キャンプでバーベキューをやろう!必要な持ち物&便利グッズをご紹介

キャンプと言えば、バーベキューが欠かせません。自宅でもバーベキューはできますが、キャンプという非日常的な開放感ある環境下だと、より一層楽しい時間に感じられます。しかし、いざキャンプでバーベキューをしようと思っても何が必要なのか分からず、準備が進まないという方も少なくありません。

そこで今回は、キャンプでのバーベキューに必要な持ち物から、あると便利な持ち物をご紹介していきます。今後キャンプでのバーベキューを計画している方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプでのバーベキューに必要な持ち物を確認しよう!

出典:Pixabay

キャンプでのバーベキューを快適に楽しむためには、しっかりと持ち物を準備することも大切です。キャンプ場でレンタルできるものもありますが、場所によってレンタルできるものが異なるので、あらかじめ何がレンタルできるかをチェックしておきましょう。

キャンプに必要な荷物の他にバーベキューのための荷物が加わると、かなりの量になってしまうので、レンタルできるものはその場で借りて荷物を減らすのもおすすめです。まずはバーベキューに必須の持ち物をご紹介していきましょう。

バーベキューで用意するもの
・BBQグリル、コンロ
・食器、カトラリー類
・鉄板、網
・調理器具
・ラップ、アルミホイル
・火熾し道具
・食材、クーラーボックス
・洗剤、スポンジ、たわし
・ゴミ袋
・テーブル、チェア

BBQグリル・コンロ

出典:PIXTA

バーベキューをする際にBBQグリルやコンロは欠かせません。ただし、多くのキャンプ場でレンタルできるものでもあるので、レンタル可能であれば持参する必要はありません。レンタルしていない場合は、使用する人数に合わせたサイズのBBQグリルやコンロを準備してください。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥9,407 (2022/08/12 20:11:56時点 Amazon調べ-詳細)

食器・カトラリー類

出典:PIXTA

バーベキューには食器やカトラリー類も必須です。使い捨ての紙皿や紙コップは洗う手間なども省けるので後片付けも楽にできますが、その分ゴミが増えてしまいます。洗って再利用できる食器やカトラリー類がおすすめです。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥4,000 (2022/08/12 20:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

鉄板・網

出典:PIXTA

鉄板や網はBBQグリルやコンロをレンタルしているキャンプ場であれば、セットで用意していることが多いです。レンタルしていない場合であれば、持参するBBQグリルやコンロに合わせた鉄板や網を用意してください。使用していくうちに汚れていくので、予備の網も準備しておきましょう。

調理器具

出典:PIXTA

バーベキューで調理する際に必要となります。特にまな板や包丁、トングは調理時に必須となるので、準備しておきましょう。どんな料理を作るかによって、スキレットやダッチオーブンなどの調理器具も用意してください。

ラップ・アルミホイル

出典:PIXTA

ラップやアルミホイルを用意しておくと、非常に便利です。ラップは皿に巻いておくだけで、洗う手間もなく何度も使えます。

アルミホイルがあれば、ホイルの包み焼きなども手軽に作れてメニューの幅が広がります。また、アルミホイルを丸めるだけで金だわしの代わりにでき、食器洗いの際に役立ちます。

created by Rinker
尾上製作所(ONOE)
¥431 (2022/08/12 20:11:59時点 Amazon調べ-詳細)

火熾しに必要なもの

出典:PIXTA

バーベキューでは火熾しが必要となるので、炭や着火剤、ライター、送風できるうちわ、火消し壺、軍手もしくはグローブ、炭用トングなどを用意します。炭はキャンプ場で購入できることもありますが、購入できない場合はあらかじめ購入した炭を持っていかなければなりません。どのくらい使用するかを計算して必要な量の炭を準備しましょう。

着火剤やライター、うちわなどは炭に火をつける際に便利なので持参するのがおすすめです。また、火傷しないように軍手やグローブ、炭用トングも必須になります。後片付け時には火消し壺があると、簡単かつ確実に消火できます。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥880 (2022/08/12 20:12:00時点 Amazon調べ-詳細)

食材・クーラーボックス

出典:PIXTA

食材もキャンプ場で購入できる場合がありますが、そうでない場合やラインナップにない食材を使いたい時にはクーラーボックスに入れて持参します。傷みやすいお肉や魚介類などは冷凍してある状態でクーラーボックスに入れておきましょう。また、クーラーボックスは食材用と飲み物用の2つ用意しておくと便利に使えます。

洗剤・スポンジ・たわし

出典:PIXTA

洗剤・スポンジ・たわしは、後片付けに必須の持ち物になります。再利用できる食器やカトラリーは洗って持ち帰った方が衛生的にもおすすめです。鉄板や網についた汚れは水洗いだけでは落とせないので、洗剤とたわしでしっかりと洗いましょう。

ゴミ袋

出典:PIXTA

バーベキューでは思っている以上に多くのゴミが出ます。使い捨ての紙皿や紙コップ、割り箸などを使用するのであればゴミ袋は必須です。大きめのゴミ袋を分別できるように数枚は用意しておくことをおすすめします。

テーブル・チェア

出典:PIXTA

キャンプでのバーベキューは時間がかかるので、休憩するためのテーブルやチェアも持っていきましょう。折りたたみタイプのテーブルやチェアのセットもあるので、使用する人数に合わせて選んでみてください。

次のページ:プラスアルファで持っていくと便利なアイテム

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

【佐賀県】広川原キャンプ場|高コスパの湖畔キャンプ!
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

【佐賀県】広川原キャンプ場|高コスパの湖畔キャンプ!

佐賀県嬉野市にある、広川原キャンプ場は九州では珍しい湖畔のキャンプ場です。山中の森の中にあるため、平地より涼しく過ごせます。嬉野市の経営で、…

キャンプにあると便利!焚き火台の選び方とおすすめ10選
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプにあると便利!焚き火台の選び方とおすすめ10選

キャンプの醍醐味として人気が高い焚き火を安全に楽しむためには、焚き火台を使用するのがおすすめです。 しかし、アウトドアブームの再来によ…

関東エリアで見つかる料金が安いグランピング施設18選!お得にアウトドアを満喫しよう
キャンプ場紹介【関東】

関東エリアで見つかる料金が安いグランピング施設18選!お得にアウトドアを満喫しよう

手軽に豪華なグランピングを楽しみたいけれど、価格が少し高いと悩むこともあると思います。しかし、グランピングの利用方法や場所によって価格帯は様…

夏キャンプに最適!ポータブルクーラー選びで注目したい6つのポイント
キャンプギア・キャンプ用品

夏キャンプに最適!ポータブルクーラー選びで注目したい6つのポイント

ポータブルクーラーは、車中泊やキャンプなどアウトドアシーンで活躍するアイテムです。テントにはもちろん冷房はありませんし、車中泊をする際もずっ…

マリンシューズやサンダルがAmazonで安い!水遊びの強い味方
ファッション

マリンシューズやサンダルがAmazonで安い!水遊びの強い味方

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

九州・沖縄でグランピングを満喫!おすすめ施設29選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

九州・沖縄でグランピングを満喫!おすすめ施設29選

九州・沖縄には豊かな自然を活かしたキャンプ場やグランピング施設が点在しています。中には個性あふれる施設も揃っており、家族や恋人、友人同士で満…

新着記事一覧へ