キャンプに必須のランタン!Snow Peak(スノーピーク)のおすすめ7商品をご紹介

本記事は一部にプロモーションを含みます

照明器具のランタンは、キャンプに必須なアイテムの一つです。
Snow Peak(スノーピーク)では、シンプルかつ洗練されたLEDランタンとガスランタンの両方で商品を展開しています。
今回は、キャンプでのランタンの必要性についてと、Snow Peak(スノーピーク)のおすすめランタンをご紹介していきます。

キャンプでランタンが必要な理由とは?

出典:pexels

キャンプをする際に欠かせないアイテムが、テントの周囲を明るく照らしてくれるランタンです。
デザインや機能性を始め、多様なランタンのなかから最初から迷わずに選ぶことは難しいでしょう。
そんななかで、どんなランタンを選ぶべきかご紹介していきます。

キャンプ場の夜は想像以上に暗い

出典:Snow Peak

ランタンを利用する主な目的として、暗くなる時間になにか作業をするときの照明として使うことが一般的です。
キャンプ場の多くは、街灯が少ない場所が大半のため、手先や足元が暗い状況は、なにか作業をする際に怪我を招く可能性があり危険です。
また、そのほかにもテントの中で就寝前の時間を過ごすときのライトとして使うことが中心ですが、なかには自宅でもリラックスしたい際にあえて使う方もいます。

人数によって必要なランタンの数を揃える

出典:Snow Peak

キャンプを楽しむ際に必要なランタンの数は、一般的には3つ以上がベストと言われています。
この3つとは、「テントランタン」「テーブルランタン」「メインランタン」に分けられます。
一つのランタンで3つすべての役割を果たすこともできるのではないか?と思われがちですが、数人でキャンプを楽しむ場合にはひとりがランタンをもって移動してしまった場合には灯りを失うことになってしまいます。
また、メインランタンとテーブルランタンは同時に使用することが多いため、やはり一つだけのランタンでは心細いものでしょう。
しかし、ソロキャンプとなるとまた話が変わってきます。
ソロキャンプであれば、自分の周囲を照らすことができれば十分な場合が多いため、ランタンの数も最低限あれば十分といえます。
逆にソロキャンプの雰囲気をより華やかにしてくれるような、本物のアンティークランタンやガスランタンといった種類を選んでみるのもおすすめです。

ランタンの種類によって使い分ける

出典:Snow Peak

ランタンの種類は、大きく分けて4種類展開されています。
この4種類を、詳しく記載していきます。

・LEDランタン
LEDランタンは電池や充電で使用することのできる、実際に火を使わないランタンです。火事やヤケドといったリスクも少なく、一酸化炭素を出さないためテント内で使用することができ、小さなお子さん連れのキャンプにも最適です。

・ガスランタン
ガスを燃料にして火を起こし、布(マントル)を燃やして明かりを灯すのがガスランタンです。
LEDランタンに比べ光量が大きい点が魅力で、ガス缶の交換が簡単であり、明かりを灯す際はガス栓をひねってライターなどで着火するだけなど、比較的取り扱いが簡単な点も魅力です。

・ガソリンランタン
ガソリンランタンは、ホワイトガソリンや灯油を燃料に布(マントル)を燃やして発光させるランタンです。
LEDやガスランタンよりも光量が大きく明るいという特徴を持ち、燃料のコストがガス缶に比べ安い、独特の雰囲気がある、燃焼時間も長いなど、多くのメリットがあります。

・キャンドルランタン
キャンドル(ロウソク)を使って明かりを灯す、癒しの効果抜群のランタンです。
キャンドルを設置すれば、燃料を補充する必要がない点も魅力です。
テーブルに置いたりランタンフックに吊るして使えば、揺らめく炎を楽しむことができるため、小さい光を楽しむためのサブランタンのような使い方をおすすめします。

スノーピークの人気ランタン ほおずきシリーズ

出典:Snow Peak

LEDランタンのほおずきは、風や音に反応して光量を調整する機能を備えており、暖色系のあたたかな灯りが魅力です。
まるで自然とシンクロしているような美しさをもちます。
木々がざわめき、雲が流れ、炎がゆらぐ、移りゆく大自然のドラマを見ながら過ごすキャンプの心地よさを、このランタンがより華やかに演出してくれます。

ほおずきをイメージした可愛らしいLEDランタン

出典:Snow Peak

ほおずきとは、夏の風物詩の植物で、提灯のような姿をした柔らかい雰囲気をもつ植物です。
そんなほおずきをイメージした、コロンとした可愛らしいフォルムをもち、暖かな灯りをともしてくれるSnow Peak(スノーピーク)のLEDランタンです。
使い方としては、テントやタープに吊るして使うと、さらに雰囲気が出ておすすめです。
また、その可愛らしさからキャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、自宅でもそのまま愛用される方が多いようです。

風や音に反応して光量を調整

出典:Snow Peak

辺りが静かになると薄明かりになる音に反応する「おやすみモード」と、蝋燭の炎のようにゆらぎながら風に反応する「ゆらぎモード」が搭載されています。
自然本来の美しさを、道具が豊かになっても大切にしたいという思いからつくられたそうです。
自然とシンクロするような機能を設けたのもその理由からです。
定番の「ほおずき」の光が、蝋燭の炎のように風にゆらぐ。
また、自然を身近に感じる事ができるように、充電バッテリー対応で、電池の消費を気にせず安心して使用することができます。
ボタンの押す回数と長さで光量調節を行う仕様となっています。
「Hi」「Mid」「Low」と、お好みの明るさで照らすことができます。

つち・もり・ゆきの3種類で展開

スノーピーク(snow peak) ほおずき つち ES-070BR ブラウン

「ほおずき」は、つち・もり・ゆきの3種類を展開しています。
違いはカラーで、「つち⇒ブラウン」「もり⇒黄色」「ゆき⇒白」となります。
最大照度は3種類とも100lmで、好みのカラーを選んでもいいですし、利用するキャンプ場の雰囲気に合わせて、または季節に合わせても臨機応変に使い分けることができます。
このカラーバリエーションが豊富な点も、Snow Peak(スノーピーク)のLEDランタンの魅力です。
また、一回の充電にかかる電気代は1円以下というところも嬉しい点です。

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥13,200 (2024/05/19 19:30:02時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズφ107x87mm(コード部を含まず)
重量165g(電池を除く)
材質本体・フック・レンズ/ポリカーボネート樹脂
ボトムユニットフレーム
電池Box/ABS樹脂
ソフトシェード/シリコーンゴム
紐:ポリプロピレン樹脂
公式HPほおずき

より小型化した「たねほおずき」も登場

スノーピーク(snow peak) たねほおずき

「ほおずき」よりもさらに小型化した「たねほおずき」。
こちらも豊富なカラーバリエーションが魅力であり、手のひらに収まるサイズの可愛らしいLEDランタンのまま、マグネットキャッチでお好きな場所に吊り下げることが可能です。
「RBたねほおずき」という、キャンプのみならず多様なシーンで活躍する小型のLEDランタン「たねほおずき」の充電式モデルも誕生しました。
本体にUSB-Cの差込口を備えており、自宅や車中でも場所を選ばず充電が可能になりました。
電池の購入や交換の手間が省け、コロンとした優れたデザインはそのまま保ちつつ、アップデートされました。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,104 (2024/05/19 19:30:15時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズφ62×75(h)mm
重量57g(電池を除く)
材質本体/ポリカーボネート樹脂
エラストマー樹脂・ABS樹脂
シェード/シリコーンゴム
レンズカバー/PMMA樹脂
公式HPたねほおずき

その他スノーピークのランタン6選

出典:Snow Peak

ここからは、そのほかにも展開されているSnow Peak(スノーピーク)のランタンをいくつかご紹介します。
先にご紹介した「ほおずき」と「たねほおずき」以外にも、Snow Peak(スノーピーク)では洗練された機能性の高いランタンが多数販売されています。
そのなかにはグッドデザイン賞を受賞した商品もあるため、それらをご紹介していきます。

リトルランプ ノクターン

snow peak スノーピーク リトルランプ ノクターン GL-140

ガス缶で得られる、高効率実用のリトルランプです。
アウトドア用に開発された屋外専用のガスランプで、キャンドルのような灯りでテーブル上を柔らかく照らしてくれます。
小さな光でもテーブルの上を充分に照らす事のできる、実用的な光量が魅力です。
熱効率も高く、ガス缶の残量が少ない場合でも長時間使用することができます。
ガスカートリッジの種類を問わず、ガスの消費量は1時間にわずか7グラムです。
しかし一酸化炭素中毒死や酸欠による窒息死の恐れがあるため、室内・車内・テント等では使用しないよう、注意が必要です。
屋外で使用する場合も、狭い空間では喚起にご注意ください。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥6,380 (2024/05/19 19:30:05時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ42×40×105(h)mm
重量102g
材質アルミニウム合金、ブラス
ゴム、ガラス、ステンレス鋼
公式HPリトルランプ ノクターン

ノクターン 2023 EDITION

スノーピーク(snow peak)【雪峰祭2023秋 限定品】ノクターン 2023 EDITION FES-147 キャンプ アウトドア 卓...

ノクターンの「火」を焚き火に見立てたデザインのランタンです。
小さな炎が、キャンプフィールドの遠くで木漏れる楽しげな雰囲気を演出しています。
ガラス部分に描かれた模様から漏れる炎に、静寂で情緒的な森の雰囲気も醸し出してくれます。
こちらもガス缶で得られる高効率実用リトルランプになります。
秋冬のキャンプのお供におすすめです。
グローブ部分のデザインも、本体部分も落ち着いた色味となっており、さまざまなキャンプスタイルにそっと寄り添ってくれます。

詳細
サイズ42×40×105(h)mm
重量102g
材質本体/アルミニウム合金
ブラス、ゴム、ガラス
ステンレス 鋼
収納ケース/ポリエチレン
公式HPノクターン 2023 EDITION

ギガパワーランタン 天 オート

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天

1998年、グッドデザイン賞を受賞。
Snow Peak(スノーピーク)のランタンの歴史はこの一台から始まりました。
片手に収まるサイズに小型ながら最高出力80Wの光量、美しさ、携帯性、明るさ、すべて完璧にそろった初代ランタンのリニューアルモデルです。
Snow Peak(スノーピーク)のファーストランタンとして1998年のデビュー以来、世界中のユーザーから絶大なる支持を得ている、一台あると間違いない商品です。
こちらのランタンも屋外専用になります。

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥10,340 (2024/05/19 19:30:09時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズφ59×95mm
重量125g
材質ステンレス、アルミニウム合金
ブラス、耐熱ガラス
公式HPギガパワーランタン 天 オート

ギガパワー BFランタン

スノーピーク(snow peak) ギガパワー BFランタン GL-300A ガスランタン 大光量 アウトドア キャンプ

170Wの大光量を誇るランタン。
遠くからでも自分のサイトの目印になるような存在感を放ちます。
大光量でありながらSnow Peak(スノーピーク)らしいデザイン性の高さから、夜が来るのが思わず待ち遠しくなってしまうようなランタンです。
こちらのランタンはメインとして使うことをおすすめします。
ガスならではの生み出す温かな光が夜を美しく照らしてくれます。
専用ケースが付いていますので、使用後も綺麗に保管することができます。
使用中・使用直後は器具が熱くなっています。
火傷には十分に注意して使用してください。

詳細
サイズφ130×235(h)mm
重量1,025g(ヘッドのみ)
材質ステンレス、アルミニウム合金
ブラス、耐熱ガラス
公式HPギガパワー BFランタン

HOME&CAMPランタン

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPランタン ブラック ES-080-BK ランタン ランプ バッテリー式 黒 アウト...

自宅でも屋外でも使える充電式のランタンです。
キャンプだけでなく家の中で使用することもできますし、キャンプでのランタンと同様にいつでも好きな場所に持っていくことができ、ビギナーの方でも扱いやすいランタンとなっています。
また、使用時だけでなく、充電中の見た目も美しくなるようにデザインされており、違和感なく室内照明として自宅で使用することも可能です。
吊るしたり手に持つ際に、下にも光が回るよう変形機能が施してあります。
携帯バッテリーで外部充電可能なため、場所を選ばずいつでも充電することが可能です。

詳細
サイズΦ124×250mm(本体のみ)
Φ130×270mm(充電台込み)
重量500g(本体)
250g(充電台)
材質ABS樹脂、PC樹脂
ステンレス、シリコーン樹脂
公式HPHOME&CAMPランタン

スノーピークのランタンを持ってキャンプを楽しもう

出典:Snow Peak

デザインの美しさだけでなく演出までも楽しませてくれる機能性の高いSnow Peak(スノーピーク)のランタン。
また、Snow Peak(スノーピーク)の製品は、「修理しながら長く使ってもらいたい」という想いのもと、永久保証が付与されています。
手元に1つ、Snow Peak(スノーピーク)のランタンをもってキャンプや自宅でのリラックスタイムに活用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 SaKI

自然をこよなく愛する建築士。キャンプの他にも競泳、登山、筋トレ、コンテスト出場が生きがいです!

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!
キャンプギア・キャンプ用品

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!

各メーカーから多種多様なテントが展開される中、ファミリーやグループキャンプに特化したタイプのテントも数多く見かける機会があります。 今…

新着記事一覧へ