キャンプのおすすめの楽しみ方!自分に合ったスタイルで楽しもう

投稿日:2021年6月27日 | 最終更新日:2021年8月18日

本記事は一部にプロモーションを含みます

街並みから外れ、自然あふれる大地で楽しむキャンプには様々なスタイルがあることをご存知でしょうか?
本記事ではキャンプのおすすめの楽しみ方として、様々なスタイルをご紹介していきます。
複数のスタイルから選べることもキャンプの魅力ですし、自分に合ったスタイルが分かることでより楽しめるキャンプになるので、ぜひ最後までご一読ください。

初心者におすすめ!オートキャンプの楽しみ方

初心者におすすめ!オートキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

オートキャンプは、様々なキャンプギアを持っていき楽しみたい人にうってつけです。
初心者にも利用しやすいオートキャンプの特徴からまずはご紹介していきましょう。

オートキャンプとは

オートキャンプとは
出典:PIXTA

オートキャンプというのは明確な定義があるわけではないのですが、一般的に自動車を使用したキャンプ全般を指しています。
オートキャンプ場ではキャンプサイトに自動車も駐車することが可能です。
自動車に積んだキャンプ道具をテントまで運べるほか、車内でそのまま宿泊する車中泊も可能になっているのが特徴と言えます。

もちろんテントで宿泊するのもOKなので、キャンプの楽しみ方の幅も広がるでしょう。

オートキャンプの楽しみ方

オートキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

オートキャンプでは大きなテントを自動車に詰め込み、開放的な自然の中でキャンプを満喫したり、たくさんの調理器具を持参して通常のキャンプではできない本格的な料理を楽しんだりできます。

他にもカヌーやカヤックといった自然豊かなキャンプ地ならではのアクティビティも用意されている場合が多いです。アクティビティに必要なアイテム・服などを持ち運びやすい点もオートキャンプならではのメリットでしょう。
また、近隣施設に行く際も自動車があればスムーズになります。

オートキャンプを選ぶポイント

オートキャンプを選ぶポイント
出典:PIXTA

サイト周辺でアクティビティが楽しめる場所を探したり、自動車で普段は行けない遠くのオートキャンプ場に足を運んでみたりなど、様々なキャンプサイト選択が可能です。
オートキャンプ場の多くは指定された区画サイトの中に自動車を停めてキャンプを行うのが一般的となっています。

場所によっては区画が狭い場合もあるので、しっかりと区画の広さを確認してから予約すると良いでしょう。
おすすめなのはフリーオートキャンプができるサイトです。フリーオートキャンプは区画の制限がなく、開放的なキャンプを実現してくれます。
ただし、混雑する時期には場所の取り合いになるので注意しましょう。

オートキャンプを楽しむ時のマナー

オートキャンプを楽しむ時のマナー
出典:PIXTA

オートキャンプ場の多くはルールが設定されており、利用者はきちんとルールを守ってキャンプを楽しむ必要があります。
また、キャンプでもマナーは忘れてはいけません。多くの人は自然を満喫するためにキャンプへ訪れます。

自然を壊したり、自然ならではの静けさを台無しにしたりする行動は止めましょう。
発電機の音やエンジン音は騒音トラブルを招きやすいので、注意して使用してください。
夜の話し声もなるべくトーンを下げるようにしましょう。

気軽に楽しみたい人におすすめ!デイキャンプの楽しみ方

気軽に楽しみたい人におすすめ!デイキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

キャンプでいきなり宿泊するのに抵抗がある方は、デイキャンプがおすすめです。
デイキャンプは初めてキャンプをする人にも適しており、気軽に楽しめることから多くのキャンパーがデイキャンプからデビューしています。

デイキャンプとは

デイキャンプとは
出典:PIXTA

デイキャンプは日帰りで楽しむキャンプを指します。宿泊しないデイキャンプでは、着替えや食料といった荷物が最小限で済みます。
また、寝泊まりするテントや寝袋も揃える必要がないので、手軽に行えるのが特徴的です。
そのためキャンプ初心者や小さな子ども連れの方には最適なキャンプと言えるでしょう。

デイキャンプを通してどういったギアが必要になるのか、そして基本的な流れやスケジュールなど、実践を通して確認できるようになっています。

デイキャンプの楽しみ方

デイキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

本格的なキャンプに向けて慣れたい時、デイキャンプは最適です。
テントの設営から料理、片付けなどキャンプの楽しみ方を一通り体験できます。
また、キャンプの楽しみ方も自由度が高く、BBQや本格的な料理を楽しんだり、キャンプサイト付近の川で水遊びや釣りを楽しんだりと、宿泊のための準備に時間を割かないからこそできる楽しみがたくさんあります。

せっかく大自然を満喫しに来たのですから、アクティビティや自然散策、風景を眺めるなど、自然に触れる楽しみ方をするのがおすすめです。

タープやテントはあった方がいい

タープやテントはあった方がいい
出典:PIXTA

デイキャンプでは宿泊しないため、テープやテントは必要ないだろうと考える方は多くいます。
ただし、日よけや雨よけにもなるタープやテントがあると、より優雅で非日常的な時間を楽しむことができるでしょう。
また、タープやテントがあることで、炎天下による熱中症の防止に役立つなどのメリットも大いにあるため、持ち込んだ方が良いと言えます。

デイキャンプを予行練習として本格的なキャンプに挑みたい方は、タープやテントの設置方法をこの場で知っておけるというメリットもあります。

デイキャンプに最適なキャンプ場を選ぶポイント

デイキャンプに最適なキャンプ場を選ぶポイント
出典:PIXTA

デイキャンプ場は全国各地に設置されており、炊事場付きやテントがレンタルできるキャンプ場などもあります。
ただし利用時間に注意が必要で、宿泊を行わないからこそ時間に限りがあることを覚えておきましょう。

また、アクティビティを楽しむことに重視したい方は、たくさんの荷物を自動車に乗せてそのまま駐車できるオートキャンプ場の方が適しているかもしれません。
楽しみ方によってキャンプ場を選んでいきましょう。

リフレッシュにおすすめ!ソロキャンプの楽しみ方

リフレッシュにおすすめ!ソロキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

トレンドキャンプの一つに挙げられていたソロキャンプも、今では一つのスタイルとして確立しています。
ソロキャンプならではの楽しみ方も知っておきましょう。

ソロキャンプとは

ソロキャンプとは
出典:PIXTA

ソロキャンプは一人で楽しむキャンプのことを指します。
一人でのびのびと優雅なひと時を満喫することができ、日常生活では味わえない静かな暮らしを求めている方にはピッタリのスタイルです。

究極のおひとり様空間が楽しめるソロキャンプでは、他の人に縛られず気ままに行動できるのが魅力となっています。
一人でも大きなテントで寛ぐのもOKですし、料理器具を持ち込まずお弁当で済ませるなど、自分ならではの自由なキャンプ時間を楽しめるでしょう。

ソロキャンプの楽しみ方

ソロキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

ソロキャンプは1人だからこそ料理にこだわったり、大自然の中で読書や散歩、サイクリングなどを楽しんだりと、多くの選択肢があります。
自由な楽しみ方が多くのソロキャンパーを誕生させている理由で、時には同じソロキャンパー同士交流を深めることもあります。

ソロキャンプの時間は常に自分一人です。
しかし、実際キャンプを行っている時は寂しさも感じません。
誰にも束縛されない時間と自由で自己欲求が満たせる空間は、何物にも代えられないひと時を与えてくれるでしょう。

ソロキャンプを楽しむ時のマナー

ソロキャンプを楽しむ時のマナー
出典:PIXTA

一人しかいないからといって、ソロキャンプにマナーがないわけではありません。
ソロキャンプは一人で準備や片付けを行う必要があるため、ごみの後始末を怠る方が多くいます。
ごみは自然環境を汚すほか、キャンプサイトのロケーションを悪化させることにもつながります。
面倒でも自分一人でごみの後始末はきちんと行うようにしましょう。

また、大音量で音楽をかけたり、いつまでもランタンを明るくしていたり、食事後の片付けをいつまでも放置したりなど、自由度が高くなる分周りのキャンパーに迷惑を与えかねない行為は行わないように気を付けてください。

特別なキャンプを楽しみたい!コテージキャンプの楽しみ方

特別なキャンプを楽しみたい!コテージキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

コテージキャンプは自然的な要素と、ホテルや民宿に宿泊するような要素の2つを掛け合わせたスタイルです。
家族連れや女性からの人気が高いコテージキャンプの魅力をご紹介していきましょう。

コテージキャンプとは

コテージキャンプとは
出典:PIXTA

コテージキャンプはコテージに寝泊まりするキャンプを指します。
通常テントで寝泊まりするキャンプがコテージへの宿泊となるので、手持ちの荷物が多く省けるという特徴が挙げられます。

テントを用意していない人でも気軽に楽しめますし、コテージならキッチンや浴室、トイレが備わっているため、小さな子どもや女性も安心して1日を過ごせるでしょう。夏の厳しい日差しや少し肌寒い時期でも楽しめるメリットが、コテージキャンプにはあります。

コテージキャンプの楽しみ方

コテージキャンプの楽しみ方
出典:PIXTA

コテージキャンプではテントの設営が必要ないため、コテージ内でのパーティーやアクティビティ、散歩など、楽しみに時間を割くことができます。
コテージの中には屋根付きテラスが備わっていることもあり、雨の日でもBBQが楽しめるので雨季でも気軽にキャンプが楽しめるでしょう。

また、コテージがあることでキャンプ道具を持っていなくてもキャンプ気分を存分に味わえます。テントの設置は面倒だし、多くの荷物は持っていけないという方は、コテージキャンプが非常におすすめです。

コテージ選びのチェックポイント

コテージ選びのチェックポイント
出典:PIXTA

コテージキャンプで重視すべきなのはコテージの設備内容です。
コテージにはキッチンが設置されていますが、場所によっては冷蔵庫や電子レンジといった便利な家電まで用意されているところもあります。

また、BBQ用のテラスがあったりグリルが付属していたりする場合もあるので、荷物がかさばらないよう、用意されているアイテムをよく確認しておくのがおすすめです。
浴室・トイレ付きもコテージの特徴なのですが、和式トイレだと小さな子どもが怖がってしまう可能性があるので、こちらもよく確認しておきましょう。

コテージの設備に応じて必要な道具を用意することも大切なポイントです。

初心者にも大人気!グランピングの楽しみ方

初心者にも大人気!グランピングの楽しみ方
出典:PIXTA

海外で普及したグランピングも、今では日本の多くの場所で楽しめるようになりました。
雰囲気重視のグランピングでは、どのようなキャンプが楽しめるのでしょうか?SNSでも人気を集めるグランピングについてぜひ知っておきましょう。

グランピングとは

グランピングとは
出典:PIXTA

グランピングはリゾート感覚で楽しむキャンプを指します。「優雅な」という意味を持つglamorous(グラマラス)と、camping(キャンピング)を合わせた言葉がグランピングであり、ラグジュアリーな空間で大自然を満喫できます。
グランピングではキャンプグッズ一式がサイトに揃っているため、利用者は何も持っていく必要はありません。

また、食事の準備や片付けまで基本的には全てスタッフが行ってくれるので、ホテルライクな優雅なひと時を楽しめるようになっています。
場所によっては自分たちでBBQを楽しめる場所や、豪華な食事付きのプランを用意しているところもあります。

グランピングのスタイルは様々!

グランピングのスタイルは様々!
出典:PIXTA

グランピングには様々なスタイルがあります。
テントタイプやコテージ、トレーラーハウスなど、キャンプの宿泊施設の違いによって色んな楽しみ方ができます。
グランピング施設はどの場所もラグジュアリー空間を意識して作られているため、テントも豪華なものが多く、コテージもコテージキャンプ以上の設備が整っている傾向にあります。

キッチンや浴室、トイレはもちろん、ベッドや冷暖房、さらに個室も複数あって豪華なホテル並みの設備が特徴的です。ぜひお好みのスタイルを選んでみましょう。

グランピングの楽しみ方

グランピングの楽しみ方
出典:PIXTA

グランピングでは何も持たずにキャンプが楽しめるため、すぐにアクティビティに参加したり、落ち着きのある自然ならではの優雅な時間を楽しめたり、と楽しみ方が豊富です。
施設自体が充実したものになっているので、ホテル感覚で利用してみるのも良いでしょう。

荷物が少ないので帰りに観光ができるなど楽しみも作れる点や、他のキャンプよりも快適になりやすい点などから、女性やファミリー世帯から多く支持されています。

キャンプでおすすめの楽しみ方まとめ

キャンプでおすすめの楽しみ方まとめ
出典:PIXTA

今回は様々なキャンプスタイルと、各スタイルの楽しみ方や注意点についてご紹介してきました。
キャンプは初心者だと必要なアイテムを揃えたり、テントやテーブルなどのギアの組み立て方を理解したりと、実践するまでの準備が少し大変です。

その面倒を少しでも解消してくれるキャンプスタイルは多くありますし、初心者にも便利に利用できるスタイルも存在しています。
気軽に一人で楽しめるソロキャンプも十分に魅力的なのでぜひチャレンジしてみてください。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選
キャンプギア・キャンプ用品

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選

年に1度のAmazonプライムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…
キャンプ場紹介【関東】

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…

「丸沼高原キャンピングバレイってどんなところ?」「群馬県でおすすめのキャンプ場はどこだろう?」「家族で楽しめるキャンプ場が知りたい!」 …

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選
キャンプギア・キャンプ用品

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選
キャンプギア・キャンプ用品

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

新着記事一覧へ