【HILLEBERG】アナリス|ユーザー目線で魅力を徹底解説!

キャンプブームでHILLEBERG(ヒルバーグ)のテントを購入される方が増えていますね。
みんな持っているとなんだか気になってきてしまいます。
しかし、ヒルバーグのテントは普通のテントの倍以上の値段がするので、買うのには少し勇気がいりますよね。
今回は、ヒルバーグの中でも比較的手にしやすい価格の「ANARIS(アナリス)」というテントをご紹介します。

アナリスのスペックや特徴、5回使ってみたリアルな感想も詳細にお伝えするので、ヒルバーグのテント購入を迷っている方のお役に立てるかもしれません。
テントとしての使い方だけにはとどまらない、ヒルバーグ・アナリスの魅力が詰まった記事になっています。ぜひご覧ください。

ヒルバーグ・アナリスのスペック

まずは、ヒルバーグアナリスのスペックをご紹介します。

[HILLEBERG(ヒルバーグ)] アナリス サンド 12770204116000

詳細
サイズ<使用時>
(約)
幅290cm
奥行220cm
高さ125cm
総重量1.4kg
収容人数2人
構造非自立式
ダブルウォール
素材<アウターテント>
Kerlon 1000 20D
ハイテナシティ
リップストップナイロン
両面100%シリコン加工
耐UV加工
引裂強度:min.8kg
耐水圧:5,000mm

<インナーテント>
10D
リップストップナイロン
耐久撥水加工(DWR)

<インナー フロア>
50Dナイロン
ポリウレタン2層コート
耐水圧12,000mm
付属品スタッフバック
ガイロープ
YペグUL×12本
ペグバッグ
価格88,000円(税込)
公式サイトHILLEBERG
ANARIS
[HILLEBERG(ヒルバーグ)] アナリス サンド 12770204116000

[HILLEBERG(ヒルバーグ)] アナリス サンド 12770204116000

88,000円(09/25 21:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
セット内容

私は100円ショップのゴムバンドでテントを丸めて止めています。
6,000円相当のペグも12本セットで販売されているのでなんだかお得な気分です。

ペグ+ペグバッグの重さ

ヒルバーグのテントは「レーベルシステム」によってレベル分けされています。
アナリスは「イエローレーベル」に属するテントで、日本でのキャンプシーンにぴったりなスペックのテントです。
イエローレーベルは、安全な地形、温暖な環境、雪がない場所を想定した軽量化最優先のテントとなっています。

トレッキングポールでの設営ができるので、登山のテント泊にぴったりなところに魅力を感じて購入を決めました。

ヒルバーグのレーベルについては「ヒルバーグテントおすすめ10選!レーベルや用途別に特徴を紹介するよ」の記事で詳しく解説しているので、こちらを参考にすると良いかもしれません。

アナリスの特徴

アナリスの特徴は大きく4つです。

・ポールの付属なし!トレッキングポールや木で設営
・ヒルバーグ独自素材ケルロンだから10年以上劣化知らず!
・春夏秋3シーズン用で通気性がいい!
・フライのみでタープとしても使える!

それぞれ詳しくご紹介します!

ポールの付属なし!トレッキングポールや木で設営

木の枝で設営

アナリスは、フライシートとインナーテントだけがセットになっていてポールは付属していません。設営には登山用のトレッキングポールを使います。
もしトレッキングポールが無くても、木の枝でポールの代用ができますよ!
実際に私がポールを忘れた時には、木の枝を拾って設営しました。

ヒルバーグ独自素材ケルロンだから10年以上劣化知らず!

フライシート内側

テントの生地にはヒルバーグ独自のKerlon(ケルロン)という生地が使用されています。

このケルロンの特徴は、
・引き裂き強度が強い(一般のテントの2-3倍)
・ポリウレタンコーティングがされていない
という点です。

ヒルバーグ社の中で一番ランクが低いイエローレーベルのアナリスでも、一般のテントと比べると2〜3倍の引き裂き強度があると公式HPで確認できます。

ポリウレタンコーティングがされていないため、軽量でかつ加水分解による生地の劣化が起こりにくいことも特徴です。
一般のテントは防水加工のためにポリウレタンコーティングされていることがほとんどで、使い方によっては3年の命なんてこともあります。
末長くテントを使っていきたいと考えていた私にとって、ヒルバーグのテントは最適な選択肢でした!

春夏秋3シーズン用で通気性がいい!

2面メッシュの様子

アナリスはイエローレーベルで雪の中の使用は想定されていない構造です。
そのためフライシートと地面の隙間が広く、インナーは前後2面がメッシュで風通しが良いことが特徴です。逆に言うと、気温が低い秋〜冬の使用は寒く感じます。

フライのみでタープとしても使える!

フライシートだけでタープとして設営

アナリスはただテントとして使えるだけではありません!
インナーテントを外すとフライシートだけでタープのように使うことができます。
ポールの高さは130cm近くまで伸ばすことで、女性2人がローチェアを入れて座っても快適に過ごせる広さになりますよ!

フライシートのみの重さ

フライシートのみで640gとツェルト(登山の緊急用シェルター)とほぼ同等の重さなので、登山のお供に気軽に持って行けちゃいます!

次のページ:いざ組み立て!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 maka

キャンプ、ボード、外遊びの楽しいこと大好き!!一生わくわくしてた〜〜い!

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ