【SUBARU】WRX STI 愛車紹介 キャンプ編

こんにちは。
立春が過ぎ、だんだんと春の匂いがしてきてワクワクしているこはるびよりです。
去年は出産に引っ越しにコロナ禍に落ち着かない日々が続いたので、今年はキャンプをしまくるぞ~と意気込んでいます。
そんなキャンプには欠かせない車。我が家はちょっと、いやかなりこだわった車に乗っているので、今回はその愛車紹介をしたいと思います!
とは言っても『車好きで車に詳しい!』というわけではないので、1歳になる子を育てている女性の目線から色々と紹介していけたらなぁと思っています。

WRXSTIとはなんぞや??

スバル WRXSTI(現行モデルは生産を終了しています)
・乗車定員:5名
・燃費:9.4km/L
・排気量:2.0L
・駆動方式:AWD(常時前輪駆動)
・カラー:6色
 
スバルの走りの象徴である、WRX。
この車には“S4”と“STI”という種類があります。
簡単に言うと前者はAT車、後者はMT車。
我が家の車はMT車のWRXSTI。

”STI”というのは、「Subaru Technica International」の略で、主にスバルのオプション品を扱っているブランドです。
そもそもSTIは「SUBARUを世界一に」を使命に、モータースポーツへの対応の必要性から誕生したものなので、とてもパワーがあり性能の良い部品を取り扱っています。
そんなSTIの部品と軽量で優れた水平対向エンジンが使われていることにより、WRXSTIは低重心で安定した走り、上り坂やダートな道でもパワーのある走りが実現できます。

兎にも角にもデザインが良い!!

ちょっとメカニックな話が多めでしたが・・・、「ザ・スポーツカー!」という見た目で、ビュンビュン飛ばせそうな(飛ばしちゃダメです)かっこいい見た目が一番の特徴です。
見た目も性能も良い車なので沢山のファンを魅了し続けています。
デザインが良いので洗車も楽しく、最近は休日に家族で洗車を楽しんでいたりします。

残念ながら、現在は昨今の車の排ガス規制等によりエンジンの生産が終了し、現行モデルのWRXも生産が終了してしまいました。(そのため中古車の価格がぐんぐんと上がっているそうですよ)
気になる方は中古車界隈で探してみてくださいね。

(洗車している様子)

私とWRXとの出逢い

私がWRXと出逢ったのは、約3年前。
そのころ出逢い、付き合っていた主人が乗っていたので知りました。
当時は「スバルってなんの車があるっけ?」「え、今時MTに乗るの・・・」「めちゃめちゃ派手!!」「ブォンブォン鳴るな・・・」と思っており、正直言うとあんまり興味が湧きませんでした(笑)
でも主人が運転する車に乗り、車の良さをたくさん聞いて、助手席に乗っていても、運転の楽しさが伝わってきました。
自動運転も出だした今時にMTを運転しているんですからね~。
とても面白くて、だんだんと興味が湧いていき、「かっこいい!」「私も運転してみたい!」「もっと知りたい!」と思うようになりました。

内装とこだわり

まず何よりもカッコよく、アレンジもどんどんしたくなるのがWRX。
内装とこだわりのポイントを紹介していきます。

WRXの内装はどんな感じ?

我が家のWRXの内装等は標準装備のものです。
ちょっと中身をご紹介しますね。

○シート材質
 →メイン:ウルトラスエード(黒)
  サイド:本革(レッドステッチ+レッドアクセント)
シートのデザインがとてもお気に入りです。
さすがスバル、かっこいい・・・。
息子のチャイルドシートも同じ黒と赤のデザインのものにして統一感を出しました。

○本革巻ステアリングホイール
持ちやすいです。そしてまたまたかっこいい・・・。
因みにプッシュスタート式です。

○マルチファンクションディスプレイ
ここでは時計や外気温・車内気温とその他燃費等の数字が見られます。
誕生日を登録しておくと、エンジンをかけた際にお祝いしてくれたりします。

我が家のこだわりポイント

続いて我が家のこだわりポイントをご紹介します。こだわりポイントはズバリ4つ!

1.大型リヤスポイラー(ハネ)
WRXのオーナーならば、たいていの人はつけたいと思う代物です。
見た目のカッコよさが増すうえに、走りの安定性が向上します。

2.フォグカバー
通常は黒いものがついていますが、我が家では青色のフォグカバーをプラスアルファでつけました。
オリジナリティを出すと共に全体に一体感が出るのでお気に入りです。

3.手作りのステッカー
これは車体のオプションではないですが、我が家の車にはいくつか主人手作りのステッカーが貼ってあります。
主人曰く、サイズ感やデザイン・色など自分の好きなように作ってみたかったため、ステッカーの手作りを始めたそうです。
今では、「Child In Car」のマグネットも自分の好みの色デザインで作って車に貼っています。

4.車体の色
我が家のWRXは、通称“スバルブルー”の「WRブルー・パール」。
とても綺麗で鮮やかな青色で、スバル好きには人気の色になっています。
(因みに結構目立つので駐車場で迷子になりがちな私にはとても助かります(笑))
綺麗な色は見る人を魅了するようで、街中でよく子供たちにかっこいい!といわれることもあり、とても誇らしくなりますよ。

運転のしやすさは?MT初心者でも大丈夫!!

結論から申し上げると、運転しやすいです!楽しいです!
私はAT限定で運転免許を取得したので、MT車はWRXと出逢うまで縁がありませんでした。
AT限定解除の講習を教習所へ受けに行ったのですが、教習車はエンストしやすいのか、コツがよく掴めぬまま教習が終わってしまい、心配だらけのまま晴れて(?)AT限定解除。
その後WRXで練習した時に、運転のしやすさに驚きました!!
性能の良い部品を使っているおかげでパワーがあるので加速しやすく、運転心地がとてもいいです。
車の安定性のおかげで安心感があるので、初心者でも不安なく運転できると思います。

意外と乗り心地が良くて、息子も大好き

私の勝手なイメージかもしれませんが、スポーツカーって乗り心地が悪そうな気がしませんか?
でもWRXはとても乗り心地が良いです!
パワーがあるエンジンなので、今時の「音が静か」とは正反対で車内にエンジン音が聞こえますが、それも醍醐味の一つだと思います。
シートはフィット感があって座りやすく、腰痛持ちの私でも長時間乗っていられるくらいに座り心地が良いです。
そして、車の安定性があるおかげで、車酔いしやすい私と息子はWRXなら酔わないくらいです。(慣れもあるかもしれませんが・・・)

実はキャンプや子育てにも使える!

スポーツカーとキャンプはイメージでは結びつきづらいかもしれませんが、実際はばっちり使えます!

セダンだけど荷物がしっかり入る!

WRXはセダンにしては意外とトランクが広く、大人2人・子供1人分の基本的なキャンプ用品が無理なく入ります。(我が家はベビーカーも入れています)
トランクに積み込む際は、まずコンテナにバラつきやすいキッチン用品等を入れ、テントや椅子、テーブルなどある程度袋にまとまっているものはそのまま積み込んでいます。
そうすることでパズルのように積み込めるので、より綺麗により多く荷物を入れられると思います。
綺麗に見やすく積み込むことで、現地でもストレスなくキャンプの準備に取り掛かれます!

また、我が家はキャンプの際は極力荷物を少なくするように努力しています。(息子がいるとどうしても荷物が多くなりますが・・・)
好きな車でキャンプに行くことが何よりも楽しみなので、それを実現するために、シンプルキャンプを目指しています。

トランクに積み込んだキャンプ用品(積載前)
トランクに積み込んだキャンプ用品(積載後)

実は小さな子供が居ても大丈夫!

我が家は1歳になる男の子がいます。
最初はセダンタイプだし、一応スポーツカーだから子育てには向いていないよなぁ・・・と思っていましたが、意外と大丈夫でした。
チャイルドシートもちゃんと付けられるし、装着しても後ろに大人2人ちゃんと乗れます。
また、後ろのシートはフルフラットになるのでその空間でおむつ替えや授乳も出来ちゃいます。
(もちろんフラットにしなくても余裕でできます)

去年我が家は、生後2か月の息子を乗せてかなり長距離の引っ越しをしました。
その際息子は長時間の車移動でも居心地よさそうにしており、今では車に乗るとかなり興奮する、もしくは速攻で寝ます(笑)
一般的にはWRXは子育てに向いていないと思われがちですが、我が家は、家族でWRXとの生活を不自由なく存分に楽しんでいますよ。

実はキャンプにぴったりな車

WRXはキャンプにぴったりです。

まずは何よりも、写真映え。
WRXは特にキャンプでとても写真映えします。
自然の中に鮮やかな青い色の車、もう注目の的です。

そして、キャンプへ行く際の山道などもスイスイ走ることができます。
キャンプ場へ行く道は坂道やカーブや砂利など走りづらい道が多いと思います。
WRXは四駆なのでぬかるんだ道や砂利道などの悪路でもタイヤがスタックしづらく、走りやすいです。
また、MT車なのでエンジンブレーキが利きやすく、急な下り坂も安心して走行ができます。
この下り坂のエンジンブレーキの利きやすさは、今までAT車しか運転してこなかった私もすごく実感しました。
キャンプ場に行く際の道中で「下り坂+急カーブ」の道があり、かなり怖かったのですが、しっかりエンジンブレーキが効いてくれたおかげでとても安心して運転できました。

まとめ

ここまで、いろいろとWRXSTIについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

WRXは本当に性能の良い車で、乗っていて楽しい車なので、キャンプ場へ行く時の道中の安心感と楽しさ、両方が欲しい方には特にぴったりな車だと思っています。
我が家は家族全員が気に入っているので、今後もWRXとの生活をどんどん楽しんでいくと思います。
正直言うと、まだ私は超絶ビビりながら(特にエンストが怖くて)運転していますが、いつか余裕の顔でかっこよく運転してみたいです。

とても目立つ車だと思うので、キャンプ場で見かけた際はぜひ声をかけて下さいね!

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 こはるびより

アウトドアの楽しさ、仲間が広がる魅力に惹かれて家族で楽しんでいます!これからも最高のソトアソビを...♪

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

44%オフも!ソロキャンプで使えそうなBUNDOKの(バンドック)キャンプ道具をAmazonでピック…

44%オフも!ソロキャンプで使えそうなBUNDOKの(バンドック)キャンプ道具をAmazonでピック…

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプ一回あたりで使うお金はいくら?スタイル別で見えたキャンパーの懐事情

キャンプ一回あたりで使うお金はいくら?スタイル別で見えたキャンパーの懐事情

キャンプは「テントや焚き火台などのキャンプ用品を買いそろえれば終わり」だけでなく、当然のことながら「キャンプ場に行って、テント泊をする」にも…

運搬・収納どんとこい!Amazonタイムセールでケース、ボックス、コンテナなどが安い!

運搬・収納どんとこい!Amazonタイムセールでケース、ボックス、コンテナなどが安い!

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

【栃木県】塩原グリーンビレッジ|冬でも安心してファミキャンできる高規格キャンプ場

【栃木県】塩原グリーンビレッジ|冬でも安心してファミキャンできる高規格キャンプ場

こんにちは。今回は塩原グリーンビレッジで冬キャンプをしてきました。「冬キャンプは寒くてちょっと…」と考えているファミリーキャンパーさんも多い…

【ogawa】全天候型テント「アポロン(Apollon)」の通気性に感動

【ogawa】全天候型テント「アポロン(Apollon)」の通気性に感動

こんにちは。TAKIBI編集部です。 今回の動画は、ogawaのテント「アポロン(Apollon)」の設営&使用動画です。 …

Amazonタイムセール「スポーツ&アウトドア」以外のカテゴリーからキャンプで使えるものを…

Amazonタイムセール「スポーツ&アウトドア」以外のカテゴリーからキャンプで使えるものを…

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

新着記事一覧へ

  • 公式オンラインストア