【CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)】オイルランタン(小)でキャンプサイトを彩る!ミニマムサイズの高コスパアイテム

投稿日:2021年8月6日 | 最終更新日:2021年8月18日

本記事は一部にプロモーションを含みます

キャンプサイトの雰囲気を作り出すランタン。特にオイルランタンは雰囲気がとても良く、オススメのアイテムです。今回はCAPTAIN STAGから販売されている「ブロンズランタン(小)」についてご紹介します。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)オイルランタン(小)商品スペック

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 防災用 ランタン ライト 照明 CS オイルランタン (小) 幅120×...

製品サイズ:幅120×奥行100×高さ190mm(本体のみ)
重量:250g
容量:120ml
材質(品質)
本体 鉄(銅めっき)
ホヤ ガラス
使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
芯の長さ:120mm
燃焼時間:約10時間
公式HPhttps://www.captainstag.net/products/UK-505.html

ランタンは大きく分けて4種類

吊り下げ型で光源を持ち運びできる照明器具がランタンです。街中とは違い街灯もない野外で一夜を過ごすためには必要不可欠であり、キャンプの夜を彩る付加価値の高いアイテムです。主に4種類のランタンがあり、名前の通り燃料がそれぞれ違います。主な特徴は下表にまとめましたので、参考にしてみてください。

分類使用する燃料メリットデメリット
オイルランタン灯油燃料代が安価
雰囲気がいい
管理・取り扱いは慎重さが必要
光量は小さめ
LEDランタン電池(乾電池など)燃料調達が容易
安全性が高い
自然な感じは少ない
ガソリンランタンホワイトガソリンなど光量が大きい本体価格が高い
メンテナンスに手間がかかる
ガスランタンガス(CB缶・OD缶)燃料代が安価
他のキャンプ用品と燃料を統一できる
燃焼時間が短い
冬期や寒冷地では光量が落ちる可能性有

オイルランタンは4種類の中で唯一、実際に火の揺らぎを楽しめるランタンです。(ガスランタン等にも火を楽しめるランタンは一部ありますが、大半はオイルランタンです。)

オイルランタンの魅力・メリット

出典:Amazon

オイルランタンは灯油を浸した芯に引火させることで明かりをともす、シンプルな構造となっています。実際に火が出ている状態ですので、焚き火と同じく火の揺らぎに癒されます。アンティーク品のような見た目はとてもおしゃれで、テント周りの雰囲気が非常に良くなることが特徴です。

使用燃料は灯油ですので、別途ポリ容器が必要ですが、燃料代自体は非常に安価で、ガソリンスタンドでも購入可能です。灯油の他にパラフィンオイルも使用できます。灯油に比べて高価ですが、キャンプの大敵「虫」の嫌がるハーブオイル等があり、ランタンで虫よけ効果を発揮できる、一石二鳥の優れものです。

オイルランタンの弱点・デメリット

出典:Amazon

液体燃料ですのでこぼれる可能性があり、取り扱いは慎重に行う必要があります。他の物に引火する可能性はありますので、キャンプ後は燃料を空にしておきましょう (キャンプ中は少なめに入れるのが◎) 。本体(ホヤの部分)が高温になるので、小さいお子さんがいる場合は、安全性の高いLEDランタンが良いかと思います。

また、オイルランタンはメインランタンとしてサイト全体を照らすほどの光量はありません。あくまでサブランタンとしての位置付けで考えて頂くと良いと思います。

CAPTAIN STAGのオイルランタンがおすすめな理由

オイルランタンが様々なメーカーから展開されている中で、私がキャプテンスタッグのオイルランタンを選んだ理由は以下の点です。

・価格が安価(3,000円程度)だった
・口コミやレビューを確認し、品質評価が良かった
・鹿番長というブランド力・安心感
・デザインがおしゃれだった

オイルランタンは人気の定番商品(価格は高め)から、中国製のものであればamazonで1,000円程度で売られています。それぞれ値段相応のクオリティですが、キャプテンスタッグのオイルランタンは安価なのにしっかりしている印象を受けて購入しました。アンティーク調のラインアップが展開されている数少ない商品だと思います。

大・中・小の3種類がありますが、構造は一緒です。「大」は芯が大きい為、中・小より少しだけ明るく感じるかもしれませんが、オイルランタンに期待しているのは光量ではなかったこと、またコンパクトなアイテムを集めたいという考えから「小」をチョイス。スタバのタンブラーと並べても違和感ない大きさです。

実際に使ってみた

私の所有しているランタンは、
・CAPTAIN STAG オイルランタン(小)
・GENTOS EX-136S
・GENTOS EX-000R
・Goal Zero Lighthouse Micro Flash
・SOTO ST-233
・その他安物LEDランタン複数
といった感じです。

私のランタン選びの最低条件は、
①高すぎない(破損・故障時のショックが大きい)
②コスパが良い(燃料等も含めて。これに尽きる)
③メンテナンスに時間がかからない(面倒くさがりにはマスト)
にしています。

どれもおすすめできるランタンですので、購入を検討中でしたら候補に入れてみてください。

先日、キャンプに行った際にランタンを並べてみました。

ランタン下部のキャップを開け、オイルを入れます。私は虫よけ効果も期待したかったので、ハーブオイルにしました。

そして着火。手持ちの小さいライターだと点けづらいので、画像のような長さのあるもライターが良いと思います。

かなり良い感じではないでしょうか。一つあるだけで雰囲気が出ますね。

周囲が暗くなるとこんな感じ。

まとめ

オイルランタンはいの一番に買うランタンではないと思いますが、サイトをしっかり明るくするには複数のランタンが必要です。ランタンの一つをオイルランタンにすると、おしゃれ度が格段にUPします。

ブロンズランタン(小)はコンパクトで邪魔にならないお手頃商品ですのでオススメです。ただ、直近で値段が高騰し始めている傾向があります。気軽に手の届く価格帯ですので、迷ったら買ってしまうのも良いかもしれませんね。

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 TK

アウトドアライフを日常に。若者キャンパーですが、役立つ情報を提供したい今日この頃。キャンプの楽しさはアイテム選びから。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選
キャンプギア・キャンプ用品

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選

年に1度のAmazonプライムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…
キャンプ場紹介【関東】

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…

「丸沼高原キャンピングバレイってどんなところ?」「群馬県でおすすめのキャンプ場はどこだろう?」「家族で楽しめるキャンプ場が知りたい!」 …

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選
キャンプギア・キャンプ用品

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選
キャンプギア・キャンプ用品

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンの時期も間近!Amazonタイムセール対象の【焚き火台】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選
キャンプギア・キャンプ用品

夏の暑さ対策に!Amazonタイムセール対象のひんやりグッズ5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

新着記事一覧へ