【兵庫県】神戸三田アウトドアビレッジTEMILでキャンプをやっテミル!ファミリー限定のサイトへ泊まってみた

こんにちは!そらです!
今回は、兵庫県の三田市にある神戸三田アウトドアビレッジTEMILに行ってきました!

元々は「伊丹市立野外活動センター」だった施設を、民間の手で新たにリニューアルしたキャンプ場。
2018年に本格オープンということで、まだあまり知られていない部分もたくさんお伝えしていきたいと思います!

神戸三田アウトドアビレッジTEMILのおすすめポイント
・大阪市内から1時間半とアクセスしやすい
・子供連れファミリーのみが利用できるサイトがある
・綺麗なトイレが24時間使える
・遊び道具が無料で借りられる
・車横付け可能
・手ぶらで利用できるプランがある
・子供向けの体験イベントが豊富

神戸三田アウトドアビレッジTEMILの気になるポイント
・夏場は日陰になる場所が少ない
・サイト内のトイレは少し古い(新しいトイレは徒歩1分程度の管理棟にあり)
・大型遊具などの設置はない
・テントサイト宿泊者は浴室利用不可(シャワー棟の利用は可)

キャンプ場概要

出典:神戸三田アウトドアビレッジTEMIL
詳細
営業時間通年
(定休日 火、水曜日)
利用時間チェックイン
13:00~
チェックアウト
~11:00
デイキャンプ
10:00~17:00

アーリーチェックイン
最大 12:00〜
レイトチェックアウト
最大 ~15:00
※当日現地にて
 希望でも可
※予約状況による
料金大人 3,300円
中学生・高校生 3,300円
小学生 2,750円
幼児 無料
駐車料金無料
車横付け
電話番号079-569-1016
(営業日の10:00〜17:00)
公式サイト神戸三田
アウトドアビレッジ
TEMIL
SNSInstagram
Facebook
アクセス三田インターより
車で20分

詳しくはアクセス案内
ご確認ください。
住所兵庫県三田市
木器字南下山1266-10

受付・管理棟

体育館の横を通り、フロント前の駐車場まで車を走らせます。
「TEMIL」の大きな看板がある建物「TEMIL BOX」がフロントです。

すべての利用者はこちらで受付をします。2階は宿泊施設になっています。

受付表(利用する全員の氏名、住所、連絡先)を記入し、検温をします。
受け取ったファイルの中に、利用案内、エリアマップ、ゴミ捨て場の鍵、アルコール消毒液が入っています。

ゴミ袋は指定のものを利用し、それぞれ分別が必要です。
また、ゴミ捨て場は鍵がかかっているので、受付の際に受け取った鍵をなくさないようにしましょう。

一通りの説明を受け、チェックインまで時間がある場合はTEMIL BOXの前にある広場などで遊ぶことができます。
(チェックイン13:00〜)

大きな遊具などはありませんが、遊び道具の無料貸し出しがとても充実していました。

フロント

TEMIL BOXは24時間出入り可能ですが、フロントの営業は8:00〜20:00となります。

TEMIL BOX内にあるもの
・休憩できるテーブルやソファ
・子ども向けの絵本
・綺麗なトイレ
・軽食、飲み物、必要最低限の物の販売
・薪の販売(1束1,000円)

サイト紹介

TEMILには主に4つのテントサイトがあります。

・テントサイトエリア(駐車場から少し距離あり、車横付け不可)
・TEMILガーデンテントサイトエリア(子連れファミリーのみ、車横付け可)
・リバーサイドテントエリア(デイキャンプ、BBQ)
・レインボーテントサイトエリア(2区画。バーベキューサイトエリア内)

その他の宿泊タイプは以下の3種類。

・TEMIL BOX(和室、10名以上)
・山小屋(最大30名まで可)
・バンガロー(4名定員)

また、日帰りのバーベキューサイトエリアもあります。

この日は早めに到着したので、先に受付を済ませ、広場で遊んだり施設内を探検したりし、アーリーチェックインで12:00〜サイトを利用させていただきました。
アーリーチェックインは当日希望でも対応していただけるので、早く到着した場合は検討してみてもいいですね。

チェックインの時間になったら、TEMIL BOX前にある駐車場から少し車を走らせ、今回のサイトの入り口に到着です。
(歩行者専用通路を利用した場合徒歩1分)

TEMILガーデンテントサイトエリア(今回宿泊したサイト)

今回は、子連れファミリー限定の「TEMILガーデンテントサイトエリア」というサイトを予約しました。

広々とした綺麗な芝生の広場で、トイレ、炊事場が設置されているのみのシンプルなサイトです。
車乗り入れ可能の全面フリーサイトなので、好きな場所にテントを設営することができます。
どこに設営してもトイレや炊事場までの距離はさほど変わりません。

我が家は一番乗りだったので、サイト内一番奥の木の前に設営しました。
今回はスノーピークのエントリー2ルーム、エルフィールドでのキャンプです。
(下の写真は、一番乗りでまだ誰も来ていない時に撮りました。)

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥102,000 (2022/09/26 01:03:05時点 Amazon調べ-詳細)

この日は7組の家族が利用していましたが、隣同士かなり広さに余裕があり、のんびりゆったりとしたキャンプができました。

傾斜がある箇所も少しありましたが、基本的には平坦で利用しやすいなと思いました。
地面は硬すぎず緩すぎず、ちょうど良い状態でした。

炊事場の横に歩行者専用通路があり、TEMIL BOXまで徒歩1分程度です。
そちらの綺麗なトイレも利用することができます。

広場に遊具などはありませんが、大きな芝生の山があり、登ったりボールを転がしたりして遊ぶことができました。

リバーサイドテントサイトエリア

日帰り利用のリバーサイドテントサイトは、TEMIL BOX前の広場の向かいにあります。

その他のサイト

レインボーテントサイト

他のテントサイトはTEMILガーデンテントサイトエリアから少し離れた場所にあり、林間の区画サイトといったような雰囲気でした。
荷物はリヤカー(レンタル可)を使って坂道を上がるので、少し大変そうだなと感じました。

ソロなどでギアが少ない軽量キャンパーの方に向いているサイトだと思います。

玄人のみ利用できるソロテントサイトもあります。

次のページ:少し足を伸ばすと観光スポットが複数ある!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 そら

生きている、を感じられるアウトドア。もっともっと人生をわくわくしたい!週末は家族でキャンプが日常です◎

資格 栄養士

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方
キャンプギア・キャンプ用品

キャンプで調理するなら熾火がおすすめ!熾火の作り方や薪の選び方

熾火(おきび)は、着火した炭や薪が炎を上げることなく、芯が真っ赤に燃えていることを指します。炎は上がっていませんが、かなりの高温です。焚き火…

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】
キャンプ場紹介【中国】

【広島県】グランドーム瀬戸内しまなみ【グランピング施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は広島県の「グランドーム瀬戸内しまなみ」にご協力いただきました。 グランドー…

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選
キャンプ場紹介【九州・沖縄】

癒されたい時におすすめ!九州地方の温泉付きグランピング施設14選

グランピングに訪れる目的は人それぞれで異なりますが、自然の中で疲れを癒したいという人も多いはずです。いつも頑張っているご褒美に、温泉付きのグ…

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】
キャンプ場紹介【北海道・東北】

【福島県】御沢野営場【キャンプ施設インタビュー】

TAKIBIのアウトドア施設インタビュー企画! 今回は福島県の「御沢野営場」にご協力いただきました。 御沢野営場は福島県喜多方市…

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonで買えるキャンプ用寝具で快適睡眠宣言!数量限定セール品も

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群
ファッション

キャンプにおすすめのアウトドア用財布21選!機能性は抜群

皆さんはキャンプへ行く時、普段使っている財布をそのまま持っていきますか?キャンプなどのアウトドア・レジャーにも財布は必要不可欠ですが、大切な…

新着記事一覧へ