【mont-bell(モンベル)】U.L.コンフォートシステム キャンプパッド50|寝心地改善にピッタリ!厚さ5cmなのにコンパクトなマット

この記事に関連するタグ

キャンプでは、慣れない傾斜のある硬い地面に、朝晩には底冷えもしてなかなか家で寝る時のようにしっかりと眠れない!という経験をお持ちの方も多いかと思います。

筆者もその一人で、寝つきが悪く、翌日は寝不足気味で過ごすということもありました。そこで行なったのがキャンプでの睡眠改革!

今回ご紹介する厚手5cmのmont-bell(モンベル)U.L.コンフォートシステム キャンプパッド50を購入してから、寝不足問題が解決されました。

今回は、キャンプで熟睡したい派の筆者が選んだ極上キャンプパッド、そしてそれにピッタリな枕情報も併せて、ご紹介します。

mont-bell U.L.コンフォートシステム キャンプパッド50 商品概要

モンベル U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 150 スプリンググリーン 1124666

モンベル(mont-bell)U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180 1124665

サイズ
使用時
 縦150cm/180cm×横60cm、空気注入時の厚さ 5cm
収納時
 150cmの商品 直径14.5cm×60cm
 180cmの商品 直径16.5cm×60cm

重量
150cmの商品 1,053g
180cmの商品 1,251g
(いずれもスタッフバッグを含まない)

材質
表地:130デニール、ポリエステル、リップストップ[TPUラミネート]
クッション材:ウレタンフォーム

付属品:リペアキット、スタッフバッグ

参考価格:12,100円(150cm)、13,200円(180cm)(いずれも税込)

商品ページhttps://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=229000

京畳1畳の上に置いたモンベルのパッドとコールマンのピロー

寝心地を決めるキャンプパッドの厚さ・長さ!

モンベルが展開するキャンプパッドは、厚さや長さも様々なものがあります。その中でも厚さ5cmは最も厚く、地面からの冷気を軽減し、砂利のような少々荒い地面であっても凸凹を感じなくて済む厚さで安心です。

長さはご自身の身長に合わせて150cmか180cmを選んでいただきたいのですが、マット外に枕を置くとすると身長170cm程度の人であれば150cmのパッドで十分かと思います。

膨らませる前の厚さ
膨らませた後の厚さ

コンパクトに収納が可能!

アウトドア製品の中でも山で活躍するギアに強いモンベル。極力荷物を減らしたいシーンを想定していることもあり、他のアウトドアメーカーが出しているキャンプパッドと比較しても、コンパクトさと機能性において妥協をしない、バランスの取れたキャンプパッドとなっています。

厚みと十分な長さを考えると、収納時の長さ60cm、重さも1kg程度というのは驚きです。

邪魔にならない大きさ

これがあると便利で快適!関連グッズ紹介

空気を入れるのが楽々!mont-bell U.L.コンフォートシステムシリーズ用ポンプバッグ

キャンプパッドは、インフレーター式(自動膨張式)ではないので、袋から出したらある程度空気を入れなければなりません。そこで便利なのがモンベル製のフラットバルブ付きモデルのパッドシリーズやピローに対応した空気入れ、ポンプバッグ(税込3,520円)です。

専用バルブ付きのポンプバッグ

口を絞って閉じられる袋の形となっているので、ポンプとして使用しない時には衣類などを収納できます。また、縫い目にシームテープ処理が施されているので防水で安心です。

1回でかなりの量の空気が入る

使い方は簡単で、空気の入れ口(バルブ)同士を接続し、ポンプバッグに空気を溜め、開口部を握って閉じ、体重をかけて空気を入れるだけ。これが1つあれば、モンベル製品の空気入れはあっという間です。

因みに、ポンプバッグは1度に入れる空気量によって異なるものの、4回もあれば満タンに空気を注入することができます。

エアピロー派にオススメ!mont-bell U.L.コンフォートシステムピロー

ポンプバッグを使用して空気が入れられるのがモンベル製U.L.コンフォートシステムピロー(税込3,410円)。

モンベルのキャンプパッドに接続・固定できるようになっており、商品同士の相性も抜群。折りたたみが可能なので収納にも困りません。寝心地はくぼみによるフィット感もあり、エアー式ピローの中でも快適な方だと思います。

ピローは上下でくぼみの加減が異なるので、自分に合う方向で使用可能

寝心地最優先派にオススメ!Coleman コンパクトインフレーターピローⅡ

より寝心地を重視する方にオススメなのが、Coleman(コールマン)のコンパクトインフレーターピローⅡ(税込2,480円)です。

インフレーター式なので、収納のコンパクトさには欠けるものの、収納袋から出して広げ、バルブを回せば自動で空気が入ります。こちらも頭の形にフィットするようにくぼみがあり、程よい柔らかさがあるので非常に快適です。

自動で空気が入るインフレーター式なのがありがたい
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥1,900 (2021/09/25 14:40:06時点 Amazon調べ-詳細)

実際に利用してみました

モンベルのキャンプパッドを購入する前は、空気入れで膨らませ、中にフォームやウレタン等の入っていない完全なエアーマットで寝ていた筆者。

「キャンプでぐっすり眠れない問題」解決のため、今回ご紹介したモンベルのキャンプパッド50(150cm)とコールマンのインフレーターピローを購入し、睡眠改善への多大なる情熱を持って(家で数泊練習して)キャンプに臨みました。

スノーピークアメニティドームLテント内に敷いたパッド(左)

結論を言うと、とっても快適で、テント内で寝ていることも忘れるほどの快眠。朝までぐっすりでした。

身長160cmの筆者は、キャンプパッド150cmに縦30cmほどのピローを使うと長さにまだ余裕があり、ピローもストラップでパッドに固定できるので翌日枕がテント内で行方不明という事態も避けることができました。

数人で寝るときには、マットを連結させることもできるので、人数が増えても問題ありません。

ピローを使えば、150cmのパッドに身長170cmの方が横になっても楽々寝ることができます

まとめ

キャンプは快適に過ごしたいもの。今回ご紹介したモンベルのキャンプパッドを使えば翌日は寝不足知らず。1度使えば手放すことのできないものになっています。ピローも各自、使いやすいものを選んでみてくださいね。

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 Aka-region

北欧フィンランド仕込みのアウトドア・ウーマン。My Passion= 湖畔/焚き火/料理/サウナ。島根出身、東京在住。

おすすめコンテンツ

あわせて読みたい記事

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

【Viaggio+】コスパ重視タープポールは大型タープも問題なし!安定感があるお得な逸品

【Viaggio+】コスパ重視タープポールは大型タープも問題なし!安定感があるお得な逸品

テントやタープを買いそろえる際、ポールが付属していないこともしばしば。特にキャンプ初心者にとっては、別で購入するにも何を買っていいか分からな…

灯りに癒されるオイルランタンでキャンプの夜を演出!人気商品&選び方をご紹介

灯りに癒されるオイルランタンでキャンプの夜を演出!人気商品&選び方をご紹介

キャンプサイトは自然に囲まれているため、夜になると辺りは真っ暗になります。焚き火の明かりで静かに過ごすのも良いですが、光を用意しておかないと…

【ほぼ一万円以下】VISIONPEAKS(ビジョンピークス)の「ナチュ色」ギアを一挙ピックアップ!

【ほぼ一万円以下】VISIONPEAKS(ビジョンピークス)の「ナチュ色」ギアを一挙ピックアップ!

TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け!今日2021年9月24日は、コスパ良いのにオシャレなギアを数多く展…

【青森県】十和田市営宇樽部キャンプ場|十和田湖畔でリラックス!

【青森県】十和田市営宇樽部キャンプ場|十和田湖畔でリラックス!

こんにちは!夫婦で日本各地のキャンプ場を訪れているあかりです。今回は青森にある「十和田市営宇樽部キャンプ場」に訪れました。こちらのキャンプ場…

キャンプ初心者におすすめ!持っておくと便利なおすすめキャンプギア8選

キャンプ初心者におすすめ!持っておくと便利なおすすめキャンプギア8選

アウトドアの人気は高まっており、キャンプにチャレンジする初心者も増えています。キャンプを始めるならまずはギアを揃えるところから始めましょう。…

冬キャンプに必須な石油ストーブ!選び方とおすすめアイテム10選

冬キャンプに必須な石油ストーブ!選び方とおすすめアイテム10選

石油ストーブは、秋冬の寒い季節のキャンプに欠かせないアイテムですよね。しかし、選び方が分からないと、どの石油ストーブがキャンプに向いているの…

新着記事一覧へ

  • 公式オンラインストア