【DOD】「いつかのタープ」でタープデビューしよう!オールインワンだから初心者でも安心

いつかやろうを今やろう。「いつかのタープ」はそんな思いを叶えてくれるヘキサタープです。初心者でも使いやすい設計になっており、「いつかのタープ」でタープデビューするキャンパーも少なくありません。何を隠そう私自身がそうなのだから!

今回はタープ初心者(筆者)によるタープ初心者のためのタープ紹介です。DOD「いつかのタープ」を詳しくご紹介します。

「いつかのタープ」 のおすすめポイント
・ポールやペグ、ロープなど設営に必要な道具が揃っている
・タープとしての性能も必要十分
・ひとりでも設営可能

「いつかのタープ」 の気になるポイント
・ポリエステルなので火の粉に注意

DOD「いつかのタープ」のスペック

「いつかのタープ」は大人気アウトドアブランドDODから2019年に発売されました。発売から2年以上経った今もなお、人気の商品として君臨しています。

「いつかのタープ」のスペックは以下の通りです。

DOD(ディーオーディー) いつかのタープ はじめてでも扱いやすい ベーシックな ヘキサタープ オールインワン...

サイズ:(約)W420×D410×H230cm(付属ポール使用時)
収納サイズ:(約)W67×D14×H14cm
重量(付属品含む):(約)5.4kg

材質
生地:150Dポリエステル(PUコーティング)
ポール:スチール

最低耐水圧:2,000mm
UVカット:UPF50+
カラーバリエーション:タン、カーキ、ブラック
付属品:ペグ×8、ロープ×8、ポール×2、延長ベルト、キャリーバッグ

参考価格:10,700円(税込)
商品ページDOD いつかのタープ タン

DODのタープはもちろんDODのテントとの相性もぴったり!是非一緒に検討してみて下さい。
TAKIBI内でもいくつかDODテントが紹介されています。
記事はこちら↓
ムシャテント
ワンポールテントM
カマボコテント3M
ショウネンテントTC

「いつかのタープ」のおすすめポイント

初心者にもおすすめできるそれなりの理由があります!
おすすめのポイントを3つご紹介します。

これひとつで設営できる!オールインワンな商品

一般的にはタープとポールは別売りの場合が多いです。初心者にとっては、「どれ買えばいいか分からーん、誰か教えて~」状態。
しかし、「いつかのタープ」にはポールやペグ、ロープなど、設営に必要な道具がすべて入っているんです!さらにこれだけ揃っているにも関わらず、1万円前後で購入できちゃうところが素晴らしい!
素晴らしすぎて、「DODさん、こんなにサービスして大丈夫!?」と心配してしまいます。

耐水性、遮光性も十分

最低耐水圧2,000mm。これは生地の上に1cm四方の筒を置いてその中に水を入れたとき、水が生地から染み出してきた時の数値です。

最低耐水圧2,000mmは200cmの水に耐えたということ。つまり、大雨が降っても大丈夫ということです!

次は遮光性。遮光率90%ということで、強い日差しでも影を作れます。UVカットは最高値のUPF50+。紫外線から肌を守ってくれます。キャンプやBBQで快適に過ごせる性能です。

ひとりでも設営可能

「いつかのタープ」は慣れればひとりでも設営できるほど簡単!追加でポールを購入して、アレンジに挑戦してみるのもいいですね。

「いつかのタープ」を使った感想

設営時間はわずか20分。
「めっちゃカッコいい!」「DODのロゴもイイ!」テンションがあがってくる要素ばかりです。

今回購入したカラー「タン」は、自然な色合いで景観に馴染みます。こんなに素敵なタープを作ってくれたDODさん、「ホントありがとうございます!」と思わず叫んでしまうレベルでした。(今回はキャンプ場貸し切り状態だったので迷惑はかけていません!)

ポールの長さが230cmあるので、タープ内は十分な高さで広く使えて快適でした。
2~4人で使うのが適切です。2人なら余裕の広さですね。

実際に使ってみると、荷物やテーブル、チェアなどを設置するので、スペースは限定されます。ファミリーで使うには少しばかり小さいかもしれません。

雨の日にも使用しましたが、ポリエステル素材なので吸水性が低く、濡れても重たくなることはありませんでした。

「いつかのタープ」を使う際の注意点

ポリエステル素材は火の粉に弱いので、どうしてもタープの下で焚き火をしたい方にはTC素材のタープをお勧めします。

うっかり火を近づけないように注意が必要です。

まとめ

DOD「いつかのタープ」はコスパ抜群のオールインワンなヘキサタープです。設営に必要なポールやペグ、ロープなどがセットになっており、別途購入する手間がありません。特に初心者の方に超オススメです。

私と同じようにDOD「いつかのタープ」でタープデビューしてみませんか!?

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 シンシン

福島県在住。焚火大好きマン。休日はキャンプと登山。座右の銘「失敗も成功も楽しもう!」

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

44%オフも!ソロキャンプで使えそうなBUNDOKの(バンドック)キャンプ道具をAmazonでピック…

44%オフも!ソロキャンプで使えそうなBUNDOKの(バンドック)キャンプ道具をAmazonでピック…

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプ一回あたりで使うお金はいくら?スタイル別で見えたキャンパーの懐事情

キャンプ一回あたりで使うお金はいくら?スタイル別で見えたキャンパーの懐事情

キャンプは「テントや焚き火台などのキャンプ用品を買いそろえれば終わり」だけでなく、当然のことながら「キャンプ場に行って、テント泊をする」にも…

運搬・収納どんとこい!Amazonタイムセールでケース、ボックス、コンテナなどが安い!

運搬・収納どんとこい!Amazonタイムセールでケース、ボックス、コンテナなどが安い!

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

【栃木県】塩原グリーンビレッジ|冬でも安心してファミキャンできる高規格キャンプ場

【栃木県】塩原グリーンビレッジ|冬でも安心してファミキャンできる高規格キャンプ場

こんにちは。今回は塩原グリーンビレッジで冬キャンプをしてきました。「冬キャンプは寒くてちょっと…」と考えているファミリーキャンパーさんも多い…

【ogawa】全天候型テント「アポロン(Apollon)」の通気性に感動

【ogawa】全天候型テント「アポロン(Apollon)」の通気性に感動

こんにちは。TAKIBI編集部です。 今回の動画は、ogawaのテント「アポロン(Apollon)」の設営&使用動画です。 …

Amazonタイムセール「スポーツ&アウトドア」以外のカテゴリーからキャンプで使えるものを…

Amazonタイムセール「スポーツ&アウトドア」以外のカテゴリーからキャンプで使えるものを…

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

新着記事一覧へ

  • 公式オンラインストア