キャンプ初心者の味方!コスパ最強「KingCamp」の製品をレビューしてみた!

きになるあの子に「今週末、キャンプに行こうよ」と誘われ、二つ返事で「行く!」と快諾したアナタ。
でも待って、実はキャンプ未経験!もちろんテントや寝袋なんかも持ってない!今から揃えるにもお金がかかるし…どうしよう。

そんな時はKingCamp(キングキャンプ)がとても頼れるんです。
コストパフォーマンスが高く、1万円あればテーブル、シュラフ、チェアが揃えられちゃうんです!でも待って、品質は大丈夫なの?
そんな不安にお答えすべく、TAKIBI編集部で製品をチェックしてみました!

KingCamp(キングキャンプ)とは?

出典:KingCamp

Amazonで売られている「低価格なギア」という印象が強いKingCampですが、価格が安いだけではなく品質もしっかりしていると口コミが広がり、瞬く間に人気となった中国のアウトドアブランドです。
日本ではまだまだ認知が低いですが、実は中国国内では店舗を構えるほどの人気!世界中でも販売されており、ますます注目が高まるであろう話題のブランドなんですよ。

KingCamp公式サイト

KingCamp

1万円あれば、とりあえずグルキャンには参戦できる!

「予算1万円以内でなんとかならない?」「キャンプに誘われたけど、とりあえずギアを揃えたい」などなど、キャンプに誘われてOKしたものの、予算的にも時間的にも余裕がない!なんて方も多いのではないでしょうか?

KingCampの製品であれば、1万円という予算内におさめることも可能!ということで、早速見ていきましょう!

①折りたたみミニチェア ¥1,890

折りたたんだ状態はコンパクト!

コンパクトな見た目ですが、脚を広げると立派なチェアに!
ステンレス鋼を使用しているので、とても頑丈!耐荷重は150kgもあるため、体格の大きい方でも安心して座れるでしょう。

座ってみました。ハリのある座面ですが、想像していた以上に心地よいですよ!ロースタイルなので、焚き火を楽しむ際にぴったりかも。

チェアの側面には、キャンプ中に紛失してしまいがちなスマートフォンや財布などを収納できるポケット付き。ステンレスボトルなんかを忍ばせてもいいですね。

使用時サイズ:27×27×23cm
収納時サイズ:38×12×12cm
重量:約650g
座面生地:1200Dオックスフォード生地
静止耐荷重:約150kg

KingCamp折りたたみミニチェアの購入はこちら!

②封筒型シュラフ ¥4,980

さて、まずはミニチェアを設営して一息ついたところで寝袋の感触を確かめていきましょう。

こちらのシュラフは封筒型と呼ばれるタイプで、側面のジッパーを開けて入ることができます。

左右にややゆとりがあり、軽く寝返りを打つ分には問題なさそうです。

コットを使用してみた組み合わせ。

身長178cm、体重69kgという一般体型の僕ですが、かなり快適!シュラフの長さが190cmあるので、足回りも窮屈さを感じることはなく、すぐに寝れそうでした。

快適使用温度が7度〜12度なので、冬キャンプの場合はインナーシュラフやフリース素材のトップスを着るなど防寒対策が必要ですが、春・夏キャンプであれば問題なく使用できるでしょう。

ZZZ。ネテナイデスヨ!

フードを閉めれば、より包み込まれているような感じ。カンガルーの赤ちゃんの気持ちが少し分かるかも。

使用時サイズ:長さ190(本体)30cm(フード)、幅80cm
収納時サイズ:36×Φ18cm
重量:1.5kg
快適使用温度:7℃~12℃
使用下限温度:-3℃

KingCamp封筒型シュラフの購入はこちら!

③折りたたみローテーブル ¥2,580

ミニチェアに合わせるテーブルとしてチョイスしたのが、こちらの折りたたみローテーブル!

超コンパクトなのは言うまでもなく、設営も非常に楽々でした。
こちらのローテーブルのタイプって他のメーカーでもよく見ますが、KingCampは一味違います。

なんと、鉄棒を天板に通すことで、より強度と安定性を確保しているんです!

これにより、テーブルの耐荷重は30kgとめっちゃタフ!ダッチオーブンを置いても問題なしですよ!

使用時サイズ:44×29×15cm
収納時サイズ:46×8×8cm
重量:0.85kg
f:30kg

KingCampミニローテーブルの購入はこちら!

1万円以内で揃えられるセットアイテムのコーディネートはこんな感じ。

どうですか?めっちゃキャンプしてる感じしませんか?これで全て合わせて¥9,450(税込)!
※ローテーブルの上にあるランタンとボトルは含みません。(私物)

グルキャンで「テントや寝床はあるよ〜」って友達や気になるあの子に言われたら、少なくともこの3点あればなんとかなります。

キャンプ場の気温によって、防寒対策などのプラスαの準備があるかもしれない場合は、当日の気温をチェックしておきましょう。それでも不安な場合は友達に何が必要か聞いた方が安心ですよ。

「グルキャンでテントは不要」なんて時には、とりあえず「チェア」「テーブル」「シュラフ」があればなんとかなります!
ただし、冬キャンプの場合はインナーシュラフやホッカイロなどの防寒アイテムを用意しないと寒くて寝られない可能性が高いので、注意しましょう。睡眠は大事です。

KingCamp

3万円以内でキャンプできちゃうセットも!

キャンプに必要なアイテムを全て用意しても3万円以内に収まってしまうKingCampおすすめセットをご紹介!
「まずはキャンプを始めてみたい!」という方には特は是非参考にしてみてください!

①ハイバックチェア ¥4,980

出典:KingCamp

設営わずか60秒で快適な座り心地を体験することができるKingCampのハイバックチェア。
強度のある「超々ジュラルミン」を使用したフレームを採用することにより、耐荷重150kgを実現。体の大きな方も安心して座ることが可能です。

出典:KingCamp
テーブルの脚が円盤状になっているため、柔らかい砂地などでも安定するようになっています。(下の写真)

脚の形状が特殊になっているため、柔らかい砂地でもしっかりと体重を支えてくれます。

出典:KingCamp

また、背中とお尻部分はメッシュ生地でてきているため、汗をかいても快適な座り心地を持続してくれます。暑くなる夏キャンプには嬉しいですね。

使用時サイズ:約66×59×95cm
収納サイズ:46×18×12cm
重量:約1.45kg
耐荷重:約150kg

KingCampハイバックチェアの購入はこちら!

②折りたたみテーブル ¥1,890

出典:KingCamp

KingCampのハイバックチェアと相性ぴったりなテーブル。

出典:KingCamp
組み立ても簡単!

折りたたみ式なので、収納時もコンパクトで持ち運びしやすく、軽量です。

出典:KingCamp

アルミ製の天板は防水加工が施されており、雨などで濡れてもサッと一拭きできるため、お手入れも簡単!

出典:KingCamp

使用時サイズ:40×34×32cm
収納時サイズ:約45×14×7cm
重量:0.95kg
耐荷重:20kg

KingCamp折りたたみテーブルの購入はこちら!

③クッカーセット(1〜2人用) ¥2,500

出典:KingCamp

鍋2種(浅型と深型)、ボウルやスプーンなどがセットとなったクッカーアイテム。
ラーメンやレトルトカレーを湯煎するなどん簡単な調理はもちろん、お皿として使用することもできるキャンプ必需品です。

出典:KingCamp

鍋自体にノンスティック加工が施されているため、焦げ付きにくく使い勝手の良さも魅力です。

使用時サイズ
深型鍋(1L):Φ15cm×7cm
浅型鍋(0.6L):Φ15.5cm×3.7cm

収納時サイズ:Φ15.5×9cm
付属品:ボウル×2、ひしゃく×1、スプーン×1、クリーンスポンジ×1

KingCampクッカーセット(1〜2人用)の購入はこちら!

④インフレータブルエアーマット ¥3,280

出典:KingCamp

快適な睡眠には、欠かせないマット。

出典:KingCamp

マットを広げてバルブを緩めると半自動で空気が入るため、とっても簡単!収納時も丸めるだけなので、初心者でも素早く撤収することができるのも嬉しいポイントです。

出典:KingCamp

身長が高い方でも快適に使用できるよう3サイズ展開。3,000円台で購入できるマットとしては、かなりコスパの良い分類に入るでしょう。

使用時サイズ
KM3595:約183×51×厚さ3cm
KM3596:約190×幅60×厚さ3.8cm
KM3597:約198×幅63×厚さ5cm 

収納時サイズ
KM3595:約Φ16×29cm
KM3596:約Φ19×高さ33cm
KM3597:約Φ15×高さ67cm

重量:約1.2kg(サイズにより若干異なります)
付属品:収納ケース
材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム

KingCampインフレータブルマットの購入はこちら!

⑤ワンタッチツーリングテント(2〜3人用) ¥8,999

出典:KingCamp

その名の通り、ワンタッチで設営ができるテント。
雨や日光から守ってくれるフライシートとインナーテントの2層で構成されており、フライシートを広げてサンシェード代わりにも活用できる2way仕様となっております。

出典:KingCamp
テントとしてだけでなく、サンシェードとしても使用可能!

テントには2つ出入り口が設けられており、通気性も抜群!出入り口の内側はメッシュ生地となっているので、虫の侵入も防ぐことができます。

出典:KingCamp

定員は大人2人〜3人となっていますが、荷物をテント内に保管することも考えると1〜2人の仕様が適当でしょう。

使用時サイズ:200×180cm×(h)130cm
収納時サイズ:77×16cm
重量:3.9kg

KingCampワンタッチツーリングテント(2〜3人用)の購入はこちら!

⑥LEDランタン ¥1,580

出典:KingCamp

夜になると明かりは必須!ということでLEDランタンのご紹介。

出典:KingCamp
テントの天井に吊るせるフック付き。

最大220ルーメンとなっているので、テント内の明かりを確保するのに十分な光量です。

出典:KingCamp
単4形電池4本で点灯。

電池で点灯するタイプなので、予備電池を忘れず持っていく必要がありますが、コンパクトで携行性が高いため、荷物を節約したい方にもおすすめ。

出典:KingCamp

ダイヤルを回せば光量を調整できるため、真っ暗の中の就寝は苦手…という方でも安心です。

サイズ:Φ95×185mm
光量:最大220ルーメン ※無段階調光可能
電池:単4形×4本
連続点灯時間:25時間
重量:約291g

KingCampLEDランタンの購入はこちら!

⑦マミー形シュラフ ¥3,580

出典:KingCamp

これがないとキャンプの夜は越せない!と言っても過言ではない寝袋。

出典:KingCamp

体を包み込んでくれる感覚がたまらないマミー型となっており、裏地はサラサラとした心地よい肌触りで快適に休むことができます。

出典:KingCamp

内側には収納ポケットが付いてるので、スマートフォンや財布などの貴重品をしまうことも可能。

使用時サイズ:215x75x50cm
収納時サイズ:24ⅹΦ14cm
重量:0.75kg
快適温度:16℃
制限温度:13℃
極限温度:3℃

KingCampマミー型シュラフの購入はこちら!

KingCamp

今買うとおトクなキャンペーンも!

キャンプ人気が高まる中、お呼ばれキャンプの機会もますます多くなると思います。「キャンプに誘われたけど、まだキャンプ用品持ってない!」という方は低価格で高品質なKingCamp製品がおすすめ!

デザインもシンプルなものが多いので、キャンプ入門編として選ぶにも最適ですよ!

そして、この記事を読んでいただいた方に朗報!
5,000円以上購入で使える700円引きクーポンをプレゼントいたします!KingCampさん太っ腹っす!

TAKIBI専用クーポンコード:08TNQ95FVQWW

クーポンの使い方は、購入ページにある「ギフトカードまたはクーポンコード」の欄にTAKIBI専用クーポンコードを入力するだけ!それだけで700円引きとなります。
これはお得ですね!

そのほかにも、10パーセントOFFになるアイテムが毎週変わったり、KingCamp公式インスタグラムをフォローするだけで当日使える500円引きクーポンがもらえるなど様々なキャンペーンも展開中!
詳しくはKingCamp公式サイトをチェックしみてください!

KingCamp公式インスタグラムはこちら!

この記事を書いた人 よねじぃ

「歩く」「サイクリング」をこよなく愛するシティボーイ。 山に登れば自然とにやける姿は不審者の極み。 キャンプでは料理担当。

TAKIBIキャンプ場予約

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア