【三重県】キャンプinn海山|自然豊かで夏におすすめキャンプ場

こんにちは!
和歌山専属で情報をお届けしているけんけんです。
今回は番外編で三重県の【キャンプinn海山】さんにお邪魔しました。

近くを流れる銚子川のせせらぎを聞きながら、涼しい林間サイトで過ごす時間は本当に贅沢で、これからの季節にピッタリでした。

それでは、早速ご紹介します。

キャンプinn海山 施設情報

詳細
営業期間通年営業
利用時間チェックイン
オートキャンプ
13:00~17:00
コテージ
14:00~17:00

チェックアウト
オートキャンプ
コテージともに
8:00~11:00

デイキャンプ
10:00~16:00
料金施設利用料
大人1,000円
シニア・子供500円
※デイ利用は半額
※各種割引あり

リバーオートサイト
電源付
2,900~4,180円
電源無
2,400~3,660円
電源無・ラージ
4,500~7,000円

林間オートサイト
エム
1,900~2,380円
スモール
1,400~1,880円
※2泊目以降は
 500円割引

コテージ
横山(定員5名)
10,000~14,560円
平尾(定員5名)
11,500~16,080円
馬越(定員6名)
13,000~17,620円
魚飛(定員8名)
15,500~23,420円

炭火やきハウス
3時間(定員6名)
日帰り利用者
1,600~2,000円
宿泊者
800~1,000円

追加車両料金
デイ利用
500~1,000円
宿泊利用
1,000円

アーリー
チェックイン
(10時~)
レイト

チェックアウト
(16時まで)

それぞれ1,050円
※繫忙日は対象外
予約・電話予約
・WEB予約
消灯22:00~
車横付け
電話番号0597-33-0077
公式サイトキャンプinn海山
住所三重県北牟婁郡
紀北町便ノ山271

受付

まず、ゲートのインターホンで連絡をし中へ入ります。

受付はキャンプ場入口からすぐのセンターハウスで行い、車はすぐ前の駐車スペースに停めます。
まず、簡単なチェックインカードを記入し、支払いを済ませると場内MAP、許可証、ゴミ袋をいただけるのでチェックしましょう。

ちなみに、ゴミ袋が足らなくなった場合は、透明のものであれば使ってOKだそうです。

受付では、キャンプギアのレンタルや薪の販売もされていました。
薪を2束購入した際に量が若干少ない印象を受けましたが、使うと上質で長持ち!コスパ良好です。とても針葉樹とは思えないほどでした。1束で十分楽しめる量になっていると思います。

ちなみに、近くのスーパー「主婦の店」にもこれより量が多く安いものが置いておりましたが、含水率は分からないので迷ったらここで購入がおすすめです。

また、着火剤や焚き付け用の薪・ショート薪も販売してました。

サイト紹介

キャンプinn海山さんには、【林間オートサイト】【リバーオートサイト】の2種類のテントサイトがあります。それぞれ詳しくご紹介していきます!

林間オートサイト

まず、今回選んだ【林間オートサイト】は、「エム」「スモール」という2種類の規格のサイトが存在しており、それぞれの特徴を詳しくご説明致します。

その前にざっと概要だけご紹介します。

エム:全12区画あり、広さは5m×7mの砂地で1台分の駐車スペースがあり、電源はありません。定員は5名。
スモール:全18区画あり、広さは5m×5mの砂地で1台分の駐車スペースがあり、電源はありません。定員は4名。

サイトの広さ

私の選んだ林間サイト・スモールは、20m級のひのき林の中にある5m×5mの木枠で囲われたコンパクトな場所で、車は横付け可能です。
ソロやデュオ用のテント泊やハンモック泊であれば何ら問題なく設営できそうですが、ファミリー用のテントは難しい印象です。

水はけの良さ

地面が細かい砂利なので、水はけ良好で雨でも安心して利用できそうです。泥跳ねも少ないです。

ペグの刺さり具合

女性でも簡単にペグダウンできる印象です。撤収の際も苦労せずスムーズに行えると思います。
※個人差があるのでペグは丈夫なものに越したことはないです。

使用したペグ:DOD付属のネイルペグ

今回使用したテント

今回はDODのTCタープとTCテントの連結でコンパクトに仕上げてみました。
ちなみに巷で流行りの【マクラメ】をテントアイテムとして採用しましたが、タンカラーとの相性が抜群に良いのでめちゃくちゃ気に入ってます。

リバーオートサイト

銚子川に面したリバーオートサイトは、川遊びに最適な場所で山側と川側と2種類あります。
地面は細かい砂利敷きで固めなので、ペグは丈夫なものをご用意下さい。

山側の電源付きの区画は、10m×10mの広さでその中に1台分の駐車スペースがあります。
電源は2口ソケットで15Aまで使用可能です。定員は5名。
区画はロープで整備されています。

川側の電源無しの区画も同様、10m×10mの広さで解放感抜群です。
駐車スペースは区画内に完備されており、定員は5名。
こちらも区画はロープで整備されています。

川側には1区画限定で【ラージサイト】もあります。
サニタリー棟からは離れた立地ですが人数が多いときや、3世代で利用する時におすすめです。
広さは、18m×10mで2区画分あります。車2台駐車可能で、定員は8名。

芝生広場

また、リバーオートサイトの中央には細長いラグビーボールのような形の広場があります。
ここは軽いボール遊びや憩いの場所として使うことが出来ます。ただし、テーブルやイス・ハンモックといったギアを設置することは禁止となっているので注意しましょう。

コテージ

5つのタイプのコテージがあり、5人用から8人用まで幅広い層が楽しめる作りとなっています。それぞれの簡単なご紹介をします。

5人用コテージ【横山】:キッチン、トイレ(ウォシュレット付き)、シャワー完備
5人用コテージ【平尾】:キッチン、トイレ(ウォシュレット付き)、お風呂完備
6人用コテージ【馬越・2階建】:キッチン、トイレ(ウォシュレット付き)、お風呂完備
6人用コテージ【馬越・バリアフリー】:キッチン、トイレ(ウォシュレット付き)、お風呂完備
8人用コテージ【魚飛】:キッチン、トイレ(ウォシュレット付き)、お風呂完備

詳しくはこちらをご確認下さい。

次のページ:水回り設備が集約されていて便利!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 けんけん

愛車のJEEPに乗り、DODをこよなく愛する元キャンプ場オーナーです。大好きな和歌山からアウトドア業界を盛り上げます。

資格 キャンプインストラクター

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

【佐賀県】広川原キャンプ場|高コスパの湖畔キャンプ!
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

【佐賀県】広川原キャンプ場|高コスパの湖畔キャンプ!

佐賀県嬉野市にある、広川原キャンプ場は九州では珍しい湖畔のキャンプ場です。山中の森の中にあるため、平地より涼しく過ごせます。嬉野市の経営で、…

キャンプにあると便利!焚き火台の選び方とおすすめ10選
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプにあると便利!焚き火台の選び方とおすすめ10選

キャンプの醍醐味として人気が高い焚き火を安全に楽しむためには、焚き火台を使用するのがおすすめです。 しかし、アウトドアブームの再来によ…

関東エリアで見つかる料金が安いグランピング施設18選!お得にアウトドアを満喫しよう
キャンプ場紹介【関東】

関東エリアで見つかる料金が安いグランピング施設18選!お得にアウトドアを満喫しよう

手軽に豪華なグランピングを楽しみたいけれど、価格が少し高いと悩むこともあると思います。しかし、グランピングの利用方法や場所によって価格帯は様…

夏キャンプに最適!ポータブルクーラー選びで注目したい6つのポイント
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンプに最適!ポータブルクーラー選びで注目したい6つのポイント

ポータブルクーラーは、車中泊やキャンプなどアウトドアシーンで活躍するアイテムです。テントにはもちろん冷房はありませんし、車中泊をする際もずっ…

マリンシューズやサンダルがAmazonで安い!水遊びの強い味方
ファッション

マリンシューズやサンダルがAmazonで安い!水遊びの強い味方

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

九州・沖縄でグランピングを満喫!おすすめ施設29選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

九州・沖縄でグランピングを満喫!おすすめ施設29選

九州・沖縄には豊かな自然を活かしたキャンプ場やグランピング施設が点在しています。中には個性あふれる施設も揃っており、家族や恋人、友人同士で満…

新着記事一覧へ