キャンプに質の良い眠りを!エアーマットの選び方とオススメ紹介!

この記事に関連するタグ

キャンプは楽しいけれども、シートを敷いていても硬い地面の上で寝るので、「寝苦しい」「起きたら体が痛いのが不満」などと感じている方は少なくありません。キャンプといえども、快適な睡眠をとりたいものですよね。

そんなときには、エアーマットを使ってみてはいかがでしょうか?まるで自宅のベッドで眠っているかのように、気持ちよく眠ることができますよ!ここでは、エアーマットの選び方とオススメのアイテムを紹介します。

キャンプの寝不足解消!エアーマットの選び方

快適な睡眠を手に入れられるエアーマットの選び方について解説します。エアーマットは、大きく分けて、エアー注入式とインフレーター式に分けることができます。それぞれについて確認しておきましょう。

コンパクト重視ならエアー注入式

エアー注入式は、ポンプを使って空気を入れて膨らませるタイプのエアーマットです。適度な浮遊感を得ることができるので、寝心地がよいでしょう。また、空気を抜けば非常にコンパクトに収納することができます。持ち運びもとても楽にできるでしょう。ただし、準備や片付けの際に、空気を出し入れする手間や、取り扱いを誤ってしまうと、破裂させてしまい、穴が開いてしまって使えなくなってしまうなどのリスクがあります。

らくらく自動膨張!インフレーター式

インフレーター式は、なかにスポンジなどが入っているマットであり、バルブを開くことで自動的に空気が入り込んでフカフカの状態にすることができるエアーマットです。空気注入式に比べて、準備がとても楽で片付ける際も空気を抜きながら丸めていき、最後にバルブを閉めるだけで収納することができるでしょう。デメリットとしては、収納したとしても空気注入式に比べて大きくかさばりやすくある程度荷物になる可能性があるでしょう。

キャンパーの負担を減らしてくれるコンパクトなエアーマット3選

ここでは、コンパクトに収納できるオススメのエアーマットを3つご紹介します。

ペットボトル大にまとまっちゃう!枕一体型のエアーマット

「RioRand」のエアーマットは、非常にコンパクトになるのが特徴です。収納時にはなんとペットボトル大になるので、リュックの隙間に軽く収納することができるでしょう。また、エアーマットには珍しく、枕が一体型になっているので、「枕がないと眠れない」という方にもオススメ。

枕の部分は、エアーマットとバルブが別になっているので、枕の膨張程度を好みに合わせて変えられるのもうれしいポイントです。素材は、ナイロンとTPU素材により肌触りがよく、防水なので手入れもしやすいでしょう。耐荷重200~300kgなので、体格の大きな方でも快適に過ごすことが可能です。

2分間踏み続けるだけで簡単ベッド作り!TOOGE エアーマット

「TOOGE」のエアーマットは、ポンプなどを必要としないタイプのエアーマットです。マットの中にスポンジポンプが内蔵されており、手で押したり、足で踏んだりすると空気が入れられる仕組みとなっています。初めてでも2分、慣れると1分程度で完成するのでとっても簡単です。

ポンプを持ち運ぶ必要がないので、荷物を少なくすることが可能です。エアー部分は、10cmの厚みがあるので、地面の硬さや冷気をシャットアウトできます。さらに、体の曲線にフィットさせることができるので、心地よい眠りへいざなってくれることでしょう。

車中泊にもオススメ!FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 Sサイズ 自動膨張マットレス

「FIELDOOR」の車中泊マットは、バルブを開くだけで自動的に膨らんでくれる便利なエアーマットです。車中泊マットとなっていますが、キャンプでの使用も問題ありません。セッティングは、バルブを開くだけであり、収納する場合も丸めて空気を抜いて、最後にバルブを閉めるだけで簡単に収納することができるでしょう。

なかに高密度ウレタンフォームが入っているので、寝心地は抜群です!また、シングルタイプではありますが、ボタンがついているので、複数購入して連結することでつなげて広くすることもできます。

アウトドアブランド「コールマン」のエアーベッド 


Instagram:@ayamiwd

アウトドアブランド「コールマン」からは、エアーマットではなくエアーベッドというアイテムも展開しています。空気を入れることで、まるでマットレスのようになるので、より快適な睡眠を得ることができるでしょう。

パンクに強い二重構造!コールマン(Coleman) エクストラデュラブルエアーベッド ダブル

「エクストラデュラブルエアーベッド ダブル」は、軽くて扱いやすいエアーベッドです。ダブルレイヤー構造でパンクに強いので、アウトドアでの使用に最適といえます。ダブルサイズなので、これ1枚あるだけで、キャンプ内で大人2人と小さな子ども程度であれば、十分快適に眠ることができるでしょう。ダブルロックバルブなので、いきなり空気が抜けてしまう心配もありません。

軽量でコンパクト!コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス シングル

「コンフォートエアーマットレス シングル」は、非常に軽量でコンパクトに収納できるエアーベッドです。余り荷物を増やしたくないという方にもオススメとなっています。また、ダブルのエアーベットの場合、隣の人が寝返りをうってしまうとベッド全体に振動が伝わりますが、シングルを2つ用意しておけば、自分のエリアには振動が伝わりません。

より快適な睡眠をしたい場合は、シングルのエアーベッドを2つ用意するのも良いでしょう。このエアーベッドもダブルロックバルブなので、安心して使用できます。

コールマンエアーベッドの気になる口コミは・・・。

コールマンのエアーベッドは、その厚みからも比較的多くの空気が必要となります。1日程度であれば、それほど気にならないかもしれませんが空気が徐々に抜けていくので、定期的に空気量をチェックして補充する必要があります。

また、比較的大きなものなので広いテントでないと場所を取ってしまい、邪魔に感じるといった口コミもありました。そのため、使用日数が短くて、テントも広くて天井高があるようなものであれば、不満に感じることなく快適に使用することができるでしょう。

手間暇入らずの電動エアーベッド!オススメ3選 


Instagram:@sizsiz321

電動エアーポンプを使って簡単に膨らませるエアーベッドもあります。

ゆったりくつろげるダブルサイズ!Deeplee エアーポンプ(別売)電池式 電源不要 エアーマット

「Deeplee」のエアーベッドは、厚みが約23cmと非常に分厚くなっています。そのため、マットがしっかりと体を包み込んでくれるので、快適な睡眠をすることができるようになっています。体を支える部分は、柔らかく寝心地の良い素材が用いられています。滑りにくいので、不快感も少ないようです。

別売りの電池式電動ポンプを使用することで、3~5分程度で空気入れを完了することができるようです。ダブルサイズなので、2人での使用はもちろんのこと、1人でゆったりと使いたい場合にもオススメです。

フロック表面加工で滑らかな肌触りを実現!Sable エアーマット エアーベッド

「Sable」のヘアーベッドは、滑らかな肌触りが特徴的なエアーベッドです。フロック表面加工を採用しています。また、ベッド内部はI形構造であり、高強度の繊維を採用しているので、耐久性が高いです。体型や姿勢にあわせて、常にフィットした状態になるため、耐圧分散を実現し、より安定した睡眠をすることができるでしょう。電動ポンプ付きも選べるので、別途購入をし忘れる心配もありません。

柔らかな触り心地が安眠サポート!Etekcity エアーベッド 膨らむエアーマットレス

「Etekcity」のエアーベットは、触り心地が抜群なのが特徴です。天面は、起毛加工となっているので柔らかく、まるで本当のベッドで寝ているかのような気分になれるでしょう。また、起毛部分は耐水加工が施されているので、表面を乾いたままに保って快適性を保つことができます。底面は、PVC素材となっているので、ズレにくい構造となっています。電動ポンプを使えば、5分程度で膨らませることができるでしょう。

ニトリにエアーベッドって売ってるの? 

安くて寝心地のいいマットレスを販売しているお店というと、「ニトリ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?ニトリでは、さまざまなベッドやマットレスが販売されていますが、残念ながら現在のところ、エアーベッドの展開はしていません。

折りたたみマットレスならアウトドアで使えなくもない?

ただし、コンパクトなマットレスとして、折りたたみマットレスの商品展開はされています。3つ折りや6つ折りにすることができるので、収納時は小さくすることができるでしょう。ただし、あくまでも家庭用として小さくなるということなので、エアーベッドのようにコンパクトになることはありません。アウトドアでも使えないことはないですが、大きな車であってもある程度場所を取ってしまうでしょう。

エアーマットはコストコでも買える

実は、コストコでもエアーマットを変えることはご存じでしょうか?会員制の大型スーパーということで、ついつい食品や家具に目が映ってしまいますが、アウトドア用品もたくさん売っているのです。テントやタープはもちろんのこと、エアーマットもいろいろな種類のものが販売されています。コストコらしい、お得な価格になっているので、近くにお店があるのであれば、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

次のページ:一石二鳥♪室内でも使えるエアーベット!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

  • Campify

TOPへ戻る

TOP

Translate »