【テント】2020年注目の新商品をまとめてみた 【LOGOS DOD SABBATICAL編】

DOD(ディーオーディー)

定期的にHPを覗くと、かなり高頻度で新商品が追加されているDODですが、直近で追加されたテントのみご紹介していきたいと思います。

KAMABOKO TENT 3(S)

発売当初からオンラインショップは常に品薄な大人気テント「KAMABOKO TENT」が3つのサイズに分かれて帰ってきました。
最初はKAMABOKO TENT 3Sですが、2~3人が快適に過ごせるトンネル型のテントです。
比較的小さな区画サイトでも張れてしまうサイズ感とシンプルな構造で設営しやすいフレームワークなので、初心者にも十分におすすめできるテントです。

今回からは今まで同様のタンカラーの他に、自然にマッチするカーキも全サイズにラインナップしています。

収容可能人数:大人2~3人
重量:(約)14.4kg
サイズ:(約)W250×D500×H185cm
インナーサイズ:(約)W225×D235×H165cm

KAMABOKO TENT 3(M)

そしてこちらが10人まで収容可能(前室含む)なMサイズです。
Mで急に大型に倍以上の大きさになりましたが、Lサイズはこれを超える超大型テントです。

全てのモデル同様、前室からインナーテントを通ってテント背面まで貫通できるようになっているので、荷物の搬入出に便利ですし、前室がもので散らかっている場合でも後ろから出ることができます。

収容可能人数:大人5名(※寝室スペース)
重量:(約)19.5kg
サイズ:(約)W300×D640×H195cm
インナーサイズ:(約)W280×D220×H170cm

KAMABOKO TENT 3(L)

こちらがKAMABOKOTENTの中で圧倒的な広さを誇るLサイズです。
Mサイズに対して1.5倍の15畳という面積を誇るため、大人数を収容するグループキャンプや、複数の家族でキャンプに出掛ける場合、企業のキャンプイベントなど様々な用途で使うことができます。
ただし、Lサイズのみインナーテントが別売りなので注意しましょう。

収容可能人数:大人7名(※別売りインナーテントを1つ取り付けた場合の寝室スペース)
総重量:(約)19.9kg
サイズ:(約)W380×D760×H218cm

PUP-LIKE TENT2

先ほどの大型テントから打って変わってこちらはソロテントです。
名前は見た目通りパップフーテント(パップ風テント)。もっと自分だけのリラックスした時間で、より自然との距離が近いテントでくつろぎたいあなたにお勧めしたいテントです。

パップテントと言われると、一枚布に2本のポールを立てるだけというかなり簡素で武骨なイメージですが、あくまでこれはパップフー。
実用性はピカイチですよ。

テントには直接グランドシートは付いていないものの、荷物などを置くことが多いメインポールの向こう側のみシートを装備しており、ベンチレーションも数多く存在するため快適に過ごすことができます。

収容可能人数:大人2名
総重量:(約)8kg
サイズ:(約)W310×D150×H125/130cm
インナーサイズ:インナーテント無し

SABBATICAL(サバティカル)

2019年夏から始動したA&FがプロデュースするSABBATICALは、ファミリーやグルキャンにピッタリな大型シェルターやタープを扱っています。

GILIA

一見するとよくあるシェルター型テントのように見えますが、このギリアの最大の特徴は付属品であるインナーにあるんです。

なんとこのテント、1つ買うと2パターンのインナーが付属してきます。

1つ目は5人用インナーテントです。
シェルターのおよそ半分を使って広々とした室内空間を作り出すので、家族や友人と一緒に宿泊するときに最適です。
大型のインナーを付けたからと言って前室も窮屈なわけではなく、前面の幕を上げればさらに広い前室を確保することができるので、5人がゆったりとくつろぐことができます。

そしてこちらが2つ目の付属品、2人用インナーテントです。
そう、このテントのすごいところは、大きさの違うインナーテントが標準で2つ付属していることなんです。
2人用のインナーを使用することで広い屋根下の空間を確保することができ、雨が降ってきた場合や日差しの強い日など、室内で過ごすスタイルに最適です。

なので、例えば週末は家族4人でワイワイキャンプに行って、お子さんが修学旅行や遠足で土日に外出しているときなどは2人用インナーでのんびり過ごす…
なんて贅沢でマルチなテントなんでしょうか。

収容可能人数:2人または5人
総重量:13.8㎏(ポール3.1㎏、ペグ1.76㎏)
サイズ:280×520×170
5人用インナーサイズ:280×250×170
2人用インナーサイズ:280×150×170

ARNICA

先ほどのギリアより大型のテントです。
ギリアはアーチ状のフレームが3本なのに対してこちらは4本、そしてどちらのモデルとも両サイドの上部にはすべてのアーチをつなぐ2本のフレームがあるので、既存の製品よりも風に強い構造になっていますよ。

アルニカの最大の特徴は何といってもこの圧倒的な広さ!
インナーテントを装着したとしても4人が余裕をもってゆったりと過ごせる広々空間で、インナーを外せば8人~10人が同時に食事をとれるほどのスペースへと早変わりです。

そしてすべての面にメッシュ窓、両サイドと前後の計8か所はすべて跳ね上がる仕組みになっているため、より多くの人数と、より広い空間を確保できます。

収容可能人数:4人用
総重量:20.5㎏(ポール5.8㎏、ペグ1.9㎏)
サイズ:300×620×210
インナーサイズ:300×200×210

まとめ

2020年に発売されるテント、すでに発売されている2020年モデルのテントを2回に渡って紹介していきました。

気になるテントが見つかった方は店頭で確かめるもよし、届いてからのお楽しみとして速注文もよしです。
今回紹介しているブランドはすべて日本に拠点を持つメジャーどころをご紹介しましたので、届いて初張りするまでのお楽しみとするものアリですね。

2020年のキャンプ初めは新しいギアで臨んでみてはいかがでしょうか?

  1. 1
  2. 2
  3. 3

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 むっしゅ

キャンプ歴が2年目に突入しましたがまだまだスタイルが確立していません。 今年はソロキャンとかキャンプツーリングにいきたいなぁ~

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

【山梨県】湖山荘キャンプ場|思わず息を呑む?河口湖から富士山を一望!

【山梨県】湖山荘キャンプ場|思わず息を呑む?河口湖から富士山を一望!

富士五湖周辺には多数の人気キャンプ場がありますが、中でも湖畔越しにキレイな富士山を一望できるキャンプ場は格別ですよね!今回は目の前に河口湖が…

GOAL ZEROだけじゃない!Amazonセールで買える便利なミニランタン

GOAL ZEROだけじゃない!Amazonセールで買える便利なミニランタン

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け!今…

キャンプにも便利なポータブル電源!選び方&おすすめ20選

キャンプにも便利なポータブル電源!選び方&おすすめ20選

今回はキャンプにおすすめのポータブル電源や選び方をご紹介します。皆さんはキャンプを楽しんでいる時、「電気があればもっと快適に過ごせるのに」と…

ハイクオリティなカラビナライト「MecArmy FL10」は様々なシーンで活躍!Makuakeにて先…

ハイクオリティなカラビナライト「MecArmy FL10」は様々なシーンで活躍!Makuakeにて先…

海外直輸入のセレクトショップFOREST FIELDが、クラウドファンディングサイトのMakuakeから、チタン製カラビナライト「MecAr…

3,000円以下でギアをゲット!Amazonの在庫処分セールでキャンプ用品はお得に買える

3,000円以下でギアをゲット!Amazonの在庫処分セールでキャンプ用品はお得に買える

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

【和歌山県】有田BLUEキャンプ場|各サイト1日1組限定で絶景独り占め!

【和歌山県】有田BLUEキャンプ場|各サイト1日1組限定で絶景独り占め!

こんにちは!和歌山から初投稿のけんけんです。今回お伺いしたキャンプ場は和歌山県有田市にある「有田BLUEキャンプ場」です。 2021年…

新着記事一覧へ