それぞれのキャンプ場によって特徴が?押さえておきたいポイント♪

本記事は一部にプロモーションを含みます

投稿日:2019年6月12日 | 最終更新日:2021年8月18日

6月に入り、いよいよ梅雨の季節ではありますが、これから夏場に向けてキャンプのトップシーズンとなっていきます。これからキャンプを楽しむぞという方も多くいらっしゃると思います。皆さんの中には、今年からキャンプを始めるという方もいらっしゃると思います。

私がキャンプを始めたのは、12年前の2008年。私の初キャンプは、娘の幼稚園のパパの会主催のグループキャンプでしたので、先輩キャンパーや周りの人々に助けていただき、初キャンプを行なうことが出来ました。

最初は、キャンプ道具の名前もわからなかっただけに、この時ばかりは、本当に仲間のありがたさを感じた瞬間でした。

キャンプをやってみたいけど、なかなか一歩踏み出せない方の理由には、「やり方がわからない、道具は何を揃えたらよいのかわからない」という点があるように感じています。

そこで今回は、「キャンプ場によって特徴が?押さえておきたいポイント」というタイトルで、キャンプ場予約、キャンプ場での設営についてお伝えしたいと思います。

最近は、キャンプは、テレビや雑誌はもちろん様々なところで取り上げられ、第二次キャンプブームと言われています。ちなみに第一次キャンプブームは1990年代なので、その頃がどんな状況だったか私は知りませんが、このブームの中でキャンプ場は一杯で予約もとりにくい状況となっていますので、押さえておきたいポイントを参考にいただければ幸いです。

キャンプ場を決める

まず、当然の話ですが、キャンプ場を決めなくてはなりません。でも、どの辺が良いのか、どのキャンプ場が良いのか、わからない場合があると思います。私自身は、勝手にキャンプ場を選ぶ際のポイントは、「距離」、「目的」、「ルール」、「サイト立地」、「設備」があるのではないかと考えています。そこで、そのポイントについて、お伝えをしていきたいと思います。

「距離」(キャンプ場までの距離)


出典:PhotoAC

キャンプ場を決めるにあたって「距離」について、少し考えてみたいと思います。せっかくキャンプのするのだから、自然豊かな環境でアウトドアを楽しみたいと考えるのは当然ですが、距離は重要なポイントと考えております。なぜならば、キャンプは①準備・片付けに時間を要すること、②到着時間は読めるほうが良いことの2点が挙げられます。

キャンプの準備は、車に搭載するまでに時間を要しますし、帰宅後は、キャンプ道具の片づけに相当の時間を要します。また、キャンプ場はチェックイン開始時間が決まっています。

その時間を目指そうとしても、距離が遠いとその通りにならないケースが出てきますので、時間の読めるキャンプ場選びをすることをおすすめします。

特にこれからキャンプを始められるかたは、まずは計画的に行動できるキャンプ場選びをされたほうがよいと考えています。

「目的」(何を楽しむためのキャンプか?)

キャンプをする目的は、皆さん、各々違っていると思います。家族そろっての夏キャンプであれば、水遊びを楽しみたいや、レジャーを堪能したいなどがあると思います。私の場合、富士山を見るため、渓流を楽しみたいなどが目的だったりします。キャンプ場は、海、山、川、湖など、様々な立地にありますので、自分の目的に合致したキャンプ場を選ぶようにしましょう。また、キャンプ場には、遊具や釣り堀、動物など、子供から大人まで楽しめる施設があります。事前に下調べをしてキャンプ場に行くようにしましょう。

「ルール」(キャンプ場の決まり事)


出典:PhotoAC

キャンプ場選びをする際、是非とも、押さえていただきたい点は、キャンプ場のルールを理解しておくことだと思います。特に押さえておきたいポイントは以下の点となります。

①予約

予約に際して、まず押さえておきたいのは、いつから予約ができるかを確認しておきましょう。キャンプ場により予約開始時期が違っていますので、その情報を基に予約をするようにしましょう。また、予約方法も電話やネット予約などキャンプ場により異なりますので確認しておきましょう。また、予約も各々でしか予約できないや3組までなど、違ってきますので、キャンプ場に問い合わせるなどして確認するようにしていきましょう。

②チェックイン、チェックアウト


出典:PhotoAC

キャンプ場でのチェックイン、チェックアウトは、キャンプ場により違っていますので事前に確認したうえで、自分は何時に到着するのか?を決めるようにしましょう。特にサイトが事前に決まっていないフリーサイトの場合は、自分が設営したい場所に設営するためには、到着時間を定めるようにしましょう。

また、チェックアウトも早いキャンプ場は10時、遅いキャンプ場で16時など、かなり違いがあります。チェックアウトは、サイト撤収に時間を要しますので、計画的に片づけができるようにしたいですね。また、チェックインは、ハイシーズンは早くなるなどのキャンプ場もありますので、しっかりと確認をしておきましょう。

次のページ:やはり下調べは大事??

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 びあ・ぷりーず

アウトドアライフに目覚め、自然の中で過ごすキャンプ場、ギア、景色など、私が自信を持っておすすめできる情報をお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

【CAPTAIN STAG】夏キャンプに備えよう!プライムセール対象のキャプテンスタッグ商品9選
キャンプギア・キャンプ用品

【CAPTAIN STAG】夏キャンプに備えよう!プライムセール対象のキャプテンスタッグ商品9選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選
キャンプギア・キャンプ用品

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選

年に1度のAmazonプライムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…
キャンプ場紹介【関東】

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…

「丸沼高原キャンピングバレイってどんなところ?」「群馬県でおすすめのキャンプ場はどこだろう?」「家族で楽しめるキャンプ場が知りたい!」 …

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選
キャンプギア・キャンプ用品

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選
キャンプギア・キャンプ用品

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

新着記事一覧へ