【大分県】バルンバルンの森|綺麗な星空のもとでおしゃれにキャンプ

こんにちは。TAKIBIライターのたかとです。
今日は大分県中津市のキャンプ場「バルンバルンの森」というキャンプ場について紹介させていただきます。
元々は洞門キャンプ場として運営していた場所で、20年前は廃園寸前だったそう。しかし、現在のオーナー夫妻が時間をかけて整備して「バルンバルンの森」として今や人気スポットになっています。

自然の良さを存分に生かし、とてもオシャレで落ち着いた気分になれるキャンプ場です。
また、夜になると、最高にきれいな星空を見ることができるロマンチックなキャンプ場でもあります。

では早速紹介していきます!

バルンバルンの森のおすすめポイント
・とにかくおしゃれな雰囲気なので写真が映える。インスタの投稿にもばっちり。
・炊事場やトイレがきれいで良く整備されており、また、それらの設備をサイト近くに設置しているのでキャンプ初心者に易しい。
・ゴミ回収や灰回収を行っていて、撤収時の負担が少ない。
・家族風呂があり、家族やカップルで温泉を楽しめる。
・スタッフさんたちが優しくて明るい。

キャンプ場概要

詳細
営業期間通年営業
利用時間チェックイン
森の小屋 15:00~17:00
テントサイト 13:00~17:00
チェックアウト
~10:30(+1,000円で1時間延長可)

日帰り
11:00~16:00
料金ツリーハウスサイトプラン
【区画料】
平日(月~金・日)5,500円、休前日6,000円
【利用料】
大人800円 子供500円 (4歳未満無料)

星空満点フリーサイト電源付きプラン
【区画料】
平日(月~金・日)4,500円、休前日5,000円
【利用料】
大人800円 子供500円 (4歳未満無料)

星空満点フリーサイトプラン
【区画料】
平日(月~金・日)3,500円、休前日4,000円
【利用料】
大人800円 子供500円 (4歳未満無料)

【ソロテント】星空満点フリーサイトプラン
【区画料】
平日(月~金・日)3,000円、休前日3,000円
【利用料】
大人800円

日帰りプラン(フリーサイト)
【区画料】
1,000円
【利用料】
高校生以上800円、4歳~中学生500円 (4歳未満無料)
利用組数2022年1月現在、2グループ(2部屋、区画以上)でのご予約はできません。
ソロの方のみ、3張までのご予約が可能です。
駐車料金1台無料(2台目以降+500円)
車横づけOK(※土の状態がいい日に限る)
電話番号0979-52-3020
公式サイトバルンバルンの森
Instagram@barunbarun_no_mori
アクセス博多・福岡空港から約90分
別府・湯布院から約70分
中津ICから約15分
日田ICから約50分
住所大分県中津市本耶馬渓町曽木459−9

アクセス~受付

バルンバルンの森の入場ゲートは写真のような看板があり、分かりやすいです。少し狭いので徐行運転で車を進めましょう。

ここから車で登り、キャンプ場に入ると受付があります。車を停めてチェックイン手続きをします。

受付ではスタッフさんが丁寧な説明とともにチェックイン手続きをしてくれます。ここでは以下の説明や確認をされます。

・宿泊時の注意事項の説明
 ※注意事項
 ①夜10時以降はクワイエットタイムなので静かにすること
 ②直火NGなので焚き火をするときは焚き火台を使用すること
・レンタル品の使用有無
・ゴミの回収の要否(500円でゴミ回収をしてくれます。)
・キャンプサイトの紹介と設備説明
・購入品の確認(薪を購入できます)

説明が終わったら、車でキャンプサイトへ向かいます。

サイト紹介

画像提供:バルンバルンの森

入場ゲートから車で受付に向かう途中にツリーハウスサイトがあり、受付から少し登ったところにはバンガローエリアがあります。そして、さらに登っていくとフリーサイトがあります。

星空満点フリーサイト

フリーサイト電源なしプランで15組、電源ありプランで3組の合計18組のテントを張ることができるサイトです。
外観は写真のように開けたスペースになっていて、見晴らしもよくテント設営の自由度が高いです。

地面の状態が問題なければ、車の乗り入れができ、テントに横付けできます。
すぐ近くに駐車場もあるので、2台で来た場合でも特に不便はないでしょう。

※2022年1月現在、2グループ(2部屋、区画以上)でのご予約はできません。
※ソロの方のみ、3張までのご予約が可能です。

地面は冬なので芝は枯れており、固めの土の状態でした。
しかし、ペグは問題なく刺さりますし、設営は比較的簡単にできます。

サイトの特徴として、各組の区画が厳密に決められているわけではなく、車の通路以外であれば好きな場所に設営できます。
ただし、電源なしプランの場合と電源ありプランの場合で設営可能場所が異なりますので注意が必要です。

バンガローエリア(森の小屋)

画像提供:バルンバルンの森

バンガローエリアでは木製の小屋で宿泊することができます。
全部で8つの小屋があります。

画像提供:バルンバルンの森

遊び場もあり、自然の中でゆったりと宿泊できます。
カフェスタイルの作りとなっていたり、ワーケーションスペースとしての利用もできたりと、幅広い方にご利用いただけます。

※2021年1月現在、バンガローエリアのツリーハウスは改修工事中です。

ツリーハウスサイト

画像提供:バルンバルンの森

2組限定でツリーハウスエリアにテントを張ることができます。
電源付きで車の乗り入れも1台までできるので、とても快適に過ごすことができるでしょう。

※2022年1月現在、ツリーハウスは改修工事中です。

ツリーハウス建て替えに伴うクラウドファンディングも2022年2月末まで行なっているので、是非ご確認ください!

今回宿泊したサイト

今回、私はこの星空満点フリーサイトの電源なしプランにて宿泊しました。
冬ということもあり、比較的空いていて広々とスペースを使うことができました。

テント設営後はこんな感じです。
テントはキャプテンスタッグの4人用テントを使いました。
6人~8人程度の比較的大きめなテントでも問題なく使用できると思います。

このキャンプサイトは開けているので、設営もしやすいですし、あたりを見渡しやすいです。
また地面も平坦なので、夜中に歩いて転倒するなどの心配がないので安心です。

次のページ:設備も素敵

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 たかと

キャンプに行って、自然の中で食べる美味しいご飯をお酒で流し込むのが大好きです!良い人生は良いキャンプから!福岡県在住。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ