Coleman(コールマン)のインフレーターマットでアウトドアを快適に!選び方&おすすめ5選

本記事は一部にプロモーションを含みます

アウトドアでより快適に過ごすための製品を豊富に取り扱っているアウトドアメーカー「Coleman(コールマン)」。そんな魅力的なキャンプギアの中でも、テント泊や車中泊の際に最適なインフレーターマットも多く展開しています。

この記事では、そんなコールマンでおすすめのインフレーターマットを紹介するとともに、選び方についても解説していきます。キャンプマットを探している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

インフレーターマットとは?

出典:Unsplash

インフレーターマットは、空気を入れて使うアウトドア用マットのこと。テント泊や車中泊の際に寝袋(シュラフ)の下に敷いて活用します。

テント泊などでは、地面の凹凸や小石などのゴツゴツをどうしても感じてしまい、就寝時に不快に感じてしまう方も多いと思います。しかし、インフレーターマットの中にはクッション材が入っているので、地面の凹凸や冷気をしっかりと遮断してくれまます。

メリット①快適な寝心地を実現できる

出典:Unsplash

インフレーターマットには、ウレタンなどが充填されているので空気のフワフワ感だけでなく、自宅のマットレスのような安定感を実現。例えるなら低反発マットレスのような寝心地になります。

また、横になった際に体を支えてくれるので、ストレスなく寝返りをうつことが可能。インフレーターマットには、ある程度の重さもあるので、マットのズレや移動を防止してくれる効果もあります。

メリット②底冷えを防げる

出典:Unsplash

アウトドアにおいて睡眠の質を下げる要因は「地面からの底冷え」。対策をしっかりと行わなければ、キャンプの夜は寒くて熟睡することができません。

インフレーターマットは断熱性が優れているので、地面からの冷気をしっかりシャットアウトしてくれます。利用には晩秋~春先などの寒い時期が最適ですよ。

メリット③持ち運びがしやすい

出典:Unsplash

キャンプの際に持っていく荷物を少なくすることを重要視する方も多いです。

インフレーターマットは、折りたたみ式のマットよりコンパクトに収納することが可能。移動手段がバイクや公共交通機関など、できるだけ荷物の利用を減らしたい場合に重宝するアイテムといえます。

また、設営も比較的簡単。インフレーターマットには芯材が入っているので、空気を吸い込ませれば自動で膨らむ仕組みとなっている製品もあります。ただ、撤収作業には少しコツがいるものもあるので、事前に説明書をしっかりと読んで撤収方法を覚えておきましょう。

インフレーターマットを選ぶ方法

出典:pexels

インフレーターマットを選ぶ際には、「サイズ」や「マットの厚み」、「空気の入れ方」などのチェックポイントがいくつかあります。

また、移動手段も関係してくるので「車移動を中心」としたものなのか、「徒歩やバイク移動を中心」としたのもなのかで選ぶポイントが変わってきます。

ここからは、自分のキャンプスタイルに合ったインフレーターマットの選び方を詳しく説明していきます。

厚みは寝心地を左右する

出典:Unsplash

寝心地を重視するなら、最低でもマットの厚さが10cm以上のものがおすすめ。薄手のものは厚さ3cm程度の製品が販売されていますが、フカフカの寝心地を求めるなら10cm以上の厚みがあるマットを選ぶ必要があります。

厚さがあるほどクッション性が高くなり、寝た時の快適さだけでなく断熱性も向上しますよ。

ただ、登山やツーリングなど、荷物をできるだけ軽量かつコンパクトに納めたい場合には、マットの厚みより携帯性を重視して選ぶようにしましょう。

使う人数や体格に合わせて選ぶ

出典:pexels

インフレーターマットのサイズを大きく分けると「シングルサイズ(幅60cm程度)」「セミダブルサイズ(幅100cm程度)」「ダブルサイズ(幅120cm程度)」の3つ。より幅の広い製品は「ワイドタイプ」というものになります。

ソロキャンプならシングル、小さい子どもと寝る場合はセミダブル、カップルの場合はダブルなど、その時の利用人数に合わせて適切なサイズを選びましょう。

また、中には連結できるタイプのマットもあるので、家族で寝るときは複数枚のマットを組み合わせて使用するのがおすすめ。テント内に連結したマットを敷き詰めれば、自由に動き回ることができるので子連れキャンプにぴったりですよ。

サイズや重量も大切!

出典:Unsplash

また、寝心地はもちろん大切ですが、アウトドアシーンに気軽に持っていけるサイズ感も重要。マットを折りたたんだ時のサイズや重さもチェックポイントです。

同じ厚さのマットだとしても、折りたたんだ時のサイズや重さはメーカによって様々。携帯性や自宅での保管も重視したい方は、マットのサイズだけでなく収納時のサイズや重さもしっかりと確認しておきましょう。

空気を入れるタイプも要チェック!

出典:pexels

キャンプ場のチェックアウト時間は決まっていることがほとんどなので、撤収作業はできるだけ時間をかけずに行いたいものです。

インフレーターマットには、”バルブ”や”栓”を開けるだけで空気が入る「自動挿入タイプ」と”ポンプ”を使って空気を入れる「手動挿入タイプ」があります。

市販されているマットのほとんどが自動タイプとなっていますが、最後の細かい調整までは手動で行う必要があります。収納バッグやピローを空気入れとして使用できるアイテムを購入しておくと、空気入れがとても楽になるのでおすすめですよ。

【シングル&ダブル】コールマンでおすすめのインフレーターマット

出典:pexels

キャンプでの睡眠の質を追求したコールマンのインフレーターマット。ここからは、そんなコールマンでおすすめの「シングルサイズ」と「ダブルサイズ」のインフレーターマットをご紹介していきます。

持ち運びに便利!コンパクトインフレーターマット/S

出典:Coleman

「コンパクトインフレーターマット/S」は、収納ケースをポンプに利用することで楽に設置することができるエアーマットです。

ダブルバルブで簡単に空気抜きができるだけでなく、軽量かつコンパクトに収納できるので持ち運びにも便利。寝返りをしてもマットから落ちずらいワイドサイズとなっているのも魅力の一つです。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥6,955 (2024/04/24 20:53:06時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約186×74×6cm
収納時:約Φ11×26cm
重量約725g
材質75Dポリエステル
(TPUコーティング)
付属品収納ケース
公式HPコンパクトインフレーターマット/S

快適な寝心地を実現!キャンパーインフレーターマット/シングルⅢ

出典:Coleman

「キャンパーインフレーターマット/シングルⅢ」は、マットの厚さが5cmで快適な寝心地を提供してくれるシングルサイズのマットです。

こちらのマットは連結できる点が魅力で、マット側面にあるスナップボタンで連結すればダブルサイズにすることが可能。家族で利用する際にも臨機応変に使い分けることができちゃいますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥6,966 (2024/04/24 20:53:07時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約195×63×5cm
収納時:約Φ15×70cm
重量約1.8kg
材質ポリエステル
ポリウレタンフォーム
付属品収納ケース
公式HPキャンパーインフレーターマット
シングルⅢ

朝までぐっすり!キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル

出典:Coleman

東京の最低気温が25℃でも、標高1,000mの軽井沢は15℃以下になることも珍しくありません。アウトドアの夜は、想像しているよりも寒いことがほとんどです。

「キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル」は、そんな寒いキャンプの夜でも自宅のベッドのように快適に睡眠をとることができるエアーマットです。

厚さ10cmの自動膨張式マットレスなので、設営もとても簡単。底冷えを防止してくれるのはもちろん、地面の凹凸や湿気を防部効果もあるので、とても質の高い睡眠をとることができちゃいます。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥11,468 (2024/04/24 20:53:08時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約198×68×10cm
収納時:約Φ21×72cm
重量約2.7kg
材質ポリエステル
ポリウレタンフォーム
付属品収納ケース
公式HPキャンパーインフレーターマット
ハイピーク/シングル

アウトドア疲れも軽減!コンフォートインフレーターマットハイピーク/ダブル

出典:Coleman

「コンフォートインフレーターマットハイピーク/ダブル」は、キャンプインフレーターマットハイピーク/シングルのダブルサイズバージョンとなります。

大人2人一緒でも十分に眠ることができるサイズ。このマットも自動膨張式マットレスなので、設営の手間も少なく済みますよ。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥16,976 (2024/04/24 20:53:08時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約200×128×10cm
収納時:約φ31×70cm
重量約5kg 
材質ポリエステル
ポリウレタンフォーム
付属品収納ケース
公式HPコンフォートインフレーターマット
ハイピーク/ダブル

幅広い使い方ができる!キャンパーインフレーターマット/WセットⅡ

出典:Coleman

「キャンパーインフレーターマット/WセットⅡ」は、厚さ5cmで寝心地をさらに追及したマットです。

付属の収納ケースで簡単に空気を入れることができる仕様だけでなく、コンパクトに収納できる構造も魅力。コールマンのインフレーターマットの中でも薄手の製品なので、登山やツーリングキャンプに最適ですよ。

また、マット側面にはスナップがついているので連結することも可能。3つでも4つでも連結できるので、利用人数に合わせて臨機応変に活用することができちゃいます。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥12,000 (2024/04/24 20:53:09時点 Amazon調べ-詳細)
詳細
サイズ使用時:約63×195×5cm
収納時:約φ20×70cm
重量約3.5kg
材質ポリエステル
ポリウレタンフォーム
付属品収納ケース
公式HPキャンパーインフレーターマット
WセットⅡ

Coleman(コールマン)のインフレーターマットでリフレッシュしよう!

出典:pexels

キャンプや登山などのアウトドアでも、自宅のベッドのような睡眠をとることができるColeman(コールマン)のインフレーターマット。アウトドアシーンでも我慢せず快適に眠りたいという方におすすめなアイテムです。

利用する人数や季節に合わせてコールマンのインフレーターマットを愛用してみてはいかがでしょうか?

予約サイト

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 SaKI

自然をこよなく愛する建築士。キャンプの他にも競泳、登山、筋トレ、コンテスト出場が生きがいです!

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

Snow Peak(スノーピーク)のクッカーは使い勝手バツグン!特徴や魅力をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

Snow Peak(スノーピーク)のクッカーは使い勝手バツグン!特徴や魅力をご紹介

Snow Peak(スノーピーク)は、数多くのキャンプギアを販売する人気ブランド。その中には調理器具も多くあります。 スノーピークのク…

25%オフも!Amazonタイムセールでお得にSOTO(ソト)遊びを楽しもう!
キャンプギア・キャンプ用品

25%オフも!Amazonタイムセールでお得にSOTO(ソト)遊びを楽しもう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

 Coleman(コールマン)でおすすめのLEDランタン8選!メリット・選び方もご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

 Coleman(コールマン)でおすすめのLEDランタン8選!メリット・選び方もご紹介

キャンプや登山などのアウトドアに欠かせないアイテムの一つランタン。数ある製品の中でも火を使わないLEDランタンは、誰にでも簡単かつ安全に扱え…

【Amazonタイムセール】LOGOSのキャンプギアが最大35%オフでお買い得!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazonタイムセール】LOGOSのキャンプギアが最大35%オフでお買い得!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け!本日は、…

Snow Peak(スノーピーク)はタープの種類も豊富!選び方&おすすめアイテムをご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

Snow Peak(スノーピーク)はタープの種類も豊富!選び方&おすすめアイテムをご紹介

Snow Peak(スノーピーク)は、アウトドア製品の開発・製造・販売をしているアウトドアブランドです。テントやタープも数多く手掛けています…

最大53%オフも!Amazonで燻製器がとにかく安い!
キャンプギア・キャンプ用品

最大53%オフも!Amazonで燻製器がとにかく安い!

毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報をお届けします! 本日特集する…

新着記事一覧へ