【Ogawa】「オーナーロッジ タイプ52R」はレトロ可愛いテント

この記事に関連するタグ

キャンプブームの今、キャンプ場では様々な種類のテントを見かけます。
多くのブランドから毎年新しいテントが発売されるなか、100年以上の歴史を持つ老舗アウトドアブランドOgawaからは、レトロな雰囲気満載のロッジ型テントがリファインされて登場しました。
今回は進化した「オーナーロッジ タイプ52R」を紹介していきたいと思います。

ロッジ型テントの特徴

まるで山小屋のようなフォルムをした、どこか懐かしさを感じる温もりのあるレトロな外観のテント。
そんなロッジ型テントにはたくさんの魅力があります。

まずは居住性の高さです。側面が直角に近い角度で立ち上がるためデッドスペースがなく、天井が高いことからテント内でも立ったまま移動することができます。
テントへの出入りをかがまずにできるのは、ストレスもなく嬉しいポイントです。
また、家のような形の見た目から、設営が複雑で面倒なのではと思われがちですが、実際には難しくありません。
特にオーナーロッジタイプ52Rは素材もポリエステル製のため、フライなども比較的軽く、簡単に設営することができます。

スペック

重量
フライ        約3.6kg
インナーテント    約4.0kg
ポール        約9.3kg
総重量(付属品除く) 約16.9kg
付属品        約2.5kg

サイズ
収納時        82×24×36cm
インナーテント    300×220×210(h)

素材
フライ    :ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
インナーテント:ポリエステル68d、T/C(側面一部)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
フレーム   :スチールΦ22mm

最大収容人数:5人

設営のおおまかな流れ

1.収納時はテントとポール、2つのバックに分かれています。

ポールはさらにビニール素材の袋に入っています。
どうしても汚れがちなポールですが、二重になっているためバッグを汚すことなく収納することができます。

2.付属品の内容は、ペグハンマー、スチールピン×15本、張り縄×4本。

3.まずは地面にポールを置き、組み立てる形に各ポールを配置して並べていきます。
あらかじめ並べてから組み立てていくとスムーズです。

脚の部分は伸ばさずに一節折り曲げたままにします。
伸ばしてしまうとこの後にフライをかぶせていくのが難しくなるため、ここで伸ばさないことがポイントです。

4.この状態のままフライをかぶせていきます。
かぶせたら曲げたままだった脚を延ばし、立ち上げてハトメを噛ませてください。

5.内側上部にベルクロテープが4ヵ所あるので、止めたらインナーを取り付けていきます。
インナーは吊り下げ式方式になっています。

6.ペグダウンと張り縄を張って完成です。

初めての設営は、ゆっくり作業しながら30分程度でした。
骨組みさえ組み立ててしまえば特に難しい工程もないため、慣れれば10~15分程でできてしまいそうなほど簡単です。

オーナーロッジタイプ52Rのディティール

今度は細部の特徴を見ていきましょう。

1.フロント
正面は印象的な格子状の窓枠と、両開きドアのような出入口があり、レトロな雰囲気を演出してくれています。
開閉できるようになっていて、メッシュにすることも可能。大きなメッシュ窓は通気性も良く、機能的です。

2.側面の大きな窓
左右両側面にも、開閉可能な大きなメッシュ窓が取り付けられています。
まさに「窓」のように内側から開閉するタイプのため、メッシュにした際も、巻き上げて束ねた部分が外観からは見えません。
見た目もスッキリしますが、雨が降った時に水が溜まらないなどの嬉しいメリットもあります。

3.背面の大型フラップ
背面パネルは別売りのポールを使用すると跳ね上げることができます。
背面も大きなメッシュがあるため、フラップを跳ね上げて小さなタープとして使用することも可能です。

4.背面の三角窓
背面上部にも三角窓のメッシュウインドウが取り付けられています。
天気の良い夜は三角窓を開け、寝ながら星空を眺めることもできます。

5.TC素材のインナー
インナーの天井部分と両サイドの窓下はTC素材が使われ、通気性も配慮されています。
全面に大きな窓があり、メッシュ部分が多いことから、風通しも良く夏場でも涼しく快適に過ごすことができます。
おしゃれなデザイン性だけではない、実用性も高いテントです。

2021年にはTC素材も登場

新作では、フライにもTC素材が採用された「オーナーロッジタイプ52R T/C」が発表されました。
フライの屋根部分だけはポリエステル素材(耐圧性1,800㎜)になっているため、耐水性にも優れており、雨の日でも比較的取扱いしやすい仕様になっています。
可愛らしいホワイトカラーは、ライトアップした際も綺麗に映えること間違いなしです。

まとめ

まずはデザイン性の高いおしゃれな外観に目を奪われていましたが、実際には細部にまで拘りが詰まった、実用性にも長けているテントでした。
1~2人ではリビングと寝室を兼ねた空間として、ファミリーには広々とした寝室として、幅広いシーンで快適に使用することができます。
ヴィンテージテントのような外観でありながら、日本の高温多湿な気候でも対応できるように考え抜かれたテントは、まさに歴史あるアウトドアブランド『Ogawa』ならではと感じさせられます。
自分だけの山小屋をキャンプサイトへ持ち込み、日常にはない時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 morie

CAMPに恋してしまった双子のカカです。大黒柱のトト・男女の双子達と4人でファミリーキャンプを楽しんでます♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »