【Snow Peak】HDタープ シールド・ヘキサ(L)は圧倒的包容力が自慢!

雨の日のキャンプや日差しの強いにあると便利なタープ。
できればテントもすっぽりと入るような大きいサイズで、雨風に強いタープを用意したいものです。
今回は、スノーピークから販売されている 『HDタープ シールド・ヘキサ(L)』 の魅力を3つ紹介していきましょう!

HDタープ シールド・ヘキサ(L)商品概要

スノーピーク(snow peak) HDタープ“シールド

サイズ
本体タープ部分:5.7m×5m
収納時:80cm×17cm×22cm

重量:3.6kg(本体・ロープ)
対応人数:6名
参考価格:37,180円(税込)
材質(本体):210Dポリエステルオックス、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mm、UVカット加工、テフロン撥水加工
色展開:カーキ、コヨーテ、ブラック&レッド
付属品:本体、自在付ロープ(二又用10m×2本、3m×2本、2m×2本)、ポールケース、ペグケース、キャリーバッグ

商品ページはこちら

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥38,500 (2022/09/26 01:02:30時点 Amazon調べ-詳細)
セット内容はこんな感じ

魅力1:ヘキサ型で美しく、開放感が抜群!

曲線が美しいスノーピークのHDタープ シールド・ヘキサ(L)

タープには、本体のタープ布部分の形によって正方形・長方形のスクエアタープ/レクタタープや六角形のヘキサタープ、ひし形のウィングタープの非自立式タープのほか、自立式のテントのようなスクリーンタープなど様々なタイプのタープがあります。

その中でも、ヘキサタープは設営した時のデザインが美しく、特にスノーピークのタープシールド「ヘキサ」は、タープ布が直線ではなく曲線を描いているので、とてもかっこいいシルエットのタープとなっています。
六角形であるほか、5.7m×5mのゆったりサイズなのでタープ下でも広く感じます。
ヘキサ(L)は定員大人6人ですが、見た目以上に圧迫感がなく開放感があります。おまけに、風通しがいいのも大きな魅力です。

魅力2:風に強く、丈夫なタープ!日差しもカット!

遮光性・UVカット・撥水性に優れたタープ

ヘキサ型であることで風に強く、煽られたとしてもしっかりガイロープを張ってペグダウンしておけば吹き飛ばされたり、形が崩れたりすることがありません。
しなやかに動くことができる柔軟性があるため、風にも強く丈夫なのです。

また、タープ布は遮光性にも優れているので、夏の強い日差しが照るキャンプでも強い味方です。
熱を通しづらく、夏でも風通しの良さは健在。快適にタープ下で過ごすことができますよ。

魅力3:設営も2人でラクラク!

ポールを中心に45度の位置にペグダウン

スノーピークのHDタープ シールド・ヘキサ(L)を設営する際には、1人で設営するのは相当慣れない限り難しいので、最低2人で行うようにしましょう。

設営には、別売りのポール2本(240cm、280cm各1本)とペグ(ソリッドステーク40cm及び30cm各4本がおすすめ)が必要です。
最初にメインの支柱となるポールを立たせる人と、自在ロープで適当な場所にペグ打ちをする人がもう1人必要になります。
設営時、ポールと接続するメインロープを固定するペグは40cmのものがおすすめです。
他の部分も全て40cmペグでもいいのですが、丈夫なソリッドステークだと持ち運ぶのに重くなってしまうので、サブロープの固定の際には30cmのペグでも構いません。

ポールを中心に左右45度の場所をペグダウンをします。
角度や手順も説明書にわかりやすく書いてあるので、慣れるまで手順に従って仲間と協力して設営しましょう。

実際に利用してみました

筆者はスノーピークのアメニティドーム(L)を使用しています。こちらのテントは、前室にポールを立てることでちょっとした庇(ひさし)部分ができるのですが、雨が降ったり日が照ったりすると対応できないため、HDタープ シールド・ヘキサ(L)を購入しました。

TAKIBI内のアメニティドームの記事はこちら

設営では、一旦ポールが立つとその後は安定感が増すため、サブロープのペグダウンも難なくこなすことができて割と簡単でした。
また、大人4人と子供2人で使用しましたが、圧迫感もなく、風向きによってはしっかりと風も吹き抜け、とても過ごしやすかったです。

普段は大人2人でキャンプに行くことが多いので、天候や人数によっては毎回タープを立てる必要はないかもしれませんが、念のため用意しておくと安心できます。

まとめ

タープは、テントの種類によっては必須ではないかもしれませんが、あるとどんな天候でも快適に過ごすことができるようになります。
また、タープ下でバーナーを使って調理もできますし、リビングルームのようなリラックスできる空間も作れます。
人数の多いファミリーやグループでのキャンプで用意しておくと心強いですよ!

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥38,500 (2022/09/26 01:02:30時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 Aka-region

北欧フィンランド仕込みのアウトドア・ウーマン。My Passion= 湖畔/焚き火/料理/サウナ。島根出身、東京在住。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ