冬キャンプの必需品!おすすめのストーブ10選をご紹介

この記事に関連するタグ

キャンプシーズンは夏だけだと思われがちですが、寒い時期のキャンプもこの時にしか体験できない楽しみがあります。
しかし、暖かい季節とは違う対策をしなければ、キャンプそのものが楽しめません。

そこで、今回は冬キャンプの必需品であるストーブをご紹介しましょう。キャンプ専用ストーブには多くの種類があり、選び方にもポイントがあります。冬キャンプを検討している方は、この記事を参考にキャンプ用のストーブ選んでみてはいかがでしょうか。

キャンプ用のストーブには種類がある

キャンプ用のストーブには種類がある
出典:PIXTA

寒い季節に行うキャンプでは、暖を取るためのストーブが欠かせません!
わざわざストーブを用意しなくても、焚き火で十分だと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。
焚き火ではテント内で使用することができないため、暖を確保するストーブが必要なのです。
また、寒いからといってテントのすぐ近くで焚き火を行なってしまうと、火の粉がテントや芝生について引火してしまう危険が高くなるため、注意が必要です。

キャンプ用のストーブなら、安全でしっかりと温まるのでおすすめです。
そこで、キャンプ用のストーブの種類や特徴について説明していきます。

薪ストーブ

ホンマ製作所 クッキングストーブ

薪ストーブは、揺れる炎を見ながら暖を取ることができます。
火力調整は薪をくべながら行うため、慣れるまではコツが必要ですが、広範囲を暖めることができるので、大人数でのキャンプに最適です。

薪ストーブの暖かさの仕組みとして、対流式と輻射式、開放式の3種類があります。
対流式は、燃焼部分の周りが二重になっており、周りを通る暖かい空気が空間全体に広がることで効果を発揮。

輻射式は、薪を燃やす熱でストーブ全体を暖めて熱を放出する仕組みです。
天板が熱くなるので、上に鍋などを置くと調理もできるのが特徴のひとつ。開放式は、暖炉と同じ仕組みで燃やした熱が周囲の空気を暖めてくれます。

石油ストーブ

TOYOTOMI(トヨトミ) 対流型 石油ストーブ 【コンクリート24畳~木造17畳】 (日本製) ホワイト KS-67H(W)

石油ストーブは対流式と反射式があります。
対流式は、燃焼筒の周りから暖まっていき、対流によって空間がほんわかと暖まるのが特徴。

反射式石油ストーブGEAR MISSION RS-GE23(G)オリーブ色 日本製 【コンクリート】8畳/【木造】6畳

一方の反射式は、燃焼筒から出た熱を反射させるタイプです。
反射板は、燃焼筒を囲むようになっているので、一定の方向に暖かさを伝えることができます。また、強い火力によってしっかりと暖まるのに、燃料費などのコストがかからないのも魅力です。

ガスストーブ

ガスヒーター ガスストーブ 1台2役 【速暖・持ち運び簡単・屋外屋内専用】ストーブ ポータブル ブタンガス ...

電源不要なガスストーブは、置き型とカセット型から選べます。
置き型はサイズが大きく、ガス管と繋がった状態で使用します。

一方のカセット型はカセットガスを燃料にするので、コンパクトで持ち運びやすい大きさとなります。

手頃なサイズで便利な一方、他のストーブに比べると暖める範囲が狭くなりがちなので、少人数やソロキャンプでの使用が向いているでしょう。

電気ストーブ

アラジン (Aladdin) 電気ストーブ 遠赤グラファイトヒーター グリーン AEH-G406N-G

電気ストーブは、テントの中でも暖を取れるアイテム。
カーボン式やハロゲン式などの種類がありますが、効率が良い遠赤外線のカーボン式が人気です。

自分だけが使うのであれば、カーボン式がサイズ的にも手頃です。ハロゲン式は熱源がハロゲンランプとなる電気ストーブで、熱を反射させて暖めるのが特徴で、あっという間に周囲を暖めてくれるので、冬キャンプには嬉しいアイテムの1つです。

キャンプ用ストーブの選び方

出典:PIXTA

キャンプ用ストーブは種類から選ぶだけでなく、ポイントに合わせて選ぶと適したものが見つかります。ここでは、キャンプ用ストーブの選び方をご紹介します。

ランニングコストで選ぶ

キャンプ用ストーブを選ぶ際には、ランニングコストに注目してみましょう。
寒い時に周囲を暖めるパワーがあり、比較的コストもあまりかからないのは石油です。
しかし、石油は液体なので運ぶ手間がかかってしまいます。

一方のガスストーブは、ガス缶を運ぶだけなので手軽さがありますが、コスト面では石油に劣ってしまいます。

また、薪ストーブは場所によっては無料で薪を提供している所もあります。利用するキャンプ場に合わせて、どのストーブが低コストで利用できるか確認しておくと良いです。

人数で選ぶ

ストーブ選びには、人数で選ぶのも忘れてはいけません。
ソロキャンプをメインで考えている場合、1人~2人用のコンパクトなストーブがおすすめです。

ガスストーブは、本体も燃料のガス缶も荷物になりにくいので持ち運びに便利!一方、大人数でのキャンプなら火力が強くて、暖めるパワーがあるストーブが適しています。

薪や石油ストーブなら、大人数のキャンプに向いているので、キャンプを行う人数を考慮して選んでみましょう。

サイズで選ぶ

キャンプなどのアウトドアを行う場合、人数に比例するように荷物も多くなっていきます。そのため、キャンプ用ストーブを選ぶ際にも持ち運びしやすいサイズかどうかがポイントになります。

収納した際の大きさや組み立て式かどうかなど、大きさと使いやすさがあるかを確認しておきましょう。

安全性で選ぶ

キャンプ用ストーブは、火力によって周囲を暖かくしてくれます。
そのため、使用するのがテント内か外かによって選ぶストーブも変わってきます。テント内でストーブを使う場合、安全性に優れたものを選ぶと良いでしょう。

種類によって付いている安全機能は様々ですが、転倒時消化装置付きであれば万が一ストーブが転んでしまった時や衝撃を受けた時でも自動で消化してくれます。この機能によって、火事になる可能性を防げます。

他にもガスの異常検知機能など、ストーブの種類に合わせた安全機能が備わっているものを選ぶと、より安全にキャンプを楽しめます。

デザインで選ぶ

動画サイトなどでキャンプ動画を見た時、おしゃれさやスタイリッシュな印象を持つことがあります。
これは、キャンプ用ストーブのデザインに注目して選んだ結果であり、ストーブの選び方次第でキャンプをより楽しむことができるのです。

こだわるキャンパーは使用する道具だけでなく、サイト内でのレイアウトにもこだわっているためデザイン性も重視しています。
デザイン性に重視した道具に囲まれながらだと、よりキャンプが楽しくなります。

キャンプ用ストーブのおすすめ10選

出典:PIXTA

キャンプ用ストーブは機能性や安全性、そしてデザイン性の高いものもあります。ここでは、おすすめのキャンプ用ストーブを紹介していきます。キャンプ用ストーブ選びの参考にしてください。

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) ウッドストーブ サイドヴュー

テンマクデザイン ウッドストーブ サイドヴュー【M】ケース付き2点セット

高品質のステンレス304を使用した薪ストーブが「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) ウッドストーブ サイドヴュー」です。燃えている火を眺めながら、周囲を暖めるパワーのあるキャンプ用ストーブとなっています。

コンパクトに収納可能で、ストーブの脚はワンタッチで開閉でき、自動で解除やロックもできます。初心者に難しいとされている薪ストーブの火力調整も、空気の調整だけで簡単にできるのが特徴。
天板の蓋を外すと、そのまま調理ができるので一石二鳥です。

ogawa(オガワ) ちびストーブⅢ

ogawa(オガワ) ちびストーブ3 4115

キャンプ用ストーブの中でも、コンパクトさを重視したのが「ogawa(オガワ) ちびストーブⅢ」です。商品の名前の通り、組み立て式のストーブなので本体を小さくできるのがポイント。

本体の中に収納できるだけでなく、付属のキャリーバッグに一式入れられるので、持ち運びも簡単。薪ストーブですが、小さな本体でもしっかりと暖めるパワーがあるのが人気の秘訣です。

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥28,978 (2021/10/27 23:54:23時点 Amazon調べ-詳細)

トヨトミ レインボー 対流形石油ストーブ

トヨトミ 対流形石油ストーブ レインボー【コンクリート9畳/木造7畳】ホワイト RB-250-W

炎がガラスに映り込んで、美しく虹色に輝くのが特徴の「トヨトミ レインボー 対流形石油ストーブ」は、暖かさに加えて目でも楽しめるストーブです。
明るさもあるのでランタン代わりにも使用できますが、上に鍋ややかんを乗せれば調理も可能。

未燃焼のガスをしっかりと燃やすので臭いが出にくく、万が一の転倒でもタンクから石油がこぼれにくい構造なので安全性が高いです。コンパクトな見た目ですがしっかりと燃やすパワーもあるので、1台で何役も使用できる画期的なストーブです。

Aladdin(アラジン) 石油ストーブ ブルーフレーム

アラジン (Aladdin) 石油ストーブ ブルーフレーム グリーン BF3911-G

大きなモデルチェンジはないものの、どこか懐かしさの中に新鮮さを感じるデザインが特徴の「Aladdin(アラジン) 石油ストーブ ブルーフレーム」は、美しい青の炎を感じながら使用できる商品。
この青い炎は、燃焼状態が良いことを確認できるもので、対流式で空間全体の暖めに適しています。

点火や消化の時に出る独特な臭いが発生しにくく、振動を感知すると自動消火する機能も備わっているので万が一の時も安心です。親しみのあるデザイン性と、揺らめく炎を眺めながら癒しのひとときのパートナーとなってくれます。

corona(コロナ) 石油ストーブ RX-2220Y

暖房機器メーカーから発売されている電源不要のストーブ「corona(コロナ) 石油ストーブ RX-2220Y」。操作方法もダイヤルを回すだけなので、誰でも簡単に使うことができます。

日本製なのも安心できる要素でしょう。
アーチ状の遠赤ブレードによって広範囲を暖めるパワーがあり、効率のよい燃焼で臭いも抑えてくれます。
目に見える給油サインで灯油切れを防止できるほか、給油時には自動消火するのもポイント。揺れを感じると消火する機能など安全面にも優れているので、防災製品推奨品として認証を受けています。

岩谷産業 カセットガスストーブ マイ暖

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB

カセットガスをセットするだけで、簡単に周囲を暖めてくれるのが「岩谷産業 カセットガスストーブ マイ暖」です。
コンパクトで持ち運びも簡単、カセットガスを詰め替えるだけなので手を汚すこともありません。

本体脇に付いているスイッチだけで簡単に点火し、すぐに暖めてくれるのも寒い時期には嬉しいポイント。アウトドアだけでなく、災害時にも役立つストーブなので1台持っていると重宝します。
さらに、酸素濃度が低下した際には自動消火してくれるだけでなく、転倒時にも消火する機能が備わっているため安全に使用できます。

ニチガス ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 ホワイト

ニチガス ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 ホワイト NCH-22SW

アウトドアから自宅用まで幅広く使えるのが「ニチガス ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 ホワイト NCH-22SW」です。専用のガスボンベの使用で簡単に点火してくれるので、すぐに暖かくなるのが特徴。
輻射熱を利用した暖房なので、ピンポイントで暖めるのに優れています。また、点火や消化の際に出る臭いもなく、電池や電気の使用もないので災害時にも役立ちます。ハイパワーなストーブなので、寒い時期のキャンプに最適です。

山善 遠赤外線電気ストーブ

山善 遠赤外線電気ストーブ(990W/660W/330W 3段階切替)(スチーム式加湿機能付) ホワイト DSE-KC103(W)

シンプルなデザインで軽く、持ち運びにも便利なのが「山善 遠赤外線電気ストーブ」です。
3段階で暖かさを調節できるだけでなく、加湿機能も備わっているので乾燥しやすい時期にもおすすめです。

操作方法もシンプルで扱いやすく、転倒時には自動で電源が切れるため、安全に使用できるのも大きなポイント。さらに本体内部が一定以上の温度を感知すると、電源が切れる仕組みになっています。

Panasonic(パナソニック) セラミックファンヒーター

パナソニック セラミックファンヒーター コンパクト ホワイト DS-FN1200-W

見た目はコンパクトですが、安定したパワーのあるヒーターといえば「Panasonic(パナソニック) セラミックファンヒーター DS-FN1200」です。
シンプルなデザインなので、キャンプ用品としても最適で、使い方もシンプルなので誰でも簡単に使えます。

温風の向きや出力が調整可能で持ち運びも便利なため、アウトドアに向いています。安全機能も搭載されているので、安心して使用できます。

冬キャンプに欠かせないストーブのまとめ

寒い時期のキャンプには暖房器具が欠かせませんが、様々な種類があるので用途や人数に合わせて選ぶようにしましょう。
また、長時間の使用を検討しているならランニングコストにも注目し、特にキャンプの際には安全機能が付いたストーブを選ぶと安心できます。様々なポイントに注目して選んでみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

おすすめコンテンツ

あわせて読みたい記事

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

新着記事

Amazonタイムセールで50%以上OFFのアウトドア用品集合!未来の割引ギア情報もあります

Amazonタイムセールで50%以上OFFのアウトドア用品集合!未来の割引ギア情報もあります

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

【大阪府】モリノキャンプ のせ|都市部から1時間の好立地でワイルド・アクティブ・ラグジュアリー全てが…

【大阪府】モリノキャンプ のせ|都市部から1時間の好立地でワイルド・アクティブ・ラグジュアリー全てが…

こんにちは!関西からお届けしているYaikoです。今回は2021年8月1日にオープンしたばかりの「モリノキャンプ のせ」に行ってまいりました…

【EcoFlow】最新ポータブル電源「RIVER mini」「DELTA Max」のパワーを早速体験…

【EcoFlow】最新ポータブル電源「RIVER mini」「DELTA Max」のパワーを早速体験…

こんにちは!TAKIBI編集部のナンちゃんです。 キャンプの時にあったら便利なのが電源。自然を楽しみに行っているとはいえ、電気を使えた…

QUICKCAMP(クイックキャンプ)の「今すぐ取り入れたくなる」キャンプギア、集めました。

QUICKCAMP(クイックキャンプ)の「今すぐ取り入れたくなる」キャンプギア、集めました。

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール。TAKIBI編集部が「これいいかも!」「おトクかも!」な情報を毎日お届…

【YOLER】メッシュ焚き火台は折りたたみ式でコンパクト&メンテナンスも簡単!

【YOLER】メッシュ焚き火台は折りたたみ式でコンパクト&メンテナンスも簡単!

こんにちは!キャンプといえば焚き火です!しかし、焚き火台は値段もデザインも大きさも様々です。初めてだと何を買えば良いのか悩みますよね…私はY…

Avail×TAKIBIコラボ第4弾発表!秋冬キャンプでも活躍する裏起毛スウェットがキター!

Avail×TAKIBIコラボ第4弾発表!秋冬キャンプでも活躍する裏起毛スウェットがキター!

Avail(アベイル)とのコラボも今回で第4弾!第3弾も好評をいただいているようで、編集部一同嬉しい限りです!TAKIBI、実は意外と人気あ…

新着記事一覧へ

  • 公式オンラインストア