【中国・九州編】2020年新たにオープンした注目のキャンプ場をご紹介!

こんにちは!
TAKIBI編集部のよねじぃです!

今年も12月…大詰めですね~!冬キャンプを楽しんでる方や来年のキャンプ計画を立て始めている方などもいらっしゃると思います。
「どこのキャンプ場に行こうかな?」「まだ行ってないキャンプ場に行ってみたい!」という西日本在住の方!今回の記事は必見ですよ~!
中国、九州エリアで今年オープンしたおすすめキャンプ場をお伝えしていきます!
前回、北海道・東北編と中部編もご紹介しているので、是非こちらも併せてチェックしてみてください。

【関連記事】
【北海道・東北編】2020年新たにオープンした注目のキャンプ場をご紹介!
【中部編】2020年新たにオープンした注目のキャンプ場をご紹介!

それでは、行ってみよ~!

中国、九州エリアの新規オープンしたおすすめキャンプ場5選

鳥取にちなんむら モクモクキャンプ(ふるさと日南邑内)

出典:鳥取にちなんむら モクモクキャンプ

施設概要

オープン月:2020年8月
営業期間:8月~11月 ※変更となる場合あり
利用時間:チェックイン 13:00~17:00、チェックアウト 9:00~11:00

料金
サイト料金:3,500円~
グランピング:25,000円~
ログハウス:23,000円~

駐車場:有/宿泊キャンプ予約者は駐車料金無料
車横付け:不可
公式サイトhttps://www.mokucamp.com/
アクセス:中国自動車道・新見ICより車で30分
住所:〒689-5662 鳥取県日野郡日南町神戸上2962−1

出典:鳥取にちなんむら モクモクキャンプ

鳥取にちなんむら モクモクキャンプは今年の8月にオープンした林間サイトが主体となっているキャンプ場です。
標高600mに位置しているため、星空満点で夏場の暑い時期でも涼しく過ごすことができる避暑地としても最適です。

出典:鳥取にちなんむら モクモクキャンプ
キャンプ場内にはドッグランも

フリーサイトの他に、ログハウスやグランピングも用意されているので手ぶらでキャンプもできます。これは初心者の方も安心ですね。
今年は11月末で営業終了していますので、来年の暖かい時期に是非行ってほしい、おすすめのキャンプ場です。

リバーパーク犬飼

出典:リバーパーク犬飼

施設概要

オープン月:2020年6月 ※リニューアルオープン
営業期間:通年営業
利用時間:チェックイン 13:00~18:00、チェックアウト ~12:00

料金
オートフリーキャンプサイト1区画あたり:1,000円 ※別途入場料あり
ログハウス1棟1泊あたり:10,000円~

駐車料金:有/駐車台数に限りがあるため、複数台で行く場合は要確認
車横付け:可/キャンプサイト 1,000円、オートバイ 200円(サイト外に無料駐車場有)
公式サイトhttps://rinukai.com/
アクセス:中九州横断道路・犬飼ICより車で約5分
住所:〒879-7305 大分県豊後大野市犬飼町田原714−33

出典:リバーパーク犬飼
出典:リバーパーク犬飼

リバーパーク犬飼は今年の6月にリニューアルし、オートサイトやドッグランサイト、ワンちゃんと泊まれるログハウスが用意されパワーアップしました。
場内には多目的グラウンドやサッカーコートがあるほか、申請すれば使用できるテニスコート、更にはBBQが楽しめる広場もある、スポーツ&アウトドアが融合した野遊び好きにはたまらない施設となっています。

キャンプサイトは芝生がメインなので設営もしやすく、経験の浅いキャンパーや犬連れキャンパーにも大人気です。

キャンプ&農園 玖珠の杜

出典:キャンプ&農園 玖珠の杜

施設概要

オープン月:2020年5月
営業期間:通年営業
利用時間:チェックイン 13:00~19:00、チェックアウト ~11:00

料金
芝生エリア/大人 1,100円、小人 700円(デイキャンプは大人 700円、小人 500円)
木漏れ日エリア/大人 1,500円、小人 800円(デイキャンプは大人 1,000円、小人 500円)
※ペット同伴は+300円
※小学生未満は無料

駐車場:有/20台程度駐車可
車横付け:可 ※1サイトにつき1台までの乗り入れ可(車:300円/台・泊、バイク100円/台・泊)
公式サイトhttps://kusunomori.com/
アクセス:福岡、北九州から車で約90分
住所:〒879-4521 大分県玖珠郡玖珠町 大字松信4098-16

出典:キャンプ&農園 玖珠の杜

キャンプ&農園 玖珠の杜は農業体験ができるキャンプ場です。

出典:キャンプ&農園 玖珠の杜

牧場跡をキャンプ場にしている為、新鮮で美味しい空気や水などの豊かな自然に囲まれています。

出典:キャンプ&農園 玖珠の杜

夜になれば美しい星々を観測できるほか、場内にある畑から収穫した野菜でBBQを楽しむこともできます。
また、キャンプ場周辺には温泉施設やカフェなども点在しているので観光拠点として利用するのもよさそうですね。

COMMON IDOE

出典:COMMON IDOE

施設概要

オープン月:2020年7月 ※リニューアル
営業期間:通年営業

利用時間
【グランピングサイト】
チェックイン 14:00~17:00、チェックアウト ~10:00

【持込区画サイト】
チェックイン 13:00~17:00、チェックアウト ~12:00

料金
【グランピングサイト】
グランピングサイト(定員/4名)※お食事の注文は必須のプランです。
2名まで 14,300円
1名追加毎 6,600円
小・中学生 1,500円
未就学児 無料
お食事(夕/朝)/(大人)4,730円 (お子様set)2,200円 /1人

グランピングサイト(定員/2名)※お食事の注文は必須のプランです。
2名まで 7500円
お食事(夕/朝)/(大人)4,730円 (お子様set)2,200円 /1人

【持込区画サイト】
2名以上 3,000円
ソロ(土日・祝祭日) 1,500円
ソロ(平日) 1,000円
入場料 大人500円/小学生250円(未就学児 無料)

駐車場:有/15台ほど駐車可能 ※宿泊者のみ
車横付け:可
公式サイトhttps://idoe.camp/
アクセス:関越自動車道 湯沢ICより約5km、車で約10分
住所: 〒861-4635 熊本県上益城郡甲佐町安平872−2

出典:COMMON IDOE
出典:COMMON IDOE

COMMON IDOEは旧井戸江峡キャンプ場を全面リニューアルし、今年の7月に新たにオープンしたキャンプ場です。
熊本市内から45分以内で自然豊かな環境へ行けるアクセスの良さ、綺麗なグランピングや程よく整地されたサイト、アメニティ設備の充実と高規格キャンプ場と呼ぶにふさわしい要素が揃っています。

Fukiagehama Field Hotel(吹上浜フィールドホテル)

出典:Fukiagehama Field Hotel

施設概要

オープン月:2020年9月
営業期間:通年営業
利用時間:チェックイン 15:00~20:00、チェックアウト ~11:00

料金
【トレーラーハウス】
2名/1棟 お一人様 16,500円~
3名/1棟 お一人様 14,500円~
4名/1棟 お一人様 13,500円~

【テント】
2名/1棟 お一人様 13,500円~
3名/1棟 お一人様 12,000円~
4名/1棟 お一人様 11,000円~

駐車場:有
車横付け:可
公式サイトhttps://ff-h.jp/
アクセス:鹿児島市内より車で40分
住所:〒899-2101 鹿児島県いちき串木野市湊町1丁目101

出典:Fukiagehama Field Hotel

Fukiagehama Field Hotelは9月にオープンした宿泊施設で、トレーラーハウスとグランピングにて手ぶらでキャンプ気分を味わうことができます。
ホテルと同等の設備が充実しているので、お子様連れや少人数グループでの利用などにもおすすめ!

出典:Fukiagehama Field Hotel

ワンちゃん同伴可能となっているので、愛犬と一緒にアウトドア気分を満喫することができます。

出典:Fukiagehama Field Hotel

また、少人数でキャンプファイヤーを楽しむことも!
ガス式のため、匂いや煙も少なく初心者の方も気軽にできます。

まとめ

中国・九州エリアの新規オープンしたキャンプ場をお伝えしてまいりました。
農業体験ができるキャンプ場や、手ぶらでキャンプ気分を味わえる宿泊施設、自然の中でのんびりできるキャンプ場などなど…それぞれの良いところが全面に出ているところばかりでしたね!
今回ご紹介したキャンプ場を参考に来年の春夏キャンプ計画を立ててみても良いですね。
今年もあとわずか!良いキャンプライフを送りましょう~!

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 よねじぃ

「歩く」「サイクリング」をこよなく愛するシティボーイ。 山に登れば自然とにやける姿は不審者の極み。 キャンプでは料理担当。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ