キャンプに欠かせない存在!スノーピークのおすすめ焚き火台をチェック!

本記事は一部にプロモーションを含みます

オートキャンプ製品を中心にアウトドア製品の開発や製造、販売をしているアウトドアブランドであるスノーピーク。

中でもスノーピークの焚き火台は、代表的な製品のひとつです。

そこで今回は、スノーピークの焚き火台の特徴やおすすめの焚き火台、焚き火台と併せて使えるカスタムアイテムをご紹介します。

スノーピークの焚き火台の特徴をご紹介

出典:Snow Peak

まずは、スノーピークの代表的な商品である焚き火台の特徴について解説します。

また、スノーピークの焚き火台が誕生した背景や本体の構造についても合わせてご紹介します。

スノーピークの焚き火台が生まれた背景

出典:Snow Peak

90年代前半のキャンプブームのころ、ルールを守らず芝生の上で焚き火をするキャンパーが増加したことがきっかけで生まれたキャンプギア。

「自然環境を害さずに焚き火が楽しめないか」という想いから、スノーピークでの焚き火台の開発が進められました。

スノーピークの焚き火台の構造

出典:Snow Peak

「火が燃えるスペースは外に開いている形状がよい」という分析結果から、逆四角錐のシンプルなデザインが生まれました。

また、収納のしやすさを考慮して、折りたたみできて持ち運びしやすい形状にすることを決め、脚部にもなるパイプで三角形のステンレスパネルを囲んで4つつなげる構造に決定。

この構造によって収納時は薄いコンパクトな形状になり、使用時は本体を開いて地面に置くだけで簡単にセッティングができるようになりました。

定着までの道のり

出典:Snow Peak

発売当時は「焚き火をするのに台は必要ない」とキャンパーから厳しい評価を受けることになった焚き火台。

しかし、中にはスノーピークの考えに共感して焚き火台を支持するキャンパーも現れ、年々売上が増加していきました。

今では焚き火台での焚き火がマナーとして定着し、スノーピークは焚き火台の先駆けとしてより多くの方の支持を集めるようになりました。

スノーピークおすすめの焚き火台をご紹介

出典:Snow Peak

こちらではスノーピークから発売されている焚き火台の特徴をご紹介します。

商品によって対象人数や機能性、収納性能が異なるため商品購入のときの参考にしてください。

焚き火台 S

出典:Snow Peak

シンプルな構造とコンパクトなサイズ感が特徴の焚き火台 S。

本体を開くだけで簡単にセッティングでき、ステンレスの頑丈さも兼ね備えた商品です。

同社から発売されているグリルネットを使えば網焼きで料理も可能です。また、本体には空気穴が備わっており、小型ながら燃焼効率にも配慮されています。

ソロキャンプやパートナー、友人とのキャンプにぴったりな商品です。

詳細
重量1.8kg
サイズ幅285×奥行285×高さ205mm
材質ステンレス
対象人数1人~2人
公式HP焚き火台 S

焚き火台 M

出典:Snow Peak

2人~3人で利用でき焚き火調理にも適した焚き火台 M。

焚き火台 Sと同じく本体を開くだけで簡単にセッティングでき、ステンレス素材によるタフさも兼ね備えています。

薪を使って焚き火が楽しめるのはもちろん、オプションをプラスすれば炭火調理や鉄板プレートでの調理が可能。焚き火台を使ってちょっとしたBBQを堪能したい方におすすめです。

一生の相棒として使い続けられる強度が備わっている商品です。

詳細
重量3.5kg
サイズ幅350×奥行350×高さ248mm
材質ステンレス
対象人数2人~3人
公式HP焚き火台 M

焚き火台Mスターターセット

出典:Snow Peak

焚き火を始めるために必要なアイテムが一式セットになった焚き火台Mスターターセット。

地面に灰や炭が落ちるのを防ぐベースプレートや、熱源の燃焼効率を上げる炭床Pro、収納時に肩掛けできるケースがセットになった商品です。

焚き火をこれから始めたい方にぴったりな商品です。

焚き火台Lスターターセット

出典:Snow Peak

3人~4人での焚き火にぴったりな焚き火台Lスターターセット。

焚き火台Mスターターセットと同じくベースプレートや炭床Pro、収納ケースが含まれており、グループや家族でのキャンプにぴったりなラインナップとなっています。

焚き火台SR

出典:Snow Peak

焚き火台としてもBBQグリルとしても使える焚き火台SR。

コンパクトに折りたためる小型の焚き火台で、収納時にスペースを圧迫しません。

地面に炭や灰が落ちるのを防止するベースプレートや肩掛けできる収納ケースが付属します。

オプションの焼き網やグリルプレートを使えばBBQも楽しめる仕様になっており、ほかのモデルより調理がしやすい仕様になっています。焚き火だけでなくアウトドア料理もしっかり堪能したい方におすすめな商品です。

詳細
重量4.3kg
サイズ幅480×奥行265×高さ385mm
材質ステンレス
公式HP焚き火台SR

焚き火台を自分流にアレンジ!カスタムアイテムのおすすめ

出典:Snow Peak

こちらでは、スノーピークの焚き火台をアレンジして様々な楽しみ方ができるカスタムアイテムをご紹介します。

自分流に焚き火台をカスタマイズして、キャンプを思う存分満喫しましょう。

野遊びセット 焚き火快適セット

出典:Snow Peak

簡単、快適に焚き火の準備ができるアイテムがセットになった野遊びセット 焚き火快適セット。

焚き火の火付けに便利なフォールディングトーチや火を安全に扱えるファイヤーサイドグローブ、ガス缶が備わっています。

フォールディングトーチは、高火力な上に木製グリップが備わっているため熱さを感じずに利用可能。折りたたみ式で、コンパクトに収納できるのもうれしいポイントです。

ファイヤーサイドグローブは生地が厚くインナーも備わっているためダッチオーブンや薪を掴むのに重宝します。また、後片付けにも使えるため効率よく撤収作業が進められます。

ガーデン焚き火テーブル L

出典:Snow Peak

庭で使う常設タイプの焚き火テーブルであるガーデン焚き火テーブル L。

テーブル中央に焚き火台を置いて焚き火やBBQを楽しめるように作られました。

ステンレス製のため耐久度が高く、部品を差し込むだけで組み立てできる使いやすさも特徴です。

オプションのテーブルを四方に取り付けできるため、家族や仲間と食事をするのにも重宝します。

詳細
重量35kg
サイズ幅1200×奥行1200×高さ400mm
材質ステンレス
公式HPガーデン焚き火テーブル L

焚き火ツールセットPRO

出典:Snow Peak

焚き火と炭火の火加減を調整するのに便利な焚き火ツールセットPRO。

薪や木灰をかき混ぜるのに便利な火かき棒や灰の処理で便利なショベル、燃料の補充に便利な火ばさみが付属します。

持ち手部分には竹集成分が採用されており、熱さを感じずに作業可能です。

シンプルかつ高級感のあるデザインになっており、スタイリッシュに焚き火が堪能できること間違いなしです。使えば使うほど味が出て手になじみ、一生使えるような品質を持ち合わせています。

詳細
重量1.7kg
収納サイズ縦150×横600mm
材質スチール
公式HP焚き火ツールセットPRO

焼アミPro.Mステンレス

出典:Snow Peak

強度な耐久性能が備わった焼アミPro.Mステンレス。焚き火の火力でも劣化しない頑丈さを誇り、サビにくい性質も兼ね備えています。

網の上で焼きものをするのはもちろん、ダッチオーブンを上に置いて使うことも可能。焚き火だけでなくBBQも楽しみたい方に最適な商品です。

詳細
重量1.3kg
サイズ幅389×奥行352×高さ19mm
材質ステンレス
公式HP焼アミPro.Mステンレス

ベースプレートスタンドL/M

出典:Snow Peak

焚き火台に敷くベースプレートの下に置いて使うベースプレートスタンドL/M。

焚き火の熱が芝に及ぼすダメージを軽減するために使います。自然環境に配慮しながら焚き火が楽しめます。

洗練されたシックなデザインと、高い耐久性を兼ね備えた商品。また、構造がシンプルになっており、セッティングや撤収作業も簡単にできます。

詳細
重量1.8kg
サイズ幅440×奥行440×高さ107mm
材質スチール
公式HPベースプレートスタンドL/M

スノーピークの焚き火台でキャンプを快適に楽しもう!

出典:Snow Peak

この記事では、人気アウトドアブランドであるスノーピークの焚き火台についてご紹介しました。

スノーピークの焚き火台はその機能性や収納性、耐久性、デザイン性から多くの方から支持されています。

スノーピークの焚き火台を手に入れて、素敵なアウトドアライフを続けてみてはいかがでしょうか。

TAKIBI編集部のおすすめ記事

【S’more】和柄六面焚火台|おしゃれな和柄デザインが魅力的!

【BUNDOK】バンドックが作るソロ用の焚火台は圧倒的コスパで贅沢な焚き火台【BUNDOK Lotus】

【LOGOS】便利機能がモリモリ!キャンプ初心者の焚火台選びはコレで決まり!~LOGOS the ピラミッドTAKIBI L

予約サイト

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 うずむー

webライターとして世界中のグルメを食べ歩き中!外で汗をかいた後に食べるご飯が美味しいのでアウトドアは大好きです。

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプ飯を楽しくするアイテム!Iwatani(イワタニ)のたこ焼きプレートの特徴を解説
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプ飯を楽しくするアイテム!Iwatani(イワタニ)のたこ焼きプレートの特徴を解説

キャンプでたこ焼きパーティーができたら盛り上がること間違いなし! アウトドア用のカセットコンロを数多く展開しているIwatani(イワ…

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

新着記事一覧へ