Coleman(コールマン)でおすすめのLEDランタン8選!メリット・選び方もご紹介

キャンプや登山などのアウトドアに欠かせないアイテムの一つランタン。数ある製品の中でも火を使わないLEDランタンは、誰にでも簡単かつ安全に扱えるので初心者におすすめ。しかし、各メーカーで販売されているLEDランタンは、種類が豊富でどれを選べばいいのか迷ってしまいます。

今回は、そんな悩めるあなたに向けてColeman(コールマン)のおすすめLEDランタンを大紹介。特徴や選び方についても詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

LEDランタンとは?

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

本記事は一部にプロモーションを含みます

LEDランタンとは、LED素子を光源に電池やバッテリーで発光するランタンこと。「家庭で使用しているLED電球と同じ仕組みで発光している」と言えば、馴染み深いのではないでしょうか?

アウトドア・ランタンは使用する燃料に大別して、ガソリンランタン、オイルランタン、ガスランタン、LEDランタンの4種類があります。

乾電池やバッテリーは取り扱いが楽なだけでなく、どこででも容易に入手が可能。安全性に優れ使い勝手が良いので、キャンプ以外でも出番が多い便利なランタンといえます。

LEDランタンのメリット・デメリット

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

火を使わないのが特徴のLEDランタン。しかし、それが最大の長所でもあり短所でもあります。ここからは、LEDランタンのメリットとデメリットを、わかりやすく解説していきます。

メリット①安全に使える

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

LEDランタンは家庭用の懐中電灯と同様に、規定の電池を入れてスイッチオンで即点灯する手軽さが魅力。火を使わないから、テント内で使用しても火事や一酸化炭素中毒の心配はありません。

また、LEDライトは素子自体に至高性があるため、光が遠くまで届くという特徴があります。その反面、周囲に光が広がらず周りが見にくくなる傾向があるので注意が必要です。

メリット②使い勝手が良い

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

スイッチを入れるだけで明かりがつく機能性は、キャンプでは相乗以上の便利さです。

調理などで手元を照らしたり、夜にトイレへ行く際に足元を照らしたりなど、どこにでも持ち運べる手軽さで活躍する場面も多くなること間違いなしです。

メリット③災害時にも使用できる

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

LEDランタンは停電や自然災害などの備えとしても最適。電池と一緒に災害袋に常備しておくと、いざという時に光源を確保することができます。

また、火事や一酸化炭素中毒の心配もなく、避難所でも安全に使用できるにも魅力のひとつ。防水機能のあるタイプを選べば、台風などで建物が浸水しても使用できますよ。

加えて、携帯電話などを給電できる機能があれば、より安心して災害に備えることができます。各メーカーでは災害時の使用を見越した製品も販売しているので、購入時にはスペックをしっかりとチェックしておきましょう。

デメリット①故障の危険性

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

メリットが満載なLEDランタンですが、もちろんデメリットもあります。

LEDランタンは電子機器なので、キャンプ場などの外出時に故障してしまうと「自分でメンテナンスして直す」という行為が難しいです。また、バッテリーを搭載した機種なら「充電を忘れてしまった!」なんてことも…

そのため、キャンプや登山といった外出時に使用する際には、出発前に「故障していないか」や「充電がされているか」をしっかりと確認しておきましょう。

メデメリット②炎を楽しめない

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

キャンプの最大の楽しみは「炎」だという人も多いのではないでしょうか?ガスランタンやオイルランタンなら、ゆらめく炎を眺めながらリラックスすることができます。

しかし、LEDランタンですと「炎」を着けない点から、キャンプの醍醐味を味わえないというデメリットがあります。利便性や安全性は捨てがたいですが「非日常を楽しむキャンプならではの悩み」ともいえますね。

LEDランタンの選び方

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

LEDランタンは、使い勝手のよさから大人気のアウトドアアイテム。各メーカーから多種多様な製品が販売されているので、どのLEDランタンを選べばいいのか迷ってしまいます。

ここからは、自分の用途にばっちり合ったLEDランタンの選び方を解説していきますので、今から購入を検討している方、どれを選べばいいのか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!

明るさで選ぶ

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

電球の明るさを示す単位はさまざまですが、LEDは「LM(ルーメン)」と表記されるのが一般的。キャンプ場でLEDランタンをメイン襲名にするなら1000ルーメン程度が最適といわれています。

また、食事の際にテーブルを照らすといったサブでの使用には150~300ルーメン程度。テント内の補助灯やトイレに行くときに足元を照らすなら100ルーメン前後の軽量コンパクトな製品が適しているといえます。

充電方式で選ぶ

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

LEDランタンの充電方式は「電池式」と「充電式」の2種類があります。電池式は、パワフルで長い連続点灯時間が最大の特徴。ただし、電池残量が確認できないため、常に予備電池を用意しておく必要があります。

一方、充電式はリチウムイオンバッテリーなどが内蔵されているので、電池の交換の必要がなく繰り返し使えるのが特徴。USB経由で携帯電話などの機器を給電できる機能的な機種もあります。ただし、常にバッテリーの残量をチェックする必要があり注意が必要です。

連続点灯時間で選ぶ

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

アウトドアでは必要なものが簡単に手に入らない場合があります。必要な時に「ライトが点灯しない」などのトラブルを避けるため、LEDライトの連続点灯時間は特に重要です。

使用時の電力消費は、ライトの明るさを抑えることで節約できます。特に必要ない時は明るさを落として節約するなどの工夫が大切です。機種によっては、規定の電池本数よりも少ない数で省エネ駆動するものもありますよ。

光色で選ぶ

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

一般的にLEDライトの色は「電球色」「温白色」「昼白色」「昼光色」の4種類あります。

色の上手な選び方は、使用するシーンに合あわせて選ぶと間違いがありません。キャンプ場では優しい色合いの電球色が好まれていますが、暗い中での調理などの手元を灯したいシーンでは昼白色のほうが断然見やすいですよ。

各色の特徴

〈電球色〉
電球のような温かみのある色の光が特徴。くつろいでリラックスしたいシーンに適しています。

〈温白色〉
落ち着きのある明るい色の光が特徴。複数人で団らんするシーンに適しています。

〈昼白色〉
活き活きとした自然な色の光が特徴。暗い中での調理に適しています。

〈昼光色〉
青みが買ったさわやかな色の光が特徴。就寝前のテント内での使用に適しています。

防水機能で選ぶ

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

アウトドアで使用するアイテムは、どんな天候でも安定して動作することが求められます。そのため、電子機器であるLEDライトの防水性能は必ずチェックするようにしましょう。

一般的に、電子機器の防水・防塵性能は「IPX0~8」までの9段階に等級が分けられており、数字が大きいほど水量や水深(水圧)、水没時間に耐えられる性能が高くなります。

Coleman(コールマン)でおすすめのLEDランタン

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

コールマンでは、さまざまなタイプのランタンを販売。その中でも、LEDランタンは多種多様なタイプが展開されています。ここからは、そんなコールマンでおすすめの製品を詳しく紹介していきます。

メタリックランタン/600

Coleman(コールマン) キャンプ 電池ランタン メタリックランタン/600 2022年モデル 2000038859

「メタリックランタン/600」重厚感のある金属製のボディが、高い質感を感じさせるLEDランタンです。シックなデザインが高級インテリアのようで自宅にあっても違和感がありません。

最大600ルーメンでテント全体を照らすのに十分な明るさ。防水・防塵性能は、全方向からの水しぶきに耐えられる「IPX4」で安心です。

また、明るさを抑えれば最長100時間連続点灯も可能。連泊をするキャンプでも安心して使用することができますよ。

詳細
サイズ約Φ16×27(h)cm
重量約1.2kg
明るさ・High:600LM
・Medium:250LM
・Low:100LM
連続点灯時間・High:約17h
・Medium:約50h
・Low:約100h
・Flash:約210h
照射距離・High:約17m
・Medium:約11m
・Low:約7m
防水性能IPX4対応
電源アルカリ単1乾電池4本
公式HPメタリックランタン

バッテリーガードLED ランタン/200(ブラック)

コールマン(Coleman) バッテリーガードLED ランタン/200(ブラック) 2000038856

消灯中の過放電を防ぐ”バッテリーガード機能”を搭載している「バッテリーガードLED ランタン/200」。従来の製品よりバッテリーの寿命が25%も長持ちするようになりました。

キャンプでも違和感のない温かみのある電球色が魅力的なだけでなく、光量も200ルーメンあるのでサブランタンとしても最適。さらに、連続点灯時間は約15時間もあるので、アウトドアでも安心して使用することができますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥1,627 (2024/05/20 08:42:30時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ約Φ7.4cm×12.6(h)cm
重量約180g
明るさ200LM
連続点灯時間約15h
照射距離約7m
防水性能IPX4対応
電源アルカリ単3形乾電池×4本
公式HPバッテリーガードLEDランタン

リチャージャブルマルチランタン

コールマン(Coleman) リチャージブルマルチランタン 2000038857

「リチャージャブルマルチランタン」は、メインとして使うことができる充電式のランタン。800ルーメンの光量でキャンプサイトを明るく照らしてくれます!

リチウムイオン電池を搭載しているので乾電池が不要なのも魅力のひとつ。事前にフル充電しておけば、バッテリーからUSB経由で携帯電話への給電ができる機能も搭載していますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥5,636 (2024/05/20 08:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ約Φ14×28(h)cm
重量約830g
明るさ・High:800LM
・Medium:300LM
・Low:100LM
連続点灯時間・High:約5h
・Medium:約15h
・Low:約45h
・Flash:約65h
照射距離・High:約18m
・Medium:約11m
・Low:約7m
防水性能IPX4対応
電源リチウムイオン電池
公式HPリチャージャブルマルチランタン

バッテリーガードLEDランタン/1000

コールマン(Coleman) バッテリーガードLED ランタン/1000 (ブラック) 2000038855

「バッテリーガードLEDランタン/1000」は、電池の過放電を防ぐ”バッテリーガード機能”を搭載しているLEDランタンです。

圧倒的な明るさ1000ルーメンを誇るので、メインランタンとしても大活躍。キャンプの食卓テーブルなどに置いて使うのにも最適。また、操作もダイヤルのみとシンプルなので、誰でも安心安全に取り扱うことができますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,675 (2024/05/20 08:42:33時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ約Φ11cm×21.5(h)cm
重量約570g
明るさ・High:1000LM
・Medium:250LM
・Low:75LM
連続点灯時間・High:約14h
・Medium:約80h
・Low:約200h
・Flash:約400h
照射距離・High:約16m
・Medium:約10m
・Low:約6m
防水性能IPX4 対応
電源アルカリ単1形乾電池×4本
公式HPバッテリーガードLEDランタン

クアッド(TM)マルチパネルランタン

コールマン(Coleman) ランタン クアッドマルチパネルランタン LED 乾電池式 約800ルーメン レッド 2000031270

「クアッド(TM)マルチパネルランタン」は4つの発行パネルを取り外して、独立したランタンとして使うことができるユニークなアイテムです。

独立パネルは想像以上に便利で、サッと取り外して気軽に使えるのが魅力。発光パネルは1つで最大約1000ルーメンあるので、手元や足元を照らすサブランタンとして最適です。

また、パネル裏にはマグネットが付いているので、自動車の車体に取り付けることも可能。アイデア次第でマルチに活躍してくれますよ。

詳細
サイズ約Φ14.5×23.5(h)cm
重量約1.2kg
明るさ〈電池×8本〉
・High:約800LM
・Medium:約200LM
・Low:約100LM
〈電池×4本〉
・High:約500LM
・Medium:約140LM
・Low:約60LM
〈パネル〉
・High:約100LM
・Medium:約25LM
・Low:約100LM
連続点灯時間〈電池×8本〉
・High:約20h
・Medium:約120h
・Low:約400h
〈電池×4〉
・High:約13h
・Medium:約69h
・Low:約196h
〈パネル〉
・High:約3h
・Medium:約14h
・Low:約3h
防水性能IPX4対応
電源アルカリ単1形乾電池×4本or8本
公式HPクアッド(TM)マルチパネルランタン

ハンギングEライト

コールマン(Coleman) ランタン ハンギングEライト LED レッド

「ハンギングEライト」は、丸っこいデザインとレッドのカラーが印象的な吊り下げ式のライト。軽量かつコンパクトなので持ち運びもラクラクです。

明るさはサブランタンにぴったりの250ルーメンで、最大で40時間も連続点灯させることが可能。USB経由で携帯電話などへの給電もできちゃいます。

また、テントのループに引っ掛けたり、背面磁石でポールに張り付けたりと場所を選ばない使用ができるのも魅力。テント全体を照らして、自宅のような快適な使い心地も発揮してくれますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,794 (2024/05/20 05:53:12時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ約Φ7×5(h)cm
重量約130g
明るさ・High:250LM
・Medium:100LM
・Low:30LM
連続点灯時間・High:約10h
・Medium:約20h
・Low:約40h
照射距離・High:約31m
・Medium:約22m
・Low:約13m
防水性能IPX4対応
電源リチウムイオン電池
公式HPハンギングEライト

バッテリーガードLED ヘッドランプ/200

コールマン(Coleman) バッテリーガード LEDヘッドランプ/200 2000034225

ヘッドランプは、アウトドアには欠かせない必須アイテム。頭に付けて使うのはもちろん、テントのフックに引っ掛けてランタン代わりにすることもできます。

「バッテリーガードLED ヘッドランプ/200」は、消灯中の過放電を防いで電池を長持ちさせる”バッテリーガード機能”を搭載したモデル。両手が自由に使えるヘッドランプは利便性に優れ、キャンプでも大活躍してくれます。

詳細
サイズ約5×7.5×4cm
重量約70g
明るさ・High:200LM
・Low:2LM
連続点灯時間・High:約6h
・Low:約200h
照射距離・High:約100m
・Low:約10m
防水性能IPX4 対応
電源アルカリ単4形乾電池×3本
公式HPバッテリーガードLED ヘッドランプ

LEDストリングライトⅡ

コールマン(Coleman) ライト LEDストリングライト2 2000031280

小さなランタンでテントサイトを楽しくデコレーションできる「LEDストリングライトⅡ」は、コールマンらしい楽しさとワクワク感に満ちた製品です。

見た目の可愛らしさだけでなく、クリスマスツリーの電飾のように光の色が変化する演出が雰囲気満点。絶対に子ども受けする鉄板LEDライトです。

夜に自分のテントを見失わない目印にできるなど、意外な実用性もあってあなどれません。

詳細
サイズ本体:約Φ4×7(h)cm×10個
コード:約2.8m
重量約290g
連続点灯時間約24h
防水性能IPX4対応
電源アルカリ単3形乾電池×3本
公式HPLEDストリングライトⅡ

明かりを灯すならコールマンのLEDライトがおすすめ!

出典: Coleman(コールマン)公式Facebook

ガソリンランタンのレンタルから事業が始まったColeman(コールマン)ですが、LEDランタンでもアウトドアライフを全力でサポートしてくれる姿勢は変わりません。

パネルが取り外せたり、過放電を防いだり、きらりと光るアイデアの数々は長年ガソリンランタンで培った経験があるメーカーならではですよね。

皆さんもコールマンのLEDランタンで、楽しいキャンプの夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 澤田 篤志

家族4人分のキャンプ道具を軽自動車に積載したうえ、不満のない程度に乗車スペースも創出。世界的「ぎゅう詰めアーティスト」。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!
キャンプギア・キャンプ用品

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!

各メーカーから多種多様なテントが展開される中、ファミリーやグループキャンプに特化したタイプのテントも数多く見かける機会があります。 今…

新着記事一覧へ