【静岡県】自然に癒されたい!伊豆のおすすめグランピングスポット

投稿日:2019年7月7日 | 最終更新日:2023年5月1日

本記事は一部にプロモーションを含みます

静岡県は、日本を象徴する富士山や多様な生物を擁する駿河湾など、山と海の自然に囲まれたスポットです。

その中でも、ダイナミックな地形や東京からの近さによって近年人気の観光スポットとなっているのが伊豆エリアです。
伊豆にはキャンプだけではなく、手ぶらで優雅にキャンプを楽しめるグランピング施設も充実しています。

そこで今回は、伊豆・静岡エリアのおすすめグランピングスポットをご紹介します。
大自然に囲まれた伊豆で、グランピング体験をしてみませんか?

自然豊かな伊豆の魅力とは

静岡県にある伊豆エリアは、一人・カップル・家族などの様々な形態で観光やアウトドアが楽しめるスポットです。

自然溢れる伊豆でグランピングをするメリットはどこにあるのでしょうか。
それでは、伊豆の魅力をご紹介します。

富士山を望む景観

日本一の標高を誇る富士山は静岡のシンボルで、伊豆エリアの多くのスポットから富士山を望むことができます。伊豆の南の方角に行くほど富士山は遠くなりますが、それでも富士山を見られるスポットが多いのです。

グランピング施設も富士山が敷地内から見られることを大々的に取り上げている場合があります。伊豆と富士山は切っても切れない関係です。

特に伊豆エリアは、他の静岡県のエリアよりも平地が少なく地形がダイナミックで、富士山が望めなくても、独特な地形を楽しめます。

観光スポットが充実している

グランピングが充実している伊豆ですが、登山やダイビング、サーフィンなどのアウトドアも有名です。特にダイビングは、日本のメッカと呼ばれており、主に関東圏に住むダイバーから絶大な指示を受けています。

そしてアウトドア以外にも観光スポットが充実しています。溶岩が固まってできた、城ヶ崎海岸やカピバラが人気の伊豆シャボテン公園など、絶景スポットや動物園が特に観光客に選ばれています。

各地に温泉もあるため、グランピングの帰りに立ち寄りたいスポットでもあります。
画像提供:PIXTA

都心からのアクセスが良い

伊豆は東京から新幹線で約1時間の距離で、日帰りグランピングの選択肢も選べるエリアです。車での移動も便利ですが、新幹線や電車が通っているため、車なしで手ぶらでグランピングに足を運びやすくなっています。

近年では外国人観光客の姿も多く、熱海駅を中心に再開発が進んで観光客にとってわかりやすい案内の仕方に変化しています。伊豆は関東から近い盛り上がっている観光スポットなのです。

伊豆のグランピングおすすめ7選

伊豆はリゾート地として有名であるため、優雅なキャンプスタイルのグランピングが人気を得ています。各グランピング施設によって、趣向を凝らしたテイストを持っていて、どの施設もおすすめできます。

今回は伊豆でグランピングができるスポットを7つに厳選してご紹介します。

マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ


画像提供:マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ

http://mahina.cc/

名前にあるマヒナは、ハワイ語で夜空に浮かぶ月を意味しており、ハワイをイメージしたグランピングスポットです。インテリアや食事もハワイを意識したテイストでこだわっています。

高級なホテルと大自然を感じるアウトドアテントが合わさった本格的なグランピングスポットで、豪華なリゾートを実現させたい方におすすめです。
食事はハワイアンテイストでありながら、地元伊豆産の食材を使ったBBQやお酒が用意されています。

11つあるテントには、全て冷暖房・足湯・ハンモック付きのとにかく贅沢な設備が完備。優雅なキャンプスタイルであるグランピングの王道とも言える施設になっています。


Instagram:@sasaki_kotaro

伊豆のグランピング施設を探す

アクアヴィレッジ・レンヴィレッジ


画像提供:アクアヴィレッジ・レンヴィレッジ

アクアヴィレッジ・レンヴィレッジは、ヴィレッジインクが運営する1日1組限定の2箇所の完全プライベートグランピングスポットです。「陸の孤島」がコンセプトで、陸にありながら船でしか立ち寄ることができない場所にあるため、プライベートな空間を必ず保つことができます。

炊事場やトイレ、お風呂も整備されていて、キャンプ道具の貸し出しや食材調達の代行も行なっています。寝袋だけは用意する必要がありますが、どちらの施設も非日常感を味わえるグランピングスポットとなっています。

プライベートビーチが付いているため、海遊びも思う存分楽しめる、海と山を同時にプライベートで味わいたい方におすすめです。

REN VILLAGE(レンヴィレッジ)を予約する

藤乃煌

https://www.fu-ji-no.jp/kirameki/

藤乃煌は富士山の近くにあり、どの宿泊棟からも富士山の姿を拝めるグランピングスポットです。ベッドルームとリビングルームが独立しており、その間にあるウッドデッキで自然を眺めながらジェットバスに入ることができる、ゆったりとした設計になっています。

食事のスタイルは、用意された食材を自分達で調理するスタイルと専属のシェフが仕上げた料理をいただけるスタイルを選ぶことができます。どちらを選んでも、豪華な施設で調理をする楽しさと手間いらずでシェフの料理を味わえるため、良い思い出となるでしょう。

朝食は地元産の食材が届けられて、優雅な1日をスタートできます。施設内にはカフェバーもあるため、好きなタイミングでお茶やお酒を楽しむこともできます。

伊豆のグランピング施設を探す

ビーチキャンプBY-THE-SEA

http://beach-camp.com/

伊豆半島の先端の下田にあるプライベートリゾートがオープンしたグランピングスポットです。1日2組限定で、余計な人疲れをせずに自然とゆったりと向き合えるところがコンセプトになっています。

名前のとおり、目の前には美しい海とプライベートビーチが広がり、海派の方にもおすすめできるグランピングスポットです。ビーチで遊んだあとには、併設の温泉で汗を流せる点もポイント。露天風呂もありますが、小さい内湯は24時間使えるため、好きなタイミングでいつでもお風呂に入れます。

プライベート感を大事にしたい大人の空間を味わうならビーチキャンプBY-THE-SEAのプランを選ぶと良いでしょう。

伊豆のグランピング施設を探す

UFUFU VILLAGE


Instagram:@reo_suzu_soda

https://ufufu-village.jp/

中伊豆にある、テントかキャンピングトレーラーの2種類の宿泊タイプから選べるグランピングスポットです。

テントタイプには、電子レンジや冷蔵庫などの電化製品の設備が充実しており、快適なキャンプライフを送れます。
夕食はアウトドア感強めのBBQスタイルで、食材や食器など全て用意してもらえるため、楽々調理が可能です。

伊豆のグランピング施設を探す

まかいの牧場「森のかくれ家」

https://www.makaino.com/

富士山の麓の牧場施設、まかいの牧場内にある日帰り限定がコンセプトのグランピングスポットです。まかいの牧場は動物と近い距離で触れ合える、デートや家族連れに最適なレジャースポット。

まかいの牧場に行くついでに、気軽にグランピングを体験できる点が魅力です。小さなお子様連れなど泊りがけのグランピングには不安がある方におすすめできます。
さらに当日受付のプチグランピングコースもあり、2時間の利用で焚き火やドリンクを楽しめるお手軽体験が可能。

伊豆のグランピング施設を探す

PICA初島(初島アイランド・リゾート)

https://www.pica-resort.jp/hatsushima/

初島は熱海港から高速船で約30分で到着する、伊豆の手軽に行ける離島として人気を得ています。そんな初島にあるグランピングスポットがPICA初島(初島アイランド・リゾート)です。

3種類の宿泊施設(アジアンリゾートヴィラ、アイランドヴィラ、コテージ)があり、夕食は伊豆の贅沢な海鮮BBQが楽しめます。
初島の魅力は、東京から気軽に行ける離島でありながら、南国テイストでリゾート気分を味わえるところです。その伊豆の離島初島でグランピングを体験してみることをおすすめします。

伊豆のグランピング施設を探す

次のページ:伊豆以外のおすすめ!

  1. 1
  2. 2

あわせて読みたい記事

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

あなたにおすすめの記事

新着記事

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介
キャンプギア・キャンプ用品

アウトドアを安全に楽しむならmont-bell(モンベル)の靴がおすすめ!人気アイテム6選をご紹介

キャンプや登山といったアウトドアを安全に楽しむなら、機能性に優れた装備を身に着けるのが重要。中でも靴(シューズ)は、ちゃんとした製品でないと…

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選
キャンプギア・キャンプ用品

FIELDOOR(フィールドア)のテントはお値段以上の品質!おすすめのドームテント7選

アウトドアブランドFIELDOOR(フィールドア)では、数多くのキャンプギアを手掛けています。その中でもテントの種類はとても豊富で、キャンプ…

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…
キャンプギア・キャンプ用品

Coleman(コールマン)「タフスクリーン2ルームハウス」の特徴とは?その他おすすめテントもご紹介…

「アウトドアのブランドと言えば?」と聞かれたら、多くの人はColeman(コールマン)を連想するのではないでしょうか? そんな多くのキ…

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!
キャンプギア・キャンプ用品

【Amazon】最大44%オフも!ガスランプでキャンプサイトをおしゃれに彩ろう!

Amazonで毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部がAmazonで「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お…

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…
キャンプギア・キャンプ用品

Amazonセールで34%オフも!THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)のテントを安く…

Amazonで毎日開催されているAmazonセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届け! 本日は…

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!
キャンプギア・キャンプ用品

ファミリーキャンプに革命!?ラーテルワークスのBODEN(ボーデン)の魅力を徹底解説!

各メーカーから多種多様なテントが展開される中、ファミリーやグループキャンプに特化したタイプのテントも数多く見かける機会があります。 今…

新着記事一覧へ