゆっくりと感じられます。

グループや家族に嬉しいキャンプドーム

熊谷牧場特有の「キャンプドーム」という施設があります。
お湯の出る炊事場や冷蔵庫、休憩スペース、シャワー、トイレが、キャンプドームにひとまとめになっているので利便性も抜群です。

お湯の出る水回り

お湯の出るシンクが取り付けられており、冬場にはありがたい設備です。
2つあるので、大勢の利用でも快適に使用できます。

ピカピカのお手洗い

清潔で綺麗なお手洗いは、キャンパーの方たちが気持ちよく使えるようにと衛生面は特に注意されています。ピカピカです。
蛇口の受けに使用されている瓶は、以前の牧場時代に使用されていた物とのことで、味のある雰囲気を出しています。 

アメニティを備えるシャワー室

こちらも綺麗なシャワーを設置されていて、無料で使用可能です。
シャンプーやボディーシャンプーも用意されており、忘れても安心の設備です。

休憩所

ドーム内にチェアとテーブルが設置されていて、休憩できるスペースにオリジナルキャラクターのくまさん達も座っています。
大雨や雪、雷などの自然災害が付き物のキャンプで、このようなスペースを用意してあるのはありがたいですね。

次のページ:ブルーベリー園とカフェもある!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 yotu_yuki

キャンプをブームからカルチャーに!キャンプ人口1,000万人を目指して情報発信しているシングルパパです^^

資格 キャンプインストラクター

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ