どれを選べばいい? キャンプに持っていくバーナー

この記事に関連するタグ

アイキャッチ画像出典:Photo AC

お湯を沸かしたり料理を作ったりと、アウトドアで大活躍してくれるシングルバーナー。キャンプに行くときにはぜひ持っていきたいアイテムのひとつです。

シングルバーナーは燃料や形状によって種類が分かれていて、それぞれの特徴をしっかり理解していないと、自分のキャンプスタイルに合わないものを購入してしまう可能性も…!

そこで今回は、シングルバーナーの購入を検討している方のために、種類による特徴や選ぶときのポイント、おすすめのバーナーなどを紹介していきます!

キャンプ用バーナーの燃料

出典:PhotoAC

バーナーの燃料は大きく分けて3種類。それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

ガス

出典:Unsplash

最も手軽に使用できる、初心者におすすめのタイプです。
ガス燃料には、CB缶とOD缶の2種類があります。

CB缶

CB缶は「Cassette Gas Bombe(カセットガスボンベ)」の略。家庭用カセットコンロで使う燃料と同じものなので、使い慣れている方も多いと思います。
スーパーやコンビニで安価に購入できるのがメリットです。しかし、このタイプは低温に弱く、気温が10℃を下回ると火力が落ちてしまうこともあります。

OD缶

OD缶は「Outdoor(アウトドア)」の略。その名の通りアウトドアでの使用を目的に作られていて、低温でも充分な火力を発揮してくれます。また、ガスランタンなどOD缶を使うキャンプギアは豊富なので、燃料を共有できるというメリットも。
OD缶はアウトドアショップやホームセンターに販売が限られていて、またCB缶に比べて価格も高くなります。

ホワイトガソリン

CB缶、OD缶と比べてリーズナブルに入手できます。
低温にも強く、氷点下の雪上キャンプでも使えるタイプです。燃料に圧力をかける「ポンピング」という作業が必要で、使用時に手間がかかってしまうというデメリットがあります。

灯油

出典:Adobe Stock

ガソリンスタンドなどで入手しやすく、コストも安く抑えられます。
寒さに強いのも魅力ですが、取扱いには注意が必要。
日本では灯油を燃料とするバーナーはあまり使用されていません。

キャンプ用バーナーの形状

出典:Adobe Stock

シングルバーナーは使用時の形状によって、「一体型」「分離型」に分かれます。燃料だけでなく、この形状によっても使い勝手は大きく変わるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう!

一体型シングルバーナー

出典:Adobe Stock

クッカーを載せるゴトクと燃料缶が一体になったシンプルな構造のバーナー。軽量でコンパクトに収納できるのがメリットです。ゴトクに高さがでるので、安定性に乏しいという欠点があり、複数人分の調理や重い鍋を載せるのには不向きです。

分離型シングルバーナー

出典:Adobe Stock

燃料缶とゴトクが分かれていて、ホースで繋がっている形の分離型バーナー。ゴトクをテーブルや地面に置けるので安定性があり、大きめのクッカーでも使いやすいです。使用時や収納時には、一体型よりもやや場所をとってしまいます。

キャンプ用バーナーを選ぶときのポイント

出典:Unsplash

ここまで、燃料やバーナーの形状によるそれぞれの特徴を紹介してきました。実際にバーナーを購入するときにはこれらの特徴を踏まえながら、自分のキャンプスタイルに合うものを選びます。「ソロかグループか」「冬にもキャンプをするのか」などを考慮しつつ、以下のポイントからどの項目を優先させるか決めておきましょう!

扱いやすさ

これからキャンプデビュー・バーナーデビューする初心者の方には、扱いやすさがピカイチのガス式バーナーがおすすめです。
暖かい時期のキャンプがメインならCB缶でOKですが、冬キャンプもするならOD缶専用を選ぶと良いでしょう。

燃料の入手しやすさ

アウトドアショップが近隣にない方、キャンプの準備にかける時間がしっかりとれない方は、燃料が手に入りやすいCB缶用のバーナーがおすすめ。
スーパーやコンビニで購入できるので、事前に燃料を買い忘れてもキャンプ場に向かう途中で調達できます。

携帯性

ソロキャンプがメインで荷物は最小限にしたい方、登山にもバーナーを持っていきたいという方は、軽くてコンパクトな一体型に絞って探してみましょう。一般的に、CB缶よりもOD缶用の一体型バーナーの方が小さく収納できます。

コストパフォーマンス

頻繁にキャンプで使用するので燃料費を抑えたいという方には、コストパフォーマンスに優れたホワイトガソリン用バーナーがぴったり。回数を重ねてキャンプに慣れた方なら、ポンピングなどの作業もスムーズにできそうです。

寒冷地での火力

ハイシーズンの春~秋だけでなく冬もキャンプをするという方は、寒さに強いOD缶用バーナーを選ぶようにしましょう。雪の中でもキャンプをするという方は、より火力の強いホワイトガソリン用を選んでおくと安心です。

おすすめのキャンプ用バーナー

出典:Adobe Stock

比較的初心者にも使いやすい、おすすめのシングルバーナーをピックアップしてご紹介します。

SOTO(ソト) アミカス SOD-320

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320 キャンプストーブ OD缶用 シングルバーナー キャンプ ガ...

点火装置が使いやすく、防風機能も優秀で初心者にはとくにおすすめのシングルバーナー。4本ゴトク採用で、一体型ですがクッカーを比較的しっかり支えてくれます。

形状:一体型
燃料:ガス式OD缶
本体サイズ:幅7.6×奥行10×高さ8.6cm(使用時本体のみ)
本体重量:81g
収納時サイズ:幅4×奥行4.3×高さ7.5cm
発熱量:3.0kW(2600kcal/h) ※気温25度無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出
使用時間:約1.5時間(SOD-725T 1本使用時)、約0.7時間(SOD-710T 1本使用時) ※気温25度無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出
材質:バーナー、器具栓つまみ=ステンレス、点火スイッチ=樹脂

EPI(イーピーアイ) REVO-3700ストーブS-1028

EPI(イーピーアイ) REVO-3700ストーブ(日本製) S-1028

コンパクトなバーナーながら火力が強く、とくに防風性が抜群です。風が吹く中でも充分な火力を保ち、難なく料理ができます。

形状:一体型
燃料:ガス式OD缶
使用時サイズ:86×15.2cm
重量:111g
収納時サイズ:89×52×54cm
出力:3,700kcal(230R使用時)
最高出力:4,200kcal(230パワーガス使用時)
ガス消費量:308g/h
燃焼時間:60分

SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330

SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330

グループキャンプやファミリーキャンプにもおすすめの分離型で、大きな鍋を載せても安定します。マイクロレギュレーター搭載で、CB缶ながら低温時も比較的安定した火力を発揮してくれます。

形状:分離型
燃料:ガス式CB缶
本体サイズ:幅41×奥行12×高さ9cm、重量245g(本体のみ)
収納時サイズ:幅11×奥行7.5×高さ9cm
発熱量:2.9kW(2,500kcal/h) ※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時) 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。
使用容器:新富士バーナー、SOTO製品専用容器(ボンベ)
点火方式:圧電着火方式

Coleman(コールマン) スポーツスターII 0508A700J

コールマン スポーツスターII(プラスチックケース付) 0508A700J

コールマンの定番シングルバーナーとも言われる人気商品。ホワイトガソリン燃料式で気温の変化をものともせず、力強い火力を保ってくれます。

形状:一体型
燃料:ホワイトガソリン
火力:最高時約2,125kal/h
燃料タンク容量:約520cc
燃焼時間:約1.5~3時間
サイズ:約直径14×14(h)cm
重量:約960g
使用ジェネレーター:400C289C
付属品:プラスチックケース

SOTO(ソト) MUKAストーブ SOD-371

ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

ガソリン用のバーナーながら、ポンピングやメンテナンスがシンプルで扱いやすいのが特徴。点火も火力調整もスムーズです。自動車用ガソリンも使えるので緊急時にも活躍してくれます。

形状:分離型
燃料:ガソリン
本体サイズ:幅13.5×奥行13.5×高さ80cm
重量:160g(本体+ホース)
材質:バーナー=アルミダイキャスト、ゴトク・スタビライザー=ステンレス、ポンプ本体・ダイヤル=樹脂、ポンプハンドル=真鍮(ニッケルメッキ)、ホース=フッ素ゴム(中)・ステンレス(外)、ピストンシリンダー=アルミ
原産国:日本
収納時サイズ:幅8×奥行6.5×高さ8cm
付属品:専用収納ケース、風防、メンテナンスキット
発熱量:4.7kW(4,000kcal/h)

まとめ

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

キャンプ用シングルバーナーは、燃料や形状によって使い勝手が大きく異なります。
他のキャンプギアのように、「デザインが気に入った!」「価格がリーズナブル!」という点だけで購入するのは避けた方が良いでしょう。
この記事を参考にそれぞれの特徴を押さえて、あなたにぴったりのシングルバーナーを見つけてくださいね!

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 うのさく

愛しのSUZUKIハスラーとあちこち出かけています。夫または友人と2人キャンプがメイン。焚き火を眺めながらのビールが大好き

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »