Snow Peak(スノーピーク)の魅力と人気キャンプ用品15選

国内には様々なアウトドアブランドがあります。
多くのキャンパーさんは、自分の好きなブランドのキャンプ用品を一式揃えたり、好きなデザインを選んでサイトコーディネートを楽しんでいると思います。
そんな数あるブランドの中でも特に国内外で人気を集めているのが、Snow Peak(スノーピーク)です。

今回、スノーピークが人気の理由や魅力を解説!
後半ではスノーピークの人気キャンプ用品も紹介しますので乞うご期待!

Snow Peak(スノーピーク)とは

出典:PIXTA

スノーピークは“ものづくりのまち”として知られる新潟県燕三条で誕生したアウトドアブランドで、創業者である山井幸雄さんが金物問屋として立ち上げたのが始まりです。
登山家でもあった山井さんは自分が欲しいと思うものを作ろうと、オリジナルの登山用品を開発していきました。

現在会長を務めている山井太さんも父の信念を受け継ぎ、職人の技術を重視した高品質なキャンプギアづくりに取り組んでいます。
これまで見られなかったアイテムを次々と生み出していき、オートキャンプブームを牽引していったのです。
2018年に創立60周年を迎えたスノーピークは、これまでと同様職人の技術とものづくりへの情熱をベースに魅力的な商品を世に送り続けています。

Snow Peak(スノーピーク)が人気の理由

出典:PIXTA
スノーピークランドステーション白馬

スノーピークの人気には様々な理由があります。

ユーザー目線の高品質な製品

スノーピークの製品はどれも高品質なものばかりです。
高品質なものづくりには、創業者から受け継がれている「ユーザーの立場に立った製品開発」「現場での仮説・検証の繰り返し」が大きく影響しています。

ユーザーを理解する大切な機会「Snow Peak Way」

スノーピークは1998年から「Snow Peak Way」というイベントを実施し、全国各地の会場でスノーピークのギア開発者と参加者が同じ焚き火を囲みます。
このイベントを通し、直接参加者から製品の感想や要望を受け取り、製品開発に活かしているのです。

ものづくりのあらゆる工程で行われる「試行錯誤」

また、製品づくりではコンセプトから設計、プロトタイプの製作、量産、製品化するまでのすべての工程で仮説と検証を繰り返します。
何度も仮説と検証を繰り返していくことで、確かな品質のスノーピーク製品が誕生するのです。

完全国内生産のこだわり

スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク30(6本セット) R-103-1

スノーピーク製品はすべて“完全国内生産”というこだわりがあります。
国内生産にすることで確かなクオリティを確保。スノーピーク製品は安心・安全に使用することができることはもちろん、長く愛用できるのも人気の秘密です。

クオリティの高さを感じさせるスノーピークギアの代表例に「ソリッドステーク」というペグがあります。
「アウトドアブランド最強のペグ」とも言われ、アスファルトを貫通するほど。
その秘密は日本伝統の鍛造製法にあり、高温で熱した鋼を叩いて作られているからです。
日本の職人技術が、スノーピーク製品のクオリティを支えているといっても過言ではありませんね。

海外からの評価も高いデザイン性

スノーピークの製品はどれもシンプルながら洗練されたデザインが印象的です。
国内外を問わず多くの企業・デザイナーが参加する「グッドデザイン賞」やファブリックメーカーPolartec社が手掛ける「Polartec Apex Award」なども受賞しており、海外でも認められています。

安心の永久保証

スノーピークの製品にはどれも保証書が存在しません。
その理由は、全製品が永久保証の対象だからです。

経年劣化による故障や使用状況による激しい損傷などで修理が難しい場合もありますが、一つひとつ丁寧に修理してもらえます。
また、修理以外にもアフターサービスとしてシュラフクリーニングやテント乾燥サービスも手掛けています。

このように、スノーピーク製品を長く愛用するためのサービスがしっかり用意されているのも人気の秘訣!
そんなスノーピークで人気のあるキャンプ用品とはどのようなものがあるのでしょうか?

次のページ:スノーピークの人気キャンプ用品を紹介!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

キャンプ一回あたりで使うお金はいくら?スタイル別で見えたキャンパーの懐事情

キャンプ一回あたりで使うお金はいくら?スタイル別で見えたキャンパーの懐事情

キャンプは「テントや焚き火台などのキャンプ用品を買いそろえれば終わり」だけでなく、当然のことながら「キャンプ場に行って、テント泊をする」にも…

運搬・収納どんとこい!Amazonタイムセールでケース、ボックス、コンテナなどが安い!

運搬・収納どんとこい!Amazonタイムセールでケース、ボックス、コンテナなどが安い!

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

【栃木県】塩原グリーンビレッジ|冬でも安心してファミキャンできる高規格キャンプ場

【栃木県】塩原グリーンビレッジ|冬でも安心してファミキャンできる高規格キャンプ場

こんにちは。今回は塩原グリーンビレッジで冬キャンプをしてきました。「冬キャンプは寒くてちょっと…」と考えているファミリーキャンパーさんも多い…

【ogawa】全天候型テント「アポロン(Apollon)」の通気性に感動

【ogawa】全天候型テント「アポロン(Apollon)」の通気性に感動

こんにちは。TAKIBI編集部です。 今回の動画は、ogawaのテント「アポロン(Apollon)」の設営&使用動画です。 …

Amazonタイムセール「スポーツ&アウトドア」以外のカテゴリーからキャンプで使えるものを…

Amazonタイムセール「スポーツ&アウトドア」以外のカテゴリーからキャンプで使えるものを…

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

【福岡県】池の山キャンプ場|九州が誇る星空展望台!

【福岡県】池の山キャンプ場|九州が誇る星空展望台!

福岡県八女市星野村にある池の山キャンプ場に行ってきました。このキャンプ場は星のふるさと公園内にあり、澄んだキレイな湖畔の周りを囲むようにサイ…

新着記事一覧へ

  • Campify