【埼玉県】ケニーズ・ファミリー・ビレッジ|川と山に囲まれたアットホームなキャンプ場!

投稿日:2021年5月10日 | 最終更新日:2021年8月18日

本記事は一部にプロモーションを含みます

こんにちは!林間キャンプ、湖畔キャンプ、草原キャンプ…と、毎回ロケーションを変えてキャンプをしているうのさくです。

今月は川辺キャンプを楽しむべく、埼玉県飯能市にあるファミリー向けのオートキャンプ場「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」へ行ってきました!

リピートしたくなるような素敵なキャンプ場だったので、今回はその魅力や、設備などの情報についてお話ししたいと思います。

キャンプ場概要

自然豊かな埼玉県飯能市にあるキャンプ場。
サイトは基本的にファミリー専用ですが、ソロ・カップル・グループ全員が25歳以上の場合も利用できます。

営業期間:通年営業(火・水曜日不定休)

利用時間
●チェックイン
一般・河原サイト11:30~15:00
ログハウス各種・常設テントサイト13:00~15:00
夏季河原サイト9:00~14:00
●チェックアウト
宿泊10:30まで
日帰り17:30まで

料金
●施設利用料
大人(中学生以上)880円
子ども(1歳~小6)440円※0歳児は無料
ペット440円
●サイト使用料
・一般サイト
 宿泊3,850~9,900円、日帰り2,310~7,920円
・一般サイトミニ
 宿泊2,200~7,260円、日帰り1,650~5,940円
・河原サイト
 宿泊2,750~7,700円、日帰り1,650~6,380円
・ミニログハウス
 宿泊8,250~28,600円、日帰り5,500~24,200円
・ミニログハウスプラス
 宿泊11,000~31,900円、日帰り6,600~27,500円
・ログハウス
 宿泊15,400~44,000円、日帰り11,000~37,400円
・常設テントサイト
 宿泊19,800~39,600円、日帰り16,500~34,100円

駐車料金:自動車2台目以降1,100円/バイク3台目以降330円
車横付け:可能。区画内に駐車

電話番号:042-979-0300
公式サイトhttps://www.kfv.co.jp/
アクセス
圏央道「青梅I.C」を降り、岩蔵街道から成木街道を経て名栗・秩父方面へ約40分
圏央道「狭山日高I.C」を降り、国道299号線から県道70号線(飯能下名栗線)を経て約40分
住所:埼玉県飯能市上名栗3196

受付・管理棟

到着したら管理棟前の駐車スペースに車を置き、受付をしましょう。予約内容の確認をしたあと、スタッフさんが場内について分かりやすく説明してくれます。

管理棟内には売店もあり、ガス缶や焼き網、軍手、紙皿など、キャンプに役立つアイテムが充実!

薪は、焚き付け用の針葉樹と、長く燃える広葉樹の2種類が販売されています。

自分で焼ける「手焼きせんべい」やシェラカップなど、ユニークなオリジナル商品もありますよ!

サイト紹介

テントを設営してキャンプをするサイトは、一般サイトと河原サイトの2種類あります。
どちらのサイトもフリーWi-Fiが使えて便利です。

一般サイト

一般サイトからは、周りの美しい山々がよく見えます!

サイトは約75㎡と、車1台・テント1張り・タープ1張りが入る広さ。
形状から考えると、小川張りは難しいかもしれません。

一般サイトには細かい砂利が敷き詰められていて、水はけは良好そう。
地面は固いので、強め・固めのペグが推奨されています!

また、22サイトすべてに無料で使用できるAC電源が付いているので、寒い季節・暑い季節のキャンプにもおすすめですよ。

その他にもログハウスが数種類、コールマンの大型テントを設置した「常設テントサイト」もあり、「マイテントはないけど、キャンプ気分を味わいたい…!」という方でも気軽に利用できます。

河原サイト

今回私が利用したのは「河原サイト」。
約56㎡と一般サイトよりは狭く、車とテントで幅はギリギリ。
しかし、かなり奥行きがあるため、テントとタープを連結させる小川張りにはぴったりです!

ちなみに、私が使用しているのはスノーピークの「エントリーパックTT」。
小川張りがメインになるテント&タープなので、このサイトとは相性抜群でした。

河原サイトの地面は、一般サイトよりも大きめの石がゴロゴロあります。
地面の中にも石が入り込んでいるので、ペグ打ちは結構大変です!
アルミペグだと曲がったり折れたりする可能性もあるので、丈夫なものを用意しておきましょう。

河原サイトの魅力は、何と言っても目の前にきれいな川が流れていること。
とにかく透明感がものすごく、都内在住の私はそれだけでも気分が上がります!

時期にもよるかもしれませんが、今回4月中旬に訪れたときには水量が少なめで、せせらぎの音もちょうどよく心が癒されました…。

また、夏には川を利用した、天然のプールが作られるんだとか!
開催時期にはデイキャンプ専用サイトになるようですが、お子さま連れにはとくにおすすめのロケーションです。

次のページ:設備が非常に充実しています!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事を書いた人 うのさく

愛しのSUZUKIハスラーとあちこち出かけています。夫または友人と2人キャンプがメイン。焚き火を眺めながらのビールが大好き

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

【テント】夏キャンプに備えよう!プライムセール対象のテント商品6選 data-lazy-srcset=
キャンプギア・キャンプ用品

【テント】夏キャンプに備えよう!プライムセール対象のテント商品6選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

【CAPTAIN STAG】夏キャンプに備えよう!プライムセール対象のキャプテンスタッグ商品9選 data-lazy-srcset=
キャンプギア・キャンプ用品

【CAPTAIN STAG】夏キャンプに備えよう!プライムセール対象のキャプテンスタッグ商品9選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選 data-lazy-srcset=
キャンプギア・キャンプ用品

【LOGOS】今だけ!年に1度のプライムセール‼Amazonプライムセール対象のロゴス商品7選

年に1度のAmazonプライムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ… data-lazy-srcset=
キャンプ場紹介【関東】

【群馬県】丸沼高原キャンピングバレイの完全ガイド:アクセス方法から施設情報まで【キャンプ場インタビュ…

「丸沼高原キャンピングバレイってどんなところ?」「群馬県でおすすめのキャンプ場はどこだろう?」「家族で楽しめるキャンプ場が知りたい!」 …

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選 data-lazy-srcset=
キャンプギア・キャンプ用品

【日傘】夏の日差し対策に!Amazonタイムセール対象の5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選 data-lazy-srcset=
キャンプギア・キャンプ用品

今だけお得!Amazonタイムセール対象の【コールマン(Coleman)】5選

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

新着記事一覧へ